広告 Travel

J&Jヒューマンソリューションズの口コミ評判8個【5つの強み】

2020年3月11日

J&Jヒューマンソリューションズの口コミ評判8個【5つの強み】
  • 添乗員派遣会社「J&Jヒューマンソリューションズ」の口コミ評判を知りたい
  • 入社を検討しているが、企業の強みを知りたい

この記事はそんな方へ向けて書いています。

この記事でわかること

  • 添乗員派遣会社「J&Jヒューマンソリューションズ」の5つの強みと評判・口コミ8個
  • 添乗員派遣会社「J&Jヒューマンソリューションズ」で説明会参加〜添乗員デビューまでの流れ

 本記事の信頼性

  • 経歴:新卒で旅行社に入社し19年8ヶ月、出張手配×法人営業×添乗
  • 資格:総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者
  • 添乗:国内・海外で計100本(一般団体、教育旅行、視察旅行)

「J&Jヒューマンソリューションズ」はJTBブランドで仕事ができる添乗員派遣会社です。

本記事では、添乗員派遣会社「J&Jヒューマンソリューションズ」の強み、口コミについて解説します。
この記事を読むことで、5つの強み、評判・口コミ8個がわかります。

 更新情報:2022年1月

リクナビNEXTで求人募集が始まりました。国内添乗員の求人で、 高卒以上であれば未経験でも入社できます。入社後は最大8日間の研修があります。
» J&Jヒューマンソリューションズの求人を見る

J&Jヒューマンソリューションズの口コミ評判まとめ

openwork」より2019年以降の口コミまとめました。

  • 入社を決めた理由は、JTBのグループ会社なので、JTBの添乗員が勤められるから。
    顧客の期待度が高いので、ブランド力を理解して、信頼あるサービスを提供することが大事。
    一般の主催旅行だけではなく、手配旅行、教育旅行、各種団体旅行、MICEなど多種に対応できる柔軟性がないと、依頼も少なくなる。何でもやる気持ちが必要。
  • 実力主義。頑張り次第でいくらでも評価される。
  • ブラッシュアップは少ないので、努力次第。
  • 子どもの行事があれば100%休める。
  • 特殊な勤務で、ツアーの発生状況による。海外ツアー担当で、平均月16日間(8日間が2回)、その他打ち合わせ、ツアー後の精算報告日が1日ずつ。
  • 希望休暇を2ヶ月前に申告すれば100%取得可能。プライベートとのバランスは調整しやすい。
  • グループ会社なので、JTBのツアー担当になる。弱みはJTBの業績が悪くなると影響が大きい。
  • お客さまと直接関わるため、頑張り次第で良い反応をもらえる。また法人関係で訪れる方も多いのでお客さまの質も低くなく対応がしやすいが、些細なことでクレームを受けることもある。ただしクレームは社員の方が対応するため現場への影響やストレスはない。
  • 契約社員、派遣社員がほとんどのためキャリアアップは望めない。
  • ワークライフバランスはとりやすい。派遣社員として扶養内で働く人もいれば、生活収入をあげるために働く人もいて様々。派遣社員の場合は休み希望もとってもらえ、希望通りに休みをとれる場合がほとんど。子育て世代の主婦層も多い。
  • 自給制で契約は賞与なし、昇給なし。勤続が長くなると新人などへの指導を任せられるが、給与に反映はない。

添乗員派遣会社の主要35社については「添乗員派遣会社34社の完全まとめ【基本情報や特徴、待遇を比較】」で解説しています。

J&Jヒューマンソリューションズの5つの強み

添乗員派遣会社J&Jヒューマンソリューションズ

株式会社J&Jヒューマンソリューションズ」は、1987年にJTBグループの会社として設立、2016年4月にJTBグループの人材派遣会社4社が統合した添乗員派遣会社です。

地域に分散していたJTBグループの人材サービス部門を統合し、全国6拠点で営業しています。
JTBとJCB共同出資のグループ会社です。

J&Jヒューマンソリューションズの5つの強み

  1. 研修制度が充実している
  2. JTBブランドで仕事ができる
  3. お客さまの質がある程度保たれる
  4. 仕事がJTB関連のものが中心なので、精算などが楽
  5. ツアーコンダクターオブザイヤーを多数受賞している実績

1.研修制度が充実している

添乗スタートまでの流れは、以下です。

  • 添乗基礎実務研修(無料)
  • 事前研修、実地研修、事後研修
  • ビジネスマナー研修(無料)
  • 「国内旅程管理主任者」資格研修・試験(有料)

J&Jヒューマンソリューションズでは、国内基礎研修の必須研修(実地研修を含む)の受講は無料です(※旅程管理研修は除く)
他社では研修受講費用(新規登録時に受講する添乗基礎・実地研修費用)について個人負担のケースが多いです

