Web Writing

【低学年向け】作文力をつける本『いますぐ書けちゃう作文力』の感想

2019年2月14日

【低学年向け】作文力をつける本『いますぐ書けちゃう作文力』の感想
  • 「作文力をつけるには、どうしたらいいだろう?」
  • 「『いますぐ書けちゃう作文力』の感想を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

『いますぐ書けちゃう作文力』齋藤 孝【著】の感想
グッときたところベスト3、口コミ5つ
齋藤孝先生おすすめの作文力をつける本23選

 本記事の信頼性

ブログ歴:2019年1月にブログ開設
ブログ実績:過去最高は月62,000PV、月54,000円(確定)

筆者の齋藤 孝 先生は明治大学の教授です。
テレビ(情報7daysなど)にも出演されているので、ご存知の方も多いはず。

150冊以上の著書があり、ベストセラーは『声に出して読みたい日本語』などです。
ジャンルは読書論、コミュニケーション論、教育、勉強、言葉についてなど多数です。

本記事では、そんな齋藤孝先生の『いますぐ書けちゃう作文力』齋藤 孝【著】の感想を書いています。

この記事を読むことで、作文力をつけるには本書を読めばいいことがわかります。

小学生向けですが、大人が読んでも得るものがあります。

【低学年向け】作文力をつける本『いますぐ書けちゃう作文力』の感想

【低学年向け】作文力をつける本『いますぐ書けちゃう作文力』の感想

 グッときたところベスト3

【第1位】調べたことを何かひとつでも入れる
【第2位】引用した理由と、体験談を書く
【第3位】自分なりのモノの見かたで書く

引用しつつ、解説します。

【第1位】調べたことを何かひとつでも入れる

「『ちびまる子ちゃん』って、日本以外の国でも読まれているのかな?」なんてことを調べて、そのまま書いてしまう。こういう情報を入れると、大人の文章ですね。かなり自慢できます。
自分が感じたままを書くことも大切だけど、それだけだとどうしても薄っぺらい文章になってしまいます。調べたことを何かひとつでも入れることができれば、がぜんいい作文に変身します。「作者には、ほかにどんな作品があるか」といったことも調べると厚みが出てくるんだ。数字が入ると説得力がアップします。
 「『ちびまる子ちゃん』は台湾だと『小丸子』って書きます」とか、「日本だけで3000万部も売れました」なんて書いてあると、「そうかぁ『ちびまる子ちゃん』ってこんなに読者がいるんだなあ」って読み手も納得する。

以下が大事です。

調べたことを入れる
数字を入れる

説得力があるからです。

たとえば、以下のとおり。

NG=『ちびまる子ちゃん』のコミックスはたくさん出ています。

OK=調べたところ『ちびまる子ちゃん』のコミックスは全17巻です。

体験談は強いです。
調べたことは体験談になるのです。

体験談は数字とセットで、さらに強くなります。

【第2位】引用した理由、体験談を書く

いまぼくがやったように、星 新一さんやさくらもももこさんの文章の一部を自分の原稿用紙に書き写すことを、引用って言います。自分の文章にどんどん「引用」できるようになれば、作文や読書感想文もかなり書けちゃうようになるんです。
たとえば、本を読みながら「ここがおもしろい」と思ったところに緑のボールペンでぐるぐる巻きにチェックしておく。そして、感想文を書くときは、そこを写す。写すだけでかるく3〜4行は書けてるから、「この部分に感動した理由は、こういう理由です」というようにまとめてしまう。引用した部分の何が、なぜ、おもしろかったのか、その部分だけを自分で書くんです。
こんなふうに自分の心のなかからポイントを選んで、それだけを書いても、かなり作文は書けます。あんまり「うまく書かなきゃ」って意識する必要はありません。自分の「ピン!」を信じて、すなおに書くのがコツです。〔中略〕

だから最初のうちは、
①「おもしろいな」「すごいなぁ」「ありえない!」と思ったところ
②「あぁ、それなら似たようなことが自分にもある、ある」と思ったところ
このふたつだけにする。このふたつが書ければ、あとはどんどん書きながら考えることができます。
とくに②の自分の経験に似たところが見つかると盛り上がりやすい。本と自分のつながったところが、金の鉱脈なんだ。そこを掘っていく。本と自分をくらべて、「ここが同じ」「ここはちがう」って書いていくと、キミにしか書けない作文になる!

引用した理由と体験談を書けば、作文は書けます。

なぜなら、本記事もグッときたところを引用しつつ、体験談を書いているからです。

 上記の文章を引用した理由

理由は、引用文を読んで「どんどん引用してもOK」と思えるようになったから。
今まで感想文を書くにあたり「引用はずるい」と思っていたのです。

引用した理由だけ書くと、すぐに文章が終わってしまいます。
感想より引用した文章のほうが長いのです。
どちらが主だかわからないです。

ゆえに、体験談を文章に厚みを出すことが大事なのです。

【第3位】自分なりのモノの見かたで書く

タイトルはとっても大切です。タイトルを見ただけで、その文章が面白そうかどうか、はっきりわかっちゃうからね。読む人が「ピン!」とくるようなタイトルをつけたい。
タイトルには、その文章のテーマや書きたいことが、ハッキリ出ていればいいんだ。〔中略〕

