本を読む 自己理解

【考えてみた】好きなことを仕事にする6つの方法【自己理解・八木仁平さんに学ぶ】

2020年6月4日

好きなことを仕事にする

親愛なる君へ

  • 「好きなことはわかったけれど、消費しかない」
  • 「消費を仕事にするには、どうすればいいだろう?」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

下記ツイートをしました。

八木仁平さんの動画で、消費はすべて6つの表現方法(アウトプット)があることを学びました。

1.する
2.書く
3.話す
4.作る
5.売る
6.教える

シンプルな言葉が刺さります。

結論は、好きなこと(消費)×表現する(生産)です。

・ランニングが好きだけれど、仕事になるの?
・読書(消費)が好きだけれど、仕事になるの?
・ゲーム(消費)が好きだけれど、仕事になるの?

こんな疑問を持っていましたが、動画で解決できました。

本記事では、自己理解の達人・八木仁平さんの動画『消費の好きなことしかない場合はどうすればいい? 6種類の仕事にする方法』を見て、考えたことを書いています。

 この記事でわかること

・好きなことを仕事にする6つの方法
・考えたこと

八木さんのシンプルな考えが切り口になり、思考していくと楽しいです。

こーいち
文字を読むのが面倒な方は、動画だけでも見る価値ありです。

 関連書籍


まだ好きなことが見つける方法は、下記記事で解説しています。


好きなことわからない
好きなことがわからない
【やってみた】「好きなことがわからない人」が答えるべき10の質問【自己理解・八木仁平さんに学ぶ】

続きを見る

【考えてみた】好きなことを仕事にする6つの方法【自己理解・八木仁平さんに学ぶ】

好きなことを仕事にする

 八木仁平さんの動画

動画では「どうやって消費の好きなことを、誰かに価値を与えられるような生産系の好きなことに転換していくのか」がわかります。

 好きなこと(消費)を仕事(生産)にする6つの方法

1.する
2.書く
3.話す
4.作る
5.売る
6.教える

上記に当てはめて、読書を仕事にすることを考えてみます。

大前提として、仕事とは人を喜ばせること、問題を解決することです。

読むだけでは、趣味(消費)のままです。

消費を生産に変える必要があります。

生産とはアウトプット。
生産とは表現することです。

こーいち
6つの方法は、生産に変えるための方法なのです。

1.する

「読書をする」自体が、仕事にならないか考えてみます。

こーいち
ちょっと難しいです。

一生懸命、読書している姿をYouTubeで撮影しても、喜ぶ人がいないからです。

八木さんの動画でも触れていましたが、「する」を仕事にするのはハードルが高いです。

プレイヤーになるのは高いレベルが求められます。

・野球をする→プロ野球選手になる
・ゲームをする→プロゲーマーになる
・将棋をする→プロ棋士になる
・水泳をする→プロの水泳選手になる
・ゴルフをする→プロゴルファーになる
・旅行をする→冒険家になる

ハードルが高いです。
「する」そのものを人に見せて喜んでもらうレベルは、相当の修練が必要です。

ゆえに、読書をする→プロ読書家のような仕事は考えにくいです。

こーいち
読むだけでお金はもらえません。

2.書く

読書(消費)を書く(生産)にできないか、考えてみます。

下記のとおり。

・読書感想文・書評をブログに書く
・本のレビューや要約をしている会社に入り、原稿を書く

本を読んだことを、書ければ仕事になります。
消費したことを生産すればいいのです。

こーいち
「消費」×「生産」が、うまくかけ合わせったパターンですね。

3.話す

読書(消費)を話す(生産)にできないか、考えてみます。

話す=実況者、動画配信です。

下記のとおり。

・読書感想文・書評をYouTubeで話す

話すのが好きな人であれば、YouTube配信が良さそうです。

4.作る

読書(消費)を作る(生産)にできないか、考えてみます。

下記のとおり。

・自分で本を書く
・本を作る出版社に入る
・校正、校閲をする会社に入る

本そのものを作る側に立つのです。

5.売る

読書(消費)を売る(生産)にできないか、考えてみます。

広める側です。

下記のとおり。

・書店で本を売る
・図書館で本を貸す

本に関連する仕事です。

他の仕事でも考えてみます。

・野球をする→野球ショップで働く
・ゲームをする→ゲームショップで働く
・将棋をする→将棋販売店で働く
・水泳をする→スポーツショップで働く
・ゴルフをする→ゴルフショップで働く
・旅行をする→旅行会社で働く

