本を読む 生き方

信用される人になるにはどうすればいいかわかる本【読書感想文・書評】

投稿日:2019年8月1日 更新日:

いくつになっても求められる人の小さな習慣

親愛なる君へ

  • 信用される人になるにはどうすればいいか知りたい」
  • 「求められる人になりたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

『いくつになっても「求められる人」の小さな習慣』中谷 彰宏【著】を読みましたので、紹介します。
本記事を書いている私の読書量は、本日現在で一般書籍4,358冊+漫画1,319冊です。

本記事は、『いくつになっても「求められる人」の小さな習慣』を読んで、自分の心にグッときたところを3つ引用し、読書感想文を書いています。

この記事を読むことで、信用される人になるにはどうすればいいのかを知ることができます。

信用される人になるにはどうすればいいかわかる本【読書感想文・書評】

いくつになっても求められる人の小さな習慣

なぜこの本を読もうと思ったのか

中谷彰宏さんの本はすべて読むようにしています。
どんな著作でも関係なく購入しています。

どんなことを知りたかったのか

信用を得るための習慣について知りたいと思いました。
信用を得るには長い時間がかかることは、営業経験から知っているつもりです。
信用を失うのも一瞬であると心得ています。

本書では信用という抽象的な事柄を、具体的な習慣という行動に置き換えて解説しています。

本書は6つの章で構成

目次

第1章.仕事の信用で、求められる。
第2章.人間関係の信用で、求められる。
第3章.コミュニケーションの信用で、求められる。
第4章.お金の信用で、求められる。
第5章.時間の信用で、求められる。
第6章.マナーの信用で、求められる。

『いくつになっても「求められる人」の小さな習慣』は、こんな人におすすめ

こんな方におすすめ

  • 転職・再就職・定年後が不安な人。
  • 能力があるのに、求められない人。
  • 信用をつけて、求められたい人。

信用される人になるための60の習慣が書かれています。
すぐに実践できる習慣も多いですが、あくまで習慣です。
コツコツと積み上げる必要があるので、即効性を求める人には向いていません。

信用を得るにはコツコツした積み上げが基本です。
バケツに水をためるように1滴1滴、信用をためていくのです。
あふれ出したら、自分に返ってきます。

それまで待てる人におすすめの1冊です。

著者のプロフィールを引用します。

中谷 彰宏
1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。
84年、博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。
91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。
ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国でセミナー・ワークショップ活動を展開。

書名:『いくつになっても「求められる人」の小さな習慣』
著者:中谷 彰宏【著】
文庫:193ページ
出版社:青春出版社
発売日:2019/7/23


信用される人になるにはどうすればいいかわかる本を読んで、自分の心にグッときたところベスト3

いくつになっても求められる小さな習慣

本書を読んでグッときたところを3箇所、引用します。

第1位 すべての責任をとれる人が信用される

自分の責任だろうが、部下の責任だろうが、お客様の責任だろうが、すべての責任をとれる人が、「この人に任せておけば大丈夫」と、信用されるのです。
「部下がしたこととはいえ」と言うと、相手には「この人は全部部下に押しつけてシッポ切りをするんだな」と伝わります。
責任逃れが相手に伝わっていないと思う時点で、人間関係をなめています。
ここに、求められない人の幼児性が出ます。
そんなことは全部バレているのです。
自分のしていないことまで責任をとるのは、たしかに難しいです。
それでも、40代は社会に出て20年以上たっているのですから、それぐらいできなければ困ります。

「すべての責任は自分にある」
なかなか言えない言葉です。

自分に関わる物事を自責化することは大事なことです。
自責化しないと前に進まないこともあるからです。
いつも人のせいにしていては何も改善されません。

・失敗する→人のせいにする→収穫なし
・失敗する→自分のせいにする→改善を考える→収穫あり

本書では自分に関係のないことまで自責化して考えることが信用につながると述べられています。

仕事上、部下のしたことを自責化するのは難しいことです。
言葉だけで部下の失敗をお客様に対して「自分の責任です」と謝るのは簡単です。
そこで本当に「部下の失敗は自分の普段からの教育が足りていなかった」と思えるかどうかです。

これが本当の自責化です。

体験談

休職してから私の感情の大まかな流れは下記の通りです。

休職したことを自分のせいにする。

休職したことを周りのせいにして感情を吐き出す。

自分自身に問題がなかったかどうか考える

いったんは周りのせいにして自然な感情を出す必要があったのです。
今は自分自身の問題と向き合っている最中です。

自分を責めずに事実だけを見つめて、改善をはかるよう努力することが大事。

これが本書の言いたいことです。

第2位 今までに感謝できる人が信用される

感謝には、
①将来してくれるであろうことに対する感謝
②過去にしてくれたことに対する感謝
の2つがあります。
差がつくのは、過去にしてくれたことへの感謝です。
これを忘れている人が多いのです。
「あれはあれでケリがついている」「お礼は言ったし、あれはあれでチャラ」という感覚です。
そうすると、「今はまだしてもらっていないし、これからもしてもらえない」という不満だけが残るのです。
辞める会社の悪口を言うことが、一番信用を落とします。
聞いている側は、その会社の状況はよくわかりません。
それでも「この人と一緒に仕事をすることはないな」ということはわかります。
一方で、「前の会社にはすごくよくしていただいて、全部教えてもらいました。何かの形でいつか恩返ししたいのですが、まだできていないんです」と言う人がいたら、そういう人と仕事をしたいです。
これが「求められる」ということです。
文句を言う人は、「今、何をしてくれるのか」「これから何をしてくれるのか」ということばかり言っています。
求められない人は、これまでしてくれたことに対して、感謝の気持ちが欠落しているのです。
ここが一番大きな差です。
今してくれていること、これからしてもらえることに対する感謝は、誰でもするのです。

