『読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』を楽しみ成長するブログ

ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle

添乗をする 添乗員の英語

【添乗員の英会話】市内観光について解説【備忘録】

投稿日:2019年10月29日 更新日:

添乗員の英会話

親愛なる君へ

  • 「添乗員の市内観光の英会話について知りたい」
  • 「添乗員として英語を使うシーンを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事では、添乗員のための英会話として、市内観光の6つのシーンを解説します。
英文は書籍『ツアーコンダクターの英会話』を引用です。

この記事を読むことで、市内観光の英会話の例文を知ることができます。

なお、本記事を書いている私は新卒で旅行会社に入社し、18年間、法人営業を担当しました。
添乗回数は国内・海外問わず100回ほどです。
私の英語力は英検2級、TOEIC540点ですが、このくらいの英語力でもなんとかなります。
下記書籍の英文を20回くらい音読して勉強したものです。

【添乗員の英会話】市内観光について解説

添乗員の英会話

市内観光出発前にガイド、ドライバーとコースの打ち合わせをします。
お客様の希望を組み込み、時間配分に注意しましょう。
朝の挨拶は添乗員が最初に元気よく行い、ガイドを紹介しましょう。

現在、日本語のできるガイドは世界各国で手配できますが、まれに手配できなかった場合や特殊な地域においては英語ガイドになることもあります。
その場合は添乗員が通訳しなくてはなりません。

1.ロンドン観光

G=Guide

G:Good morning, Ladies and Gentlemen. Welcome to London. My name is Michael. Please just call me Mike. I'm your guide for today's trip to London. We're now passing the Mall. The building in front of you is Buckingham Palace where the Royal Family resides. At Buckingham Palace the Changing of the Guard takes place every morning at 11:30. At the time you can also listen to the Guards' band playing in the forecourt.
T:How long will it take to see the Changing of the Guard?
G:It takes about 1 hour. Oh! There's quite a crowd of tourists. It seems to be about to begin. Let's hurry.

① the Mall=宮殿正門前にヴィクトリア女王記念碑が立ち、その前面にザ・マルの広い通りが開けている。テレビなどで見る女王の姿とともに、なじみのある”御幸通り”です。
② Changing of the Guard=衛兵交代式。軍楽隊の胸躍る演奏の中で行われる儀式。衛兵は青襟の真紅の上着、黒い熊毛の帽子をかぶっています。
Please connect me with Cashier. レジにつないでください、などと使えます。
③ See=〜を見物する。

【訳】
G:おはようございます、みなさん。ようこそロンドンへいらっしゃいました。私の名はマイケルです。短くマイクと呼んでください。今、マル通りを通っています。正面の建物が女王一家の住んでいるバッキンガム宮殿です。そこで毎朝11時30分から衛兵交代が行われます。その時間には前庭で衛兵たちの音楽隊が演奏しているのを聞くことができます。
T:衛兵交代を見物するには、どのくらいの時間がかかりますか?
G:1時間ぐらいです。あっ!旅行者がずいぶんたくさんいますね。衛兵交代が始まるようです。急ぎましょう。

ガイドとの打ち合わせでは、行程をしっかり確認しましょう。

・下車ポイント、所要時間
・昼食内容
・買い物ポイント
・帰着時間

打ち合わせしたことは、朝の挨拶で案内できます。

また、買い物があるかどうかは大事です。
現地旅行社からの予約確認書には書いてないことがあるからです。
お客様によっては「買い物をする予定があれば、もっと現金を持ってきたのに」と言う方もいらっしゃいます。
事前にしっかり確認して、前日には「明日の観光は買い物の時間を用意してあります」と案内しておけるのがベストです。

ガイドはニックネームで呼ばせることが多いですね。
日本風にわかりやすいニックネームをつけるガイドもいます。

G:On the bank of the Thames are the Houses of Parliament, home of 'The Mother of Parliaments'. The clock tower, Big Ben, is a London landmark. The Houses of Parliaments may be easily recognized by their magnificent late-Gothic architectural style and the famous Big Ben tower clock.
T:Can We go inside?
G:Yes, sir. It is open to the public.

① may be easily recognized by〜=すぐに〜によって〜だと認められる。recognizeはまた、How can I recognize our bus? 乗車するバスをどうやって見分けるのですか、のように使えます。
② late-Gothic architectural style = 後期ゴシック様式の建築。民主主義議会制度の模範となった英国の象徴的建築物。ビッグベンの愛称で呼ばれる大時計とゴシック風(とがった屋根とアーチを特徴とする中世ヨーロッパの建築様式)のヴィクトリア・タワーが両端にそびえ立っている。
③ open to the public=一般公開されている。議場内部は閉会中の土曜日、8月は月・火・木曜日、9月は木曜日に参観可能です。

【訳】
G:テームズ川沿いの地に「議会の母」である国会議事堂がそびえてきます。時計塔のビッグベンはロンドンの目じるしになっています。国会議事堂はその壮大な後期ゴシック様式の建築と有名なビッグベンの大時計で、すぐにそれとわかるでしょう。
T:中に入れるのですか?
G:はい。一般公開されています。

観光では以下のポイントに気を使います。

・見学場所の見どころはどこか
・トイレ・喫煙場所
・建物内の写真撮影の可否
・服装制限はあるか
・土産を買う場所はあるか

ガイドから情報は入手しておきましょう。

記念写真を撮りたいお客様がいれば、積極的に撮ってあげましょう。
市内観光ではガイドが目立つ場面ですので、「お客様への気遣い」などで添乗員の存在感を出すように工夫しましょう。

2.ローマ観光

G=Guide

G:Welcome to Rome, the Eternal city. Rome was established on seven hills around the River Tiber. First we go to Stazione Termini, and then to Villa Borghese, passing by the National Museum.
T:Do we have time to see the inside of Stazione Termini?
G:Yes, we give you 30 minutes to see one of the finest railway station in the world. The interior is entirely faced with marble and mirrors.
T:Do we go to the Vatican, the Fountain of Trevi, and the Colosseum, too?
G:Well, we include them in our tour.

