広告 Wear

【現行】リーバイス501・MADE IN THE USAの色落ち

2020年4月5日

【現行】リーバイス501・MADE IN THE USAの色落ち
  • 「現行のリーバイス501「MADE IN THE USA」の色落ちを見てみたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

  • リーバイス501「MADE IN THE USA」(2018年ビッグEモデル)のリジッド写真、色落ち
  • Twitterの口コミ、関連動画

 本記事の信頼性

米国製のリーバイス501「MADE IN THE USA」(2018年ビッグEモデル)のリジッド(ノンウォッシュ)を「リーバイスオフィシャルオンライストア」で購入しました(2019年8月19日)。

本記事では、リーバイス501「MADE IN THE USA」のリジッドの色落ちを写真で公開します。
この記事を読むことで、リーバイス501「MADE IN THE USA」の色落ちの変化がわかります。

 洗濯は計8回です

  • 1回目:2020年1月1日
  • 2回目:2020年6月8日
  • 3回目:2021年5月10日
  • 4回目:2021年11月20日
  • 5回目:2022年8月24日
  • 6回目:2023年4月14日
  • 7回目:2023年6月13日
  • 8回目:2023年8月21日

洗濯のたびに色落ちを更新していきます。

【現行】リーバイス501・MADE IN THE USA【スペック】

【現行】リーバイス501・MADE IN THE USA【スペック】

現行のリーバイス501・MADE IN THE USAのスペック

  • ビッグE
  • 牛革パッチ
  • ボタンフライ
  • ストレートフィット
  • 14オンスのセルビッジデニム
  • CONE DENIM/WHITE OAK製ではない
  • 裾周りにかけてやや細くなるテーパードレッグ
  • アメリカ国内で縫製が行われた(生地の生産国は不明)

価格は16,000円(税別)です。

デニム生地は輸入された生地です。
縫製はアメリカ内でされたのでアメリカ製です。

「CONE DENIM/WHITE OAK製ではない」については「リーバイス【LVC】で生地の切り替え進む? 」が参考になります。

公式サイトに「MADE IN USA」の記載があれば米国製? → No

公式サイトに「MADE IN USA」の記載があっても、米国製とは限りません。

たとえば「トリプルプリーツブラウス」は公式サイトに「MADE IN USA」と掲載されています。

しかしトルコ製の可能性があります。
楽天市場」にトルコ製の記載があるからです。

ただ公式サイトの「ファーストジャケット」は「Made in the Usa」のタグが半分ほど見えます。
縫製はアメリカの可能性があります。

「MADE IN USA」についてリーバイスに問い合わせ

問い合わせのスクショです。

made in the usa リーバイス

 まとめ

  • 「MADE IN THE USA」シリーズは米国製
  • 最後の縫製国を米国製としている
  • 「MADE IN USA」は米国製とは限らない(Made in the Usaのタグをチェック)
  • 一部の商品は、生地生産国、縫製国ともに社外非

確証は「MADE IN THE USA」は米国製(縫製が米国)です。

リーバイス501・MADE IN THE USAのリジッド写真12枚

リーバイス501MADEINTHEUSA

購入したばかりの写真です。
未使用です。

 前面

リーバイス501MADEINTHEUSA

 後面

「MADE IN THE USA」の文字が強調されたフラッシャー。

リーバイス501MADEINTHEUSA

コインポケットもセルビッジですが、赤色がやや薄いです。

リーバイス501MADEINTHEUSA

バックポケット裏はシングルステッチです。

リーバイス501MADEINTHEUSA

ベルトループの糸は、アーキュエイトステッチと同じ黄色が使われています。

リーバイス501MADEINTHEUSA

リーバイス501MADEINTHEUSA

赤耳のセルビッジで、裾はチェーンステッチです。

リーバイス501MADEINTHEUSA

トップボタン裏は「5115」と4桁の数字が刻印。

リーバイス501MADEINTHEUSA

「米国製」の文字がありますが、英文で「IMPORTED FABRIC(輸入された生地)」の文字が記載されています。
腰部分には「Levi's Premium」のタグが付いています。
ポケットはバータック仕様。

リーバイス501MADEINTHEUSA

ポケット左側には「This is a pair of Levi's」のスタンプが押されています。
アメリカ国旗のタグも付いています。

リーバイス501MADEINTHEUSA

 牛革パッチ

501リーバイスmade in the usa

 赤タブはビッグE

両面に刺繍してあります。

デニム用語辞典

「ツーホースブルー」という名前のリジッド(未洗い)商品です。
原宿フェイクαの店長さんに以前「ジーンズはリジッドで半年くらい履き込んだほうが良い色落ちをする」と聞きました。

