着る ジーンズ

【リーバイス501ホワイトオーク入手】MADE IN THE USA(2017)スモールeのリジッド色落ち【未使用】

リーバイス501madeintheusaスモールe

親愛なる君へ

  • 「リーバイス501ホワイトオークの『MADE IN THE USA』スモールeを入手したい」
  • 「ホワイトオーク工場製の色落ちを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

アメリカ製・リーバイス501『MADE IN THE USA』(2017年スモールeモデル)のリジッド(ノンウォッシュ)をオークションで購入しました(40,000円で落札)

本記事では、リーバイス501『MADE IN THE USA』スモールeのリジッドの色落ちを写真で公開します。

まだ1度も履いていませんので、履きこんで洗濯したら再度更新します。

この記事を読むことで、リーバイス501『MADE IN THE USA』スモールeのデッドストックの色を知ることができます。

 本記事の信頼性

✔︎ デニム歴:29年(中学1年生からリーバイスファン)
✔︎ 所有しているデニム:リーバイス501(66前期、66後期、赤耳前期、レギュラー3本)

こーいち
まずはリーバイス501『MADE IN THE USA』スモールeの新品の写真を楽しんでください。

 リーバイス501を入手する方法

① 現在、リーバイスオンラインストアではリーバイス501『MADE IN THE USA』シリーズのホワイトオーク・スモールeの在庫はありません。
オークションで探すのが吉です。
>> オークファンでリーバイス501ホワイトオーク『MADE IN THE USA』をチェックする

\無料の会員登録はこちら(30秒)/

オークファンを見てみる

※国内外のショッピング・オークションサイトをまとめて検索できる

② 公式サイトで「MADE IN USA WHITE OAK」で検索すると、ヴィンテージ復刻モデルの在庫はあります。
>> リーバイス501『MADE IN THE USA』シリーズを公式サイトでチェックする

③ アメリカ製のリーバイスを手に入れるなら公式サイトで「アメリカ製 or made in usa」で検索すればヒットします。
>> LEVI'S 公式サイトでチェックする

\USメイドの501を入手/

LEVI'S公式サイトをチェックする

※「アメリカ製 or made in usa」で検索

所有のリーバイス501は下記記事で解説しています。


1993年モデル
リーバイス501レギュラーmade in usa
【リーバイス501レギュラー入手】1993年モデル・デッドストック(made in usa)のリジッド色落ち【未使用】

続きを見る


赤耳
リーバイス501赤耳前期
【リーバイス501赤耳前期】1983年製デッドストックを20年履き込んだ色落ちを解説

続きを見る


66後期
リーバイス501・66後期
【リーバイス501・66後期】1979年製デッドストックを15年履き込んだ色落ちを解説

続きを見る


66前期
リーバイス501・66前期
【リーバイス501・66前期】1974年製デッドストックを13年履き込んだ色落ちを解説

続きを見る

【リーバイス501ホワイトオーク入手】MADE IN THE USA(2017年)スモールeのリジッド色落ち【ホワイトオークとは?】

リーバイス501madeintheusaスモールe

詳細スペックは以下のとおり。

・米国製
・スモールe
・牛革パッチ
・ボタンフライ
・Vステッチ
・ストレートフィット
・生地の残る打ち抜きリベット
・14オンスのセルビッジデニム
・CONE DENIM/WHITE OAK製
・コインポケット裏セルビッチ仕様
・ステッチはバナナイエローとオレンジの2色使い

定価は16,000円(税別)

米国・ホワイトオーク工場製です。
生地生産、縫製ともアメリカ国内で行われた「純粋なアメリカ製」です。

ホワイトオークとは、デニム工場の名前

生地メーカーのコーンデニム社(旧コーンミルズ社)が保有する「デニム生産工場の一つ」の工場名です。

ホワイトオーク工場はアメリカ・ノースカロライナ州のグリーズボロにありました。
しかし、2017年12月31日で閉鎖。

本モデルはホワイトオーク工場で生産された最後のリーバイスです。

「ゴツゴツした生地感はホワイトオークならでは」と言われています。

コーンデニム社とは、デニム生地メーカー

1891年に設立されたデニム生地メーカーです。

コーン一家により営まれる世界最大のデニム製造会社で、数多くの工場を展開しています。
中でもノースカロライナ州グリーンズボロにあるホワイトオーク工場(1905年設立)のデニムは、それ自体がブランドになるほど有名。

リーバイスは1915年にデニムを501に独占使用する契約を交わし、以降ヴィンテージと呼ばれるモデル(1980年代前半頃まで)のほとんどに採用されていました。

リーバイス501XXを始めとした伝説的なヴィンテージジーンズは、当時のコーンミルズ社のデニムを使用していました。
コーミルズ社はアメリカ製デニムの黄金時代を支えてきた名企業です。

当時の社名はコーンミルズ(Cone Mills Corporation)でしたが、2003年に経営破綻、2004年に買収され、社名がコーンデニム(CONE DENIM LCC)変更されています。

