Web Marketing

かさこ塾ブログセミナーの7つの評判、料金【10個の学びを得ました】

2019年1月24日

かさこ塾ブログセミナーの7つの評判、料金【10個の学びを得ました】
  • 「かさこ塾ブログセミナーに参加した感想を知りたい」
  • 「料金や評判口コミを知っておきたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

2019年1月24日にかさこ塾ブログセミナーに参加しました。
千葉県幕張市14:00〜16:00の単発の講義です。

 この記事でわかること

かさこ塾ブログセミナーの7つの評判、料金について
かさこ塾ブログセミナーに参加した感想、学び10個

 本記事の信頼性

ブログ歴:2019年1月にブログ開設
ブログ実績:過去最高は月62,000PV、月54,000円(確定)

本記事を書いている私は、まだブログ1ヶ月目。
実績もなく、毎日更新を続けている日々です。

本記事は、かさこ塾ブログセミナーに参加した感想を書いています。

この記事を読むことで、かさこ塾ブログセミナーの感想、料金、評判口コミがわかります。
10個の気づきが得られたので、参加して良かったです。

ちなみに、ブログセミナーはYouTubeで無料公開されています。
»【特別無料公開】好きを仕事にする2時間ブログ術講義

かさこ塾ブログセミナーの7つの評判

かさこ塾ブログセミナーの7つの評判

Twitterの口コミを7つまとめました。

1.発信&行動の大切さを学んだ

2.ブログを書く意味、メリットを学んだ

3.行動実践できるようになった

4.学びと出会い

5.プレゼンが上達した

6.ブログ毎日更新中

7.学びをやり直している

かさこ塾ブログセミナーの料金、2つの質問回答、塾長は怪しい?

かさこ塾ブログセミナーの料金、2つの質問<strong>・</strong>回答、塾長は怪しい?

かさこ塾ブログ講義の料金

今回のブログ講義は、2時間4,320円(税込)でした。

他のブログセミナーと比較しても、安いです。
元は取れたと感じています。

なお、かさこさんの他講義の料金は、以下のとおり。

かさこ塾(全4回)50,000円(税別)
写真術講義 4,500円(税込)

ちなみに、かさこさんの工場廃墟や海外旅行の背景写真は、Kindle読み放題で無料で読めます。
» かさこさんの写真集をKindle読み放題で読む

2つの質問と回答

2つ質問しました。

質問その1.日記ブログを書いているが、読者に価値提供できるブログにシフトしようと考えています。ただ、日記は日記で書いておきたいが、どうすれば良いか?

かさこ塾長の回答
→ 「日記は日記で貴重なものだから、日記ブログと読者用のブログの2本を立ち上げるのもあり。
または、日記ブログに役立つ記事をちりばめてもOKです」

「日記は日記で続けよう」と思いました。

»【簡単】日記ブログが書きやすくなる書き方のコツは「Twitter」

質問その2.かさこ塾長のブログにはアドセンス広告がないのはなぜか?

かさこ塾長の回答
→ 「サイトの世界観を壊したくないからです」

アドセンスの貼りすぎは、鬱陶しいだけですね。

かさこ塾長は怪しくない【腰が低い】

ブログの毒舌の印象とは異なりました。
なぜなら、優しそうで、とにかく腰の低い方だったから。

以下から腰の低さがよくわかりました。

講義の話し方
メールのやり取り
セミナー代金のやり取り

かさこ塾長は、ブログやカメラマン、ライター、セミナー講師、メッセージソングライターなど多方面で活躍しています。

年齢は私より3歳上なだけなのに、素直に「すごい人」という印象です。

2000年2月からブログ毎日更新を続けています。
毎日更新に重きを置いている私としては尊敬の対象。

ちなみに、かさこ塾長の好きな言葉は「死を想え。才能は持続する情熱」です。

ブログ講義も所々に笑いネタが仕込まれていて、退屈することなく聞けました。

Twitterで同じ印象を持っている方がいらっしゃいました。

※『普通の人が好きを仕事にする方法』かさこ【著】
かさこさんの人生に興味があったので読みました。感想は「行動力が凄まじい、転機に病気はつきもの、最後は線になる」です。かさこさんがよくわかるストーリー仕立ての物語で途中からグイグイ惹かれました。AmazonのKindle読み放題で無料で読めます。
»『普通の人が好きを仕事にする方法』をKindle読み放題で読む

【感想】かさこ塾ブログセミナーの10の学び【印象に残ったこと】

【感想】かさこ塾ブログセミナーの10の学び【印象に残ったこと】

上記画像がかさこ塾ブログセミナーの講演内容です。
講義で使われたスライドは97枚。

第3章の「ブログの実践」で10の学びがありました。

かさこ塾ブログ講義での10の学び

以下のとおり。

1.主観で良い
2.体験したことを書く
3.感激したことを書く
4.自分の職業の業界話
5.取材、人に話を聞く
6.SNSの投稿間隔で良い
7.ブログは更新頻度が大事
8.日記は役立つものに変換する
9.グチ、悩み、クレームを書く

