ブログを書く ブログのおすすめ本

【書評】仕事の文章の書き方がわかる本『まんがでわかる理科系の作文技術』

2020年5月29日

理科系の作文技術

親愛なる君に

  • 「簡潔な仕事の文章の書き方を学びたい」
  • 「ブログを読まれるために少しでも文章力を上げたい」
  • 「『まんがでわかる理科系の作文技術』の内容を知りたい」

こんな悩みを解消するには十分な本を紹介します。

 この記事でわかること

『まんがでわかる理科系の作文技術』木下 是雄【著】の書評【グッときたところベスト3】
・おすすめの人、おすすめしない人、目次、口コミ7つ
・レビュー動画1本

 本記事の信頼性

ブログ歴:2019年1月にブログ開設
・ブログ実績:過去最高は月6.2万PV、月5.4万円(確定)
・下記べストセラー本を出版する元マイクロソフトの中島聡さんおすすめの本。
»『結局人生はアウトプットで決まる』
»『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』

本書は1981年に刊行された100万部超えのロングセラー『理科系の作文技術』をマンガ化したものです。

マンガとはいえバカにできない本です。

文字だらけの文章本より、よほど中身がつまっています。
本書には『理科系の作文技術』のエッセンスが凝縮されています。

本記事では、『まんがでわかる理科系の作文技術』の書評を書いています。

この記事を読むことで、本書の内容、仕事の文章の書き方がわかります。

こーいち
マンガのストーリーが記憶に残りやすいので、入門書として友人にも勧められる本です。

【書評】仕事の文章の書き方がわかる本『まんがでわかる理科系の作文技術』【グッときたところベスト3】

理科系の作文技術

 グッときたところベスト3

【第1位】重点先行主義
【第2位】文章のうまさより構成
【第3位】誤解できないように書く

引用して、順番に解説します。

【第1位】重点先行主義

理科系の作文技術

最初の1行に命をかける。
つまり、リード文に命をかけるのです。

前のめりが「迫力」です。

重点先行主義=結論ファーストは、ほとんどの文章術の本に書いてあります。

なぜ、こんなにも「結論ファースト」が重要視されているのか。
理由は、簡単そうで、簡単じゃないからです。

こーいち
ほとんどの文章は最後に言いたいことを書きがちなのです。

 重点先行主義

・とにかく結論を前にする
・重要なことから書いていく
・リード文ですべてがわかるように書く

すべては読者のためです。

・いつ離脱してもいい
・見出しだけで内容がわかる
・途中で読むのをやめてもいい

読者は忙しいのです。

文章はつねに重点先行主義。
最初の1行で勝負ありです。

こーいち
「吾輩は猫である」が究極の出だしです。

刺さる文章の書き方は、下記記事で詳しく解説しています。
»【書評】ブログが読まれない人におすすめの本『1秒で刺さる書き方』【一番言いたいことを最初に書く】

【第2位】文章のうまさより構成

理科系の作文技術

文章は構成で決まります。

「文章は構成に時間をかけるのが大事」は、『原稿用紙10枚を書く力』斎藤孝【著】で学びました。

どうやって、構成を考えるのか?

答えは引用文のとおり、ノートに書き出すことです。

今まで「文章の構成」をパソコンに打ち込みながら、考えていました。
キーワードが多くなるとスクロールしなくてはならず、何がなんだかわからなくなることもしばしば。

ノートに手書きで構成をまとめると、「文章の目的地」を見失いません。

下記などは二の次、三の次なのです。

・文章のうまさ
・言葉の選び方
・口調の良さ

文章は構成で決まる。

こーいち
忘れたくない言葉です。

「文章は構築力」という齋藤 孝 先生の本は、下記で解説しています。
»【書評・要約】ブログで4000文字が書ける本『原稿用紙10枚を書く力』【齋藤孝】

【第3位】誤解できないように書く

理科系の作文技術

「おもしろい」と思ったコマです。

なぜなら、本書の解説文には「まぎれやすい文章の3つの例文」が書いてあったからです。

 3つの例文は以下のとおり。

以下の例文は、そのままでは(a)(b)など複数の意味にとれてしまいます。読点を入れたり、語順を入れ替えたり、言葉を補足するなどして、「誤解できないように」書くことを心がけましょう。

