広告 Read

中谷彰宏おすすめ本17選まとめ【文章4冊+成功5冊+ヒント8冊】

2023年10月18日

中谷彰宏おすすめ本17選まとめ【文章4冊+成功5冊+ヒント8冊】
  • 「中谷 彰宏の文章の書き方のおすすめ著書は?」
  • 「中谷 彰宏の成功者になるための考え方を知りたい」
  • 「中谷 彰宏の50のヒントシリーズで元気づけられたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。
本記事を書いている私は、中谷彰宏歴27年10ヶ月(1996年4月から)です。

 この記事でわかること

  • 中谷彰宏のおすすめ本17選まとめ
  • 文章の書き方4冊、成功者になる5冊、考え方のヒント8冊

 中谷彰宏の本の信頼性

  1. 著作1,000冊以上
  2. 年に250万部売れている
  3. 中谷塾で文章講義を開催

根拠は下記記事です。

中谷彰宏さんは化け物です。
ギネス級の著作量だからです。

本記事ではそんな「中谷彰宏さん」のおすすめ本17冊ジャンル別にまとめました。

中谷彰宏おすすめ本【文章の書き方が学べる4冊】

中谷彰宏おすすめ本【文章の書き方が学べる4冊】

中谷彰宏さんの1,000冊以上の著作で「文章の書き方がテーマ」は下記4冊だけです。

  1. 好かれる人が無意識にしている文章の書き方
  2. 1秒で刺さる書き方』
  3. 短くて説得力のある文章の書き方
  4. 人は誰でも作家になれ

読んでよかった中谷彰宏のおすすめ文章本4冊を、新しい順に解説します。

1.好かれる人が無意識にしている文章の書き方

「好かれる文章を書くためのコツ」が書かれています。

  • サラリと書く方法
  • 広告臭くない文章とは
  • 加齢臭のある文章とは

文章には「うまい」「へた」以前に「好かれる文章」と「嫌われる文章」があるのです。

「今まで書いてきたことは何だったんだ」と思えました。
ブログは全記事リライトです。

「文章の書き方」を具体例から学べます。

 グッときたところベスト3

  • 1位:自分の言いたいことより、読み手が知りたい解決策を書く
  • 2位:「きっと…でしょう」ではなく、「…です」と言い切る
  • 3位:体験したことは書ける。書くために体験したことはイヤらしくなる

文章は自分のためではなく、読者のためにある。

読者ファーストの大切さを痛感します。
好かれる文章の書き方がわかります。

2.1秒で刺さる書き方

読まれるブログを書きたい方に最適です。

離脱されないポイントがわかりやすく書かれているからです。
「文章の書き方」を学ぶ価値は「読まれる文章が書ける」です。

本書を読みながら、何度もブログを書き直しました。

厳しい言葉も書かれています。
刺さる文章の書き方が学べます。

 グッときたところベスト3

  • 1位:読んだ人が、人に話したくなり、行動したくなり、ハッピーになる
  • 2位:読む人は忙しい。1秒が勝負のサドンデス
  • 3位:1番言いたい1文に、マーカーを引く。その前を、バッサリ削除する

繰り返し読みたくなります。

3.短くて説得力のある文章の書き方

刺さる言葉は短いです。

 中谷 彰宏さんの本のポイント3つ

  1. 短文
  2. 読みやすい
  3. わかりやすい

中谷彰宏さんは、徹底した短文主義です。
短く、読みやすく、わかりやすい文章が刺さります。

博報堂で広告の仕事をしていたからこそ、コピーライターのような短い文章が書けるのです。

どのページを開いても、心に引っかかります。
つまみ食いするように、ついつい読んでしまうのです。

 グッときたところベスト3

  • 1位:「書くことがむずかしい」という人は、むずかしく書いている
  • 2位:思いついた順番が、1番わかりやすい
  • 3位:どんなに文章を短くしても、タイトルのない文章は読まれない

