Running

GARMIN ForeAthlete 220Jを口コミ・レビュー【メリット・デメリット】

2020年7月17日

GARMIN ForeAthlete 220Jを口コミ・レビュー【メリット・デメリット】
  • 「ForeAthlete 220Jのメリット、デメリットを知りたい」
  • 「ForeAthlete 220Jの特徴、口コミ評判、動画を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

下記ツイートをしました。

4年9ヶ月の使用したGARMIN ForeAthlete 220J がついに壊れました(2015年9月5日購入)。
ForeAthlete 220J は2014年4月発売のGPSランニングウォッチで、現在は生産終了しています。

本記事は、今まで使用してきたGARMINランニングウォッチ『 ForeAthlete 220J 』のレビューです。

 この記事でわかること

  • ForeAthlete 220J の3つのメリット、特徴
  • 3つのデメリット
  • 口コミ評判、動画

 本記事の信頼性

ForeAthlete 220J の中古(Amazon10,000円台)を買うくらいなら、ForeAthlete 230J の新品(Amazon16,000円台)が良いです。
理由は、GPSの精度が上がっているからです。

ForeAthlete 220J を中古で買うメリットは、強いて言えば「値段」です。
フルマラソンなどのレースに出ない人は、ForeAthlete 220J でも十分です。

初めてのGPSウォッチでしたが、まずまずといった印象です。
実際に使用して感じたことを書いていきます。

【GARMIN ForeAthlete 220J】3つのメリット、特徴

ForeAthlete 220JはGPS搭載のGARMINランニングウォッチです。

 3つのメリット

メリット

① デザインがカッコいい(黒に赤ライン)
② 説明書を見なくても感覚で操作できる
③ 価格が安い(Amazonで中古で1万円と少し)

順番に解説します。

① デザインがカッコいい(黒に赤ライン)

初めてのGPSランニングウォッチをGARMINにした一番の理由です。

デザインが秀逸でスタイリッシュ。
ふだんのランニングウェアが黒だったので統一感が出て、赤いラインがアクセントになりました。

長く使うものだからこそ、デザインに妥協はできません。

② 説明書を見なくても感覚で操作できる

説明書はほとんど読みませんでしたが、問題なく使用できました。

とはいえ、私が必要とした機能は下記のみ。

走行距離の計測
1kmごとのペースの計測

これだけであれば説明書の熟読は不要です。

ボタンを押すだけです。

③ 価格が安い(Amazonで中古で1万円と少し)

Amazonが最安値で中古10,780円です(2020年7月17日)。

2015年に購入したときは、24,761円でした。

その他の特徴

 GARMIN ForeAthlete 220J の他の特徴

✔︎ 重量は40.7g
✔︎ インターバルトレーニング可能
✔︎ 距離、ペース&タイム計測可能(GPS / みちびき対応)
✔︎ 動作時間:GPS起動モード 10時間、時計モード 約6週間
✔︎ GarminConnect mobileへトレーニングデータをアップロードダウンロードする事によりトレーニングデータの管理や公開が可能

