広告 Wear

リーバイス501のシュリンクトゥフィットとは【縮み率/洗い方】

2020年4月24日

リーバイス501のシュリンクトゥフィットとは【縮み率/洗い方】
  • リーバイス501・シュリンクトゥフィットについて知りたい

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

  • シュリンクトゥフィットについて
  • シュリンクトゥフィットの縮み率
  • 洗うタイミングや洗い方、干し方、おすすめ洗剤

 本記事の信頼性

リーバイス501にはリジッド(未洗い)のデニムがあり「シュリンクトゥフィット」と呼ばれています。

シュリンクトゥフィットは洗うと縮みます。
そのためサイズ選びに迷ったり、間違ったサイズを購入したり、時間とお金を無駄にしてしまうケースもあります。

本記事は、リーバイス501の特徴「シュリンクトゥフィット」の解説です。
この記事を読むことで、リーバイスのこだわりの「シュリンクトゥフィット」がわかり、サイズ選びの失敗が無くなります。

「シュリンクトゥフィット」こそ企業理念そのものです。

 米国製リーバイス501・シュリンクトゥフィット

米国製シュリンクトゥフィットは、少ないですがAmazonにも在庫はあります。
» 米国製シュリンクトゥフィットをAmazonで見てみる

リーバイス501のシュリンクトゥフィットとは【特徴、こだわりの理由】

リーバイス501シュリンクトゥフィット

フラッシャーにSHRINK-TO-FITと記載

シュリンクトゥフィットとは、デニムを自分で育てること

未洗いなので、まさにデニムを自分でイチから育て上げるような感覚が好まれています。

リーバイス501のリジッド(未洗い)は「シュリンクトゥフィット」と呼ばれています。

「シュリンクトゥフィット」は洗うと縮みます。
縮んで体にフィットさせる生デニムなのです。

「縮むからサイズ選びが難しそう」という意見もあるかもしれません。
私も中学生の頃に「なんて面倒臭いんだ」という気持ちでした。

実際に当時の同級生は「縮み率」を考慮せずに買ってしまい、洗濯後、縮んでキツくなってしまいました。

ただサイズ選びさえ間違わなければ、自分だけのデニムです。
501の歴史から長年続いている最大の特徴「シュリンクトゥフィット」なのです。

リーバイス501と言えば「シュリンクトゥフィット」以外、考えられません。

リーバイス501がシュリンクトゥフィットにこだわる理由は、自分だけのジーンズにできるから

10人が履いたら、10着とも違う501になる。

リーバイスはこのことにこだわり、価値を見い出していました。

この価値の前には、開け閉めの面倒な「ボタンフライ」は取るに足らない問題だったのです。
「シュリンクトゥフィット」がいちばんのウリです。
企業理念です。

洗って、縮めて、自分だけのジーンズにする。

十人十色の色落ち、ヒゲ・アタリのつき具合、シルエットなど、シュリンクトゥフィットだからこそできる作品なのです。

ただアメリカ東部の人たちには「シュリンクトゥフィット」や「ボタンフライ」は受け入れられませんでした。
「履きにくい、面倒」だったのです。
シュリンクトゥフィットのデニムにジッパーをつけると、縮んでジッパーがかみ合わなくなるため、防縮加工のデニムにジッパーをつけた501ZXXが1962年に発売されました。
1967年には、やや細身の505とし、ついに東部の人たちにも受け入れられたのです。

それでも今だに「シュリンクトゥフィット」「ボタンフライ」にこだわるリーバイス、恐ろしいこだわりです。

シュリンクトゥフィットがなければ、501ではないのです。

リジッドは1〜2インチ大きめのサイズを

結論は、実際にリジッド を履いてみて「1〜2インチ大きめを購入する」です。

 リジッドのサイズ選びで失敗しない方法

ライトオンやリーバイスストアなどの店頭で、防縮加工してあるものを試し履きすることです。
たとえば、防縮加工してある「リンス」のウエスト32インチでジャストサイズの場合「リジッド」のウエスト32インチを購入すればいいのです。

私の所有しているジーンズの洗濯後の実寸ウエストは、以下です。

  • 「MADE IN THE USA」シリーズ・ビッグEモデル ウエスト表記 W32 → 洗濯後92センチ
  • 赤耳前期 ウエスト表記 W33 → 84.5センチ
  • 66後期 ウエスト表記 W33 → 84センチ
  • 66前期 ウエスト表記 W33 → 87.5センチ

「MADE IN THE USA」シリーズは1インチしか縮まなかったです。

赤耳前期、66後期はリジッドから2インチ縮みましたが、66前期はリジッドから1インチしか縮まないです。

上記では66前期のみ「縮み率8%」なので当然の結果です。

おすすめは米国製

「リジッド」ならなんでもいいと思いますが、強いて言えば米国製です。

現在、店頭で発売されている「MADE IN THE USA」シリーズ(ビッグEモデル)は「米国製」ですが、タグを見ると「生地は輸入」と書いてあります。

生地を他の国で輸入して、縫製のみ米国内でしているのです。

そこまでこだらない方は現行の米国製で良いですが「縫製も米国がいい」というこだわりのある方は「ホワイトオーク工場製」がアメリカらしさが残っていて良いです。

公式サイトで「MADE IN THE USA」で検索するとチェックできます。
Amazonでは「リーバイス 米国製 リジッド」で検索するとヒットします。

過去のレギュラーなどは「OR」と書かれたものが「リジッド」です(下記写真)
現行の「MADE IN THE USA」シリーズのビッグEモデルは「リジッド」とは言わず「ツーホースブルー」と表記されています。