刺さる言葉は人それぞれです。
自分だけの言葉が見つかります。

  • ブログが読まれない
  • スラスラと文章を書きたい
  • 短くて説得力のある文章を書きたい

こんな方は「徹底した短文主義のノウハウ」が学べます。

4.人は誰でも作家になれる

文章を書きたい気持ちがなくなったときにおすすめです。

背中をそっと押してくれるからです。
最初の1歩を踏み出す勇気がもらえるからです。

本書は「とりあえず中谷彰宏の本とは、どんな感じだろう」という方の「入門書」に適しています。

 グッときたところベスト3

  • 1位:たくさん書いて、力みを取ろう
  • 2位:書き直しなんか後でいい
  • 3位:書きたいことから書けば、書き出せる

文章を書く勇気がもらえます。
文章が書けなくなった人に有効です。

中谷彰宏おすすめ本【成功者になるための5冊】

中谷彰宏おすすめ本【成功者になるための5冊】

中谷彰宏さんの『成功者になるためにシリーズ5冊』をまとめました。
仕事の成功に必要な「決断、雑談、完遂、説明、ダンドリ」がわかります。

1.決断できる自分に変わる本

判断力が優れていても、決断力がなければ物事は進みません。

決断の先延ばしは「チャンスの放棄」です。
決断しなかったことは「チャンスの損失」なのです。

チャンスは「決断という予選」を通過した人が得られます。

決断のメリットを知り、少しずつ改善できるようになりました。

決断力をつけるヒントが書かれています。
決断力の自信のない人向けです。

 こんな人におすすめ

  • なかなか決められない人
  • 決めたことをクヨクヨ迷う人
  • イヤなことを「イヤだ」と言えない人

書籍について「【決断できないとき】断る人は信用され、断らない人は信用されない」で、解説しています。

2.雑談の達人に変わる本

  • 知らない人が多い場所は苦手
  • 何を話していいのかわからない
  • 話す内容を考えて、動けなくなる

こんな悩みを持つ人向けの本です。

「雑談の具体例」を試してみたくなるからです。

「いい話をしよう」と力む必要はありません。
話す内容は、なんでもいいのです。

「なんでもいいから話しかければいい。こだわる必要はない、かまえなくていい」とわかると気が楽です。

 こんな人におすすめ

  • 仕事を成功させたい人
  • 恋人とすぐ仲良くなりたい人
  • アイデアをポンポン出したい人

感想は「雑談上手になるには「何を話すか」にこだわらない【データより体験談】」に書きました。

3.最後までやりとげられる自分に変わる本

「努力しているのに成果に結びつかない」と感じている人向けです。

努力が続くモチベーションが得られるからです。

最初から頑張りすぎると続きません。
適当なほうが長続きします。

大きなことをドーンとやるよりも、簡単なことを毎日少しずつ続けたほうが成長できます。

頑張りすぎると体を壊します。
休みたいときは思い切って休んで、やる気を復活させるのです。

休むのも勇気です。

 こんな人におすすめ

  • 最後までやり通すのが苦手な人
  • 恋人とのつき合いが長続きしない人
  • 頑張っているのにくじけそうになっている人

要点は「最後までやりとげるコツは簡単なことを毎日やる【頑張りすぎない】」にまとめました。

4.説明の達人に変わる本

仕事でもプライベートでも、あらゆるところに説明があります。
行動につながる「説明のコツ」が書かれています。

たとえば「忘れてください」はスーパーテクニックです。

覚えてもらいたいことほど「忘れてください」と言うと、相手の記憶に残るのです。

 こんな人におすすめ

  • 説明下手で、誤解されている人
  • コミュニケーション上手になりたい人
  • いいアイデアが浮かんでも、うまく伝えられない人

仕事でも使える具体例が豊富です。
»【説明が上手くなる本】おすすめは『説明の達人に変わる本』3つの考え

5.ダンドリの達人に変わる本

仕事は「能力よりも段取りが8割」です。

間違えていても、あとで直せばいいからです。
完璧を求めすぎて前に進まないよりも「仕事離れの良さ」が大事です。

たとえば「完璧さを求めるよりも、とりあえず渡す」です。
段取り良くするコツは「とりあえず始める、ダメだったら変える」の精神です。

すぐに役立つダンドリのコツが分かります。

 こんな人におすすめ

  • ダンドリの悪さで、いつも損をしている人
  • ダンドリをよくすることで、時間を増やしたい人
  • 「ダンドリがいいね」と言われるようになりたい人

»【書評】先走ることで段取り上手になる『ダンドリの達人に変わる本』

中谷彰宏おすすめ本【元気がなくなったときの8冊】

中谷彰宏おすすめ本【元気がなくなったときの8冊】

中谷彰宏さんの『50のヒントシリーズ8冊』をまとめました。
様々なシーンで使える「役立つ考え方」がわかります。

1.心の中に火をつける50のヒント

「やる気」を出すための火種となる50の言葉がつまっています。

いい言葉に出会うために本があります。

挑戦している人は、ときには馬鹿にされます。
馬鹿にされているのは、新しいことをしているからです。

継続が辛くなった人に有効です。

 こんな人におすすめ

  • やる気が出ない人
  • 心が折れそうな人
  • 折れた心を復活させたい人

詳しくは「【書評】心が折れたときに読む本『心の中に火をつける50のヒント』」で解説しています。

2.背中を押してくれる50のヒント

「最初の0.1歩を踏み出す」ための勇気がもらえます。

