Book

【感想・書評】『君はどこにでも行ける』のグッときたところベスト3

2020年7月29日

【感想・書評】『君はどこにでも行ける』のグッときたところベスト3
  • 「『君はどこにでも行ける』堀江 貴文【著】の読書感想文書評を知りたい」
  • 「どんな人におすすめなのか、知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事は、『君はどこにでも行ける』堀江 貴文【著】の読書感想文書評です。

 この記事でわかること

  • グッときたところベスト3
  • 読んでから変わった3つのこと
  • どんな人におすすめなのか
  • 口コミ、動画

本記事を書いている私は、堀江貴文さんの本は27冊読みました。
» ホリエモンのおすすめ本27選まとめ【効率思考をインストール】

グッときたところベスト3はすべて、巻末の漫画家『ヤマザキマリさん』との対談から抜き出しました。
なぜなら、各国の情勢は変化していくもので今から読んでも単なる昔話になるから。

ただ、堀江貴文さんの視点で各国を解説していて、タイ、インド、チリだけでも読む価値はあります。

 本書の流れは、以下のとおり。

  • 日本がいかに安くなってしまったのか
  • 世界との比較
  • 日本東京の素晴らしさ
  • ヤマザキマリさんとの対談

ヤマザキマリさんとの対談では、イタリア人の仕事に対する考え方もわかります。
イタリア人の自己肯定感が強い理由がわかりました。


※ Amazon Audibleの無料体験で聴けます
» Amazon Audible | 2ヶ月間無料で聴き放題(12/26まで)

【感想・書評】『君はどこにでも行ける』のグッときたところベスト3

君はどこにでも行ける

 グッときたところベスト3

【第1位】目の前のことにとことん向き合っていればいい
【第2位】好きなことを突き詰めれば生きていける
【第3位】自己否定とか、意味わかんない

順番に引用して、解説します。

【第1位】目の前のことにとことん向き合っていればいい

堀江:何をやってもいい、どこに行ってもいいんだから、みんな他人の目を気にしないで好きなようにすればいいのに、と思いますけど。
ヤマザキ:そう、堀江さんの言われる通り、何をしてもいい。
みんな変化に適応していけないとか、まわりの空気を読んで行動できないとかで悩んでるけど、全然大丈夫だと思うんです。いま何をしたいのかわからなくても目の前のことにとことん向き合っていれば、自然に、やりたいこと、やるべきことは見つかります。そうなっていくのが人生だから。
たとえば私なんて、若い人の参考にはならない、かなりへんちくりんで特殊な生き方をしていると思いますが、いろいろやりくりしながら、とりあえずマンガを描けてそれを仕事にできた、という結果に辿り着けました。とりあえず空気を読んで、イヤなことを我慢する必要はないよと、若い人には言っています。

ヤマザキさんは、堀江さんと同じような考えを持っています。

ひたすら目の前のことに没頭する。
先のことは考えない。
起こっていないことに悩まない。
何も心配しない。

私は今、休職していますが、先のことはわかりません。

何も見えません。
これから先のことを考えると、いつも不安になります。

本書からは「先のことを心配せずに、目の前のことをやる」という声が聞こえてきます。

 私にできることは5つです。

読む
書く
走る
遊ぶ
旅をする

結局、シンプルなものにたどり着きます。

これから先どうなるのだろう?
休職期間が終わる頃には何が待っているのだろう?

わかりません。
誰にもわかるわけがないのです。

できることをやるだけです。

第2位 好きなことを突き詰めれば生きていける

堀江:僕はいろんな葉書で言ってますが、日本の義務教育は、国家の忠実なしもべをつくるためのシステム、はっきり言うと兵隊を教育するためのものです。その点では効果のあるシステムなんですが、戦争を始める可能性もメリットともない日本に、現行の学校教育はもうそぐわない。アジアのなかで最初に先進国化して、グローバルに参入できたんですから、多様性を活かす教育に、現場レベルで変わってほしいですね。
ニートで引きこもりでも生きていける社会になっている。無理して対人コミュニケーション能力を上げなくてもいいし、好きなことだけやって、それを突き詰めれば、みんな生きていけるはずなんですよ。