 国内ツアーコンダクター向け

  • 日光研修(無料)
  • パッケージツアー研修(無料)
  • 事前研修、実地研修、事後研修

 海外ツアーコンダクター向け

  • 海外添乗基礎研修(一部負担)
  • 事前研修、実地研修、事後研修
  • OJT研修
  • 「総合旅程管理主任者」資格研修・試験(有料)

 その他研修

  • 新人フォローアップ研修(無料)
  • 全体研修(無料)
  • 方面・テーマ別研修(無料)
  • レクチャー研修(無料)

詳細は「公式サイト」をご参照ください。

2.JTBブランドで仕事ができる

JTBは業界最大手の旅行会社です。

JTBグループの添乗員派遣会社なので、JTBの看板で仕事ができます。

3.お客さまの質がある程度保たれる

JTBは「お客の質」に定評もあります。

JTBの添乗員付きパッケージツア-は他社よりも高い印象がありますが、クレ-マ-が少ない可能性があります。

④ 仕事がJTB関連のものが中心なので、精算などが楽

強みというより、メリットです。

派遣先の旅行会社が多岐にわたると、精算方法も多種多様になり、旅行会社に合わせて覚える必要があります。
J&Jヒューマンソリューションズのように仕事がJTBのツア-であれば、毎回やり方は同じなので負担が少ないです(JTB以外の仕事もあります)

⑤ ツアーコンダクターオブザイヤーを多数受賞している実績

過去の受賞歴を見ると、JTBグループが1番多いです。
» ツアーコンダクター・オブ・ザ・イヤーの受賞歴

ツアーコンダクターオブザイヤーについては「3名の究極の添乗員【ツアーコンダクター・オブ・ザ・イヤー】」で解説しています。

 補足:営業所、クライアント

対応地域東京、札幌、名古屋、大阪、広島、福岡
職種・業種ツアーコンダクター、派遣スタッフ、イベントスタッフ、インバウンドスタッフ
添乗員の求人» 求人案件をリクナビNEXTで見る
派遣登録拠点北海道:札幌市
東京都:品川区
愛知県:名古屋市
大阪府:大阪市
広島県:広島市
福岡県:福岡市
主な取引先企業JTBグループ各社、観光業界各社

給与や各種保険については「おすすめの添乗員派遣会社3社をランキングで比較【口コミ・評判】」の記事で他社と比較しています。

J&Jヒューマンソリューションズの、説明会参加〜添乗員デビューまでの流れ

添乗員派遣会社J&Jヒューマンソリューションズ

未経験者・東京採用希望の場合の、大まかな流れを解説します。

step
1
エントリーシートを送付

エントリーシートは下記サイトよりダウンロードできます。
※求人がない場合もあります。

» J&Jヒューマンソリューションズのエントリーシート

step
2
合同説明会・面接に参加

説明会の後に面接を行います。

 説明会・面接場所

» J&Jヒューマンソリューションズの各拠点にて

step
3
研修

 国内基礎研修

  • 関西研修またはパッケージ研修
  • マナー研修
    ※研修の内容は拠点により一部異なります

費用:無料(研修中の交通費は支給)(規定あり)
※経験者は経験に応じて研修を数日実施予定

 未経験者対象

国内旅程管理主任者研修

国内旅程管理主任者の資格を取得してから添乗業務がスタートします。
費用:観光庁長官認定の個人資格のため、有料です。
» 詳しい研修内容を公式サイトで見る

step
4
登録

旅程管理主任者資格取得後、J&Jヒューマンソリューションズに登録です(経験者は研修終了後)。

step
5
添乗スタート

初めは先輩の添乗員と一緒なので、安心して添乗デビューができます。
フォローアップ体制も整っているので、添乗中の悩みや不安を解消することも可能。

2〜3年、国内添乗を経験した後、海外添乗へステップアップもできます。

まとめ:J&Jヒューマンソリューションズの強みを理解して、説明会・面接に応募してみよう

添乗員派遣会社J&Jヒューマンソリューションズ

 J&Jヒューマンソリューションズの強み

  1. 研修制度が充実している
  2. JTBブランドで仕事ができる
  3. お客さまの質がある程度保たれる
  4. 仕事がJTB関連のものが中心なので、精算などが楽
  5. ツアーコンダクターオブザイヤーを多数受賞している実績

公式サイトやリクナビNEXT、リクナビ派遣で求人募集しています。

面接で合格しても、入社必須ではありません。
企業との接触で初めてわかることもあります。

「動きながら考える」が時間節約です。

以上です。

P.S. JTBブランドで仕事ができるのは魅力です。

関連記事【合格率90%】添乗員になるための資格試験・旅程管理主任者を解説
関連記事添乗員になるには2つの方法【添乗員派遣会社に登録/旅行会社に入社】

-Travel