添乗員になるには 添乗をする

添乗員の仕事のやりがいとは?【5つのポイントを添乗歴18年が解説】

添乗員やりがい

親愛なる君へ

  • 「添乗員の仕事に興味があるので、やりがいについて知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

下記ツイートをしました。

【添乗のやりがい】

1.いろんな人に出会える
2.いろんな場所に行ける
3.いろんなものを食べれる
4.いろんな乗り物に乗れる
5.お客様のいろんな笑顔を間近で見れる

全て自分の成長につながります。

本記事では、添乗員のやりがいを解説していきます。

この記事を読むことで、仕事のやりがいを知り、添乗員の仕事に興味を持つことができます。

 本記事の信頼性

✔︎ 経歴:新卒で旅行会社に入社し18年間、法人営業を担当。
✔︎ 保有資格:総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、旅行地理検定2級、英検2級、TOEIC540点、損害保険初級。
✔︎ 添乗経験:国内・海外合わせて100本で、一般団体・教育旅行・視察旅行を経験。

こーいち
苦労もありますが、やりがいもあるのが添乗員です。

添乗員の仕事のやりがいとは?【5つのポイントを添乗歴18年が解説】

添乗員やりがい

添乗は究極のサービス業です。

お客様に喜んでいただけるように努力や気配りをしながら、いつも笑顔で行程を進めていきます。
最後まで安全に行程を終えて、やっと業務は終了するのです。

 添乗員の5つのやりがい

1.いろんな人に出会える
2.いろんな場所に行ける
3.いろんなものを食べれる
4.いろんな乗り物に乗れる
5.お客様の笑顔を見ることができる

順番に解説していきます。

1.いろいろ人に出会える

添乗員はお客さまだけでなく、協力機関のスタッフとの出会いもあります。

・お客さま
・ガイド
・ホテルのスタッフ
・飛行機のスタッフ
・観光地のスタッフ
・レストランのスタッフ
・視察先のスタッフ

ツアーに参加するお客様は、性別や年齢、職業や住む場所など多種多様です。

普通の接客とは異なる

1台のバスに40人乗車するとしても、添乗員専門の場合は年間で多くのお客様と接することになります。

宿泊するツアーの場合は寝食を共にするところが特殊です。
普通の接客サービスとは親密度が違います。

ツアー内容によっては1週間〜10日間とずっと一緒なのです。
朝から夜まで行動、寝食をともにしますので、ツアー終盤になるとより親密になります。

ふだんの生活では知り合うチャンスのなかった年代、職業、地域の方達と一緒に旅行できるのもツアーコンダクターならではの魅力です。

 添乗員はいろいろ人に出会い、影響を受ける立場でもあります。

・何気ない一言で価値観が変わる。
・お客様から刺激を受ける。

添乗員とは「変化のある刺激的な仕事」なのです。

協力機関のスタッフとの出会い

ホテルや飛行機、食事施設、観光地などのスタッフの協力なしにはツアーは成立しません。

そこでの出会いも大切なものです。

仕事をするもの同士として、添乗員の仕事ぶりに憧れて、添乗員を目指すケースもあります。
お互いを高め合う関係でもあります。

「旅行先での出会い」は、真剣なぶつかり合いの中で大きな意味を持っています。

こーいち
変化のある仕事なので刺激的です。

2.いろいろな場所に行ける

添乗員で羨ましがられることの一つです。
国内、海外のいろいろな場所へ無料で行くことができます。

添乗員になりたい人のほとんどが、いろいろな場所に行けることを志望動機に上げているはず。
いろいろな場所に行きながら、お金までいただけるのです。

 他にもメリットがあります。

・視野が広がる。
・各地の温泉に入れる。
・さまざまなホテルに宿泊できる。
・見聞を広められ、日本の良さを再認識できる。
・多様な文化に触れ、偉大な遺跡や歴史を見たり聞いたりすることができる。

事前に「下見」しておくと、さらにその土地に愛着がわきます。

大金を払わなくてはいけないような場所に、仕事とはいえ無料で行くことができるのです。

百聞は一見にしかずです。
実際に行ってみると「実はこうだった」と発見の連続です。
海外に行けば行くほど、色んなものが目に飛び込んできます
知識として、培われるものがあります。