リーバイス501シュリンクトゥフィット

タグについた「OR」がリジッドを意味しています。

あらかじめ洗ってあるデニムもある

あらかじめ防縮加工してあるもの(プリ・シュランク)は、洗濯してもほとんど縮みません。

サイズ選びで失敗したくない方は、防縮加工してある「リンス」などでも良いです。

ただしつこいですが、一から育てるなら「リジッド一択」です。
防縮加工してあるものは、リーバイス501とは呼べないからです。

リーバイス501・シュリンクトゥフィットの洗い方、タイミング、干し方、おすすめ洗剤、購入方法

リーバイス501シュリンクトゥフィット

ホワイトオーク工場・米国製の501のシュリンクトゥフィット

ジーンズを履いて、お風呂に入って縮めるの?

やったことがないのでわかりません。

体験談はブログ「私のリーバイス」の「お風呂に入って縮め、穿いたまま乾かす501シュリンクトゥフィット体験談」でわかります。

要点をまとめます。

わかったこと、失敗点

  • ウエストジャストサイズの場合が適している。サイズ大きめの場合、穿いてお風呂に入る効果は低い
  • 穿きながら乾かすのも、体とジーンズのサイズ差があまりない場合のほうが適している
  • 屈伸は避ける(縮んだ部分が伸びて戻ってしまうので)。サイズがぴったりか、きつめであれば効果的

「リジッドで洗ったらサイズがキツくなりそう」なときは、履いたまま入浴して縮めるのが良さそうです。
まさに「自分の体を使って、ジーンズを縮める」という体験が楽しめます。

リジッドを洗濯するタイミングは、汚れや匂いが気になったらでOK

「汚れや匂いが気になったら」です。

洗濯の目安

  • 週に5回以上履いている方であれば「月1回」
  • 週に3回くらい履いている方であれば「2ヶ月に1回」
  • 週末だけ履いている方であれば「3ヶ月に1回」

ただ原宿のヴィンテージショップ「フェイクα」の店長から「リジッドの1回目の洗濯は半年は洗わないほうが良い色落ちが期待できる」とアドバイスを受けたことがあります。

実際に「66前期」で試してみたら「まあまあ良かった」です。
»リーバイス501・66前期【1974年製デッドストックの色落ち/相場】

ゆえに1回目の洗濯はできるだけガマンしたほうが良いと感じます。

ただし、皮脂や汚れは生地を痛め、破れやすくする原因です。
汚れがひどいようであれば、早めに洗ったほうが良いです。

後述に「リジッド を1年間毎日履いて洗濯するとどうなるか」の動画を掲載しています。

おすすめ洗剤は「サムライ雷石けん」

個値段も安く、蛍光増白剤などの添加物が入っていない「サムライ雷石けん」が良いと、感じています。

 1998年に大阪で始まったサムライジーンズプロデュースのデニム用粉石けん

  • 蛍光増白剤などの添加物なし
  • 大豆油が原料で生地に負担を与えず、汚れはしっかりと落とします

ただ基本的に「水洗い」で十分です。

しかしひどい汚れや匂いが気になるときだけ「ジーンズ専用洗剤」を使えばいいのです。

ジーンズ専用洗剤は「【比較】デニム専用洗剤おすすめ10選まとめ【ジーンズ歴33年】」解説しています。
蛍光剤入り洗剤で洗うと色落ちが進んでしまうので、ご注意ください。

洗い方、干し方の参照記事

詳しくは「ジーンズの洗い方、干し方、リペアをQ&A形式で解説【動画4本】」で解説しています。

リーバイスストアやライトオンでも入手可能

リーバイスストアやライトオンなどの店頭、またはオンラインで購入できます。

オークションでは、サイズも細かく記載されています。
Used商品のサイズを確認しておくと、リジッドのサイズ選びに役立ちます。

 ジーンズメイトについて

Jeans mate」でもオンライン販売しています。50%オフのリーバイスもありますが、2023年11月時点では米国製の取り扱いは無いです。

まとめ:リーバイス501を買うならシュリンクトゥフィット一択

リーバイス501シュリンクトゥフィット

左から501(ホワイトオーク製)、501レギュラー(1993年モデル)

「シュリンクトゥフィット」はリーバイスそのものです。

誕生からこだわり続けたリーバイス501の歴史を感じながら、自分だけのジーンズを育てる喜びを感じられます。

「リーバイスの歴史と、自分のライフスタイル」が交差する瞬間が、ファーストウォッシュです。

ドキドキするリーバイス501を楽しめます。

未洗いの「1993年レギュラーモデルとホワイトオーク製のレギュラー」を下記にまとめました。

以上です。

P.S. リーバイスのこだわり「シュリンクトゥフィット」を楽しみます。

 参考書籍まとめ

関連記事【リーバイス501】USA製おすすめ完全マップ【年代別まとめ】
関連記事リーバイスの歴史を完全まとめ【501の年代別シルエットも写真で】

-Wear