Wear

【リーバイス501・66前期】1974年製デッドストックを13年履き込んだ色落ちを解説

2020年4月20日

リーバイス501・66前期

 

  • 「リーバイス501・66(ロクロク)前期の色落ちを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

・リーバイス501・66前期のスペック
リーバイス501・66前期の1974年製の色落ち

 本記事の信頼性

・デニム歴:1990年からリーバイスファン
・所有デニム:リーバイス501(66前期、66後期、赤耳前期、レギュラー3本)
・2007年に「リーバイス501・66前期のデッドストック」を原宿・フェイクαで購入

66モデルには3種類あります。

・66E(ビッグイー)
・66前期
・66後期

本モデルは、1974年11月製造の「66前期」です。

本記事では、デニム歴30年の私がリーバイス501・66前期のスペック、色落ちを解説していきます。

この記事を読むことで、リーバイス501・66前期のほぼすべてがわかります。

ちなみに所有のリーバイス501は、【リーバイス501】Made in USA・アメリカ製おすすめ完全マップ【レギュラーから66前期まで年代別まとめ】 で詳しく解説しています。

リーバイス501まとめ
【リーバイス501】Made in USA・アメリカ製おすすめ完全マップ【レギュラーから66前期まで年代別まとめ】

続きを見る

こーいち
66前期までをヴィンテージの範疇にする人も多いですね。

 米国製リーバイスの入手方法はこちら

米国製リーバイスは、公式通販サイトで最大50%オフ。
詳しくは、下記リンクで「made in usa」と検索してみると確認できます。

» LEVI'S 公式通販サイトで米国製を検索してみる

✔︎ USメイドの501が入手できる
✔︎ 今すぐ着られるアイテムが最大50%OFF
✔︎ 新規会員登録で1,000円クーポンがもらえる

楽天やAmazonで検索してみると、比較できます。
» 米国製リーバイスを楽天で検索してみる
» 米国製リーバイスをAmazonで検索してみる

【リーバイス501・66前期】1974年製デッドストックを13年履き込んだ色落ち【スペック】

リーバイス501・66前期

リーバイス501・66前期のスペック

スペックは以下のとおり。

・米国製(1974年11月製造)
・紙パッチ
・ボタンフライ
・赤タブスモールe
・ストレートフィット
・セルビッジ(赤耳)
・トップボタン裏刻印6
・シルバーの打ち抜きリベット
・内側タグ(縮み率8%の表記)
・ボトムステッチ(チェーンステッチ)
・バックポケット裏(シングルステッチ)

「1969年代から1970代中期」に製造されていたものを「66前期」と呼びます。

こーいち
何も知らなかった頃は、ロクロクだから1966年に製造と勘違いしてました。

株式公開の時代に生まれた斬新な501・66前期

1966年はリーバイスの商標登録が行われ、売上高が1億5千万ドルを超えるという激動の年。
1971年には株式公開しました。
新規事業へ参入したのも1970年代です。

1966年はリーバイスにとって、時代考証的にも重要な意味を持ち、この事由がいつしかファンの間にも浸透していき「66ロクロク」という愛称になったとされています。

こーいち
リーバイス501・66前期はヴィンテージジーンズの登竜門的な存在です。

リーバイス501・66前期、1974年製の色落ちを写真18枚で解説

13年ほど履き込んだ色落ちを紹介します。

 前面シルエット

シルエットはストレート。

綺麗な濃淡が出ています。

サイズはW33、W32で購入。
所有している66後期のウエストもW33ですが、66前期のほうが縮まなかったです。

ウエストの実寸は、以下のとおり。

・66前期…84センチ
・66後期…87.5センチ

レングスも66後期より縮まなかったため、下図のとおり、かかとを踏んでしまっています。

同じ「縮み率8%」のデニム生地なのに不思議です。

色合いは、66前期の魅力の「タテ落ち」があります。

リーバイス501・66前期

 後面シルエット

バックポケットが若干、左右いびつです。

リーバイス501・66前期

66後期と同じく大きめのバックポケット。
アーキュエイトステッチは「オレンジ糸」で、やや大きな曲線を描いています。

リーバイス501・66前期

バックポケット裏縁のステッチは「シングル」になっています。

66後期は「チェーンステッチ」なので、大事な判別するポイントです。

リーバイス501・66前期

ベルトループ。

ベルトループがつけられたのは1922年のこと。
それまではサスペンダーで吊ったり、そのまま腰で履いていました。

リーバイス501・66前期
リーバイス501・66前期

コインポケットは使用していませんが、座り方の癖の「アタリ」が出ています。

コインポケットの裏縁はチェーンステッチ。

リーバイス501・66前期
リーバイス501・66前期

裾はチェーンステッチで、サイドシームは赤耳。
赤色は残っていませんが、赤糸で縫われていました。

リーバイス501・66前期

501の象徴、ボタンフライ。

リーバイス501・66前期

紙パッチ

紙パッチは洗濯を繰り返すうちに、はずれてしまいました。

66後期や赤耳と同様に「CARE INSTRUCTIONS INSIDE GARMENT」と、小さい黒字の501スタンプです。

リーバイス501・66前期

赤タブはスモールe(両面刺繍)

