英語 >> 本を読む

『英語の多動力』は「面白いものを勉強せよ」と教えてくれる本【読書感想文・書評】

親愛なる君へ

  • 「堀江貴文さんの書籍『英語の多動力』の内容を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事は、『英語の多動力』堀江貴文【著】の読書感想文・書評です。

 本記事の内容

・読書感想文・書評
・口コミ、関連動画
・グッときた言葉ベスト3

 グッときた言葉ベスト3

第1位 ワクワクする勉強だけやる
第2位 次々に教材をハシゴする
第3位 勉強することは=「我慢すること」ではない

 本記事の信頼性

✔︎ 読書量:一般書籍4,454冊+漫画1,352冊
✔︎ 堀江貴文さんの読書数:20冊

「英語で人生の可能性を広げよう」という本です。

こーいち
英語で人生がさらに楽しくなる視座を与えてくれます。

 初回30日間の無料体験で本・ビジネス書・雑誌が読み放題(30日以内に解約すれば料金はかかりません)

>> U-NEXT | 31日間無料で本が読み放題 
本だけでなく映画・ドラマ・アニメが見放題

>> kindle unlimited | 30日間無料でマンガ・雑誌・ビジネス書が読み放題
本、マンガ、雑誌、写真集が合計12万冊以上が読み放題。

>> Amazon Audible | 30日間無料体験。最初の1冊は無料
『ゼロ』堀江 貴文【著】は、通勤や車の移動中に本が聴けます。

\今すぐ無料お試し/

無料体験をkindle unlimitedで試してみる

※30日間の無料期間中に解約すれば、一切お金はかかりません

『英語の多動力』は「面白いものを勉強せよ」と教えてくれる本【読書感想文・書評】

英語の多動力

多動力×英語を解説した本

 この本でわかること

・なぜ英語を学ぶのか
・なぜ英語が喋れないのか
・英語の未来はどうなるのか
・どうやって英語を勉強するのか
・英語教材は何を使えばいいのか
・これからはどんな人材が活躍するのか

本書に答えが書いてあります。

「翻訳機やAIがあるのに、なぜ英語を学ぶの?」という反論もあるかもしれません。

堀江さんの回答は「学ぶ必要はある」です。
理由は、自分で喋るほうが圧倒的に早いからです。

「英語を使って、仕事のチャンスをつかもう」というのが著者のメッセージです。

『多動力』の内容と重複しているところ(「100万分の1の人材」、「G人材、L人材」、「お勉強と学びの違い」など)はありますが、英語の必要性を感じている人は本書も読むのもありです。

英語で成功した6名へのインタビューも掲載

インタビュー1名につき8〜10ページが使われています。

 インタビューでわかること

・どれくらい英語を勉強したのか
・どうやって英語を勉強したのか

 インタビュー6名

・村上憲郎(元グーグル日本法人名誉会長)
・坪谷ニュウエル郁子(東京インターナショナルスクール理事長)
・藤岡頼光(QQ English創業者)
・三木裕明(映画プロデューサー)
・竹林朋毅(某ラグジュアリーブランドCEO)
・イムラン・スィディキ(コペル英会話校長)

堀江さんの解説付きです。

村上式勉強法は試したことがありますが、今読んでも刺さります。

 村上式シンプル英語勉強法

・英単語をたくさん見る
・1日1時間、英語を聞く
・1日1時間、英語を読む

3年間、毎日勉強するのです。

こーいち
英語の勉強に必要なのは決意です。
英語の決意
添乗員の英語習得
添乗員の英語習得にいちばん大事なのは決意【挫折の体験談あり】

続きを見る

多動力×英語の目次

目次

第1章.英語と未来
第2章.ワクワクする勉強だけでいい
第3章.他人に流されるな、自分を見ろ
第4章.学びを自動化するコツ

『英語の多動力』は、英語の勉強で挫折した人におすすめ

こんな方におすすめ

  • 英語を勉強している人。
  • 英語の勉強で挫折した人。
  • 英語を使ってチャンスをつかみたい人。

本書は勉強の楽しさを教えてくれる本です。

 Amazonより紹介文を引用

英語を学ぶ意味から独自の英語学習法まで、世界を相手にビジネスをする堀江貴文の「これからの英語論」。

英語力開花のきっかけは「多動力」。
実践を超える勉学など存在しない。
走りながら英語を身につけろ!
It's now or never!

