本を読む 筋トレ

【憧れの獣神サンダーライガーになれる】ライガー式トレーニングがわかる本【読書感想文・書評】

獣神サンダーライガー の肉体改造塾

親愛なる君へ

  • 「獣神サンダーライガーのトレーニング方法を知りたい」
  • 「『獣神サンダーライガーの肉体改造塾』の内容を知りたい

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事は、『獣神サンダーライガーの肉体改造塾』獣神サンダーライガー【著】の読書感想文・書評です。

 この記事でわかること

・グッときた文章
・ライガー式トレーニングの一例
・ライガー式トレーニングの動画(4種目)

本書では、60個のライガー式トレーニングが解説されています。

 本記事の信頼性

✔︎ ライガーさんのファン歴:29年
✔︎ 筋トレ実績:筋トレは月8回ほど。
✔︎ 読書量:一般書籍4441冊+漫画1,351冊

こーいち
高校のときにプロレスラーを目指しましたが、スクワット3,000回と聞き、挫折しました。

【憧れの獣神サンダーライガーになれる】ライガー式トレーニングがわかる本【読書感想文・書評】

獣神サンダーライガーの肉体改造塾

ライガーさんのようになれる本【努力すれば】

ライガーさんは「トレーニングは飽きるし、苦しいもの」と序盤から正直に書かれています。

私もそう思います。
筋トレは苦しく、継続するのは大変です。

その苦しさの中に楽しみを見出しつつ、目標に向かって継続できた人だけがたどり着ける境地が書かれています。

 本書を読むメリット

こーいち

・筋トレのやる気が出る
・ライガーさんの自伝も少しあり
・ライガーさんのトレーニングの考えがわかる
・写真・解説付きでトレーニング方法がわかりやすい

こーいち
強い男になりたい人へ捧げます。

4つの章

トレーニングの基礎、フリーウェイト、応用編まで網羅されています。

目次

第1章.獣神サンダーライガー、はじめの一歩物語
第2章.さあ、トレーニングを始めよう!
第3章.本格的に鍛えるならフリーウェイトだ!
第4章.上級者のための応用鍛練法

『獣神サンダーライガーの肉体改造塾』は、ライガー式トレーニング方法を知りたい人におすすめ

こんな方におすすめ

  • 強くなりたい人。
  • ライガー式の筋トレ方法を知りたい人。
  • 獣神サンダーライガーのような身体になりたい人。

 著者のプロフィール

獣神サンダー・ライガー(じゅうしんサンダー・ライガー、Jushin Thunder Liger、1989年4月24日)は、日本の元覆面レスラー。
最終所属新日本プロレス。
その正体は山田 恵一(やまだ けいいち、1964年11月10日)であるが、週刊プロレスの選手名鑑では非公開となっている。
出身地は永井豪宅もしくは広島県広島市、通称は「世界の獣神」
血液型AB型。
2020年1月5日の東京ドーム大会にて最後の試合を行い現役を引退、引退式は1月6日に実施された。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

書名:『獣神サンダーライガーの肉体改造塾』
著者:獣神サンダーライガー
単行本:205ページ
出版社:アスペクト
発売日: 1998/9


ライガー式トレーニングがわかる本を読んで、グッときたところベスト3

獣神サンダーライガーの肉体改造塾

グッときた文章、トレーニング写真を引用します。

第1位 目標をしっかり持ってやっていれば、苦しいことの中にも楽しみを見出せるはず

今の時代、情報も氾濫しすぎているし、楽しいこともいろいろと溢れているから、もし何かやりたいことや、興味が持てることがあるんだったら、それがどんなものなのか、知ることから始めたいね。テレビに出て華麗なプレーを見せてる野球選手だって、その裏では一生懸命努力している。なんだかオヤジ臭くなっちゃったけど、何でも表面だけでなく、もっと核心を見るようにしたいものだ。
たくましい筋力を持った身体にあこがれる諸君、健全な精神が肉体を作るものなのだ。夢はどんどん持ってほしい。その実現には必ずしんどいことがつきまとうけど、確実に一歩一歩進めば、きちんと自分の身体ができてくるものだ。それに一生自分の身体と付き合っていくわけだから、整備しておくのは当たり前のことじゃないかな。
これから俺が解説する身体づくりのトレーニングはずっと続けることで効果が出てくるもの。はっきり言って楽なことじゃない。でも、目標をしっかり持ってやっていれば、苦しいことの中にも楽しみを見出せるはず。最初のちょっとした苦しさでシッポを巻いてちゃトレーニングが結果となって表れる喜びも味わえない。これを読んでトレーニングを始める皆んなには、楽しさがわかるところまでがんばってほしいな。