30年以上続いた「E」の文字が、66前期で「スモールe」に変更されました。

赤タブ自体は1936年から付けられています。

リーバイス501・66前期

隠しリベットはありません。

リーバイス501・66前期

トップボタン裏は「6」の数字が刻印。
66前期、66後期には「6」が刻印。

赤耳は3桁の数字ですので、トップボタン裏も見分けるときに大事なポイントです。

こーいち
さらにトップボタン横は、並行ステッチです。

トップボタン裏の数字で、どこの工場で生産されたかわかります。

・6
・522
・524 エルパソ工場 テキサス州
・525
・546
・552
・553 本モデルですが、工場名は不明
・555 バレンシア工場 カルフォルニア州(2003年に閉鎖)
・575
・653

※空欄は不明。

リーバイス501・66前期

内タグには「縮み率8%」の表記。

66前期と66後期は「縮み率8%」、赤耳は「縮み率10%」です。

リーバイス501・66前期

内タグの裏には「11 4 6」が印字。

意味は「11月製造、1974年、工場番号6」です。

66前期はトップボタン裏が16のものもあります。

こーいち
記事後半の古着屋パンダさんの動画で解説されています。
リーバイス501・66前期

かぶせタイプの銀色のリベット。

リーバイス501・66前期

ポケット裏です。

リーバイス501・66前期

引き続き洗濯をしたら、色落ちを更新していきます。

ジーンズの洗い方、干し方は下記記事で解説しています。

なお、ジーンズは蛍光剤入り洗剤で洗うと、こすれない部分まで白くなり色落ちが進みます。
したがって、色落ちを少しでも止めたい方は、蛍光剤入り洗剤で洗うのは避けたほうが良いです。

「水洗い」または「ジーンズ専用洗剤」がおすすめです。

Twitterの口コミ7個

Twitterの口コミ7個を引用します。

私のジーンズより良い色落ちで、タテ落ち感があります。

こーいち
もっと大事に履けば良かったと後悔。

リーバイス501・66前期の解説サイト3つ

66前期を解説しているサイト3つを紹介します。

» リーバイス 501 66 前期について(私のリーバイスより)

» リーバイス501 66前期モデル 最終型 1977年3月製造 6工場

» 私物のリーバイス501・66前期モデル・1974年製造(ヴィンテージジーンズ・Levi’s)のディテール解説。

関連動画3本

関連動画を3本紹介します。

古着屋パンダさんの動画は面白いです。

 トップボタン裏"16"の66前期動画

【まとめ】リーバイス501・66前期を入手して、タテに落ちる色落ちを楽しもう

リーバイス501・66前期

66前期・デッドストックは134,000円(税別)で購入しました。
15年経った今では18万円前後の値段が付いています。

66後期と比較して、66前期は「タテ落ち」するので人気が高いです。

リーバイス501・66前期のデッドストックは、以前、原宿『バナナボート』『Marvin's』で在庫がありました。
興味のある方は、下記記事をご参考ください。

リーバイス501・66前期はオークションにも出品されている時がありますので、チェックしてみてください。

こーいち
次はビッグEが欲しいですが、手が出ません。

こーいちより

P.S. リーバイス501・66前期の色落ちを楽しもう。

 米国製リーバイスの入手方法はこちら

米国製リーバイスは、公式通販サイトで最大50%オフ。
詳しくは、下記リンクで「made in usa」と検索してみると確認できます。

» LEVI'S 公式通販サイトで米国製を検索してみる

✔︎ USメイドの501が入手できる
✔︎ 今すぐ着られるアイテムが最大50%OFF
✔︎ 新規会員登録で1,000円クーポンがもらえる

楽天やAmazonで検索してみると、比較できます。
» 米国製リーバイスを楽天で検索してみる
» 米国製リーバイスをAmazonで検索してみる

 ジーンズの歴史がわかる本

 デニム好きな方へおすすめ本


 リーバイス501の歴史から魅力まで網羅した本


詳しくは、【まとめ】リーバイスの歴史を網羅する【デニム歴30年が写真で解説】で解説しています。

 ヴィンテージ501の写真が楽しめる本


✔︎ 本書はKindle Unlimitedで無料で読めます。
✔︎ 無料体験中(30日)に解約すれば、お金はかかりません。
» 3ヶ月99円キャンペーンでKindle Unlimitedを体験してみる(2021年6月22日まで)

関連記事【厳選7店】東京のおすすめメンズ・セレクトショップまとめ【極上のアメリカ製】
関連記事【リーバイス501】Made in USA・アメリカ製おすすめ完全マップ【レギュラーから66前期まで年代別まとめ】

-Wear

Copyright © Blog Chronicle , All Rights Reserved.