堀江さんのいつものメッセージです。

好きなことだけやる。
嫌いなことはしない。

「このメッセージを届けるのが使命」と言わんばかり、さまざまな本で述べています。

今まで旅行会社の会社員として19年8ヶ月、営業をしてきました。
言うなれば「表」の世界です。

休職して人生について考えるようになってから、2足のワラジを履くことを考え出しました。

表の世界=添乗員
裏の世界=ブロガー

ただ、堀江さんの本を読んでいると表裏を行ったりきたりするよりは、「裏の世界に大きく舵を取ったほうがいいんじゃないか」とも思えるようになりました。

「中途半端は良くない」と思えたからです。

好きなことをやる。
嫌なことはやめる。

迷ったら、シンプルな原則に立ち返ればOKです。

ゆえに答えは「やってみて嫌だったらやめる」です。

第3位 自己否定とか、意味わかんない

ヤマザキ:あと、イタリア人の失業率が高いのは、プライドの高さもあります。学歴がある人は、少しキツい仕事だと、「そんな仕事したくない」って選り好みをする傾向が強いです。だから失業者も、その気になれば本当はどこかしら働くところがあるのでは?みたいな感じです。
堀江:日本とは違うんですね。日本は勤勉すぎるというか、働くことに関しては、本当に真面目。日本の失業者の絶望感は、すごいでしょ。
ヤマザキ:イタリア人は、両親とかまわりから「生まれてきてくれてありがとうね」って、死ぬまで言われている人たちだから。どんな状況でも、自己肯定力がすごい。自己否定とか、意味わかんないんじゃないですか。

「生まれてきてくれてありがとうね」は、うちの奥さんが子どもによく言ってます。

これは良い言葉だったのです。
考えてみれば当然です。

何もしてなくても感謝されるのです。
何もしなくても受け入れてくれるのです。

子ども時代にかけてもらえなかったからこそ、家に帰ったら同じ言葉を子どもにかけてあげます。

「生んでくれてありがとう」も嬉しい言葉ですね。

イタリア人は生まれてから死ぬまで、ずっと親から「生まれてきてくれてありがとう」と言われて育ってきていると聞きました。
自己肯定感が強いわけです。

今日、子どもに言ってみました。
「どういたしまして」とのこと。
明日も言ってみます。

読んでから変わった3つのこと

 本書を読んでから、変わった3つのこと

① 旅行する前に本書を読む
② 子どもに「生まれてきてくれてありがとう」と伝える
③ 旅行記の書き方の参考にする

① 旅行する前に本書を読む

なぜなら、予備知識として吸収できるから。

2015年発売の本とはいえ、本書が発売された当時と、実際に旅行したときを比較することで変化や違いが楽しめるはずです。

「本書ではこんなことが書いてあったけれど、今はこうなっていた」など。

② 子どもに「生まれてきてくれてありがとう」と伝える

理由は自己肯定感の強い子どもに育って欲しいから。

自己肯定感は健全なメンタルを保つのに役立ちます。
どんよりしたメンタルをキープして欲しくありません。
»【感想レビュー】ひろゆきの『無敵の思考』はメンタルが回復する本

③ 旅行記の書き方の参考にする

旅行記の書き方が参考になります。
ついグイグイと惹きつけられてしまいます。

ただ、読めば読むほど「予備知識=ニュースや歴史」に精通しておく必要があると感じました。

勉強あってこそ、世界は面白くなるのですね。

『君はどこにでも行ける』は、これから旅行する人におすすめの本【口コミ、動画】

君はどこにでも行ける

おすすめできる人、おすすめできない人

こんな方におすすめ

  • 堀江貴文さんの旅行記を知りたい人
  • 堀江貴文さんの各国に対する考えを知りたい人
  • 堀江貴文さんとヤマザキマリさんの対談を知りたい人

本書で解説されている国は以下のとおり。

シンガポール、中国、韓国、台湾、タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、バングラデシュ、インド、インドネシア、アメリカ、スペイン、オーストリア、デンマーク、イスラエル、チリ、ペルー