自分で作文を書くときにも、何かテーマを選んだら、少しだけひねくれて考えてみる。ふつうとはちがった角度から光をあててみるといいんです〔中略〕

作文を書くときに大事なことは、「自分なりのモノの見かたで書く」ということなんです。ふつうじゃない「ものの見方」「切り口」を工夫しよう。そこにキミという人間の性格がバ〜ッとでるんだ。

ブログはタイトルが重要です。
タイトルでクリック率が変わるからです。

たとえば、以下のとおり。

記事のベネフィットが分かるタイトルにする
常に読者の利益を考えつつタイトルをつける

タイトルで煽らないことが大事です。

タイトルで読者の疑問に答えつつ、少し角度を変えてタイトルをつけるのです。

『いますぐ書けちゃう作文力』は、作文力をつけたい人におすすめの本

『いますぐ書けちゃう作文力』は、作文力をつけたい人におすすめの本

おすすめの人、おすすめしない人

こんな方におすすめ

  • 作文力をつけたい人
  • 文章力を上げたい人
  • 文章を楽しく書きたい人

本書に期待したことは、以下のとおり。

読書感想文がうまくなる
文章力の向上につながる
齋藤孝先生の本の好奇心

同じ思いを持つ人には、おすすめできます。

 逆に、下記のような人にはおすすめできません。

文章の型を知りたい人
硬い文章本を読みたい人
小説の書き方を知りたい人

あくまで「作文力をつけるにはどうすればいいか」に特化した本です。

著者:齋藤 孝 先生のプロフィール

齋藤 孝
1960年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。
同大学院教育学研究科博士課程を経て、明治大学文学部教授。
専攻は教育学、身体論、コミュニケーション論。
小学生向けの私塾「齋藤メソッド」では独自の教育法を実践しています

出典:Amazon

» 参考:齋藤 孝 公式サイト

5つの章の目次【書籍情報】

はじめに.作文なんて、こわくない!
メソッド1.家族友だちと作文力!
メソッド2.マンガで作文力!
メソッド3.図書館で作文力!
メソッド4.天才になりきる作文力!
メソッド5.宇宙で作文力!
おわりに.作文コンクールにチャレンジ!

書名:『いますぐ書けちゃう作文力』
著者:齋藤 孝
単行本:153ページ
出版社:どりむ社
発売日:2006/4/12

『いますぐ書けちゃう作文力』の口コミ5個

『いますぐ書けちゃう作文力』の口コミ5個

Twitterから口コミを5個集めました。

1.起承転結の転から考える

【起承転結で文を書く場合は“起”から書かない】 起(はじまり)から書かずに、転(ところが)から考えるのがコツ。というのも「転」というのは、何か「もと」があって「ところがこうなる」と続くものだから。考える順番は、転→承→起→結。書籍『いますぐ書けちゃう作文力』より作成

出典:Twitter

2.本はつながりで読む

つながりでかぁ。しっくりくる言葉だ。RT @YuzoNito: 【本はつながりで読んでいく】 そうやって「本と出合う」わけです。 書籍『いますぐ書けちゃう作文力』斎藤孝著より作成

出典:Twitter

3.文章で人がわかる

「大人は、原稿用紙に書かれた文章を読んだだけで、キミが大人に成長したか子どものままかが、わかるんです。だから、『作文力』を身につけたっていうことは、キミたちが大人になった!って認められたあかしです」(『齋藤孝とつくる本 いますぐ書けちゃう作文力』)

出典:Twitter

4.量は質に変わる

量をたくさん積みかさねると、あるときに質が変化する
書籍『いますぐ書けちゃう作文力』より斎藤孝著

出典:Twitter

5.夏休みの宿題の作文に

6年生の長男が、現在夏休みの宿題の作文を書くのに奮闘中!こういうの買っとけばよかったな~(^。^;)⇒ 『いますぐ書けちゃう作文力』を見る

出典:Twitter

»『作文力』の口コミをAmazonで見てみる

齋藤 孝 先生おすすめの作文力をつける本23選

齋藤 孝 先生おすすめの作文力をつける本23選

アマゾンのレビューで高評価な本ばかりです。

毎日、骨太の読書ライフが過ごせます。

まとめ:たくさん読み、たくさん書いて、作文力をつけよう

まとめ:たくさん読み、たくさん書いて、作文力をつけよう

 【まとめ】グッときたところベスト3

【第1位】調べたことを何かひとつでも入れる
【第2位】引用した理由と、体験談を書く
【第3位】自分なりのモノの見かたで書く

上記は本書に書かれているメソッドの一部。

作文力を上げる本質は以下のとおり。

たくさん読む
たくさん書く

多くの文章に触れることが大切です。
文章術の本をたくさん読むのではなく、シンプルに「好きな小説家を見つけ、すべて読む」などです。

たくさん読み、たくさん書くこと。
文書を読み直して、書き直すこと。

村上春樹さんから学んだ文章力を上げる方法は、【村上春樹の文章力】文章は何度も「読み直し、書き直し」でうまくなるで解説しています。

【村上春樹の文章力】文章は何度も「読み直し、書き直し」でうまくなる
【村上春樹の文章力】文章は何度も「読み直し、書き直し」でうまくなる

読んで書いてを繰り返します。

こういちより

P.S. たくさん読み、たくさん書いて、作文力を上げよう。

関連記事書評の書き方と、話し方のアウトプット術がわかる本【読書感想・書評】
関連記事ブログで本の紹介の書き方がわかる本【6つの手順でだれでも書ける】

-Web Writing

Copyright © Blog Chronicle , All Rights Reserved.