 著者のプロフィール

堀江 貴文
1972年福岡県生まれ。
実業家。SNS media & consulting株式会社ファウンダー。元ライブドア代表取締役社長CEO。
宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」のプロデュースなど、多岐にわたって活動中。
有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」は1万数千人の読者を持つ。
また会員制コミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」も盛況。
著書に『ゼロ』『本音で生きる』『多動力』『自分のことだけ考える。』『これからを稼ごう』などがあり、ベストセラー多数。
twitterアカウント:@takapon_jp

書名:『英語の多動力』
著者:堀江貴文
文庫:256ページ
出版社:ディーエイチシー
発売日:2018/8/9


『英語の多動力』を読んで、グッときたところベスト3

英語の多動力

グッときたところベスト3を引用します。

第1位 ワクワクする勉強だけやる

面白い人と面白い時間を過ごす。その結果、ビジネスの新しいアイデアが生まれ、仕事が広がり、人脈も広がる。
これは1日24時間をできるだけ「ワクワクすること」だけで埋めようと努めている結果なのだ。
”なぜ英語を身につけたいか”
それはきっとあなたが未来の自分像に「毎日をワクワクしている」イメージを結びつけているからにちがいない。
生きている時間を楽しむことはエネルギー(活力)になる。
だから勉強も楽しんだほうが、必ず大きなエネルギーとなって予想以上の成果となる。
楽しければ没頭するし、没頭できれば集中力の濃さが明らかに違ってくる。
没頭できる勉強の仕方を見つけよう。
常識や周りの目を気にせず、自分が夢中になれるもの。子供の頃に遊んだゲームやスポーツはそうじゃなかったか?母親に「ご飯だよ、帰ってきなさい」と大声で呼ばれても、近所の仲間とずっと遊んでいたのでは?
それこそが無我夢中の時間なのだ。忘我の境地に入り、時間がたつのも忘れてしまうのだ。

ワクワクする勉強だけやる。
面白くないものは勉強しない。

面白くないものを勉強するのは苦痛です。
苦痛なものは身につきません。

面白いもの、夢中になるものは自然と勉強に熱が入ります。
夢中になれるものは身につきます。
たくさん反復できるからです。

・英語版の映画
・英語版の小説
・英語版の海外ドラマ

面白い教材はたくさんあります。

「勉強」というと構えてしまいますが、「遊び」だと思えばいいのです。

こーいち
堀江さんの言葉はいつもシンプルです。

第2位 次々に教材をハシゴする

英語はやっていれば、必ず上達するものだ。
ハマるものや気に入った本を見つけたのであれば、覚えられたか覚えられなかったかという見方を捨て、とにかくその本にどハマりすべきだ。どハマりしたら英語を浴び続けることになる。そこが英語初心者にとってスタートラインなのだ。
”触れる”時間を増やす。何を学ぶにしても、学びとはそれが基本である。
もしその本に飽きたり、なんか違うな〜と感じたら、別の本にさっさと移る。大切なのは”英語に触れる”を続けることだからだ。飽きたものを続けることほど虚しいことはない。だから途中で別の本に移ることは何も間違っていない。

新しい考え方です。

理由は、「教材は一つを徹底的に極める」と受験時代に教えられたからです。
今でも「教材は欲張らず、1冊を繰り返す」と思っています。

ただ、堀江さんの言葉を読んでからは、「勉強は楽しいことを優先させるのも、あり」と思えるようになりました。
理由は、楽しくなければ続かないからです。

現在、私は高校数学を勉強しなおしています。
理由は、考える力を身につけたいからです。
正直なところ、面白くないため「苦痛」です。
面白くないため、挫折しやすく、なかなか先に進みません。

面白いものを勉強するべきです。
本来、「勉強は楽しいもの」であるはず。

子どもの頃、図鑑を買ってもらい夢中で魚や鯨、虫の名前、草花の名前を覚えました。
夢中で「ロビンソンクルーソー」を読みふけり、夕食が面倒くさくなりました。
夢中で小説を読める喜びを味わいつつ、気づいたら漢字や言葉を覚えていました。