10.話題のネタを自分の話題に変換する

簡単に解説します。

1.主観で良い

ブログ記事は、偏りまくりでいいのです。
正しさだけを求めるなら、Wikipediaを見ればいいからです。

Wikipediaに書いてあるようなブログは読まれません。
ブログではなく、Wikipediaを読めばいいからです。

ブログの価値は、経験から生まれる考え。

経験からの得た学びを、自分の立場(=ポジション)を明確にして発信していくだけです。

2.体験したことを書く

読まれるのは体験談です。
体験談の一次情報に価値があるからです。

ブログに付加価値をつけるために必要なことは2つです。

勉強したこと
体験したこと

勉強×体験で得たことが、ブログの付加価値です。

読者の代わりに、新商品、新製品の体験をするのありです。

3.感激したことを書く

たとえば、下記など人におすすめできるものです。


映画
サービス
レストラン

役立つブログとして、認識してもらえます。

4.自分の職業の業界話

「業界の常識は、世間の非常識」です。

たとえば、私であれば以下のとおり。

添乗員の裏話
添乗員の体験談
旅行会社の実態

詳しくは下記記事で解説しています。

5.取材、人に話を聞く

自分の知りたいことを詳しい人に聞き、ブログ記事にするのです。

たとえば、歯科衛生士になりたいなら、なっている人に話を聞いてみます。
インタビューは自分のためにも人のためにもなります。

実際にインタビューしてみました。

 歯科衛生士への質問リスト

1.歯科衛生士になるにはどうすればいいか?
2.社会人でも歯科衛生士になれるのか?
3.歯科衛生士国家試験の合格点は?
4.歯科衛生士をなぜ退職したのか?
5.歯科衛生士を目指した理由、きっかけは?
6.歯科衛生士、歯科助手、歯医者、歯科技工士、看護師の違いは?
7.歯科衛生士の仕事内容は?歯科衛生士でできることは?
8.歯科衛生士のやりがいは?
9.歯科衛生士の大変なところ、厳しさ、実際にあったクレームは?
10.歯科衛生士の「あるあるエピソード」は?
11.歯科衛生士の悩みは?
12.歯科衛生士の本音は?
13.歯科衛生士にいじめはあるか?
14.歯科衛生士のメリット(いいところ)、デメリットは?
15.歯科衛生士の平均時給、月給、年収は?
16.歯科衛生士に転職するときの志望動機は?
17.面接で「なぜ歯科衛生士になりたいのか?」にどう答える?
18.面接で「どんな歯科衛生士になりたいか?」にどう答える?
19.歯科衛生士に求められることは?
20.歯科衛生士に向いている人、向いてない人は?

質問リストはラッコキーワードより抽出しました。

インタビュー詳細は、下記記事で解説しています。
»【告白】歯科衛生士に仕事内容の本音、体験談をインタビュー【給料・年収、メリット・デメリット】

6.SNSの投稿感覚で良い

ブログを書くことに構えないことです。
なぜなら、構えると書けなくなるから。

完璧を求めると、いつまでたっても完成しません。

逆に言えば、ブログを1行でも書けば完成に向かいます。
なぜなら、頭がブログのことを考え始めるからです。

ゆえに、なんでもいいから書き始めるのが大事です。

かさこ塾長は「SNSを貼り付けるだけでもOK」といいます。

真意は「書き始めよう」です。

7.ブログは更新頻度が大事

ブログは60点でいいので、毎日更新がベスト。

1週間に1度の100点の記事よりは、毎日60点の記事をアップすること。
メリットは以下のとおり。

1.完璧主義に陥らなくてすむ
2.思いつきをどんどん書ける
3.更新頻度が増え、量に慣れる
4.頭にブログ記事のアンテナが立つ
5.早く公開でき、早くフィードバックをもらえる

ただ、60点のままではダメです。

リライトを重ねて、100点にすること。
なぜなら、60点の記事は読まれないから。

読者は60点と100点の記事があったらどちらを読みたいか?

