Web Writing

ブログの文章力を上げる本16選【書いて、読み直して、また書こう】

2020年5月20日

ブログの文章力を上げる本16選【書いて、読み直して、また書こう】
  • 「ブログの文章力を上げたい」
  • 「文章力を鍛えるおすすめの本はどれだろう?
  • 「文章の本はたくさんありすぎて、どれがいいかわからない」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

  • ブログの文章力を上げる本16冊
  • グッときたところベスト3

 本記事の信頼性

  • ブログ歴:2019年1月にブログ開設
  • ブログ実績:過去最高は月62,000PV、月54,000円(確定)

ブログの文章力を上げるために30冊以上読んできました。
読むだけでなく「書かないと文章力は上がらない」が実感です。

ゆえに、ある程度読んだら、書きまくるべきです。

本記事では、ブログの文章力を上げるおすすめ本16選をまとめています。
「文章力の向上はゴールのないマラソン」のようなもので「完璧な文章」は存在しません。

できていないことが多いですが、日々、試行錯誤です。

なお村上春樹氏の文章力を上げる方法については、【村上春樹の文章力】文章は何度も「読み直し、書き直し」でうまくなるで解説しています。

ブログの文章力を上げる本16選【書いて、読み直して、また書こう】

ブログの文章力を上げる本16選【書いて、読み直して、また書こう】

文章は書かないと上達しません。
「習うより慣れろ」で、時間もかかります。

文章力は一朝一夕には身に付きません。
「千里の道も一歩から」なのです。

文章に悩んでいる人が読むと、得るものがあるはずです。

1.好かれる人が無意識にしている文章の書き方【中谷 彰宏】

著作1,000冊以上の中谷 彰宏さんの文章術の本です。
今までにない「好かれる文章の書き方」という切り口です。

本書で「今までどれだけ嫌味臭のある文章を書いてきたか」が、わかりました。

読者に好かれるのは「サラリとした、臭わない文章=なんの色もない文章」です。

 グッときたところベスト3

【第1位】自分の言いたいことより、読み手が知りたい解決策を書く
【第2位】「きっと…でしょう」ではなく、「…です」と言い切る
【第3位】体験したことは書ける。書くために体験したことはイヤらしい

こんな方におすすめ

  • 文章で、チャンスをつかみたい人
  • 送ったメールに、返事が来ない人
  • そんなつもりで書いたわけではないのに、叱られた人

軽い気持ちでは読むと後悔します。

理由は下記記事で解説しています。

2.博報堂スピーチライターが教える短くても伝わる文章のコツ【ひきた よしあき】

 読むメリットは、以下のとおり。

文章の心構えがわかる
文章を書くやる気を上がる
文章の書き方のコツがわかる

技術的なことだけでなく、メンタル面でも寄り添ってくれます。

 グッときたところベスト3

【第1位】徹底的にアウトプットする
【第2位】いっきに書いた文章をいっきに削る
【第3位】声を出しながら書き進む

文章上達の秘訣は、アウトプットの量です。

こんな方におすすめ

  • 短くても面白い文章を書きたい人
  • つい読んでみたくなる、人に話したくなる文章を書きたい人
  • 企画書やメール、手紙、SNSなどに沿った書き方と心得を知りたい人

