広告 Read

【書評】『僕たちはもう働かなくていい』AIの理解に役立つ本

2020年3月9日

【書評】『僕たちはもう働かなくていい』AIの理解に役立つ本
  • 「堀江貴文さんの『僕たちはもう働かなくていい』の内容を知りたい」
  • 「堀江貴文さんのAIの考えを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

  • 『僕たちはもう働かなくていい』堀江貴文【著】グッときたところベスト3
  • 概要、目次
  • 口コミ、動画

本記事を書いている私は、堀江貴文さんの書籍を30冊読みました。
» ホリエモンのおすすめ本30選まとめ【没頭思考をインストール】

本記事は「僕たちはもう働かなくていい」の書評です。
この記事を読むことで、グッときた3つの文章を通して、本書の内容がわかります。

難しい話が噛み砕かれています。

【書評】『僕たちはもう働かなくていい』のグッときたところベスト3

【書評】『僕たちはもう働かなくていい』のグッときたところベスト3

 グッときたところベスト3

  • 1位:何かの行動を起こせる人が生き残れる
  • 2位:ひたすら好きなことをしていればいい
  • 3位:自分遊びのエキスパート

1位:何かの行動を起こせる人が生き残れる

ガマンはもうしなくていいです。
なぜならガマンや苦痛、面倒な仕事は、すべてAIに任せられる時代が来るから。

会社員時代、苦しい仕事ばかりでした。
そんな人も多いはずです。
辛く、苦しく、ガマンを強いられる仕事。

AIが代わってくれる時に、やることがなくて右往左往しないためにも、今からの行動が必要です。

やりたいことをやる行動です。

死なないコツは好きなことをする

人間は好きなことをやるために生まれてきたのです。

つまらない労働や苦痛な労働がなくなればラッキーです。

今もなおブラック企業は存在しています。
自殺者は減っていますが、まだ仕事が原因で亡くなる人はいます。

死なないコツは好きなことをすること。
苦痛に顔を歪ませながら仕事をする必要はありません。

好きなことをして、面倒なことはAIです。

2位:ひたすら好きなことをしていればいい

ただひたすら好きなことをやればいい。
堀江貴文さんのメッセージは一貫しています。

好きなことを見つけ、やりたいことをやる。
幸せになるための合言葉です。

「やりたいことだけでは食っていけない」という反論もありますが、堀江さんは切り返しています。

「やりたいことをやれ」が堀江貴文さんの一貫した主張

  • 人間はやりたいことをやる
  • AIはやりたくないことをやる

AIはやりたいことがない人間を浮き彫りにします。

「AIが本格的に来る前に、やりたいことを見つけたほうが良さそう」と思えました。

3位:自分遊びのエキスパート

好きなことを徹底的に突き詰めれば、それが仕事になる。

そんなケースはたくさんあります。
Twitter界隈を見ても、好きなことを仕事にしている人は多いです。

アイスマン福留さんが良い例です。
» コンビニアイスマニア

私はブログが好きで毎日書いていますが、食べていけません。

突き詰め方が甘いのです。
もっと「好きと時間」を費やさなくては生計が立ちません。

「もう無理かな。就職したほうがいいかな」と思っています。

一方で「もう少し粘って、好きなことを続けてみようかな」という気持ちもあります。

堀江さんの言葉に背中を押されつつ、バランスを取りながら今後のことを考えていきたい。
こんなタイミングで本書を手に取った意味はあるはずです。

『僕たちはもう働かなくていい』の概要、目次

『僕たちはもう働かなくていい』の概要、目次

要するに「好きなことを見つけよう」です。

堀江貴文さんのAIに対する考えがわかる本

  • AIやロボット技術で変わる
  • 仕事や暮らし、学び方、時間の使い方、生き方そのもの

堀江さんはAI礼賛主義者ではないです。

ただ「AIは不便や不幸を減らし、人々の生活を快適にし、人間の新たな可能性を開くツール」と述べています。

本書の後半では、一貫したメッセージ「好きなことを見つけておく」の重要さが書かれています。

堀江貴文さんのAIに対する考えを知ることができる本です。

おすすめの人、おすすめしない人

こんな方におすすめ

  • AIとは何かを知りたい人
  • 堀江貴文さんのAIに対する考えを知りたい人
  • 好きなことを見つけ、やりたいことをやる人生を歩みたい人

「やりたいことがなくてもいい」と思っている人にはおすすめできません。

5つの章の目次、書籍情報

目次

第1章.AIから目を背けるバカとはつき合うな
第2章.AIロボットで「多動力」を発揮する
第3章.パーソナルモビリティは”スマホ化”する
第4章.「無人化時代」はチャンスに変えられる
第5章.リデザインされる世界をどう生きるか

書名僕たちはもう働かなくていい
著者堀江貴文
単行本205ページ
出版社小学館
発売日2019/2/1

『僕たちはもう働かなくていい』の口コミ、動画

『僕たちはもう働かなくていい』の口コミ6つ

Amazonの口コミ292個

口コミの46%が5つ星です(2023年8月)。
»『僕たちはもう働かなくていい』の口コミを見てみる

本書の前半は堀江節が感じられなかったです。
1つ星、2つ星の低評価の口コミもあります。

Twitterの口コミ3個

解説動画3本

堀江さんとロボットが話す動画です。

本書に紹介されていた「カングーロ」の動画です。

まとめ:『僕たちはもう働かなくていい』のメリットとデメリット

まとめ:『僕たちはもう働かなくていい』のデメリットとメリット

メリット
  • AI全般の知識がわかる
  • やりたいことをやり続ける気になる
  • 好きなことを見つける気持ちになれる
デメリット
  • AIに興味がない人は楽しめない

AIについて堀江さんの言葉で書かれていますので、他の堅い本より楽しめます。

以上です。

P.S.「遊びが仕事になる日」を目指して、遊びたくなる本です。

関連記事『自分のことだけ考える』自分の気持ちに嘘をついても良いことなし
関連記事【書評】今すぐ行動できる本『考えたら負け』【死ぬほどの努力で変化】

-Read