『読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』を楽しみ成長するブログ

ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle

休職をする 休職日記

休職して捨てたもの×9、得たもの×9【休職して1年がたちました】

2019年12月4日

休職して捨てたもの得たもの

親愛なる君へ

こんにちは、こーいちです。
昨年の12月に会社を休んでから、1年がたちました。

先日に下記ツイートをしました。

休職して、捨てたもの

・通勤電車
・人間関係
・出世
・肩書き
・がんばり
・ガマン
・苦笑い
・給与
・賞与

得たもの

・ブログ
・一年半の時間
・家族との時間
・姉
・傷病手当金
・新しい人間関係
・心理カウンセラー
・朝4時起きの理想生活
・自分

慢性蕁麻疹と適応障害は、休職しても味方です

本記事では、休職して捨てたもの、得たものを解説していきます。

この記事を読むことで、「休職」は生まれ変わるために必要なことがわかります。

休職して捨てたもの×9、得たもの×9【休職して1年がたちました】

休職して捨てたもの得たもの

2018年12月から会社を休んでいますが、休暇の内訳は下記です。

・2018年12月から2ヶ月間、有給休暇取得。
・2019年2月から10ヶ月間、休職中。

「有給休暇」と「休職」を合わせるとちょうど1年です。

現在は傷病手当金をもらいながら生活しています。
傷病手当金がもらえるのも、あと8ヶ月となりました(2020年7月まで)

休職して捨てたもの、得たものを順番に解説します。

休職して捨てたもの9つ

捨てたもの×9

1.通勤電車
2.人間関係
3.出世
4.肩書き
5.がんばり
6.ガマン
7.苦笑い
8.給与
9.賞与

順番に解説します。

1.通勤電車

休職して「通勤」がなくなりました。
会社員時代は往復2時間を通勤に費やしていました。

満員電車に乗らないと、「時間」と「体力」の損失を防ぐことができます。

通勤電車ひとつ取っても、会社員に戻りたくない要因です。

2.人間関係

休職して、会社の人間関係がなくなりました。

今では会社の先輩では2人だけ、2〜3ヶ月に1回飲んでいます。
「休職中に会社の人と会うことはメンタル的に良くない」と心療内科の先生に言われたことがあります。
会社員時代に受けた心の傷を大きくしかねないからです。
その通りだと思います。

ただ「2〜3ヶ月に1回程度で、会う人を選ぶなら良い」と思っています。
会う人を間違えなければ「会社に対する誤解がとけたり、自分の気持ちに気づけたり」することができるからです。
人事異動などの情報を聞いて、「会社に戻ってもいいかな」と思う可能性もあります。
会う人を間違えると、会社の聞きたくもない情報を聞くことになり逆効果ですので、ご注意ください。

休職して人間関係がなくなることを恐れる必要はありません。
なくなった分、空いたスペースに新しい人間関係が入ってくるようになります。

3.出世

休職したら出世は難しいです。

少なくともうちの会社では、管理職への出世は厳しくなります。
仮に出世しても現場からは遠ざかり、書類作成に追われる日々になります。

自分が望む生活ではないので、不要です。

4.肩書き

休職していても会社には所属していますので、名刺の肩書き(役職)はありますが、アイデンティとしての肩書きはないと同じです。
あるとすれば「休職中」だけです。
頼りない感じなので、セミナーなどに参加すると「会社の名刺」を持っていってしまいます。

こーいち
会社で仕事をしていないので、会社の名刺は違和感ですね。

5.がんばり

会社員時代に得意だった「がんばり」を捨てました。
休職してからは自分を犠牲にして、頑張ることをしなくなりました。
休職したばかりの頃は、「充実した休職生活にしなくては」と相変わらず頑張ってしまいました。
今では、頑張りません。
好きなことをするだけです。

6.ガマン

自分を殺してガマンすることを辞めました。
「ガマン」は辞めたほうがいいです。
ガマン癖がなくならない限り、どこに行っても同じだと感じています。
ガマンしないだけで救われます。

7.苦笑い

「苦笑い」はアダルト・チルドレンの得意技です。
「がんばり」「ガマン」と合わせて三種の神器です。
体に染みついた「苦笑い」は簡単にはなくなりません。
休職期間を通して、今も捨てようと意識しています。

8.給与

現在は会社からは無給です。
会社に行けさえすればもらえる給与を捨てるのは「もったいない」という気もしますが、それ以上にもらえるものがあったので捨てました。

後悔はないです。

9.賞与

賞与もありません。
賞与をもらっている周りの人を羨ましいとは、それほど感じません。
「あればいいなぁ」とは思います。
生活が楽になるからです。
自分で選んだ道ですので、言葉にはしません。

休職して得たもの9つ

得たもの×9

・ブログ
・一年半の時間
・家族との時間
・姉
・傷病手当金
・新しい人間関係
・心理カウンセラー
・朝4時起きの理想生活
・新しい自分

順番に解説します。

1.ブログ

1番の収穫はこのブログ(クロニクル)です。
ブログがなければ廃人になっていたかもしれません。
ブログが毎日のやることを与えてくれます。
ブログを書くメリットはたくさんあります。
休職している方で、特にやりたいこともない場合はブログを一度検討なさることをオススメします。