「どうやって書けばいいの?」という疑問を解決してくれます。

1日1日、頭にあるものをすべて吐き出すように、全力で書くようになります。

詳しくは下記記事で解説しています。

3.人は誰でも作家になれる【中谷 彰宏】

文章を書くのが苦しいときに、読みたくなる本です。

なかなか書き出せない人の背中を押してくれます。
たった1行を書き出すための言葉をくれます。

1mmでも前に進むための力をくれるのです。

 グッときたところベスト3

【第1位】たくさん書いて、力みを取ろう
【第2位】とにかく一気に書いてしまおう
【第3位】書きたいことから書けば、書き出せる

こんな方におすすめ

  • 書くのが辛い人
  • 作家になりたい人
  • 文章で食べていきたい人

これから何かを書きたい人の背中を、強く押してくれます。

文章を書く勇気が湧いてくる一冊です。

詳しくは下記記事で解説しています。

ちなみに、作家になりたい方はアミューズメントメディア総合学院で学んでみるのも近道。
なぜなら、「小説シナリオ学科」があるからです。

資料請求や体験説明会も開催しています。
アミューズメントメディア総合学院

4.シンプルに書く【阿部 紘久】

270の具体的な文章を用いて「シンプルに書くための方法」を解説しています。

「元の文例」と「改善の文例」の比較で、ビフォーアフターが一目瞭然です。
シンプルで読者に刺さる文章を書きたい方におすすめです。

 グッときたところベスト3

【第1位】箇条書きにできないか
【第2位】1語でも短く、1字でも短く
【第3位】強調語を使い過ぎない

こんな方におすすめ

  • 文章を書くすべての人
  • 分かりやすい文章を書きたい人
  • シンプルな文章で人の心を動かしたい人

読んだあとは「1文字でも短く書く」を意識できます。

詳しくは下記記事で解説しています。

5.1秒で刺さる書き方【中谷 彰宏】

「読者を動かす短い文章」が書けるようになります。

中谷 彰宏さんは徹底した短文主義。
刺さるのは、つねに短い文章です。

 グッときたところベスト3

【第1位】読んだ人が、人に話したくなり、行動したくなり、ハッピーになる
【第2位】読む人は忙しい。1秒が勝負のサドンデス
【第3位】一番言いたい1文に、マーカーを引く。その前を、バッサリ削除する

「読者のために1字でも短くするにはどうすればいいか」が、わかります。

こんな方におすすめ

  • ブログを書いたのに読まれない人
  • 意図に反して、炎上してしまった人
  • オリジナリティーのある文章が、書けない人

ムダな文章が1文でもあればアウトです。

書くことは削ることです。

詳しくは下記記事で解説しています。

6.150字からはじめる「うまい」と言われる文章の書き方【高橋 フミアキ】

文章を書くのが楽しくなります。
書かれていることを試してみたくなるからです。

10の文章構成パターン
48の文章テクニック

特に文章の構成パターンは「型」ですので、知っておいて損はありません。

 グッときたところベスト3

【第1位】結論+3つの理由+再び結論
【第2位】結論+エピソード型
【第3位】名言中心型

150字、300字、800字と段階を踏んで「書く技術」が解説されています。

こんな方におすすめ

  • 小学生からビジネスパーソン
  • 文章のテクニックについて知りたい人
  • うまいと言われる文章を書くコツを知りたい人

文章の型を身につけられる本です。

『「うまい」と言われる文章の書き方』は、文章構成のパターンを知りたい人におすすめの本
【基本】文章構成のパターンがわかる本【150字、300字、800字の書き方】

