広告 Read

【感想・書評】『本音で生きる』言い訳、バランス、プライドを捨てる

2020年5月10日

【感想・書評】『本音で生きる』言い訳、バランス、プライドを捨てる
  • 「本音で生きる人になりたい」
  • 「堀江貴文さんの『本音で生きる』の内容を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 本記事の内容

  • 『本音で生きる』の読書感想文・書評
  • 口コミ、関連動画
  • グッときた言葉ベスト3

本記事を書いている私は、堀江貴文さんの書籍30冊読みました。
» ホリエモンのおすすめ本30選まとめ【没頭思考をインストール】

本記事は「本音で生きる」の読書感想・書評です。
この記事を読むことで、本音で生きる方法がわかります。

グサグサ突き刺さる本音が気持ちいいです。

『本音で生きる』のグッときたところベスト3

『本音で生きる』のグッときたところベスト3

 グッときたところベスト3

  • 1位:極限まで忙しくしろ
  • 2位:大量にアウトプットし「自分で考える」ことを繰り返す
  • 3位:人のやっていることを徹底的に真似し、改善する

1位:極限まで忙しくしろ

 考えた3つのこと

  1. 限界まで忙しくすれば、効率化を考えるようになる
  2. スキルが身につき、生産性が上がる
  3. やりたいことをやるので後悔がない

① 限界まで忙しくすれば、効率化を考えるようになる

仕事を効率化する最も良い方法です。
理由は、忙しくすれば、効率化せざるをえないからです。

  • やりたいことを書き出す
  • 限界までやりたいことを詰め込む

私のやりたいことは以下です。

  • ブログの毎日更新
  • ブログの全記事リライト
  • ラン10km、読書、数学、筋トレ

旅行もやりたいことですが、お金がありません。

本書では「お金がない」は言い訳になるので、禁句です。
お金がなくても旅行できる方法を考えればいいだけです。

② スキルが身につき、生産性が上がる

膨大なやりたいことを時間内に終わらせるためには「スキル」を身につければいいのです。

錆びたオノより、磨いたオノのほうがたくさんの木を切れます。

たとえば、ブログを早く書き上げるためには、以下スキルを身につければいいのです。

  • ブラインドタッチ
  • 記事の構成を常に考える
  • ブログネタを常に考える

「パソコンに向かっていない時間」が大事です。
考えるきっかけは、忙しくしないと得られません。

③ やりたいことをやるので後悔がない

やりたいことを詰め込めば、後悔しません。
やりたいことをやっているからです。

「忙しいから、やりたいことは後回しにしよう」

こう考えると一生できません。

やりたいことは無理やりにでも詰め込むことです。

バランスを取らないことですね。

2位:大量にアウトプットし「自分で考える」ことを繰り返す

大量の情報×自分で考える=アイデアのアウトプット

アイデアを実行する

常に考え続けることが大事です。

「思考法は必要なく、大量の情報を浴び続ければ、勝手に頭の中で対策が組み立てられるようになる」と述べられています。

すべては「大量の情報を浴びること」から始まります。
アイデアは「ただの情報の組み合わせ」と言い切ります。

言い訳をせずにやってみることですね。

3位:人のやっていることを徹底的に真似し、改善する

パクリでもなんでも、おすすめの上達法が「パクリ」であればやってみることです。

本音で生きるための条件は「言い訳はしない」からです。

  • 憧れのブロガーの文章の型を真似る
  • 憧れの人の生活スタイルを真似てみる
  • 尊敬している人の名言を読み、生き方を真似てみる

ひたすら真似をして、自分なりの改善を繰り返せばOKです。

パクることはオリジナリティがないですが「やらないよりはまずやってみる」ことです。

憧れの3人を組み合わせれば「オリジナル」です。

自意識とプライドを捨て、まずはパクってみることです。

『本音で生きる』言い訳、バランス、プライドを捨てる

【感想・書評】『本音で生きる』言い訳、バランス、プライドを捨てる

本音で生きるために大事な3つのこと

  1. 言い訳しない
  2. バランスをとろうとしない
  3. 「自意識」と「プライド」を捨てる

1.言い訳しない

  • お金がない
  • 時間がない
  • 才能がない

言葉にした時点で、行動できなくなります。
行動しなくてよくなります。
自分を縛ります。

百害あって一利なしです。
本音ではやりたいと思っていても、もう無理です。

本音で生きたいなら口にしないことです。

2.バランスをとろうとしない

私は会社員時代、バランスが取れず苦しみました。

  • パワハラ上司
  • クレーマー
  • 組合活動
  • 残業しても終わらない仕事量 

バランスが取れず歯車が狂い出すと、全部狂います。

ただ自分ではバランスが取れないと思っていました。
しかし、勘違いでした。

下記のように無意識にバランスを取っていたのです。

  • ストレスが溜まったら、散財する
  • 仕事をし過ぎたら、ストレス解消に朝まで飲む
  • 家庭でうまくいかないなら、外でバランスを取る

本書では「バランスを取らないことが大事」と述べられています。

  • 極端で良い
  • あれもこれもと欲張らない
  • バランスを取らず、没頭する

極端な何かを得るには、極端な何かを捨てなくてはならないのです。

3.「自意識」と「プライド」を捨てる

「自意識」と「プライド」は今すぐ捨てるべきです。
誰も自分のことなんて気にしていないからです。

下記を思うのは無意味です。

  • 大企業を辞めて、中小企業で働くのがみっともない
  • アルバイトをしたり生活保護を受けるのは恥ずかしい
  • こんなことを思われたら嫌だ

すべて自意識過剰、世間体を気にすることで生じる悪夢です。

  • できる自分でなければいけない
  • 相手に悪く思われたらどうしよう
  • 世間体が悪いとみんながついてこない

すべて幻です。
悪夢が悪夢を呼びます。

本音で生きるには、さっさと「自意識」と「プライド」を捨てればいいのです。

大事なのは「自分がやりたいか、どうか」です。

自分に正直になりたい人におすすめ

こんな方におすすめ

  • 自分に正直になりたい人
  • 自分で人生を切り拓きたい人
  • やりたいことだけやって生きていきたい人

6つの章

目次

序章.なぜ、本音で生きられないのか
第1章.言い訳をやめる
第2章.バランスをとるな!
第3章.本音で生きられない理由は「自意識」と「プライド」である
第4章.すべてを最適化せよ
第5章.本音で生きるために必要なこと

書籍情報

書名本音で生きる
著者堀江貴文 
単行本202ページ
出版社ポプラ社
発売日2017/5/9

『本音で生きる』の口コミ、動画

『本音で生きる』の口コミ9個

Amazonの口コミ1855個

口コミ1,855個の49%が5つ星です(2023年8月)。
»『本音で生きる』の口コミを見てみる

Twitterの口コ4個

解説動画2本

まとめ:気持ち良い生き方の手段として、本音で生きる

まとめ:気持ち良い生き方の手段として、本音で生きる

 まとめ:グッときた言葉ベスト3

  • 1位:極限まで忙しくしろ
  • 2位:大量にアウトプットし「自分で考える」ことを繰り返す
  • 3位:人のやっていることを徹底的に真似し、改善する

ホリエモンの生き方は気持ちが良いです。

言い訳がないからです。
極端だからです。
自意識もプライドもないからです。

意識するだけで、本音で生きることができそうです。

以上です。

P.S. 気持ち良い生き方を追求します。

関連記事【書評・要約】極端なお金の使い方がわかる本『あり金は全部使え』
関連記事
ホリエモンの努力量は人の3倍『好きなことだけで生きていく』の書評

-Read