Leave

ひらいなず先生の心屋初級セミナーに参加した感想【負けの人生を選ぶ】

2019年1月15日

ひらいなず先生の心屋初級セミナーに参加した感想【負けの人生を選ぶ】
  • 「心屋初級セミナーに参加した感想を知りたい」
  • 「ひらいなず先生の初級セミナーはどんな感じ?」
  • 「初級セミナーの気づきや感想など参考にしたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

ひらいなず先生の心屋初級セミナーに参加した感想
初級セミナーの具体的な内容

本記事では、心の初級セミナーに参加した様子を書いています。

この記事を読むことで、今まで自分と戦い続けてきたけれど、負けの人生を選ぶ決断をしたことがわかります。

休職中で心理セミナーに興味のある方は読んでみてください。

ひらいなず先生の心屋初級セミナーに参加した感想【負けの人生を選ぶ】

ひらいなず先生の心屋初級セミナーに参加した感想【負けの人生を選ぶ】

休職生活36日目。
どんどん時間が過ぎていく。
時が経つのは本当に早い。
あっという間に人生が終わってしまう感じ。
「人生は短い」という感じがしてきた。

ひらいなず先生の初級セミナー

年始に思い立って、心屋仁之助先生の認定講師ひらいなず先生による「初級セミナー」に参加してみた(実際のセミナー名は異なる)
料金は22,000円。
場所は溜池山王の駅からすぐそばにあるセミナールームで開催。
時間は11:00〜18:30で、参加者は18名程度で女性がほとんど。
4人1組のテーブルで先生のお話を聞きながら、いただいたテキストに実際に書き出したり、同じテーブルの人とワークをやったりする。
結論から言うと参加してよかった。
自分の価値観や考えが本当にひっくり返る、笑いあり、涙ありの7時間30分で、時間が経つのが早く感じた。
転機に先生に出会えたことに感謝します。

「〜するべき、〜ねばならない」に縛られていた人生

気づきがたくさんあり過ぎて、ここには書ききれないが、自分がいかに自分のルール(〜するべき)に縛られていたのかを思い知らされることになった。
自分のルールで自分を見張り続け、他人も見張り続ける人生。
これは本当にしんどい。
自分のルール、法律がものすごい多い。
先生いわく、多ければ多いほど、時間とエネルギーを消耗するので苦しい人生になるとのこと。
今までしんどかった訳がようやく腑に落ちた。
あまりにも「〜するべき」が多かったので、帰り際に先生に「こんなに〜するべきが多いのですが、どうすればいいですか?」と個別に質問させていただいた。

先生との対話で負けの人生を許す

先生「今まで苦しかったね、よく頑張ってきたね。あなたは今まで誰と戦ってきたの?」
私「自分です。昨日の自分には負けられません。昨日よりは今日、今日よりは明日と成長がないと嫌なんです」と、正確にはこんな言葉ではなかったと思うが、気づいたらそんな気持ちを先生にぶつけていた。
先生「自分に負けてもいいんだよ。今まで周りとも戦ってきたの?どうだったの?」
自分「戦ってきたかもしれません。負けの多い人生でした」
先生「負けの人生を歩んでこうよ。もう戦わなくていいんだよ。敗者の人生を歩もうよ」
自分大爆笑しながら、涙を流す。

自分が負けることを許してこなかったことに、今日、初めて気づきました。
ストイックで努力で、心技体を成長させて負けない、充実させた自分を求めてきました。
負けてもいい人生を選ぶことを許します。
今まで何でもガンバって、何でもガマンしてきた過去の自分を許して、ガンバり、ガマンの人生から卒業させてあげます。
幼い頃から大泣きしたいのに、歯を食いしばって必死で頑張っている自分を抱きしめてあげます。
何もしなくても楽な自分になれると嬉しい。

どん底で出会えた涙の出る一言を、大切にしていきます。

心屋初級セミナーの具体的な内容

心屋初級セミナーの具体的な内容

自分が変われば、見える世界が変わる

帰りに溜池山王駅の近くの『ととバル nemuro』というお店で、一人お疲れ様会。
プレミアムモルツ、サッポロラガーを飲んで、お通しは珍しい「シャケのスープ」、一品注文した「大人のポテトサラダ(写真)」を食べた。
北海道の料理が売りらしく、店員さんも好印象。
流れている曲もグッド。

一人しんみり、セミナーのことを振り返りながら自分と会話。
「自分が変われば他人が変わるんじゃない、他人の見え方が変わるんだ」
これからたくさんのダメな自分が出てくるだろう。
今まで捨ててきたダメな自分を、自分の中に取り戻す。
41歳転機の真っ只中。
»【40歳の転機】人生の節目では精神の組み換えが終わると戻れない

自分が変われば転機になる

最後に10回以上、繰り返し読んだ本を引用します。

変わらなければならないのは、人生のコースではなく自分自身です。
自分自身が変われば、おのずとそれが転機になります。
「変わりたいけど変われない」という人は、相手や周りの状況を変えることばかりを考えています。
そういう人はいつまでたっても変われません。

出典:『ターニングポイントに立つ君に』

目の前の世界を変える方法は、自分の見る目を変えることです。
価値観や考え方、いろいろな要素があります。

自分が変われば世界が変わる。

不変は相手です。
相手は絶対に変えることはできません。

シンプルな真理です。
この事実に気づくのにどれだけ時間がかかったのか。

自分は変われる。
世界は変えられる。
相手は変えられない。

理解できなかったからこそ、何回も繰り返し読む必要があったのですね。

関連記事適応障害での休職から復職したくない理由【言いたいことを言ってない】
関連記事適応障害で休職延長の連絡に迷いがなくなる【メリット、デメリット】

-Leave

Copyright © Blog Chronicle , All Rights Reserved.