ツイッターをする

読書のインプットの質を上げるツイッターの簡単な使い方【結論:本を読んだ感想をツイートする】

投稿日:2019年3月19日 更新日:

ツイッター

親愛なる君へ

  • 「読んだ本の内容を記憶に定着させたい」
  • 「ツイッターのつぶやく以外の使い方を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

人間は忘れる生き物です。
エビングハウスの忘却曲線によれば、人間の記憶は1日で74%が失われます。

本記事では、本の読んだ内容が記憶に定着せず悩んでいる人へ、読書の質を上げるツイッターの使い方を解説していきます。

この記事を読むことで、SNSの使い方が変わり、良質なインプットができるようになります。

読書のインプットの質を上げるツイッターの簡単な使い方【結論:本を読んだ感想をツイートする】

読書

本を読んだ感想をツイートする。
これだけです。

本日現在の読書量は、一般書籍4,314冊、漫画1,311冊になりました。
Twitterの使い方で、インプットの質を上げています。

1.本を読んだ感想をツイートする3つのメリット

メリットは3つです。

読書した感想ツイートするメリット×3

1.読んだ内容が記憶に残る。
2.アウトプットを意識した読み方に変わり、インプットの質が上がる。
3.「いいね!」が読書のモチベーションになる。

順番に解説していきます。

1.読んだ内容が記憶に残る

本を読んだ感想をツイートすると、自分の記憶に残るのでおすすめです。

本を読みながら、名言や学んだこと、共感したところ、心にグッときたところをTwitterでツイートしていきます。
Facebookでもかまいません。
ツイートでアウトプットすることで記憶に残りやすくなります。
フォロワーさんから反応がもらえれば、再度ツイートを見ることになり、印象がついてさらに記憶に残ります。
自分の考えや切り口を1行でも加えるのがポイントです。
考えたことは覚えようとしたことより記憶に残りやすいからです。

読んだ後にツイートしようとしても忘れてしまうので、読みながら投稿するのも大事なポイントです。
読みながらツイートするとどうしても読むスピードは遅くなりがちですが、ツイートが増えるとタイムラインで見られやすくなるメリットもあります。
何よりもその時の気持ちをリアルタイムに投稿できます。

読みながらのツイートが面倒な人は下記をオススメします。

・本の要約を140字以内でまとめて、1回だけツイートする。
・本を読んでグッときたところを3つだけ厳選して、3回に分けてツイートする。


どちらも読んだ後にツイートできるので、読書スピードを落としません。

140字以内にまとめる要約の訓練にもなります。
グッときたところを3つに絞るために考えるトレーニングにもなります。

いろいろ試してみて自分に合うアウトプット方法を探してみましょう。

2.アウトプットを意識した読み方に変わり、インプットの質が上がる

アウトプットを意識した読み方になりますので、インプットの質が上がります。
「どこをツイートしようか」と探しながら読むからです。
読んだ箇所が記憶に残りやすいという自分のためにもなり、SNSでシェアすることでフォロワーさんにも有益です。
インプットの質が上がり有益なツイートができるようになるということは、アウトプットの質も上がるということなのです。
どんどんツイートしていきましょう。

とにかくまずはアウトプットです。
アウトプットから全てが始まります。

3.「いいね!」が読書のモチベーションになる

フォロワーさんからの反応として「いいね!」がつけば、嬉しいので読書のモチベーションにもつながります。
「リツイート」がつけば、さらにモチベーションになります。
読書は一人でするので、モチベーションを保つのが難しい場合があります。
SNSで共感ツイートすることは、読書のやる気を保つメリットもあるのです。

読書のインプットの質を上げるツイッターの簡単な使い方のまとめ

ツイッター

本記事では、読書のインプットの質を上げるツイッターの簡単な使い方について書きました。

本を読んだ感想をツイートするメリット×3

1.読んだ内容が記憶に残る。
2.アウトプットを意識した読み方に変わり、インプットの質が上がる。
3.「いいね!」が読書のモチベーションになる。

「ツイッターで何をつぶやけばいいのか?」という悩みを持っていました。

今では本を読みつつ、ツイートするようにしているのでネタがなくなりません。
読んだ本の数だけツイートすることができます。

どのような本でも1行はグッとあるところや気づきがあるものです。
グッとくるところを探しながら読書をすることは楽しいです。
有益な情報を切り取ってツイートできるので、フォロワーさんにとっても有益です。

本の読み方、ツイートの仕方に悩んでいる人に効果的な方法ですので試してみてください。

以上、『読書のインプットの質を上げるツイッターの簡単な使い方【結論:本を読んだ感想をツイートする】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 本を読んで、グッときたところをツイートしよう。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,361冊/漫画1,320冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで3,000mを泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード4)で遊び、ときどき旅をしています。

-ツイッターをする
-,

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.