広告 Read

【書評】『1分で伝える力』伝わるコツはたった1%を丁寧に語ること

2019年8月4日

【書評】『1分で伝える力』伝わるコツはたった1%を丁寧に語ること
  • 「1分で伝える力をつけたい」
  • 「思わず動きたくなる話し方について知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事を書いている私は1996年から中谷彰宏さんのファンです。
» 中谷彰宏おすすめ本17選まとめ【文章4冊+成功5冊+ヒント8冊】

本記事では「1分で伝える力」のグッときたところ3つを書いています。
この記事を読むことで「1分で伝える方法=結論+体験談」がわかります。

本書の冒頭の文章「どんな話でも、1分で、要約できる」にすべてが要約されています。

『1分で伝える力』のグッときたところベスト3

『1分で伝える』のグッときたところベスト3

 グッときたところベスト3

  • 1位:デメリットを、相手に言われる前に出し切る
  • 2位:100%よりも、1%が伝わる
  • 3位:相手の予想を、裏切る。情報は、相手も知っている

1位:デメリットを、相手に言われる前に出し切る

デメリットはすべて出し切ることです。
信用してもらえるからです。

表も裏も見せてしまうのです。

デメリットは隠したくなります。

デメリットを隠しておくことは、デメリットがあります。

  • 「バレたらどうしよう」と、消耗する
  • メリットばかりだと全体像がつかめない
  • メリットばかりだと、信頼感が持てない

悪いことやデメリット、言いにくいことは先に言ってしまうことです。
相手は安心できますし、自分も安心できます。

安心は余裕を生みます。

デメリットを言うことのメリット

  • 相手に信用してもらえる
  • 自分が安心でき、余裕が生まれる
  • 相手も安心でき、余裕が生まれる

都合の悪いことを先に言ってしまうことは、メリットしかないのです。

あえてデメリットを話した方が良いのです。

心配性の人はデメリットを聞いただけで決断を渋ります。
こういう場合はデメリットを強調しないように話します。
メリットをたっぷりと強調したうえで、デメリットを話します。
最後に「大丈夫です。心配はいりません」とハッキリと言い、デメリットの印象を薄めます。

2位:100%よりも、1%が伝わる

良いことを聞きました。

ブログの書評も「引用3つを丁寧に解説しよう」と思えたからです。
たくさんの説明は不要なのです。

下記の言葉を思い出します。

神は細部に宿る。
一事が万事。

映画の感想ブログでも、グッときたシーンを3つ説明するだけでOKなのです。
漫画の感想も同じです。
全体の説明は必要はないのです。

1%が100%とは「一時が万事」なのです。
むしろ100%を説明しようとしても伝わりません。
たった1%を丁寧に説明するだけでいいのです。

体験談

以前、友人に英語のおすすめ参考書を教えました。
その時、説明した内容は「theの使い方」についてです。
私が参考書の「theの使い方」の説明に感銘を受け、いかに心が動いたかを丁寧に説明したのです。
後日、友人は参考書を買っていました。
「参考書を買った方がいいよ」とは一言も言っていません。
1%を伝えることで、100%が伝わったのです。

すべてを説明する必要はありません。
1%だけに気持ちを入れて、伝えていくのです。
1分で100%を伝えられます。

1%の本質に集中する考え方は、エッセンシャル思考が参考になります(デメリットあり)。
»【書評】『エッセンシャル思考』いま、何が1番重要かをいつも考える

3位:相手の予想を、裏切る。情報は、相手も知っている

体験談を伝えればオンリーワンになれます。

誰ひとり、同じ体験はしていないからです。
一緒に旅行に行っても、何を見るか、何を感じるかは人それぞれです。
同じ体験談は存在しないのです。

ネット情報は権威性のないものがたくさんあります。
誰が書いたかわからないので、信頼性がありません。

本記事も顔出しせず、匿名運営なので信頼性はないかもしれません。
ただ読書感想文・書評は実体験を書いています。

ネットで寄せ集めた文章は1行もありません。
「百聞は一見にしかず」なのです。

体験談があれば、どんどん書いていきましょう。
体験は強いです。

体験談

旅行会社で仕事をしていた時に辛いのは、お客さまから「ここに行ったことある?」と聞かれることでした。
行ったことのないホテルや観光地、国はたくさんありますが、すべて行くことは不可能です。
心がけていたのは下見です。
社員旅行などの添乗が決まると、下見で「説得力と自信」をつくりました。
余裕が添乗を助けてくれたものです。

大事なお客さまの接待でも、お店の下見をします。

体験したことは間違いありません。

ネットからもある程度の情報を拾え、頭では理解できます。
ただ体では覚えられません。

実際に自分の目で見て、匂いを嗅いで、味わって、触ってみて、初めて体で覚えられるのです。

血肉化できるのです。
伝えられる力が増すのです。
具体的だからです。

体験談が1番強く伝わるのです。

»【99円で2ヶ月お試し】Kindle Unlimited

【感想/書評】1分で伝える方法がわかる本『1分で伝える力』

【書評】『1分で伝える力』伝わるコツはたった1%を丁寧に語ること

伝える力を学ぶ

言葉で伝える力は、文章で伝える力です。
言葉で伝える力をつけることで、ブログの文章力の向上を期待しました。

 目指すところ

  • 文章で伝える力をつける
  • 読者に文章が伝わる(読者のインプット)
  • 読者が行動する(読者のアウトプット)

解決したかったことは「読んで、伝わり、行動する」です。

7つの章の目次

目次

第1章.切り口で、伝える。
第2章.構成で、伝える。
第3章.伝え方で、動きたくなる。
第4章.負けて、勝つ。
第5章.話し方で、伝わる。
第6章.伝え方で、好感度を上げる。
第7章.伝え方で、損をしない。

コミュニケーションに違和感がある人におすすめ

こんな方におすすめ

  • 「何を言ってるか、わからない」と言われた人
  • 「話が長い」と言われた人
  • 「話はわかるけど、納得できない」と言われた人

「真面目にすべてを説明しようとして何も伝わらない」と悩む人におすすめです。

「1分で伝える力をつけるにはどうすればいいのか」が、61の具体例でわかります。

書籍情報

書名1分で伝える力
著者中谷彰宏(» 公式サイト
単行本208ページ
出版社星雲社
発売日2019/7/23

まとめ:相手の時間を奪わないために、1分で結論+体験談を伝えよう

まとめ:相手の時間を奪わないために、1分で結論+体験談を伝えよう

  • 1位:デメリットを、相手に言われる前に出し切る
  • 2位:100%よりも、1%が伝わる
  • 3位:相手の予想を、裏切る。情報は、相手も知っている

本を1分で要約できるようになった

「結論+体験談」だけで、すべて説得力を持って1分で伝えられます。

冒頭の伝え方が変わりました。

  • 結論を伝える(一言で言うと)
  • 共感を得る(あるある)
  • 「簡単です」と伝える
  • 面白いところから話す

本書には、すぐに実践できる具体例が61個あります。
1つずつ試してみるのも面白いです。

以上です。

P.S. 相手の時間を奪わないために1分で伝える力を身につけるのですね。

»【99円で2ヶ月お試し】Kindle Unlimited

関連記事【説明が上手くなる本】おすすめは『説明の達人に変わる本』3つの考え
関連記事雑談上手になるには「何を話すか」にこだわらない【データより体験談】

-Read