これらの国に旅行する人は事前に読んでおくと発見があるはずです。

下記のような人にはおすすめできません。

世界各国の最新事情を知りたい人

情勢は変わります。

2015年に発売された本なので、内容は当時より少し前のものです。
新しい情報を知りたい人にはおすすめできません。

ただ、「こんな考えもあるのね」という驚きを得たい人には読む価値があります。

著者:堀江貴文のプロフィール

1972年福岡県生まれ。
実業家。SNS media & consulting株式会社ファウンダー。元ライブドア代表取締役社長CEO。
宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」のプロデュースなど、多岐にわたって活動中。
有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」は1万数千人の読者を持つ。
また会員制コミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」も盛況。
著書に『ゼロ』『本音で生きる』『多動力』『自分のことだけ考える。』『これからを稼ごう』などがあり、ベストセラー多数。
twitterアカウント:@takapon_jp

目次・書籍情報

第1章.日本はいまどれくらい「安く」なってしまったのか
第2章.堀江貴文が気づいた世界地図の変化
第3章.堀江貴文が気づいた世界地図の変化<欧米その他 編>
第4章.それでも東京は世界最高レベルの都市である
第5章.国境は君の中にある
特別章.ヤマザキマリ×堀江貴文[対談]

書名『君はどこにでも行ける』
著者堀江 貴文
単行本256ページ
出版社徳間書店
発売日2016/3/25

»『君はどこにでも行ける』をAmazonで読んでみる

悪い口コミ3つ、良い口コミ6つ

Amazonの口コミ(計93個)の悪い口コミを3つ、良い口コミを3つを要約します。

 Amazonの悪い口コミ3つ

  1. 旅日記と主観ばかり。数値的な根拠とかほぼ無く、非常に違和感のある内容。
  2. 思いつきと僅かなデータから構成されていて、作りが雑。
  3. 自己啓発部分は期待していなかった。海外旅行部分も手抜きです(本当に海外に行ったか怪しい)。

確かに「本当にすべて堀江さんが書いたのかな」と思う節はちょっとありました。
確かに変わらないものを求めている人には不要な本です。
「読んで楽しい」以上を求めるとちょっと辛いかもしれませんね。

 Amazonの良い口コミ3つ

  1. 一国あたり数ページなので読みやすい。旅行記としては面白い。
  2. 日本の立ち位置や問題点を書いてあり、急成長の国々の現状もわかる。
  3. 著者の視点を知ると言う意味で★5つです。

そう、旅行記としては面白いです。
「誰の視点」かが大事です。
堀江貴文さんの視点が学べる本です。
» その他のAmazonの口コミを見てみる

Twitterからは良い口コミ3つを引用します。

 Twitterの良い口コミ2つ

ブロガー&ユーチューバーのマナブさんもおすすめしています。

「頭の中の国境をなくそう」という言葉が印象的な本です。

2分5秒で本書の内容がわかる動画

 [本紹介]堀江貴文『君はどこにでも行ける』(2分5秒)

「出所後の2年半で28か国58都市を訪れている」という言葉が印象的でした。

まとめ:堀江貴文さんの視点で、旅をしてみる

 グッときたところベスト3まとめ

【第1位】目の前のことにとことん向き合っていればいい
【第2位】好きなことを突き詰めれば生きていける
【第3位】自己否定とか、意味わかんない

行ったことのない国の事情を知るのは、勉強になります。
内容が2015年のものなので、最新事情ではないところが本書のデメリット。

 しかし、それでも以下のように思えるのは脳に心地良い刺激です。

  • 「あ、こういう事情があってこんな発展をしているんだ」
  • 「ラオスはタイの隣の国なのに、こんなにも活気に差があるのね」
  • 「日本はだいぶGDPの順位を落としたけれど、まだまだチャンスはあるよね」

本書には「ちょっとGoogle マップで気になる国を覗いてみようか」と思わせる力がありました。

以上です。

P.S. 堀江さんのような視点を持ちながら旅行すると楽しいはずです。


※ Amazon Audibleの無料体験で聴けます
» Amazon Audible | 2ヶ月間無料で聴き放題(12/26まで)

ちきりんさんの『世界を歩いて考えよう』も楽しめる旅行記です。

関連記事自己肯定感を自分で高める本『自己肯定感が一瞬で上がる63の方法』
関連記事【書評】ホリエモンが刑務所で読んだ150冊や食事メニューがわかる本

-Book

Copyright © Blog Chronicle , All Rights Reserved.