「どうせできない」を言わないだけで、人生は好転します。

 こんな人におすすめ

  • 行動力がない人
  • あと1歩、踏み出せない人
  • クヨクヨ悩んでいる人

詳しくは「【書評】『背中を押してくれる50のヒント』0.1歩を踏み出そう」で解説しています。

3.気持ちが楽になる50のヒント

「頑張っているけれど、うまくいかない」と感じている人に価値があります。

過去のつらい出来事は「意味づけの仕方」で変えられます。
つらい過去を「今のための、今まで」と思えるようになるからです。

「つらい過去があったからこそ、今が良くなった」と思えるように行動です。

「考え方を変えるのは難しい」と思っていましたが「ちょっと違うかも」と思えるようになりました。

 こんな人におすすめ

  • 頑張り屋で挫折が多い人
  • 先が見えなくて、辛い人
  • はじめの1歩が踏み出せない人

グッときたところ3つを「気持ちが楽になる方法がわかる本『気持ちが楽になる50のヒント』」で解説しています。

4.人生を愉しむ50のヒント

「働けば働くほど儲かる」という状況でした。
企業のために死ぬ気で働いても儲かるかわかりません。

「人生を愉しんでいる人が、本当にリッチな人」です。
お金が多い、少ないではないのです。

人生を愉しみ方を忘れてしまった人に役立ちます。
「人生がつまらない」と感じるときはあります。

everything OKです。

 こんな人におすすめ

  • 苦労ばかりしてきた人
  • 人生の愉しみ方を知りたい人
  • 継続できる趣味を持ちたい人

詳しい解説は「人生が楽しくない、つまらない時に読む本【継続できる趣味を持とう】」にまとめています。

5.人間関係に強くなる50のヒント

あらゆる悩みの原因は「人間関係」です。
人間関係に強くなるヒントが書かれています。

世間体は幻です。

世間体を気にしなくなったら、すべてが解決します。

 こんな人におすすめ

  • 感受性豊かな人
  • 人間関係に疲れた人
  • 人間関係に強くなりたい人

人間関係を良くするヒントがつまっています。
» 人間関係がうまくいかない時期に読む本【すべての苦労は世間体から】

6.自分の魅力に気づく50のヒント

魅力は付けるものではなく、気づくものです。

自分の魅力を発見できる本です。

ガマンは誰も幸せにしません。
ガマンで得られることはありません。

ガマンできなくなったら、どんどんやめるが吉です。

 こんな人におすすめ

  • 魅力的になりたい人
  • 自分に自信がない人
  • 自分を見つめ直したい人

詳しい感想は「【魅力的な人になる本】ガマンをやめて、魅力に気づく50のヒント」で解説しました。

7.魔法の時間を作る50のヒント

「自分の時間の使い方がベスト」と思っていましたが、考え直しました。

「時間の使い方」を見直せるきっかけになりました。
たった10分でも時間を作ることが大切です。

 こんな人におすすめ

  • 成功したい人
  • 自分の時間を作りたい人
  • 自分のリズムを作りたい人

感想は「【書評】時間を作る方法がわかる本 『魔法の時間を作る50のヒント』」にまとめました。

8.前向きになれる50のヒント

本書を読んでも「いつも前向き」にはなりません。
人間の気持ちには波があるからです。

落ち込むときは誰にでもあります。
落ち込みを受け入れられると楽です。

 失敗しても落ち込まない方法

「人生は実験」と考えられるようになると、失敗はなくなります。

失敗がすべて発見に変わるからです。

 こんな人におすすめ

  • 落ち込んでいる人
  • 元気になりたい人
  • 後ろ向きに考えがちな人

「元気でない自分」を認められるようになりました。
»【前向きになれる本】元気でない自分も認められる「50のヒント」

まとめ:文章の書き方を学び、中谷彰宏の本を読む

まとめ:文章の書き方を学び、中谷彰宏の本を読む

まとめ:文章の書き方を学び、中谷彰宏の本を読む

まとめ:文章の書き方を学び、中谷彰宏の本を読む

「文章の書き方」が書かれた書籍は多く、Amazonで2,000冊以上です。
ブログの文章力を上げたくて、読み漁った本は50冊以上です。

文章の書き方を学ぶ価値は「読まれる文章」

文章を書くことは「アウトプット」です。

ただアウトプットするだけでは、読まれる文章は書けません。

読まれる文章を書くためには「文章の書き方」を知る必要があります。
「文章の書き方」を学ぶと「読まれる文章」が書けるからです。

 アウトプットの公式

アウトプット(読まれる文章)=インプット(知識、経験)×手段(文章の書き方)

文章を書くことは、誰にでもできます。

誰でもできるからこそ「文章の書き方」を学ぶことで、アウトプットに差がつくのです。

「文章の書き方」を知らずに文章を書くのは「泳ぎ方」を知らずに海に飛び込むようなものです。

なぜ本で学ぶの?

本を読む人が少ないからです。

根拠は下記記事です。

「文章の書き方」を本で学ぶ人は、さらに少ないです。

「本を読み、文章を書く」だけで希少価値になれるのです。
できていないことばかりですが、1つずつ「文章の書き方」を実践しています。

知識×行動×楽しさ=血肉化

「本で読んだ知識」と「行動」と「楽しさ」が掛け合わさり、初めて血肉化します。

1回で身につく本はありません。

必要なのは「試行錯誤や展開、こねくり回し続ける持続的思考」です。

紹介した本は、何度も繰り返みに耐えられます。
本質がつまっているからです。

以上です。

P.S.すべて7回ずつ繰り返し読みました。

-Read