約4ヶ月、洗濯をガマンして履き続けました。

洗濯した色落ち写真は、下記で解説しています。

洗濯後の色落ち【計8回】

リーバイス501MADEINTHEUSA

1回目:2020年1月1日、水洗い

2019年8月19日購入後、週3回ほど履き込みました。

4ヶ月経過するころには、匂いがしてきます。

2020年1月1日に初めての洗濯です。
ジーンズに汚れはなかったので、ジーンズ専用洗剤は使わず「水洗い」です。

ウエストサイズ(W32インチ)の変化

  • 購入時のウエストまわり:94.5cm
  • 洗濯時のウエストまわり:92cm

1インチ(2.54cm)縮みました。

色は青くなってきました。

リーバイス501MADEINTHEUSA

リーバイス501MADEINTHEUSA

このくらいの色が1番好きです。
ポケットまわりに若干の色落ちが見えます。

リーバイス501MADEINTHEUSA

リーバイス501MADEINTHEUSA

2回目:2020年6月8日、水洗い

前回の洗濯(2020年1月1日)から、5ヶ月がたちました。
その間、週3回は履き込みました。

匂いがしてきましたが「水洗い」です。

リーバイス501ビッグE

リーバイス501ビッグE

リーバイス501ビッグE

リーバイス501ビッグE

まだ大きな変化は見られません。
1回目よりは青みは増していますが、まだ濃紺です。

気づきは「水洗いでも若干匂いが残っている」です。

次回はジーンズ専用洗剤の出番です。

このジーンズはいったん履き込みをストップします。
次はホワイトオーク工場製のスモールeを履き込みます。
» リーバイス501ホワイトオークの価値【見分け方/リジッドの色落ち】

3回目:2021年5月10日、サムライ雷石鹸

前回から約11ヶ月、週3回は履き込みました。

匂いが気になるのでジーンズ専用洗剤「サムライ雷石鹸」で洗いました。
洗濯動画は「こちら」です。

洗う前の状態

だいぶ青みがありますが、実際はここまで青くないです(洗濯後の画像でわかります)。

リーバイス501・made in the usa ビッグE

リーバイス501・made in the usa

リーバイス501・made in the usa

サムライ雷石鹸で洗濯後の写真

実際の色に近いです。

リーバイス501・made in the usa

リーバイス501・made in the usa

日に照らすと、鮮やかなインディゴブルーです。

リーバイス501・made in the usa

リーバイス501・made in the usa

4回目:2021年11月20日、サムライ雷石鹸

3回目の洗濯から約半年が経過しました。
4回目の洗濯も、サムライ雷石鹸です。

やや色落ちしてきました。
洗濯動画は「こちら」です。

【4回目の洗濯】2021年11月20日、サムライ雷石鹸

【4回目の洗濯】2021年11月20日、サムライ雷石鹸

【4回目の洗濯】2021年11月20日、サムライ雷石鹸

【4回目の洗濯】2021年11月20日、サムライ雷石鹸

5回目:2022年8月24日、サムライ雷石鹸

前回の洗濯から9ヶ月が経過しました。
足を組むせいか、太ももあたりが色落ちしています。

【5回目の洗濯】2022年8月24日、サムライ雷石鹸

【5回目の洗濯】2022年8月24日、サムライ雷石鹸

6回目:2023年4月14日、サムライ雷石鹸

【6回目の洗濯】2023年4月14日、サムライ雷石鹸

【6回目の洗濯】2023年4月14日、サムライ雷石鹸

前回の洗濯から8ヶ月が経過しました。
光の関係で前回より濃く見えますが、色は落ちています。

7回目:2023年6月13日、サムライ雷石鹸

汗で匂いが気になり、いつもより早めの洗濯です(2ヶ月後)。
色落ちの変化は、あまりなかったです。

8回目:2023年8月21日、サムライ雷石鹸

リーバイス501「MADE IN THE USA」8回目の洗濯:2023年8月21日、サムライ雷石鹸

リーバイス501「MADE IN THE USA」8回目の洗濯:2023年8月21日、サムライ雷石鹸

リーバイス501「MADE IN THE USA」8回目の洗濯:2023年8月21日、サムライ雷石鹸

真夏のディズニーシーで1日、履き込みました。
汗をたっぷりと吸い込んだので、前回から約2ヶ月、洗濯しました。

水洗いでも良かったかもしれません。
それほど匂いがなかったからです。

9回目:2023年12月29日、サムライ雷石鹸

なお毎回使用している「サムライ雷石鹸」については、詳しくは「【比較】デニム専用洗剤おすすめ10選まとめ【ジーンズ歴33年】」で解説しています。

ジーンズの洗い方、干し方は「ジーンズの洗い方、干し方、リペアをQ&A形式で解説【動画4本】」にまとめています。

リーバイス501「MADE IN THE USA」他の情報まとめ

参考サイト2つ

私のサイトより写真が綺麗で、かつ、文章も参考になるサイトは以下です。
写真が素晴らしく、今そこにありそうな惚れ惚れするような色です。

Twitterの口コミ4つ

色落ちの参考動画2本

参考動画を2本掲載します。

まとめ:リーバイス501「MADE IN THE USA」ビッグEの色落ちを楽しもう

リーバイス501色落ちが参考になる関連動画2本

以下で「MADE IN  THE USA」で検索すれば在庫確認できます。

なお「【Jeans mate】」ではアメリカ製は無かったです(2023年11月時点)。

希少なアメリカ製のリーバイス501が好きです。

リーバイスには歴史があります。
リーバイ・ストラウスのストーリーがあります。

リーバイス501の色落ちは、ライフスタイルが反映されます。
唯一無二のジーンズが、できあがるのです。

 参考書籍まとめ

以上です。

P.S. どこにも売っていない世界で1本だけのオリジナルジーンズです。

関連記事リーバイスの歴史を完全まとめ【501の年代別シルエットも写真で】
関連記事【厳選11店】東京のヴィンテージショップ【古着屋/リーバイスあり】

-Wear