広告 Read

【書評】今すぐ行動できる本『考えたら負け』【死ぬほどの努力で変化】

2020年2月24日

【書評】今すぐ行動できる本『考えたら負け』【死ぬほどの努力で変化】
  • 行動力をつけて変化したい
  • 堀江貴文さんの『考えたら負け』の内容を知りたい

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

  • 『考えたら負け』堀江貴文【著】のグッときたところベスト3
  • 本書の内容、口コミ、動画

本記事を書いている私は、堀江貴文さんの書籍30冊を読んできました。
» ホリエモンのおすすめ本30選まとめ【没頭思考をインストール】

頑張った成果が得られないと心が折れます。

私はブログの成果が出ず「ブログを辞めようか」と迷っていました。
しかし本書で「もう一度頑張ってみよう」と思えたのです。

本記事は「行動力をつけて変化したい」という方に向けて書きました。
この記事を読むことで「考えたら負け」の気づきがわかります。

変化を約束する1冊です。

【書評】今すぐ行動できる本『考えたら負け』のグッときたところベスト3

【書評】今すぐ行動できる本『考えたら負け』のグッときたところベスト3

 グッときたところベスト3

  • 1位:まずは、死ぬほど努力してみる
  • 2位:パクる
  • 3位:経験こそが、社会人の最強のアイテム

1位:まずは、死ぬほど努力してみる

1番グッときた文章です。
「死ぬほど努力してきたか?」と振り返るきっかけになったからです。

死ぬほど努力していません。
余力を残しながら、毎日を過ごしています。

「完全燃焼した」
「やるだけはやった」
「今日はもうこれ以上努力できない」

上記のように思えません。
毎日、不完全燃焼です。

「別に死ぬほど努力しなくてもいいじゃないか?」「幸せならそれでいいじゃん」という反論もあるかもしれません。

しかし「今のままで幸せになれるかどうか」を考えたら、答えはNOです。

死ぬときに「やり切った。燃焼した。後悔ない」と思って死にたいです。

そう思って死ねることが幸せです。
死ぬまでは幸せかどうかわかりません。

納得できるように死ぬ方法はただ1つです。

死ぬほどの努力です。

2位:パクる

2番目にグッときた文章です。
パクることに罪悪感を感じていたからです。

トップブロガーの「ブログの書き方」を真似しています。
ネタは違いますが記事構成は同一の記事があり、罪悪感を感じていました。

「守破離」という言葉があります。
まずは師匠の技を盗むことから始まります。

堀江さんが「パクリ」を推奨していると背中を押されます。
勇気づけられます。

自分のオリジナリティだけでやるのは、限界があり失敗します。
成長にもつながりません。

まずパクること。

オリジナリティはパクれるようになってから、考えればいいのです。
完全パクリは不可能なので、堂々とパクることが大事です。

3位:経験こそが、社会人の最強のアイテム

背中を押されました。
旅行会社での社会人経験が18年あるからです。

ただ休職しながらブログを書き続けていると「このままでいいのか?」という疑問が湧いてきます。
周りの人たちは仕事を続けているのに、自分だけ取り残された、間違った道に進んでいる感覚があるのです。

堀江さんの言葉で「間違っていることが問題でなく、世間体を気にして停滞していることが問題」と気づけました。

不安はあります。
復職しようが、転職しようが、不安は消えません。

できることは「死ぬほど努力すること」

再起をかけて行動し続けるだけです。
死ぬほどの努力が、不安を消してくれます。

『考えたら負け』の概要と目次

『考えたら負け』の概要と目次

1箇所に留まらないことで成長できる

堀江貴文さんの下記がまとめられています。

  • 考え方
  • メルマガ
  • 過去の書籍
  • 心がけていること

タイトル『考えたら負け』は、別の言葉で言い換えられます。

  • 守りに入ったら負け
  • 変化しなくなったら負け
  • 停滞してしまったら負け

1箇所に留まらないことで成長は促進できます。

「成長のためにどう行動していくのか」が、本書には詰まっています。

行動力のない人におすすめ

こんな方におすすめ

  • 行動力がない人
  • 変化して成長していきたい人
  • 堀江貴文さんの言葉を楽しみたい人

下記3人にはおすすめできません。

  • 行動力がある人
  • 変化したくない人
  • やりたいことをやっている人

6つの章、書籍情報

目次

第1章.「すぐ」やる
第2章.自分のアタマで考える
第3章.「ワクワク」する
第4章.「感覚」を信じる
第5章.人と違って何が悪い
第6章.あらたな価値を創造する

書名考えたら負け
著者堀江貴文 
単行本317ページ
出版社宝島社
発売日2018/11/30

口コミまとめ、動画

Amazonの口コミ74個

  • 結果を出すためのマインドセット
  • 各本からの寄せ集めてきな感じの本だが、内容的には良い(目新しさはない)
  • 広く浅く堀江貴文を知りたい、また堀江貴文の本を初めて読む方にはお勧め

» Amazonで「他の口コミ」を見る

Twitterの口コミ4個

  • 「人の『いい面』だけをみる」という言葉が気に入った
  • 起業を決意した以上、失敗を恐れず行動して成功体験を積み上げる
  • Twitterを活用しはじめたのも、ホリエモンのおかげ
  • 「他人の能力(新しいことへの取り組み)に嫉妬したら負け」 には参った

» Twitterで「他の口コミ」を見る

解説動画2本

まとめ:『考えたら負け』は名言が豊富

まとめ:『考えたら負け』は名言が豊富

 まとめ:グッときたところベスト3

  • 1位:まずは、死ぬほど努力してみる
  • 2位:パクる
  • 3位:経験こそが、社会人の最強のアイテム

 他の名言12個

  1. 「見切り発車」でいい
  2. 行動力がある人が成果を出していく
  3. 発想力を鍛えるには「よく遊ぶ」こと
  4. 僕はいつだって「やればいいじゃん」と言う
  5. 「電話に出ないキャラ」になると決めている
  6. 過去は変えられないのだから思い悩んでも仕方がない
  7. 剣に遊んでいるのと、真剣に仕事をしているのはイコールだ
  8. 限界を決めつけているのは自分で、限界を解くのも自分
  9. 今日、達成すると決めたことを、着実に実行していく
  10. 重たい不安から逃れたいなら、新しいことをやる!飛び出す!それしかない
  11. 最初の1歩を踏み出せないのは、その人が持つプライドがかなり影響している
  12. やりたいなら人の目なんて気にせず、どんな障壁があってもやってしまうはず

堀江貴文さんの名言から、行動力を引き出せます。

以上です。

P.S. 行動して変化しよう。

関連記事『自分のことだけ考える』自分の気持ちに嘘をついても良いことなし
関連記事【書評】『捨て本』は捨てる生き方がわかる本【今ここに没頭する】

-Read