休職日記を書く

ストレスがあってもなくても行動し続けよう【 2019年4月24日(水)休職日記 】

投稿日:2019年4月24日 更新日:

ストレス

親愛なる君へ

2019年4月24日(水) 休職生活145日目です。

本記事では、ストレスのある生活、ない生活について解説しています。

この記事を読むことで、ストレスにかかわらず行動することが大事だと思うことができます。

ストレスがあってもなくても行動し続けよう

下記ツイートをしました。

深掘りしていきます。

1.時間はなくお金はあっても、ストレスのある会社員生活は辛いので行動しよう

理由は、ストレスがお金も時間も奪っていくからです。

ストレスを解消するために

・同僚や友達とお酒を飲む→お金と時間が消える。
・時には朝まで飲む→お金と時間が消える。
・終電を逃しタクシーで帰る→お金と時間が消える。
・週末はひたすら寝る→時間が消える。
・週末はゲーセンでゲームしまくる→お金と時間が消える。
・衝動買いをする→お金が消える。
・恋愛に逃げる→時間とお金が消える。

ストレス解消のために、時間とお金を使っていたのです。
残業代はストレス解消代です(下記書籍が参考になります)

お酒を一例に出していますが、お酒を飲まない人でもストレスが溜まれば解消するためにお金を使っています。

さらに2017年6月には仕事のストレスから下記のような症状が出ました。

・慢性蕁麻疹
・適応障害
・不眠

病気になると通院に時間とお金がかかります。
上記の症状が出てから我慢をしながら1年6ヶ月間、仕事を続けてしまいました。
病気だけにはとどまらず、休職にまで発展してしまったのです。

休職しているため現在は無給で、傷病手当金(毎月給与の3分の2が健康保険組合から最長1年半もらえる)に頼っています。
貯金を崩していかなければ生活できません。
病気についても休職中の現在はだいぶ良くなりましたが、完治はしていないため通院しています。
時間とお金がかかってしまうのです。

仕事にも戻れずキャリアに空白が生まれている状態です。
職場に戻っても出世に影響があり、収入にも影響が出ます。

ストレスがお金と時間を奪っていき、人生を狂わすこともあるのです。
ストレスを受けている最中も辛いし、ストレスが原因でそのあとの経歴が変わることも辛いことです。

会社員で定期的な収入があったとしても、ストレスまみれの職場だと時間とお金が削られていくのです。

注意ポイント

ストレスを少しでも感じたら、我慢せずに改善の行動しましょう。

転職する前にできることはたくさんあります。

・上司、同僚、後輩に相談する。
・労働組合に相談する。
・パワハラ上司がいたら、言動を録音してみる。
・仕事のやり方を変えてみる。
・異動願いを出す。
・カウンセリングに行ってみる。
・セミナーに出てみる。
・本を読んでみる。

大事なのは行動することです。
病気になるまで我慢せずにできることからやってみましょう。

2.時間がありお金はなくても、ストレスのない休職生活は幸せだが行動しよう

理由は、お金がなくても楽しむ方法はたくさんあるが、期限があるからです。

お金がなくても楽しむ方法

・ブログを書く。
・読書をする。
・ランニングをする。
・筋トレをする。
・散歩をする。
・サイクリングに出かける。
・瞑想をする。
・勉強をする。

お金がなくても意外と楽しめる方法がたくさんあります。
ブログは一度開設してしまえばネット代、サーバー代、ドメイン代などだけですので、大きな出費ではありません。
ランニング、筋トレなどはお金はほとんどかけることなく続けられます。

休職生活は働かなくていいいのでストレスフリーで幸せです。

デメリットもあります。

デメリット

・人によっては傷病手当金だけだと生活できないため、貯金を切り崩す必要がある。
・お金が減っていくのは精神衛生上、良くない。
・この生活は1年6ヶ月が限度。
・人によっては社会から取り残されたような不安感もある。

傷病手当金がもらえる1年6ヶ月の期限内で、職場に戻れるようにするなり、転職するなり、今の生活を続けるなり、自分の希望が叶うように行動をしていかなくてはならないということです。

時間はあるけれどお金がなく、ストレスフリーな大学生活と同じです。
行動しておかないと卒業時にあたふたするハメになるということです。

休職中にできることはたくさんあります。

・スキルアップの勉強をする。
・本を読んでみる。
・体を鍛える(筋トレ、ランニング、スイミング、散歩などできる範囲で)
・セミナーに出てみる。
・人と会う。
・カウンセリングに行ってみる。
・セミナーに出てみる

ストレスのある生活と同じで、大事なのは行動することです。

以上のことから、ストレスがあってもなくても行動していきましょう。

現状維持は衰退を意味します。

失敗も経験になりますので、やりたいこと、できることは全てやりましょう。

『パクリジナルの技術』を読んで共感したところのツイート

『パクリジナルの技術』を読み終えました。
読みながら共感したところを、下記ツイートしています。

ツイートが少なかったです。
せめて3つはツイートすべきでした。

ポイント

パクるのはあくまで『奇才』からパクるのが重要。

パクリを継続するのも重要ですが、それ以上に誰からパクるのかがこの本の肝だと感じました。
自分の憧れを徹底してコピーすることは、意識しないとなかなかできないことです。
才能に差がありすぎると感じてしまうからです。
本書では自分の憧れる『奇才』に会い、刺激を受けることを勧めています。
この本を読んで私も「もっと人に会おう」と意識が変わりました。

今日のツイートと他のブログ記事

ストレス

朝5時起きを継続できています。
早起きができるとそれだけで、充実した1日を過ごせそうな気がします。

日の反省点は読書感想文を書かなかったことです。
前回の反省をふまえ、今週月曜日から1日1冊のペースで読書ができています。
インプットはできているのですが、アウトプットの感想文が書けていません。
どうしても「良いものを書かなくては」と力んでしまうのです。
力みを取るコツは力みが取れるまで書き続けることです。
後から修正はできるのですから軽い気持ちで書いていきます。
早めに書いてしまった方が早めに修正できるので良いです。

10kmのランニングをしました。
今週は月曜日から3日連続で走れています。

こーいちより

P.S. ストレスがあってもなくても、行動し続けよう。

休職145日目に実行したこと

●心
・風呂掃除をする。
・ワイシャツにアイロンをかける。
・音楽を聴く(FIELD OF VIEW)
・『パクリジナルの技術』を読み終える。

●技
・ブログを5時間で2本書く(4月累計118時間)

●体
・ジョグペースで10kmを走る。(4月累計107km)

●遊
・ドラクエ11をする。

●旅
・皮膚科に行く。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2018年12月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,332冊/漫画1,311冊)、10kmを走り(月150km/サブ4達成 )、子どもとドラクエ11で遊び、ときどき旅をしています。

-休職日記を書く
-

Copyright© クロニクル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.