広告 Read

【決断できないとき】断る人は信用され、断らない人は信用されない

2019年8月15日

【決断できないとき】断る人は信用され、断らない人は信用されない
  • 決断できるようになりたい

この記事はそんな方へ向けて書いています。

断る人は信用される。
断らない人は信用されない。

本記事を書いている私は、決断力がないです。
自動車教習所の性格診断で「決断力の項目」がCランクでした。
会社員時代もなかなかNOが言えず仕事を抱えました。

「なんでもOK」は信用されそうですが、最も信用されないです。
現実的にありえないことだからです。

本記事は「決断できる自分に変わる本」の読書感想です。
この記事を読むことで、決断力がつきます。

断りたい時はスパッと断ると「この人は嫌な時は断る人だ」と信用されます。

『決断できる自分に変わる本』のグッときたところベスト3

『決断できる自分に変わる本』のグッときたところベスト3

 グッときたところベスト3

  • 1位:イヤなことをイヤと言えない人が、1番嫌われる
  • 2位:小さく嫌われる人が、大きく好かれる
  • 3位:相手の迷惑を考えていると、決められなくなる

1位:イヤなことをイヤと言えない人が、1番嫌われる

共感します。
嫌われるのが怖くて「いつも断れない、決断できない」からです。

会社員時代に我慢しながら、担当していた仕事があります。
いつも「仕事だから」と言い聞かせ、耐えながら仕事をしてきました。

イヤイヤ仕事をしていると、うまくいかない部分も出てきます。
雰囲気も悪くなる点も含めて、イヤイヤやることは周りに迷惑をかけるのです。
良いことはありません。

よく考えてみると休職前は、イヤイヤやっていることばかりでした。
当時の自分を心配してしまいます。
いまさら過去の自分を心配しても遅いです。
結果は変わらず「休職」だからです。

我慢しないことです。
イヤなことはハッキリと断るべきです。

嫌われることを恐れて萎縮しているメリットはありません。
ハッキリ断れることのできる自分は、自分でつかみ取りましょう。

2位:小さく嫌われる人が、大きく好かれる

好き嫌いがはっきりしている人は、わかりやすくて気持ちいいです。
好感が持てます。
嘘がないと感じるから、結果として好かれます。

いつも自分に正直であるべきです。
自分のためにも相手のためにも「はっきりとイエス、ノーと言うべきだ」と感じました。

ハッキリした決断は良い決断なのです。

3位:相手の迷惑を考えていると、決められなくなる

相手の迷惑は考えてしまうものです。
「これをしたら迷惑だろうな」と思っていると何も決められなくなってしまいます。
本書では「それは相手の時間を無意味に奪ってしまうので最も迷惑な行為だ」と述べらています。

添乗で飛行機が欠航になったり、パスポートをなくしたりといったトラブルが起こった時など、限られた時間で決断をしなくてはいけない場面が多々あるけれど、そこで「どうしよう」なんてセリフは死んでも言えません。

スパッと決める。
間違っていたら訂正する。
決めることで決断力がついていく。

決めないことには、何も始まりません。
すべてのスタートは決めることからです。

生きることは決断の連続なのです。

【決断できないとき】断る人は信用され、断らない人は信用されない

【決断できないとき】断る人は信用され、断らない人は信用されない

判断力はあるけれど、決断力はない

自動車教習所で受けた性格診断結果で、1番印象に残った言葉です。

当時からこの言葉が頭から離れず「決断力コンプレックス」といったら大げさですが「決断力はないのかなあ」と思っていました。
決断力がないせいか、幸いなことに無事故です(違反はシートベルト、スピード、駐車のみ)。

添乗員をしていた頃、先輩と福島県会津若松に添乗に行った時も、添乗中に「決断できるようになりなさい」とアドバイスをもらったことを昨日のことのように覚えています。
決断できなくてオロオロしている自分だったのです。

「決断力のない自分」を助ける本を紹介していきます。

5つの章で構成

目次

第1章.相手の立場を気にして、NOを言えない時。
第2章.つい、言い訳をしてしまう時。
第3章.迷い続ける時。
第4章.間違うことが、怖い時。
第5章.軸が見つからない時。

なかなか決められない人におすすめ

こんな方におすすめ

  • なかなか決められない人
  • イヤなことを「イヤだ」と言えない人
  • 決めたことを、クヨクヨ迷う人

下記の人にもおすすめできます。

  • 決断力がないと思っている人
  • 迷っている時間がもったいなくて、決断力をつけたい人
  • 頭の整理をしたい人

決断力をつけるためのヒントが書いてあります。

書名決断できる自分に変わる本
著者中谷彰宏(» 公式サイト
単行本137ページ
出版社全日出版
発売日2004/4/17

まとめ:良いか悪いかにかかわらず、決断することは良いこと

まとめ:良いか悪いかにかかわらず、決断することは良いことです

決めることは結果にかかわらず良いことです。

本書を読む前と後では「決めること」について意識が変わります。

長考した方が良いこともあります。
本書では「二晩寝かせることは意味がない」と言い切られています。

周りを気にしてたら、いつまでたっても何も決められません。
周りを気にしないことが、決断力を高めるコツです。

以上です。

P.S.「迷わない人間がいる」ことを知ったことが、気づきでした。

関連記事中谷彰宏おすすめ本17選まとめ【文章4冊+成功5冊+ヒント8冊】
関連記事【書評】『エッセンシャル思考』いま、何が1番重要かをいつも考える

-Read