今までに感謝することはなかなか難しいことです。

・育ててくれた親への感謝
・育ててくれた会社への感謝
・友人への感謝
・恋人への感謝
・妻への感謝
・子供への感謝
・お客様への感謝

色々な感謝があります。

人間は忘れる生き物

エビングハウスの忘却曲線によると、人間の記憶は24時間で74%が忘れられてしまいます。
人にしてもらった感謝を覚えておくことは、なかなかできることではありません。
忘れてしまうし、感謝に気づけないということもあるからです。

・人にしてもらった感謝をメモすること
・人にしてもらっている感謝に気づくこと

2つとも大事なことです。

私自身、休職してからは周りを憎んでばかりでした。

・体を壊すくらいまで追い詰めた会社への憎しみ
・アダルト・チャイルドになってしまった親への憎しみ
・体を壊しても仕事を強要した妻
・クレーマーなお客様
・パワハラな上司
・理解のない同僚

全てを他責化して、憎んでいたのです。
ちょっと遅めの反抗期のようなものです。

感謝にできるところを探すと下記となります。

・新卒からずっとお世話になっている会社への感謝
・産んでくれて、今まで育ててくれた親への感謝
・体を壊しても支えてくれた妻への感謝
・仕事面で鍛えてくれたクレーマーなお客様への感謝
・出世をさせてくれたパワハラな上司への感謝
・支えてくれた同僚への感謝

本書を読んで感謝することが、どういうことか気づけました。

感謝とは気づくこと

意識してアンテナを張らない限り、感謝には気づけません。
「人に感謝する心を持つことが大事」とよく言われている言葉ですが、よく言われる理由がわかりました。
意識しないと感謝できないからです。

「今、感謝できることはないだろうか」
「今までを振り返ってみて人に感謝できることはないだろうか」

そんなことを思うだけで、周りの人へ優しい気持ちになれそうです。

無理に感謝する必要はない

無理をする必要はありません。

無理をして感謝することは不自然です。
不自然な感情は心をおかしくします。

感謝に気づいて、感謝したかったら感謝すればいいのです。

信用される人は自然な感謝ができる人なのです。

第3位 落とした信用は回復不能

自分がお金や時間で損していることは、その分、信用で返ってきます。
どんなに損をしても、お金なら取り返せます。
信用は取り返せません。
「あの人は、ふだん、仕事中に個人的なことをしている」という印象だけが残ってしまいます。
1万円を落としても、1万円は稼げます。
落とした信用は回復不能です。
「体の中で肝臓や肺を大切にしなければいけない」というのは、再生不能な器官だからです。
一番再生できるのはお金なのに、お金で回収しようとする人が一番損をします。
一番回収できないのが信用です。
「勤務時間中に喫茶店でゲームができて儲け」という感覚の人は、信用で大きな損をしているのです。

先日、友人から7,000千円を借りてしまいました。
食事の約束していて財布を忘れてしまったのです。

お金を借りることは好きではありません。
覚えておかなくてはいけないですし、友人にも悪いからです。
友人は「いつでもいいから」と言ってくれましたが、今度会えるのは1ヶ月後です。
1ヶ月という長い時間、借りたままでいるのです。
時間は貴重なものです。

今度会った時に必ず返すのはもちろんのことですが、1ヶ月という時間が信用をなくしそうで怖い話です。
決して1ヶ月お金を借りることができて、得したなんて思っていません。
むしろ損をしているくらいな気持ちです。

お金を貸すのだったらあげる。
お金を借りるのだったらもらう。

お金のやり取りは信用問題に関わるので慎重に扱わないといけないのです。

体験談

会社員時代、誰もやりたがらないボランティアのような仕事を7年間ほどやってしまいました。
当時は時間、労力を損した気持ちでいました。
今、振り返ると信用を積み重ねていたのかもしれないと思い直しています。
確かに時間、労力は失いましたが、得難い貴重な体験ができたのは事実です。
普通の人には体験できないようなこともさせてもらいました。

自分が損したと思っている側面だけを見るのか、得た側面を見るのかで、収穫は変わってきます。

できるだけ得たものに気づきたい。

そう意識づけさせてくれた本です。

信用される人になるにはどうすればいいかわかる本【読書感想文・書評】『いくつになっても「求められる人」の小さな習慣』中谷 彰宏【著】まとめ

いくつになっても求められる小さな習慣

本記事では『いくつになっても「求められる人」の小さな習慣』中谷 彰宏【著】の読書感想文を書きました。

本書を読んで得た3つの結論です。

・自分を責めずに事実だけを見つめて、改善をはかるよう努力すること
・感謝に気づいて、感謝したかったら感謝すればいい
・できるだけ得たものに気づくこと

信用される人になるには、普段からの行動が大事ということがよくわかりました。

小さなことであれば、小さなことであるほど大事です。

その積み重ねが信用につながります。
日頃の習慣が信用される人を作ります。

仕事ができる、できないよりも、信用できるか、できないかの方が大事なのです。

以上、『信用される人になるにはどうすればいいかわかる本【読書感想文・書評】『いくつになっても「求められる人」の小さな習慣』中谷 彰宏【著】』についての記事でした。

こーいちより

P.S. 普段から信用される行動をコツコツと積み重ねよう。


▼関連本▼
中谷 彰宏さんの著作一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,361冊/漫画1,320冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで3,000mを泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード4)で遊び、ときどき旅をしています。

-本を読む, 生き方
-

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.