上記のとおり、勉強とは本来、楽しいものなのです。

『超勉強法』野口悠紀雄【著】の「勉強の3原則」でも同じことが述べられています。

 勉強の三原則

① 面白いことを勉強する
② 全体から理解する
③ 8割主義

楽しくないものは勉強ではありません。
修行なのです。

こーいち
堀江さんは「英語の必要性」よりも、改めて「勉強の楽しさ」を教えてくれました。

第3位 勉強することは=「我慢すること」ではない

勉強することを「何かを我慢すること」だと思っていないだろうか?
働くことも同じだが、勉強や労働で得られるものを「我慢と引き替えに受け取る対価」だと思っていたら、人生はねずみ色だ。
我慢に我慢を重ね、耐え忍んだ対価として享受しているのだから。
勉強も仕事も嫌いになり、学歴や金銭を色めがねで見てしまうのも当然だろう。人生の中で勉強と仕事は最も多くの時間を投じている代表格だ。それらを我慢の時間にしてしまうのは、どう考えても間違っている。
”我慢の時間”ではなく、”ワクワクする時間”に変える。
そんなふうに意識できる人は強く、物事に成功している。

仕事をすることは「我慢することではない」と言われているようです。

なぜなら、「仕事」と「勉強」はどちらも「苦痛」と思っているからです。

・仕事を楽しいものにするのか
・勉強を楽しいものにするのか

「仕事も勉強も人生で多くの時間を費やすのだから、楽しくなければ人生じゃない」という堀江さんの声が聞こえてきそうです。

・「我慢して勉強」は意味がない
・「我慢して勉強」はすぐやめよう

我慢そのものを人生から捨てるのです。

堀江さんのどの本でも一貫しているメッセージは「我慢の排除」です。

「我慢するから、安定した給与がもらえるんだよ」
「我慢して勉強するから、あとでリターンがあるんだよ」

このような反論があるかもしれません。

本当に安定した給与でしょうか?
本当にリターンはあったのでしょうか?

 経験談は以下のとおり

・我慢して仕事をして身体を壊し、安定した給与がなくなりました。
・我慢して勉強しても、身につかず多くの時間がなくなりました。

もちろん、すべてがムダとは言いません。
ムダなことはありません。

仕事をしたこと、勉強したことは、自分の中に残ります。

ただ「楽しいものをやったほうがたくさんのリターンがあるよ」なのです。

本書で触れている「語学学習のコツ」は以下のとおり。

① 楽しく
② 少しずつ
③ 永遠にやる

楽しくなければ続きません。
楽しいものしか、やってはいけないのです。

こーいち
多動力全開です。

『英語の多動力』の口コミ

英語の多動力

Amazonの口コミ83個で、56%が5つ星(2020年5月19日)

 Twitterの口コミ10個を引用

『英語の多動力』の解説動画3つ

【まとめ】『英語の多動力』を読んで、英語の勉強を楽しいものに変えよう

英語の多動力

本記事では、『英語の多動力』堀江貴文【著】の読書感想文を書きました。

グッときた言葉ベスト3まとめ

第1位 ワクワクする勉強だけやる
第2位 次々に教材をハシゴする
第3位 勉強することは=「我慢すること」ではない

スマホを英語モードにしよう

スマホを英語表記に切り替えるだけで、英語脳への修正に役立ちます。

堀江さんは慣れてきたら、「ニュースアプリを英語バージョンにすれば、さらに英語に触れられる」と述べています。

まさに「学びを自動化するコツ」です。

こーいち
最初は違和感がありましたが、すぐに慣れました。

以上、『『英語の多動力』は「面白いものを勉強せよ」と教えてくれる本【読書感想文・書評】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 面白いものを勉強しよう。


>> 堀江貴文さんの他の著作

 初回30日間の無料体験で本・ビジネス書・雑誌が読み放題(30日以内に解約すれば料金はかかりません)

>> U-NEXT | 31日間無料で本が読み放題 
本だけでなく映画・ドラマ・アニメが見放題

>> kindle unlimited | 30日間無料でマンガ・雑誌・ビジネス書が読み放題
本、マンガ、雑誌、写真集が合計12万冊以上が読み放題。

>> Amazon Audible | 30日間無料体験。最初の1冊は無料
通勤や車の移動中に本が聴けます。

\今すぐ無料お試し/

無料体験をkindle unlimitedで試してみる

※30日間の無料期間中に解約すれば、一切お金はかかりません

関連記事多動力の身につけ方がわかる本【読書感想文・書評】今を楽しもう
関連記事マンガで多動力の身につけ方がわかる本【読書感想文・書評】見る前に跳ぼう
関連記事【徹底網羅】堀江貴文のおすすめ本16選まとめ【ホリエモンの思考をインストールする】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.