広告 Write

【感想】『20歳の自分に受けさせたい文章講義』のレビュー+口コミ

2020年7月7日

【要約】『20歳の自分に受けさせたい文章講義』のレビュー&口コミ

20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読んだ理由は3つです。

  • 正しい文章の書き方を学びたい
  • 文章を書こうとすると、固まってしまう
  • 気持ちを文章にできる技術を身につけたい

本記事を書いている私は、2019年1月にブログ開設しました。
過去最高は月62,000PV、月54,000円(確定)です。

 この記事でわかること

  • 『20歳の自分に受けさせたい文章講義』の感想レビュー
  • 口コミ7つ、レビュー動画2本

ブロガーなら聞いたことがある本です。
成果を出しているブロガーは「最初に読む文章本」としておすすめしています。

おすすめする理由は、万能に使える「文章の型」と「読者の椅子」です。
本書は「文章の書き方をわかりやすく解説した本」です。

しかし平易ではありません。
30冊以上の文章本を読んできましたが、読めば読むほど味がします。

【要約】『20歳の自分に受けさせたい文章講義』のレビュー

【書評・要約】『20歳の自分に受けさせたい文章講義』のグッときたところベスト3

 グッときたところベスト3

  • 1位:導入は「映画の予告編」のつもりで
  • 2位:自分の文章に自分でツッコミを入れる
  • 3位:「10年前の自分」に語りかける

他の本にはない「独自の強み」です。

1位:導入は「映画の予告編」のつもりで

導入文が命です。

導入文で「読む、読まない」が決まるからです。

どうしても本文に注力してしまいます。
序論、本論、結論の「本論」です。

「本論」は割合が大きいため、力が入るのは仕方がないこと。

しかし文章は読んでもらえなければ意味がありません。
椅子に座ってもらわなければ、何も始まらないのです。

 紹介されている3つの導入文のパターン

  1. インパクト優先型
  2. 寸止め型
  3. Q&A型

導入文の役割は、読者に期待感を持たつつ、本文へ誘導すること。

導入文で読者の心を捉えることがなかったら、離脱されます。

2位:自分の文章に自分でツッコミを入れる

 文章の王道の型

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例
  4. 反論への理解
  5. 主張

「④ 反論への理解」についての解説です。

  • 反論に答えていくことで、読者を納得させられる
  • 反論への先回りで、読者の立場に立つ文章が書ける

ゆえに反論への理解は、文章の武器になるのです。

「反論が多い場合はどうすればいい?」の意見もあるかもしれません。

問題ありません。

本書では「数種類の反論に答えていってかまわない」といいます。

 具体例

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例
  4. 反論への理解
    反論への理解
    反論への理解
  5. 主張

場合により「2の理由」が増えるケースもあります。

臨機応変な対応で、読者とのやりとりが増えていきます。

 反論への理解の効果

  • 文脈上の「転」になる
  • 文章のリズムを良くする
  • 文章を面白いものにする

先回りして反論に答えると、メリットばかりですね。

3位:「10年前の自分」に語りかける

伝える相手は2人だけです。

  1. 過去の自分
  2. 特定の”あの人”

1.過去の自分に伝える

なぜ過去の自分に伝えるのか?
誰よりも自分の悩みが1番わかるからです。

たとえば、当ブログ(Blog Chronicle)は「3年前の自分」に向けて書いています。

3年前の自分は、文章の書き方は何も知りませんでした。
手持ちの武器と言えば、就職活動で身につけた「結論→理由→具体的体験談」くらい。

なんの武器も持っていなかった自分へ、本書を読んだ内容を伝えたいです。

ゆえに過去の自分を救うつもりで書くと、似た状況の人に刺さります。

逆に、万人向けに書くことはNGです。
誰にも読まれないからです。

大切なのは過去の自分に向けて書き、過去の自分を救うことです。

2.特定の”あの人”へ伝える

読者を絞るためです。
読者を絞らないと、多数派に向けて書いてしまうからです。
読者の顔が見えず、誰に向けて書いているのかわからないからです。

八方美人の文章は、誰にも好かれません。
面白くないからです。

たったひとりの「あの人」へ向けて書くからこそ、文章が尖り、刺さるのです。

説得力があるのです。

一生使える書く技術を身につけたい人へ

20歳の自分に受けさせたい文章講義

3つの変わったこと

  1. 読者を2人意識するようになった
  2. 反論への理解を盛り込むようになった
  3. 導入文を3パターンで書くようになった

他にも「主張→理由→具体例→反論への理解→主張」の「主張を深掘り」も有益です。

 さらに以下もわかる

  • 推敲のやり方
  • 起承転結の使い方
  • リズムのある文章の書き方

後述の口コミのとおり「文章の基本」がつまっています。

ただし「主張→理由→具体例→反論への理解→主張」以外の文章の型は書かれていません。

口コミまとめ、レビュー動画2本

 Twitterの口コミ5つ

  • 「書く力」をあげたい人はぜひ読んだほいたがいい
  • 究極のインプットはアウトプットだということを忘れてはいけない
  • ブログ初心者時代に読んでから驚くほど上達しました。全員に合うとは思っていませんが成長のキッカケになる
  • 「話せるの書けない」人へ、思考整理力点を置いた文章力向上本
  • ぼんやりとした感じや思い(ぐるぐる)をどう文章するか、文章術ではなく「自分思いをきちんと表現する」方法を紹介している

» Twitterで「他の口コミ」を見てみる

 Amazonの口コミ5つ

  • 内容的には入りにくさを除けば、著者の考察が興味深いのでムダではない
  • 本の構成がわかりづらく、理解が難しい
  • 抽象化の部分が少ないために、ダラダラとした文体で要点を得ない内容になっている
  • 本で語られている事は「ごく当たり前の内容」である。ネットで出てくる内容
  • 著者が誰に向けて(どのような文章を書こうとしている人に向けて)、アドバイスしているのかがわからない

» Amazonで「他の口コミ」を見てみる

 関連動画3本

まとめ:書く技術を身につけ、人生を変えよう

まとめ:書く技術を身につけ、人生を変えよう

 まとめ:グッときたところベスト3

  • 1位:導入は「映画の予告編」のつもりで
  • 2位:自分の文章に自分でツッコミを入れる
  • 3位:「10年前の自分」に語りかける

文章を書くとは

  • 考えること
  • 過去の自分を救うこと
  • 読者の椅子に座ること

そのために、自分の文章を何度も読み返すことです。

最後に心に残った文章は「書く技術が身につけばものの見方が変わる。考え方が変わる。世界を見る目も変わる」です。

文章が書けるようになると人生が変わるのです。

以上です。

P.S. 書くことはワクワクします。

関連記事ブログの文章力を鍛える本16選【書いて、読み直して、また書こう】
関連記事ブログ初心者向けおすすめ本36選まとめ【基礎18冊+応用18冊】

-Write