ライガーさんの努力量は身体を見ていれば想像がつきます。
日本を代表するプロレスラーのひとり。
ファンを魅了し、心を鷲掴みにして、振り回していく。

ルチャ・リブレは飛んだり跳ねたりのプロレスですが、ファンの心ですら、飛んだり跳ねたりと動かしてしまうのは超一流のレスラーの証です。

引用文を読んで、どんなことを成し遂げるにも「苦しさ」はつきまとうものだと再認識しました。

振り返れば、会社員時代は苦しいことの連続。
休職してブログを書いても、苦しい毎日。
常に苦しい。

「この苦しさはいつ終わるだろう?」
「いつ夜が明けるのだろう?」

そんなことを考えてしまいます。

ただ、ブログに本腰を入れてまだまだ1年1ヶ月ほど。

こーいち
「せめて3年は苦しまないといけないかな」と直感的に思いました。

「仕事をしていても苦しい、ブログを書いても苦しい、ずっと苦しい人生とはなんぞや?」です。

ライガーの言葉「目標をしっかり持ってやっていれば、苦しいことの中にも楽しみを見出せるはず」を思い出していきます。

第2位 プロレス式プッシュアップ【トレーニングは全部で60個】

獣神サンダーライガーの肉体改造塾

後述する動画でも紹介されますが、上記がプロレス式プッシュアップ、別名ライオン式プッシュアップです。

動画と合わせて見ると、よくわかります。
私は10回ほどやりましたが、2日間ほど筋肉痛が続きました。

こーいち
めちゃくちゃキツいです。

上記写真のように、全トレーニングに写真と詳しい解説がついています。

 全トレーニングの内容60個

こーいち

1.レギュラースクワット
2.ヒンズースクワット
3.フォワードランジ
4.サイドランジ
5.レギュラープッシュアップ
6.プロレス式プッシュアップ
7.リバースプッシュアップ
8.レッグレイズ
9.クランチ
10.ブリッジ
11.スクワット(マシン)
12.デッドリフト
13.ベンチプレス
14.ベントオーバー・ローイング
15.ベントオーバー・ローイング(ドリアン式)
16.ダンベル・ワンハンド・ローイング
17.ダンベル・ローイング(インクラインベンチ使用)
18.ダンベル・プルオーバー
19.インクライン・プレス
20.ダンベル・ベンチプレス
21.ダンベル・フライ
22.ショルダープレス・ビハインドネック
23.アップライト・ローイング
24.シュラッグ
25.ダンベル・サイドレイズ
26.ダンベル・リアレイズ
27.アームカール
28.インクライン・ダンベル・アームカール
29.ライイング・トライセプス・エクステンション
30.ダンベル・エクステンション
31.リストカール
32.リバース・リストカール
33.ダンベル・サイドベンド
34.レッグエクステンション
35.レッグカール
36.レッグプレス
37.ドンキー・カーフレイズ
38.シーテッド・カーフレイズ
39.ラットマシン・プルダウン
40.アーキュエイトマシン・プルダウン
41.チンニング
42.シーテッド・ローイング
43.APTローイング(上級者向け)
44.ハイパー・バックエクステンション
45.マシンプレス(TECA社製)
46.マシンフライ
47.APTプレス(上級者向け)
48.マシン・ショルダープレス
49.サイドレイズ
50.リアレイズ
51.APTショルダープレス
52.マシン・アームカール
53.ケーブル・アームカール
54.ケーブル・プレスダウン
55.マシン・ディップス
56.アブドミナルマシン
57.スクワット①(スミスマシン)
58.スクワット②(スミスマシン)
59.ランジ
60.インクライン・プレス

 トレーニングで大事なことを引用

最近の俺がウェイトトレーニングで心がてるのは、ネガティブ(持ち上げた錘を最初の位置に戻す動作)重視ということ。できるだけ動作を丁寧にしてる。たとえば階段の昇り降りでも、昇るときよりも降りるときのほうが筋肉に大きな負荷がかかってる。だから降りる動作をナメるとケガをするんだ。ウェイトトレーニングでも、上げるときばかり一生懸命やって、そのあとはストーンって下ろしてしまう奴がけっこう多い。でも、これではトレーニング効果の半分以上を捨ててるようなものだし、そのうちケガだってしかねない。俺にも雑にやってた時期があったけど、広島のトレーニングセンターで「ウェイトトレーニングとは何か?」「正しいフォームとは何か?」など、いろいろなことを学んだのが現在に役立ってるんだ。