100点の記事です。
ゆえに、最高品質の記事を毎日書くのです。

質を捨てて、更新頻度に逃げないことです。

»ブログ毎日更新3つのコツ【圧倒的な効果/メリット、デメリット】

8.日記は役立つものに変換する

以下はNGです。

〜へ行きました。
〜を食べました。

読まれるためには、変換が必要です。

〜へ行きました → デートにおすすめの場所
〜を食べました → おいしいラーメンベスト10

人生がすべてブログネタになります。
»「行動と感情」を記録する日記のメリット【人生をレコーディングする】

自分だけが楽しむのではなく、他人も楽しませる

読者を楽しませる
読者を喜ばせる
読者の役に立つ

読者に価値のある情報を発信することです。

役立つ部分を切り出して書くことが重要です。

9.グチ、悩み、クレームを書く

上司や仕事に対してのグチ、悩み、クレーム体験を書くのです。
他の人も同じように悩んでいるケースが多いからです。

対処法
解決策

対処法や解決策の体験談で、読者の悩みを解決できます。

10.話題のネタを自分の話題に変換する

たとえば、AKB、ワールドカップなどです。

かさこ塾長のスライドを引用します。

✔︎ AKB
→ 卒業してピンでやっているか?
→ 会社員はどう?=働き方の話題に

✔︎ サッカーワールドカップ
→ 海外に移籍し活躍する選手たち
→ 会社員もフリーエージェントな契約に

ブログを通して、自分を語るのです。

印象に残った7つのポイント

以下のとおり。

1.ブログ名のつけ方
2.わかりやすい肩書きを作る
3.強みのわかるプロフィール
4.個人名刺を作る
5.サービスメニューを作る
6.セルフマガジンを作る
7.オフ会、勉強会、イベント出展

簡単に解説します。

1.ブログ名のつけ方

ブログ名は印象に残るように工夫する。
何をしているのかわかるタイトルが好ましい。

たとえば、以下のとおり。

みそソムリエkeikoの味噌料理
切り絵作家○○のブログ

肩書き+名前+テーマ(@地名)など。

2.わかりやすい肩書きを作る

何ができるのか、肩書きで表す。
自分がしたいことを文章にする。

何をしているのかわからない肩書きはNG。

なりたいものを名乗ってしまう。
なぜなら、肩書きが自分をつくるからです。

当ブログの『読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』がキャッチフレーズです。
»ブログ運営方針2つとカテゴリ5つ【キャッチフレーズは人生の方針】

3.強みのわかるプロフィール

何屋なのか、どんな人なのかわかるように。

 プロフィールのポイント

過去の経歴
テーマを選んだ理由
なぜこの活動をしているのか

プロフィールに共通項があると親しみを持ちやすい。
たとえば、出身地、学校、年齢、職業、趣味など、できるだけ開示する。

活動理念(好きが他者や社会にどう役立つか)を書くのもありです。

4.個人名刺を作る

✔︎ 名刺表面

キャッチコピー
肩書き
名前
連絡先
ブログアドレス

✔︎ 名刺裏面

仕事内容
サービスメニュー
料金表
実績
プロフィール

5.サービスメニューを作る

サービスメニューがなければ、仕事の依頼は来ないから。

何ができるのか
料金表

6.セルフマガジンを作る

個人活動の紹介冊子を作る。

個人版の会社案内
郵送で営業ツールになる
ひと目で活動内容がわかる

7.オフ会、勉強会、イベント出展

メリットは以下のとおり。

信頼性
実績づくり
リアルでつながれる
自分の強みがわかる
他者のニーズがわかる
ファンとの距離を深める

好きなことを見つけるヒント

以下を考えること。

100億あったら何をしたいのか
余命1年だったら何をしたいのか
過去に夢中になったことを振り返る
1年の休暇があったら何をしたいのか
死ぬまでに実現したいことを100個書き出してみる

余命1年だったら間違いなく、今の仕事はしていないと思いました。

かさこ塾のセミナー動画3本

かさこ塾セミナーの雰囲気がつかめます。

まとめ:「今まで何をしてきて、これから何をやりたいのか」を自問自答し続けよう

まとめ:「今まで何をしてきて、これから何をやりたいのか」を自問自答し続けよう

ブログは読まれません。
それでも、めげずにコツコツ更新するのが大事です。

どんな記事が当たるかは、わからないから。

かさこ塾長は「最初の3年は1日100アクセス程度が続くが、コツコツ地道に努力しよう」といいます。

ただ、ブログ講義の本質は以下です。

今まで何をしてきて、これから何をやりたいのか?

自問自答し続けたほうがいい言葉です。

ブログの毎日更新も重要。
最高品質の記事を毎日書くことも重要。

ただ、上記はあくまで手段です。
ブログが読まれるための方法論。

大事なのは「人生で今まで何をしてきて、これから何をやりたいのか?」です。

なお、他にも感銘を受けたブログセミナーの感想があります。
»【感想】ブロガーズフェスティバル2019で価値観がひっくり返る

ブロガーズフェスティバル2019
【感想】ブロガーズフェスティバル2019で価値観がひっくり返る

何歳になっても自分に問い続けていきます。

こういちより

P.S. 今まで何をしてきて、これから何をやりたいのか、考え続けよう。

関連記事ブロガーは1.5流を組み合わせて独自性を出す【染谷昌利さん講演】
関連記事ブログは自分のために書けば書くほど人のためになる【講演の感想】

-Web Marketing

Copyright © Blog Chronicle , All Rights Reserved.