2.一年半の時間

傷病手当金がもらえる期間が1年半です。
1年半はなんとか生きていけます。
この時間を使って、自分を回復させるも良し、スキルアップするのも良しです。
神様が与えてくれた時間に感謝します。

3.家族との時間

会社員時代は、残業続きで週末くらいしか家族との時間がありませんでした。
週末も疲れ果てて寝るだけだったり、休日出勤をしたりです。
休職してからは今までの時間を取り戻すように、朝食、夕食はいつも家族と一緒に食べています。
今では、この時間を守りたい一心です。

4.姉

今まで接点のなかった姉と月に1回会うようになりました。

理由は3つです。

・過去のトラウマの話を聞いてくれる。
・年収が高いため、刺激になる。
・姉の知人を紹介してくれる。

家族関係でトラウマや苦い過去がある方は、兄弟に会うのも方法です。
同じ家庭で育っている人間だから、共感してもらえる部分はあるはず。
私の場合は育った家庭環境のブラックボックスだったところや誤解について知ることができ、少し心が楽になりました。

5.傷病手当金

傷病手当金をもらっています。
これがなければ生活できません。
「支給されるのが遅い」という声も聞いたことがありますが、私の場合は1ヶ月以内には振り込まれています。
もらえるものは「堂々と」もらいましょう。

6.新しい人間関係

会社の人間関係を捨てたかわりに、新しい人間関係を得ました。

・姉の知人
・過去の友人
・カウンセラー
・Twitterの方たち
・セミナーで知り合った人
・ブロガーフェスティバルで知り合った人

失ったものがある分、入ってくるものがあることを実感しています。
会社の飲み会がなくなって、少し寂しさを感じることもありました。
それも今では慣れ、自分のやるべきことに時間を使っています。

7.心理カウンセラー

カウンセラーにはお世話になっています。

・心屋心理カウンセラー
・心療内科の先生
・九星気学の先生

今でも接点があるのは心療内科の先生だけですが、確実に自分の「安全基地」になっています。
「何があっても先生だけは裏切ることはない」という安心感をもらっています。

8.朝4時起きの理想生活

会社員時代に憧れていた「朝4時起きの生活」を手に入れました。
こんなに幸せなことはありません。
会社員に戻ったら、疲労で起きることはできないでしょう。
何としてもこの生活を守りたいです。

9.新しい自分

仕事でボロボロになった自分から、「新しい自分」を得ようとしています。
現在進行形です。

新しい自分を得るために、私には2人の味方がいます。

・慢性蕁麻疹
・適応障害

この2人の味方がいなかったら休職はできません。
体が味方してくれているのです。
「飽きるまで休職しなさい」と声が聞こえてきます。

私にできることは休職して、ブログを書き、生まれ変わるだけです。

休職して捨てたもの、得たもののまとめ【自分を総入れ替えして、生まれ変わろう】

休職して捨てたもの得たもの

本記事では、休職して捨てたもの、得たものについて書きました。

今抱えているものが不要だから休職させる

休職することは必然です。
今の自分が抱えているものが不要だから、体が反応を起こし、休職という手段をとっているだけなのです。

自分の中身の総入れ替えです。

そう考えると休職中にやってはいけないことがわかります。

変わらないことです。

自分が変わらなければ、いつまでたっても適応障害、慢性蕁麻疹のままでしょう。
焦って自分を変える必要はありません。
のんびりと自分にできることをやっていれば、必ず変われます。

下記を辞めて、好きなことをすれば自然と変われます。

・がんばり
・ガマン
・無理

私はまだ休職中で、変化している最中です。
絶対に変われる、うまくいくと信じています。

ときに自分を信じられなくなることもありますが、何度でも立ち上がりましょう。

信は力なりです。

こーいちより

P.S. 休職して生まれ変わろう。

関連記事【無料あり】休職中に転職を考えたらおすすめの転職サイト3選【選択肢を持ち心の余裕を得る。自分の気持ちに気づく】


関連記事ブログに没頭する休職生活に飽きてくる【飽き、慣れを打破するために新しいことを始める】
休職生活
ブログに没頭する休職生活に飽きてくる【飽き、慣れを打破するために新しいことを始める】

親愛なる君へ 2018年12月1日から2ヶ月間、有給休暇を取りました。 会社を退職するにあたり、引き止めにあったからです。 2019年2月1日より適応障害のため、現在まで休職生活しています。 2019 ...

続きを見る


関連記事適応障害での休職から復職したくない理由【結論:言いたいことを言ってない】
復職したくない
会社
適応障害での休職から復職したくない理由【結論:言いたいことを言ってない】

親愛なる君へ 「休職から復職したくない理由を知りたい」 「適応障害で休職してしまうと復職は難しいのかな」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 2019年3月8日(金) で休職生活98日目です。 ...

続きを見る


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新/月5.1万PV)、午後は本を1冊読み(本4,387冊/漫画1,334冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで50m×60本を泳ぎ・5kgのダンベルで筋トレ(いずれかを週に計3回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード7)で遊び、ときどき旅をしています。

-休職をする, 休職日記
-

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.