2004年カナダ工場も閉鎖、北米地区はメキシコ、グアテマラ、ドミニカの工場のみです。
2017年にはついにホワイトオーク工場閉鎖となりました。

>> リーバイス【LVC】で生地の切り替え進む? そんな今だから知っておきたい「コーンデニム(CONE DENIM)」のホントの話。

デッドストックで入手したリーバイス501ホワイトオーク『MADE IN THE USA』スモールeを写真18枚で解説

リジッド(未洗い)、未使用の写真です。

 前面シルエット

やや細身のストレートです。

リーバイス501madeintheusaスモールe

W32 L32

 後面シルエット

リーバイス501madeintheusaスモールe

糊を落としていないバキバキの状態です。

「WHITE OAK」のタグが付いてます。

リーバイス501madeintheusaスモールe

コインポケットはセルビッジですが、赤色が薄いです。

リーバイス501madeintheusaスモールe

コインポケットの形は以下のとおり。

リーバイス501madeintheusaスモールe

バックポケット裏はシングルステッチ。

リーバイス501madeintheusaスモールe

ベルトループの縫い方は、雑な感じです。

リーバイス501ホワイトオーク
リーバイス501ホワイトオーク

赤耳のセルビッジで、裾はチェーンステッチです。

リーバイス501madeintheusaスモールe

501の象徴、ボタンフライです。
フロントはV字縫製です。

リーバイス501madeintheusaスモールe

牛革パッチ

パッチの絵は今までと大きく異なり、だいぶ簡素化されています。

リーバイス501madeintheusaスモールe

赤タブはスモールe

フラッシャーには製造年の表記はありません。
赤タブは両面にスモールeの刺繍があります。
ヒップポケットの縫製のラインが若干、弓なりになっているのが特徴です。
アーキュエイトステッチが黄色なので、ヴィンテージっぽいディテールです。

リーバイス501madeintheusaスモールe

腰部分には「WHITE OAK、CONE DENIM」「MADE IN USA」のタグがついてます。

リーバイス501madeintheusaスモールe

トップボタン裏は「5115」と4桁の数字が刻印(MADE IN THE USA2018年のビッグEモデルと同じ)

トップボタン裏の数字で、どこの工場で生産されたかわかります。
今のところ、私が知っている知識は以下のとおり(空欄は不明です)

・522
・524 エルパソ工場 テキサス州
・525
・546
・552
・553
・555 バレンシア工場 カルフォルニア州(2003年に閉鎖)
・575
・653

リーバイス501madeintheusaスモールe

「米国製」の文字が記載されています。

リーバイス501madeintheusaスモールe

打ち抜きリベットです。

リーバイス501madeintheusaスモールe

バータック仕様。

リーバイス501madeintheusaスモールe

ポケット左側には「This is a pair of Levi's」のスタンプが押されています。

リーバイス501madeintheusaスモールe

これから最低でも3ヶ月は履き込んで、洗濯して、再度画像をアップします。

ジーンズの洗い方、干し方は下記記事で解説しています。

ジーンズ専用洗剤については下記記事で解説しています。


リーバイス501『MADE IN THE USA』スモールeを扱った他のサイト

リーバイス501madeintheusaスモールe

リーバイス501『MADE IN THE USA』のスモールeのディテールは下記記事が参考なります。

>> 【リーバイス】501® MADE IN THE USA (2017~2018)スモールeのディテール徹底考察[Levi’s]

スモールeとビッグEの比較は下記記事にまとめられています。

>> リーバイス501®『MADE IN THE USA』ビッグEとスモールeのディテール徹底比較。“スモールe”は間違いなく良品である。

Twitterの口コミ10個

Twitterの口コミを10個引用します。
ホワイトオーク工場閉鎖の声が多いです。

解説動画2本

参考動画は2本です。

 ホワイトオーク工場の解説動画

【まとめ】リーバイス501ホワイトオーク『MADE IN THE USA』スモールeのデッドストックを入手して、色落ちを楽しもう

リーバイス501madeintheusaスモールe

本記事は、リーバイス501ホワイトオーク『MADE IN THE USA』スモールeの色落ちについて書きました。

久しぶりにワクワクするリーバイス501です。
理由は、最後のホワイトオーク工場生産の一品だからです。

通常ではもう入手は難しいと思われますので、興味のある方はオークションやメルカリをチェックしてみてください。

 リーバイス501を入手する方法

① 現在、リーバイスオンラインストアではリーバイス501『MADE IN THE USA』シリーズのホワイトオーク・スモールeの在庫はありません。
オークションで探すのが吉です。
>> オークファンでリーバイス501ホワイトオーク『MADE IN THE USA』をチェックする

\無料の会員登録はこちら(30秒)/

オークファンを見てみる

※国内外のショッピング・オークションサイトをまとめて検索できる

② 公式サイトで「MADE IN USA WHITE OAK」で検索すると、ヴィンテージ復刻モデルの在庫はあります。
>> リーバイス501『MADE IN THE USA』シリーズを公式サイトでチェックする

③ アメリカ製のリーバイスを手に入れるなら公式サイトで「アメリカ製 or made in usa」で検索すればヒットします。
>> LEVI'S 公式サイトでチェックする

\USメイドの501を入手/

LEVI'S公式サイトをチェックする

※「アメリカ製 or made in usa」で検索

こーいち
今から色落ちが楽しみですが、履くのがもったいなく思えてきます。

以上、『【リーバイス501ホワイトオーク入手】MADE IN THE USA(2017)スモールeの色落ち【未使用】』の記事でした。

こーいちより

P.S. リーバイス501の色落ちを楽しもう。


 ジーンズの歴史がわかる本

 デニム好きな方へおすすめ本


 リーバイス501の歴史から魅力まで網羅した本

 極上のヴィンテージ501の写真が楽しめる本(※kindle unlimitedで無料で読めます)
30日間の無料体験中に解約すれば、お金はかかりません。

>> kindle unlimitedの30日間無料お試し体験はこちら(いつでも解約可能)

関連記事リーバイスの歴史を徹底網羅【デニム歴29年が解説】
関連記事【厳選11店】ヴィンテージショップガイド【東京都内おすすめ古着屋まとめ】
関連記事【リーバイス501】Made in USA・アメリカ製おすすめ完全マップ【レギュラーから66前期まで年代別まとめ】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.