7.短くて説得力のある文章の書き方【中谷 彰宏】

1.書くのが楽しくない
2.書くときに力んでしまう
3.型にこだわりすぎて、書けなくなる

こんな悩みを解消してくれる本です。

 グッときたところベスト3

【第1位】むずかしく書いているだけ
【第2位】思いついた順番が、一番わかりやすい
【第3位】どんなに文章を短くしても、タイトルのない文章は読まれない

「文章の型」も大事ですが、自分の思いついた順番も大事です。

こんな方におすすめ

  • 読まれるブログを書きたい人
  • 読まれるタイトルの付け方を知りたい人
  • 短くて説得力のある文章の書き方を知りたい人

「文章を書くのは楽しい」と教えてくれる本です。

詳しくは下記記事で解説しています。

8.10倍速く書けるスピード文章術【上坂 徹】

1時間3,000字を書くブックライター上坂さんの「文章を速く書くコツ」がわかる本です。

著者は、「10倍速く書くためには素材集めが重要」といいます。
正しく素材を集めるには2つのルールがあります。

① 文章の目的をはっきりさせる
② 読む人をイメージする

さらに、以下のように文章を書く人の味方になってくれます。

文章は素材をベースに書くだけ
うまく書こうとしなくていい
文章を絶対ゼロから書いてはいけない

 グッときたところベスト3

【第1位】トップスピードで最後まで書ききるコツ
【第2位】書き上げた文章はそのまま提出してはいけない
【第3位】素材の3要素「独自の事実」「エピソード」「数字」

こんな方におすすめ

  • 文章を速く書きたい人
  • 文章に苦手意識がある人
  • 仕事の生産性を少しでも高めたい人

「素材を集める、一気に書き切る、推敲する」を意識できるようになりました。

詳しくは下記記事で解説しています。

9.伝わるゆさぶる!文章を書く【山田ズーニー】

書いた文章は、次の疑問に答えられるかどうか。

どんな効果があるのか
どんな得をするのか
どんな価値があるのか

「自己満足の文章」を書きたいのであれば、本書を読む必要はありません。

文章で読者を揺り動かすために「何を考えればいいのか」「どう考えればいいのか」を、具体的な方法で教えてくれる本です。

 グッときたところベスト3

【第1位】読む気を引き出す文章の書き方
【第2位】説得のためにいかに視野を広げるか?
【第3位】伝わる揺さぶる!文章の書き方

文章力だけでなく、やる気も手に入ります。

こんな方におすすめ

  • 文章力を伸ばしたい人
  • 人を揺さぶる文章を書きたい人
  • 読み手を納得、共感させる文章を書きたい人

型に沿いつつ、自分を混ぜることが書くことです。

詳しくは下記記事で解説しています。

10.不良のための文章術【永江 朗】

本書を読んで、以下が日課になりました。

毎日、ブログ1記事を書く
毎日い、ブログ3記事をリライトする

下記の引用文が刺さったからです。

たくさん書いて、たくさん失敗して、たくさん楽しい思いをするのがいちばんです。
急がば回れというのは本当のことです。

文章上達には、たくさん書いて、たくさん書き直すしかないのです。

 グッときたところベスト3

【第1位】読者が王様、女王様
【第2位】「本を読んだ私」を書くと失敗する
【第3位】「まずい」と書かずにまずいことを伝える

本のタイトルとは程遠い、読者ファーストの本です。

こんな方におすすめ

  • 文章を上達させたい人
  • お金になる文章を書きたい人
  • プロのライターになりたい人

読者を動かす文章が、読者ファーストです。

詳しくは下記記事で解説しています。

11.心を動かす無敵の文章術【千田琢哉】

心を動かすための具体例が40個、解説された本です。

 グッときたところベスト3

【第1位】相手の人生を変えることができたら、超一流
【第2位】ハードルを低くして、少しずつの成長を目指そう
【第3位】勉強を愉しみ、「無敵の文章術」を身につけよう

読者の心を動かすだけでなく、読者の人生までも変える気持ちで文章を書くのです。

こんな方におすすめ

  • 文章を上達させたい人
  • 文章で食べていきたい人
  • 人の心を動かす文章を書きたい人

人生を変える文章が究極です。

詳しくは下記記事で解説しています。

12.伝わる文章を書く技術【印南 敦史】

年間250本の書評を書く、プロ書評家の文章指南書です。

 グッときたところベスト3

【第1位】”刺さる”を考える
【第2位】時間をかければいいわけではない
【第3位】読ませる文章に必要なセンスの磨き方

読ませる文章に必要なセンスの磨き方は、下記のとおり。

① 読む習慣を身につける
② 他人の視点に立つ
③ 好きな書き手の真似をする

こんな方におすすめ

  • 正しい文章の書き方を学びたい人
  • 文章を書こうとすると、固まってしまう人
  • 自分の気持ちをうまく文章にすることができない人

本書を読んで変わったことが3つあります。

詳しくは下記記事で解説しています。

13.原稿用紙10枚を書く力【齋藤 孝】

原稿用紙10枚を書くためにはどうすればいいか?