こーいち
好きなことの周辺で働くイメージですね。

6.教える

読書(消費)を教える(生産)にできないか、考えてみます。

作るのを一緒にサポートすることも含まれます。

下記のとおり。

・速読法を教える
・本の書き方を教える
・本の選び方を教える

プロデューサーの役割です。

【試してみた】好きなこと(消費)を仕事(生産)にする6つの方法

好きなことを仕事にする方法

「好きなことを、6つの方法のどれと組み合わせればいいの?」

こんな疑問に八木さんは「自分がやってきて楽しかったことで、直感で選べばいい」と言っています。

実際に私の好きな5つのことと、6つの方法をかけ合わせて考えてみます。

 私の好きな5つのこと

1.本を読むこと
2.ブログを書くこと
3.ランニングすること
4.ゲームをすること
5.旅をすること

順番に6つの方法に当てはめてみます。

1.する

1.本を読むこと→ × 読書しているだけでは仕事にならない
2.ブログを書くこと→ ○ ブロガーは仕事になる可能性あり
3.ランニングすること→ × サブ4レベルなのでランナーでは仕事にならない
4.ゲームをすること→ × ゲームレベルが低いので、ゲーマーにはなれない
5.旅をすること→ ○ 添乗員をする。× 冒険家、探検家は現実性がない

「する」系では、ブロガーが仕事になりそうです。

ただし、努力しても生計は立てられないかもしれません。
なぜなら、1年2ヶ月努力をしてきましたが、よくても月3万円程度だからです。

2.書く

1.本を読むこと→ ○ 読書感想文・書評をブログで書く
2.ブログを書くこと→ ○ ブログを書く
3.ランニングすること→ ○ ランニング日記やランニングノウハウをブログに書く
4.ゲームをすること→ ○ ゲーム日記やゲームノウハウをブログに書く
5.旅をすること→ ○ 旅行記をブログに書く。添乗ノウハウ、添乗日記をブログに書く

好きなこと(消費)を、書く(ブログ)と組み合わせれば、すべて仕事(生産)になります。

3.話す

1.本を読むこと→ × 読書感想文・書評をYouTubeで話す(好きではない)
2.ブログを書くこと→ × ブログノウハウをYouTubeで話す(好きではない)
3.ランニングすること→ ○ ランニング先のネコ動画を撮る
4.ゲームをすること→ ○ ゲーム配信をする
5.旅をすること→ ○ 旅先の動画を撮る

YouTubeの動画編集をやるとなると大変なので、凝ったことはやりたくありません。
まずは、趣味レベルと配信をしてみます。

4.作る

1.本を読むこと→ ○ 校正、校閲、本を書くことに興味がある
2.ブログを書くこと→ × ブログテーマを作ることに興味はない
3.ランニングすること→ × ランニングシューズを作ることに興味はない
4.ゲームをすること→ × ゲーム開発に興味はない
5.旅をすること→ ○ ツアー作成は前職でやってきた

校正、旅行会社は選択肢として持っておきます。

5.売る

1.本を読むこと→ ○ 書店で働く
2.ブログを書くこと→ ○ ASP社員、WEBマーケティングで働く
3.ランニングすること→ × ランニング用品を売ることに興味はない
4.ゲームをすること→ × ゲームを売ることに興味はない
5.旅をすること→ ○ 旅行会社の営業やカウンターで働く

選択肢として持っておきます。

6.教える

1.本を読むこと→ × 読書ノウハウを教えることに興味はない
2.ブログを書くこと→ × ブログを広めることに興味はない
3.ランニングすること→ × ジムのインストラクター。ランニングを教えるレベルではない
4.ゲームをすること→ × ゲームプロデューサーに興味はない
5.旅をすること→ × 旅行会社で添乗ノウハウを後輩に教えることに興味はない

教える、広めることそのものに興味がないが、わかりました。

わかったこと

 可能性のある職業一覧

・書店
・校正会社
・ブロガー(読書感想文・書評、ランニング、ゲーム、旅行記、添乗関連)
・ASP社員
・WEBマーケティング
・YouTuber(ネコ、ゲーム、旅)
・添乗員
・旅行会社の営業やカウンター

理想は「ブロガー×YouTuber×添乗員」です。

心技体を鍛えるために「読む×書く×走る」をしますが、これらをブログに書くことで生産活動に変えられます。
「遊ぶ×旅をする」は、YouTuber×添乗員で仕事になります。

問題は、生計を立てるレベルまで引っ張り上げられるかどうかです。

無難で現実的なところでは、「書店員や校正会社、ASP社員、WEBマーケティング、旅行会社」です。

こーいち
なぜかピンと来ていません。

【まとめ】好きなこと(消費)を表現(生産)することで、仕事にしよう

好きなことを仕事にする

好きなこと(消費)と6つの表現方法(生産)の組み合わせることで、仕事を絞っていけるのは発見です。

しかし、まだ納得感がありません。
「これでやっていくんだ」と思えないのです。

「人生の目的」がハッキリしていないせいです。
得意なことがわかっていないせいです。

こーいち
さらに深掘りしていく必要があります。

P.S. 消費×生産で仕事にしよう。

 関連書籍


関連記事【簡単】10の質問に答えるだけで好きなことを見つける【自己理解・八木仁平さんに学ぶ】
関連記事【やってみた】「好きなことがわからない人」が答えるべき10の質問【自己理解・八木仁平さんに学ぶ】

-本を読む, 自己理解

© 2019 Blog Chronicle