>> GARMIN公式サイト


【GARMIN ForeAthlete 22J】3つのデメリット

 ForeAthlete 220J の3つのデメリット

デメリット

① 音楽が聴けない
② 心拍計、VO2Maxがない
③ GPSの精度が良くない

順番に解説します。

① 音楽が聴けない

基本的にランニング中に音楽は聴きませんが、たまに聴きたくなるときもあります。

そんなときはスマホを携帯しながら走りますが、デメリットがあります。

重い
落とさないか心配になる

「シンプルにランニングウォッチで音楽が聴けたら」と思ったこともありました。

音楽を聴きたい方は、ForeAthlete 245music 以降のモデルです。

② 心拍計、VO2Maxがない

心拍数やVO2Maxを計測して、トレーニング改善に活かしたい人には不適切です。

③ GPSの精度が良くない

ふだんの練習ではほとんど問題ありません。

問題があったのは2017年東京マラソンのときでした。
都内を走るため、ビルの影響からかGPSに不具合が生じたのです。

具体的には、「220Jの走行距離」と「道路に表示されている距離」が一致していませんでした。

ゴールしたとき、220Jの表示は42.195kmではなく40.2kmほど。
つまり約2kmの誤差が生じたのです。

ゆえに、都内で実施されるマラソンには向いていません。

また、ふだんの練習でもたまに数十メートルの誤差が出ます。
Uターンするときなど顕著です。

なお、何もないところでは正確です。
GPSの捕捉もほんの数秒といった感じ。

GPSの誤差は、フルマラソンで予め決めたペースを乱すので注意です。

ワンランク上のモデルForeAthlete 230J との違いは3つ

ワンランク上のForeAthlete 230J と比較して、大きな違いは3つです。

価格
GPSの精度
バッテリー時間の長さ

以下のとおり。

 ForeAthlete 220JForeAthlete 230J
価格(Amazon)10,780円(中古)16,691円
GPSの精度GPS / みぎびき 対応GPS / GLONASS / みちびき 3測位対応
バッテリー時間の長さGPS:10時間GPS:16時間

ForeAthlete 230J は下記記事で解説しています。

ForeAthlete 220J はこんな人におすすめ

こんな方におすすめ

  • ランナー。
  • ランニングのデータ計測して楽しみたい人
  • 10,000円前後のGPSランニングウォッチが欲しい人

下記のような人にはおすすめできません。

音楽を聴きたい人
心拍機能やVO2Maxが欲しい人
高精度がGPSランニングウォッチが欲しい人

 商品紹介の要約

Gセンサー、BlueTooth、バイブレーションを新たに搭載したForeAthlete220Jです。前モデルの52gから驚きの40.7gに軽量化、厚さも13mmから12mmになりました。ランナーに必要な多くの機能を兼ね備えながら、女性でも満足いただけるスタイリッシュデザインが際立つモデルです。衛星受信も[みちびき]対応はもちろん、測位までの時間短縮化を図りました。本体に内蔵されたGセンサーにより、衛星受信が難しい屋内でのトレーニング時でもフットポッド装着の必要がなくデータが取得できます。また、バイブレーションアラートは大会や人混みの多い場所であっても的確に情報を伝えてくれます。

ForeAthlete 220J の口コミ6個

Amazon口コミ310個のうち、55%が5つ星です(2020年7月17日)。

Amazonの口コミを3個要約します。

  • ランニング用にガーミンを複数、愛用中。使い勝手もシンプルで気に入っている。安いのに一番よく使っている。
  • GPSの精度がイマイチ。距離がけっこう狂う。実際よりも短い場合が多い気がする。
  • シンプルで好き。ランニング4年目でずっと使っている。時間、走行ルート、標高差を知りたいなら十分な機能。心拍数が測れるとなお良し。GPSキャッチが遅い。

 Twitter口コミを3個引用

ForeAthlete 220J がよくわかる関連動画2本

 起動と衛星キャッチがわかる動画

 ForeAthlete 230J 以降の比較動画

まとめ:GARMIN ForeAthlete 220J は中古しかないことを知ろう

 メリット、デメリットまとめ

メリット

① デザインがカッコいい(黒に赤ライン)
② 説明書を見なくても感覚で操作できる
③ 価格が安い(Amazonで中古で1万円と少し)

デメリット

① 音楽が聴けない
② 心拍計、VO2Maxがない
③ GPSの精度が良くない

GPSにやや問題があるForeAthlete 220J でしたが、高層ビルのないところであれば正確です。
もう少し予算を上げれば、コスパの良い商品がそろっているので比較してみるのもありです。

4年9ヶ月使用した思い入れのあるGPSランニングウォッチでした。

以上です。

P.S. お気に入りのランニングウォッチを探そう。

関連記事【必読】マラソンサブ4を達成できるおすすめランニング本23選【まとめ】
関連記事ガーミンランニングウォッチ10選を比較【おすすめはForeAthlete45S】

-Running

Copyright © Blog Chronicle , All Rights Reserved.