本書では「書くことは構築すること」「引用のコツ」「構築力×生命力=スタイルのある文章」など、具体的な方法が解説されています。

 グッときたところベスト3

【第1位】引用のポイントを外さないコツ
【第2位】「書く」ことは構築することだ
【第3位】生命力と構築力

文章の基本は「構築力」をつけること。
次に「生命力」のある文章を身につけること。

図式化すると以下のとおり。

原稿用紙10枚を書く力

こんな方におすすめ

  • 考える力をつけたい人
  • 書く力を身につけたい人
  • 原稿用紙10枚=4000文字が書けるようになりたい人

詳しくは下記記事で解説しています。

14.まんがでわかる理科系の作文技術【木下 是雄】

本書は1981年に刊行された100万部を超えたロングセラー『理科系の作文技術』をマンガ化した本です。

 グッときたところベスト3

【第1位】重点先行主義
【第2位】文章のうまさより構成
【第3位】誤解できないように書く

こんな方におすすめ

  • 正確に伝わる文章を書きたい人
  • 明快で簡潔な文章を身につけたい人
  • 文章をまんがでわかりやすく学びたい人

逆に、以下のような人にはおすすめできません。

美辞麗句の文章を書きたい人
文章の基本が身についている人
文学で使うような文章を書きたい人

本書はマンガとしても楽しめます。
主人公の成長していく様子がワクワクさせます。

新書『理科系の作文技術』を読んだあとの復習にも使える本です。

詳しくは下記記事で解説しています。

15.新しい文章力の教室【唐木 元】

「いきなり文章は書き始めてはいけない」の結論のもと、以下を丁寧に解説した本です。

言葉づかい
文章の土台づくり
正しい文章の書き方

 グッときたところベスト3

【第1位】悩まずに書くために「プラモデル」を用意する
【第2位】文章は意味字面語呂の3つの見地で読み返す
【第3位】感想文やレビューを書くには

こんな方におすすめ

  • 文章をいきなり書いている人
  • 正しい文章の書き方、言葉遣いを学びたい人
  • 文章を明快、スムーズに読んでもらいたい人

下記のような人にはおすすめできません。

文章の型を知りたい人

文章の型を学びたい場合は、『150字からはじめる「うまい」と言われる文章の書き方』高橋 フミアキ【著】を読んだほうが良いです。

詳しくは下記記事で解説しています。

16.今すぐ書け、の文章法【堀井 憲一郎】

文章の細かい技術よりも、大事なことがわかります。

 本書の結論

1.読んでいる人のことをいつも考えて書けばいい
2.文章を書くのは人を変えるため

 グッときたところベスト3

【第1位】文章は人を変えるために書け
【第2位】事前に考えたことしか書かれていない文章は失敗である
【第3位】頭は身体に勝てない

今まで読んできた文章本でいちばん影響を受けた本です。

文章を書く人は、最初に読んだほうが良い本です。

詳しくは下記記事で解説しています。

まとめ:文章で読者を1ミリでも動かそう

まとめ:文章で読者を1ミリでも動かそう

読者を動かすことが、良い文章です。

読者を動かすことが読者ファーストだからです。

  • 心が動く
  • 習慣が変わる
  • 人生が変わる

プラスでもマイナスでも読者が動けば、文章を書いた意味があります。
存在意義があるのです。

自己満足の文章は読者には不要です。
読者のニーズにも、リクエストにも応えない文章はいらないのです。

読者を動かしてこそ、価値がある文章なのです。

以上です。

P.S. 書いて、読み直し、書き直す、を繰り返すのみです。

関連記事文章の書き方を学ぶ価値と、中谷 彰宏のおすすめ本4冊
関連記事ブログ型アフィリエイトおすすめ本まとめ【基礎18冊+応用18冊】

-Web Writing

Copyright © Blog Chronicle , All Rights Reserved.