旅先でひと仕事終えた後のひとときは、充実感があふれます。

こーいち
温泉は至福のひとときですね。

3.いろいろなものを食べられる

国内各地や世界各国の名物料理を食べることができます。
各地のお酒も飲むことができます。

食についても、さまざまな体験が得られるのです。
食べるのが好きな人にも適した職業です。

 国内で経験した印象的な料理の一例

・京料理
・金沢料理
・仙台の牛タン
・伊豆の海鮮丼
・大阪のたこ焼き
・伊豆の海鮮焼き
・札幌のジンギスカン
・沖縄のアグー豚や沖縄そば
・福島県会津若松の郷土料理
・山口県のふぐ料理や瓦そば
・博多の中洲屋台のラーメンやイカ

食べることも旅行の楽しみの一つ。

自分が下見で選んだ料理を、お客様が食べて喜んだ顔を見るのは嬉しいものです。

4.いろんな乗り物に乗れる

添乗員はお客さまをいろいろな乗り物に乗せなくてはなりません。

 多様な乗り物

・船
・バス
・列車
・高速船
・飛行機
・ケーブルカー
・ロープウェイ

添乗業務として乗り方を習得する必要があります。

お客様を乗り物に乗せることも大事な仕事の一つ。
運休やストライキなどで行程に影響が出てくるケースがあるからです。

体験談

30名様ほどの協力会旅行です。
那須ロープウェイを使用して「那須岳」の見学に行きました。
天気が悪く、雨が降りそうです。
ロープウェイは動いていたので山頂駅まで上がり、お客さまを案内していたところ、雲行きが怪しくなり雷が鳴り始めました。
お客様を先にロープウェイで下山させ、私はそのまま山頂で残ったお客様がいないか確認していた時に悲劇は起こりました。
ロープウェイが悪天候のため止まったのです。
私一人だけ下山できません。
いつ再開するかわからないロープウェイを待つことできませんので、お客さまには先にバスで宿泊先の芦ノ牧温泉に向かっていただきました。
結局、ロープウェイは20分後に動き出し、私はタクシーでバスを追いかける羽目になったのです。
バスが旅館に到着するタイミングで追いつくことできて、なんとか笑い話に変えました。

飛行機も天候の影響を受け、遅延や欠航などがあります。
トラブルにより行程が変わってしまうと、添乗は「骨が折れる業務」になります。

こーいち
トラブル対応は添乗員の腕の見せどころです。

5.お客様の笑顔を見ることができる

自分が提供したサービスの反応を、肌で感じることができます。

添乗の一番やりがいを感じられる場面です。

自分のサービスの良し悪しがわかってしまう厳しさもありますが、お客様の反応を見ながら臨機応変に対応していくことができます。

誠意を持って、ぶつかっていけば、まっすぐ反応が返ってくるのです。

 お客様に喜んでいただけた時に、もらえると嬉しいもの

・お客様の笑顔
・お客様の拍手
・お客様の感謝の言葉

お金をもらうことよりも嬉しい瞬間です。

体験談

・国内旅行終了時にお客様から「今回の旅行はめっちゃ楽しかったです」と告げられた時は嬉しかったです。
今でも印象深いありがたい言葉です。

・海外添乗で最後に空港のターンテーブルでスーツケースを引き取ります。
そこで「今回、添乗をお願いして良かったです」と言って下さった時は、涙がこぼれました。
仕事の気持ちが伝わり、感動してくれるお客様もいるのです。