例4 AはBより5倍大きい。
(a)A=5B
(b)A=B+5B

例6 すべての増幅器は安定でない。
(a)いかなる増幅器もみな不安定である。
(b)どの増幅器もみな安定であるとは限らない。

例7 AさんとBさんは高校時代からの親友です。
(a)AさんとBさんとの仲は、高校時代から親友の関係にある。
(b)AさんとBさんは、高校時代からの私の親友である。

「読点ひとつ」で文章の意味が変わるのは、他の本でもさんざん書かれてきたこと。

ただ、上記例文を改めて読むと「今まで書いてきた文章は誤解されても仕方がない」と思えました。

一文一文に対する執念を持つべきです。

こーいち
自分に言われているような言葉が刺さります。

『まんがでわかる理科系の作文技術』は、仕事の文章の書き方を身につけたい人へおすすめの本

理科系の作文技術

おすすめの人、おすすめしない人

こんな方におすすめ

  • 正確に伝わる文章を書きたい人
  • 明快で簡潔な文章を身につけたい人
  • 仕事の文章の書き方をまんがでわかりやすく学びたい人

「その人に伝わる文章がいい文章だ」
登場人物「梶山聡」の言葉です。

どんな美辞麗句を並べても、読者に伝わらなければ文章の意味がないのです。

文章は伝えるためにあるもの。
これが文章の目的です。

本書は「理科系の仕事の文書の指南書」ですが、文系、理系は関係ありません。

伝えるために必要なことが、まとまっています。

こーいち
本書後半の「講演の要領」も勉強になります。

逆に、以下のような人にはおすすめできません。

・美辞麗句の文章を書きたい人
・文章の基本が身についている人
・文章の細かいテクニックを知りたい人

6つの章の目次

目次

CHAPTER 01.仕事の文書の心得
CHAPTER 02.文章の組み立て
CHAPTER 03.文章の構成
CHAPTER 04.脱・日本語の文章
CHAPTER 05.「事実」と「意見」
CHAPTER 06.講演の要領

書名:『まんがでわかる理科系の作文技術』
著者:木下 是雄
単行本:173ページ
出版社:中央公論新社
発売日:2018/1/19


著者のプロフィール

木下 是雄
1917年東京に生まれる。
1941年東京大学理学部物理学科卒業。
名古屋大学助教授、学習院大学教授、学習院大学学長を経て、学習院大学名誉教授。
専攻、物理学。
2014年逝去。

Twitterの口コミ7つ

1.よい本

2.長い文章を読むのが苦手な人へ

3.相手にわかりやすい文を書くためのコツ

4.2019年に読んだ本ベスト5

5.どうすれば相手に伝わるのか

6.ストーリーも解説も面白い

7.簡潔で伝わりやすい文章を書くときにおすすめ

»『まんがでわかる理科系の作文技術』木下是雄【著】をチェックする

『理科系の作文技術』のレビュー動画1本【説得力のある話し方の基礎】

【書評まとめ】仕事の文章の書き方を知ろう

理科系の作文技術

 【まとめ】グッときたところベスト3

【第1位】重点先行主義
【第2位】文章のうまさより構成
【第3位】誤解できないように書く

文章の構成に時間をかけ、本文は重点先行で「誤解できないように」書くのです。

他にも刺さったところを3つ引用します。

・目標規定文のすすめ
・文は短く、格は正しく
・「逆茂木型」の文章の解消

「逆茂木型」の文章は要注意です。

「逆茂木型の文章」とは、修飾語などで脇道にそれ、何がなんだかわからなくなる文章です。
» 逆茂木型の文章

本書はマンガとしても楽しめます。
主人公の成長していく様子が、心地よい余韻を残します。

こーいち
新書『理科系の作文技術』を読んだあとの復習にも使える本です。

こーいちより

P.S. 仕事の文章の書き方を知ろう。



» 著者の他の著作

 初回30日間の無料体験でビジネス書、雑誌、マンガなどが読み放題

Kindle Unlimited | 月額980円が30日間無料
✔︎ ビジネス書、雑誌、マンガなど200万冊以上が読み放題。
✔︎ 無料期間中(30日間)に解約すれば、お金はかかりません。

» 30日間無料でKindle Unlimitedを体験してみる

関連記事文章の書き方を学ぶ価値と、中谷 彰宏のおすすめ本4冊
関連記事【まとめ】ブログの文章力を上げる本16選【書いて、読み直して、また書こう】

-ブログを書く, ブログのおすすめ本

© 2019 Blog Chronicle