ウェイトトレーニングは集中力も必要です。

自分の身体の変化に合わせてトレーニングも変化させたりと、気を遣う、難しい運動なのがわかりました。

第3位 魅せるプロレス、究極のプロレスラーはやっぱりアントニオ猪木だった

俺にとって「究極のプロレスラー」といえば、やっぱりアントニオ猪木だったと思う。観衆をあれだけ惹きつけられるパワーを持ったレスラーはめったにいるもんじゃないからね。たしかに橋本(真也)や武藤(敬司)たちもまだ若いし、実力もある。昔に比べれば、彼らの技術もはるかに進歩してる。でも、猪木さんのようなカリスマ性が彼らにあるかというと、やっぱりないんだよな。一挙手一投足、爪の先まで神経が行き届いているような、そんな佇まいが猪木さんにはあった。
嘘か本当か知らないけど、現役だった頃のプロ野球の長嶋さんは、三振の仕方から落とした帽子の拾い方まで、どうしたらカッコいいかを鏡の前で練習してたらしい。その人はそこまで研究してたって聞いてる。同じようにアントニオ猪木というレスラーも、自分が観られていることを意識して、なおかつ自分を魅せることのできるレスラーだったんじゃないかな。俺も猪木会長とレスリングの練習をしたことがあるんだけど、そのときに言われた言葉をいまでも覚えてる。「観衆の気持ちを掌の上に乗せて、怒らせたり、笑わせたり、喜ばせたり、泣かせたりする。それを自由に操れたら凄いだろ」って。
俺はまだ若かったから、「何を言ってんだよ。勝ちゃいいんだろ。勝たなきゃ意味がないだろ」なんて思ってた。でも最近になって、会長が言わんとしていたことが、ようやくうっすらと分かってきたなっていう気がする。そりゃ、観衆の気持ちを自由に操ることなんて、いまの俺にはできない。それを意識しすぎると試合がおかしくなってしまうし、猪木会長だって、いまだに「プロレスはわからない。難しすぎる」って言ってるぐらいだから、俺なんかはまだまだだと思う。おそらくそういうものは自然に身についてくるか、もしくは個々がもってる素質でつかめるようになってくるんじゃないかな。とにかく一生懸命やることだ。30年以上やってきた人がわからないんだから、たかが10年やそこらじゃわかるわけがないからね。

ブログも読者の気持ちを動かすことだと思っていますので、共感です。
ただ、文章で人の心を動かすのは難しい。
途方もなく難しい。

とにかく読まれないからです。

作家の村上春樹さんも「文章は人の心を動かすこと」と言っていました。
小説を読んだ読者が「村上さんの文章を読むと無性にビールを飲みたくなったり、悲しい気持ちになったり、嬉しかったり大変で困っています」と手紙を送ったところ、村上春樹さんは「それが小説家として本望です」と言っていました。

小説も読者がいてこそ、小説。
ブログも読者がいてこそ、ブログ。
プロレスも観客がいてこそ、プロレス。

奥が深くて、底が見えないブログにトライしていると思うと、ワクワクしてきます。

こーいち
ライガーさんは間違いなく、観客の心をつかんで振り回していますよ。

ライガー式トレーニングの動画

 動画でわかること

・ライオン式プッシュアップ
・ねじりんぼう
・倒立腕立て伏せ
・ペットボトルでトレーニング

こーいち
実際にやってみましたが、「ねじりんぼう」なんてできるトレーニングじゃないです。

 【ライガー徹底指導】家で出来る筋トレ!カッコいい身体になろうぜ!

AmazonとTwitterの口コミ

獣神サンダーライガーの肉体改造塾

 Amazonの口コミ2つ

船木誠勝さんが『船木誠勝のハイブリッド肉体改造法』を出してから約2年後に、新日時代の盟友獣神サンダーライガーさんが『獣神サンダーライガーの肉体改造塾』という本を出していたので読んでみました。

船木さんの本は『食生活の改善やどういったトレーニングをすれば身体が生まれ変わるか』の方法を書いた理論的なハウツー本であるのに対し、ライガーさんの本は『このトレーニングをやるにあたって、どう身体を動かして、どう呼吸をするのか』の実技を写真付きで書いた実技のハウツー本です。

2冊一緒に読みながら、自分にあったトレーニングをしてみてはいかがでしょうか?

ライガーにまつわるエピソードや写真などはもちろん、トレーニング内容についてもとても充実していると思います。
写真が多くて見やすく、説明も分かりやすかったです。
ライガーファンやプロレスファンでなくても、参考になる内容じゃないかなと思います。

 Twitterの口コミ4つ

https://twitter.com/1npCPsNl1klxl2f/status/1252877819002023936?s=20

【まとめ】『獣神サンダーライガーの肉体改造塾』を読んで、ライガー式トレーニングで成長しよう

獣神サンダーライガーの肉体改造塾

本記事では、『獣神サンダーライガーの肉体改造塾』獣神サンダーライガー【著】の読書感想文・書評を書きました。

本書を読んで、身体を鍛えようと決意

毎日なんでもいいから、筋トレをします。

プランクひとつでもOKにして、ハードルを限界まで下げます。

大事なのは毎日やること。

毎日やること、毎日できること、コツコツしたところに幸せは隠れています。

未来を明るいものにするべく、今この瞬間から毎日、自分を成長させるためにトレーニングをするのです。

こーいち
努力を人に見せないことが、一番カッコいいです。

以上、『【憧れの獣神サンダーライガーになれる】ライガー式トレーニングがわかる本【読書感想文・書評】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 毎日、トレーニングしよう。



>> 獣神サンダーライガーの他の著作

 初回30日間の無料体験で本・ビジネス書・雑誌が読み放題(30日以内に解約すれば料金はかかりません)

>> U-NEXT | 31日間無料で本が読み放題 
本だけでなく映画・ドラマ・アニメが見放題

>> Amazon Audible | 30日間無料体験。最初の1冊は無料
通勤や車の移動中に本が聴けます。

>> kindle unlimited | 30日間無料でマンガ・雑誌・ビジネス書が読み放題
本、マンガ、雑誌、写真集が合計12冊以上が読み放題。

関連記事獣神サンダーライガー選手の引退【魅力は努力を隠しているところ】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.