この仕事をしていて、一番報われる最高の瞬間です。
「全力でやってよかった」と思えます。
一生忘れられません。

 逆に、お客様が不満そうにしている場合は何かあります。

お客様の笑顔が少ない。
お客様の会話が少ない。
お客様の動きが少ない。

お客様の反応が少ない場合は、自分のサービスが適切かどうか振り返る機会です。

敏感に察知して、自分から動きます。

お客さまがなんでも伝えてくれるとは、思わないほうが良いです。
サイレントの反応を感じ取っていくことが大事です。

添乗員の仕事はキチンとできて当たり前であり、失敗やトラブルがあれば責められる辛い立場でもあります。

添乗中は全責任がありますので、逃げ道はありません。

こーいち
しんどい立場でふさぎ込むようなことがあっても、お客様の笑顔や言葉が立ち上がる力になるものです。

苦労もあるが、やりがいのある添乗員

添乗員のやりがい

添乗員とは日本旅行業協会の定義では以下のとおり。

会社を代表して、出発から帰着までの間、団体に同行して、所定の旅程と手配内容、旅行計画に基づいて、団体の旅行中の実務を担当するもの。

研修を経て資格を取得すれば、誰でもなれます。

添乗員はたやすい仕事ではない

ただし、添乗員ははたから見ているように簡単な仕事ではありません。

・病気になるお客さまのケア
・スリにあうお客さまのケア
・団体の和を乱すお客さまの対応
・バス座席に不満を持つお客さまの対応
・日本食が食べたいというお客さまの対応
・ホテルの部屋に不満を持つお客さまの対応
・温泉ツアーの宴会ではカラオケの相手をする
・ホテルの部屋のお湯が出ないという文句の対応
・海外ツアーでは語学ができないお客さまのためにお土産一つ買うのを付き合う

お客さまの数だけ不満があります。
このため添乗員は「なんでも屋」と言われることもあります。

危険と隣り合わせの割に合わない仕事

さらに、世界情勢の変化や飛行機事故などに出くわすこともあります。

・お客さまの安全確保
・宿泊ホテルや帰路の手配

危険と隣り合わせなのです。

それでも現役の添乗員は「ツアーがうまく回ると面白い」という人もいます。
苦労を楽しんでいるのです。

根底にあるのは旅行が好き

添乗員のほとんどは「旅行が好き」という気持ちがあります。

旅行が仕事になり、旅行会社の社員であれば自分でツアーを作って、自分で添乗できるときもあります。
辛いこともありますが、楽しい旅を演出できるとお客さまに喜んでもらえます。

他にも国内外の旅行情報が素早く入手できる。
ツアーに安く参加できるのもメリットです。

「添乗に出ると会社に行かなくていい」という自由人志向の意見もあるのです。

添乗員に必要な資質を聞くと、多くは以下のとおり。

これらを兼ね備えるのは大変ですが、やりがいがあります。

自分の成長を感じられることが、添乗員のやりがい

添乗員のやりがい

本記事は、添乗員のやりがいについて解説してきました。

 添乗員の5つのやりがい

1.いろんな人に出会える
2.いろんな場所に行ける
3.いろんなものを食べれる
4.いろんな乗り物に乗れる
5.お客様の笑顔を見ることができる

5つのやりがいが、すべて自分の成長につながります。

添乗は自分を成長させます

添乗員の仕事の舞台は、誰にとっても特別な旅行です。
旅行の最初から最後までがツアーコンダクターの職場です。

旅行にはトラブルやアクシデントがつきものですが、お客様の楽しさ・満足・感動に生で触れることができます。

添乗という仕事を通して、自分を成長させることができるのです。

 添乗は自分を成長させます。

添乗はドキドキします。
添乗はワクワクします。
添乗はハラハラします。

成長には痛みがともないます。

失敗してもそれで終わりではありません。
また明日もやりがいがあります。

活き活きと添乗をして、活き活きと失敗していきます。

倒れても、また立ち上がればいいのです。

どんな仕事もやりがいは、真剣勝負の先にあるものなのです。

以上、『添乗員の仕事のやりがいとは?【5つのポイントを添乗歴18年の経験から解説】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 添乗員の仕事のやりがいを知り、自分を成長させよう。

 参考文献

 添乗で一番役立った本


日本一の添乗員
日本一の添乗員
日本一の添乗員が書いた接客の作法がわかる本【読書感想文・書評】添乗は究極のサービス業

続きを見る

 海外添乗の体験談がつまった本


海外添乗員
感動を想像する海外添乗員
マンデラのオーナーが書いた海外添乗員の働き方がわかる本【読書感想文・書評】失敗から気づきを得る

続きを見る

 一番面白かった派遣添乗員の本


ヘトヘト日記
【感想】派遣添乗員ヘトヘト日記は添乗員の日常がわかる本【添乗員の辛さ、面白さを知る】

続きを見る

関連記事添乗員に必要な資格試験を解説【旅程管理主任者が必要】
人気記事おすすめの添乗員派遣会社3社をランキングで比較【最新版の口コミ・評判も紹介】
関連記事添乗員になるには2つの方法がある【簡単な方法は添乗員派遣会社に入ること】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.