ライフスタイルを書く

人の目を気にする人、しない人【人の反応はコントロールできない】

投稿日:2019年8月14日 更新日:

人の目

親愛なる君へ

  • 「人の目を気にして、人からどう思われるのか気になる」
  • 「人の目を気にして、やりたいことができない」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

下記ツイートをしました。

人の目を気にするメリット→今あるものを守れる
人の目を気にするデメリット→動けなくなる、窮屈

人の目を気にしないメリット→動ける、好きなことができる、やりたいことができる
人の目を気にしないデメリット→恥をかく、理解されない、バカにされる

人の目を気にしない人はカッコいい

本記事では、上記ツイートを深掘りしつつ、「人の目を気にする、気にしない」のメリット、デメリットについて解説します。

この記事を読むことで、「人の目」は「客観」であると気づくことができます。

本記事を書いている私は、人の目を気にするところもあれば、気にしないこともあります。
人間なので、常に一定というわけではありません。

人の目を気にする人

人の目

「人の目を気にする人」→「客観的になれる人」と言い換えることができます。

私自身、今でも人の目を気にしてしまいますが、その度に「自分のやりたいようにやろう」と思い直します。
人の目が圧力になり、自分の行動を制限してしまうからです。

人の目を気にするメリットは、客観的になれ、慎重な行動がとれること

人の目を気にするメリットは、外見と行動に現れます。

人の目を気にするメリット

・客観的になれ、外見(服装や体型)を気に使えるようになる。
・行動に慎重になることができ
る。

個人的な具体例です。

・ファッションや髪型を研究して、格好良くなれる。
・理想の体型を維持するために運動をする。
・会社を辞めるか、辞めないか慎重になれる。
・休職するか、しないか慎重になれる。

人の目を気にして行動することには、このようなメリットがあります。

人の目を気にするデメリットは、行動力がなくなること

人の目を気にするデメリットは行動に現れます。

人の目を気にするデメリット

・行動力がなくなる。

行動力がなくなることで、迷いが生じ、時間を失います。
やりたいことができず、自己肯定感が下がり、何をやりたいかわからなくなるのです。

個人的な具体例です。

・8月にビーチサンダルで新橋の飲み会に行くかどうか迷う。
・人からどう思われるかを考え、着ていく服で迷う。
・髪型をどうするべきか迷う。
・会社を辞めることを迷う。
・休職を延長することを迷う。

迷ってばかりで時間を失っていく、窮屈な人生です。

実際に行動してみると、色々なパターンがあることがわかります。

・8月にビーチサンダルで新橋の飲み会に行くかどうか迷う→→→何も言わない人もいれば、ビーチサンダルを笑い馬鹿にする人もいる。私自身は肯定派。
・人からどう思われるかを考え、着ていく服で迷う→→→センスを褒める人もいれば、服のことなんて気にしていない人もいる。実際、私自身、会った人の服装はあまり覚えていない。
・美容室に行って、髪型をどうするべきか迷う→→→何も言わない人がほとんどだが、気づき褒める人もいる。
・会社を辞めることを迷う→→→背中を押す人もいれば、止める人もいる。
・休職を延長することを迷う→→→自分以外、誰も気にしてない。

周りの反応は、プラスの面、マイナスの面、両方あるのです。

相手の反応をコントロールすることはできません。
自分の範囲外のことです。

人の目を気にしない人

人の目

「人の目を気にしない人」→「主観的になれる人」と言い換えることができます。

人の目を気にしない人は、行動力がありカッコよく見えますが、こちらもメリット、デメリットの両方があります。

人の目を気にしないメリットは、行動力が増えること

人の目を気にしないメリットは、行動に現れます。

人の目を気にしないメリット

・行動力が増える。

世の中には迷わない人間がいるのです。
迷いがないため時間の節約になります。
やりたいことができ、自己肯定感が上がるのです。

決断して、行動、改善のサイクルを繰り返すことで、人生の良いスパイラルが生まれます。

人の目を気にしないデメリットは、外見を気にしなくなること

人の目を気にしないデメリットは、外見に現れます。

人の目を気にしないデメリット

・外見を気にしないことで、ファッションセンスが磨かれず、肥満になっても放置してしまう。

「人の目を気にしない→ 客観的にならない」ということなので、外見に対して気を使えません。
自分の外見を放置しておくことになります。

人の反応はコントロールできない

人の目

本記事は、人の目を気にする人、しない人について書きました。

整理すると下記の通り、すべてのことにメリット、デメリットがあることがわかります。

人の目を気にするメリット

・外見を気にすることで、服装や体型に気を使えるようになる。
・行動に慎重になることができ
る。


人の目を気にするデメリット

・行動力がなくなる。


人の目を気にしないメリット

・行動力が増える。


人の目を気にしないデメリット

・外見を気にしないことで、ファッションセンスが磨かれず、肥満になっても放置してしまう。

「結局、人の目を気にした方がいいのか、人の目を気にしない方がいいのか、どちらを選べばいいのか」という声が聞こえてきそうですが、簡単です。

あらゆることは、その時々でメリットを中心に選んでいけばいいのです。

自分の外見や行動に対する人の反応は、人それぞれ

人の反応はコントロールできませんので、人の目を気にして「行動」を制限することは意味がありません。

個人的には

個人的には、外見は人の目を気にしつつ、行動するときは人の目を気にしないスタンスです。

人の反応については、気にするだけ時間の無駄です。
自分の外見も行動も、良いと言う人もいれば、悪いと言う人もいるのです。
人の反応は千差万別。
人の反応をこちらでコントールすることはできないので、軸を決めて自分のやりたいようにしましょう。

大きな決断を前に人の目を気にして行動に迷ったら「自分は本当はどうしたいのか」を考えるだけです。
決められないなら直感に従いましょう。

・ビーチサンダルを履きたいなら、履く。
・着たい服を着る。
・試してみたい髪型にする。
・会社を辞める。
・休職を延長する。

簡単な話です。
やりたいようにやればいいのです。

相手の反応が怖いという気持ちもわかります。
ただ、プラスの反応が返ってくることもあります。

人の目を気にしても良いですが、自分を押し殺して、行動を止めるのはやめましょう。

一番カッコ悪いです。

こーいちより

P.S. 人の目を気にすることもメリット、デメリットの両方があると知ろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,361冊/漫画1,320冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで3,000mを泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード4)で遊び、ときどき旅をしています。

-ライフスタイルを書く

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.