① River Tiber= ローマを貫流する川。伝説によれば、双児の兄弟、兄をロムルス、弟をレムスといったが、訳あって籠に入れられ、テヴェレ川に流された。ローマの7つの丘のひとつ、パラチーノの丘に漂着した双子は牝狼に拾われて、その乳で育ち成長する。のちに兄ロムルスは弟を殺してローマを建てた。ローマはロムルスにちなんで名付けられたといわれる。イタリア語ではテヴェレ。
② Stazione Termini = テルミーニ駅。映画『終着駅』で有名になったローマの中央駅。表は白い大理石で、内の大ホールには柱が1本もない特異な設計となっています。
③ Villa Borghese = ボルゲーゼ。ローマ最大の公園。園内にボルゲーゼ美術館があります。
④ National Museum = 国立博物館。ローマ古代の重要文化財が多数陳列されています。
⑤ entirely faced with = 全面が〜で張られている。
⑥ Vatican = バチカン帝国。内のサン・ピエトロ大寺院は世界最大のカトリック寺院。大ドームと、祭壇の「ピエタの像」はミケランジェロの代表作として有名。
⑦ Fountain of Trevi = トレビの泉。1762年に作られたバロック芸術の傑作で、この噴水に背を向けて硬貨を投げ入れると、旅人は再びローマを訪れることができるという伝説があります。
⑧ Colosseum = コロッセオ。紀元72年、皇帝ヴェスパシアにより着工された5万人収容できる大闘技場。近くにコンスタンチノ凱旋門がある。

【訳】
G:永遠の都、ローマにようこそおいでくださいました。ローマはテヴェレ川のまわりの7つの丘の上に立てられた都市です。まずテルミーニ駅に向かい、国立美術館のそばを通りましてボルゲーゼ公園へと参ります。
T:テルミーニ駅の内部を見る時間はありますか?
G:はい。世界で最も立派な駅のひとつを30分見物できます。駅の内部は、全部大理石と鏡で化粧張りしてあります。
T:バチカンやトレビの泉や、コロセウムへも行きますね?
G:W杯。ツアーの見物場所に含まれています。

(注)米英以外の国では、地名、建物の名前など現地の発音で言われるのが普通ですから、ツアコンは地図や案内書などで現地の呼び方を知っておきましょう。

上記の添乗員のような質問は、市内観光の出発前にできることですので、出発前に確認しておきましょう。
初めて行く場所でも、自分なりにガイドブックなどで知識を仕入れておくことが大事です。
ガイドの言葉の理解が違います。

G:We are now passing the bridge of Vittorio Emmanuele. Look to your right. That's the Castle Sant'Angelo, very well-known to the music lovers because it is the scene of the famous opera "La Tosca", by Puccini.
T:What's inside now?
G:It now contains the National Museum of the Castle of Sant'Angelo.
G:Here we are at the have free time to enjoy the sights of the Piazza di Spagna, its lovely Bernini fountain, and the famous Spanish Steps.
T:What time should we be back here again?
G:11:30 Please don't be late, everybody.

① Vittorio= ビットリオ・エマヌエレ2世。イタリアを統一した皇帝。彼を記念した巨大な記念堂があります。
② Castle Sant'Angelo = サンタンジェロ城。プッチーニの歌劇『トスカ』終幕の舞台。内部より外観のほうが魅力があります。
③ Puccini = プッチーニ。イタリアの歌劇作曲家。『蝶々夫人』、『ラ・ボエーム』など作曲しました。
④ Piazza di Spagna = スペイン広場。137段のバロック式石段の正面にトリニダ・ディ・モンテ教会があり、春には美しいツツジの花鉢で全段飾られます。夏には世界各国から集まった若者が、昼夜を問わず、たむろしている。
⑤ Bernini fountain = ”バロックのミケランジェロ”と呼ばれたベルニーニの「古い小舟の泉」と名付けられた泉。

【訳】
G:いまビットリオ・エマヌエレ橋を渡っております。右手をご覧ください。あれが聖アンジェロ城です。プッチーニの有名なオペラ『トスカ』の舞台となりましたので、音楽愛好家には、たいへんよく知られております。
T:いま、中はどうなっているのですか?
G:現在は聖アンジェロ城の国立美術館があります。
G:さあスペイン広場に着きました。バスを降りて、自由にスペイン広場と美しいベルニーニの噴泉、有名なスペイン式階段を見学しましょう。
T:何時に戻ってこなければなりませんか?
G:11時30分です。皆さん遅れませんように。

時間を管理するのは添乗員の役目です。
ガイドに確認しつつ、集合場所、時間を決めていきましょう。

3.ニューヨーク観光

G = Guide

T:What can we see on the sightseeing tour of New York?
G:Well. New York is made up of boroughs of Brooklyn, the Bronx, Queens, Richmond and Manhattan. The true heart of the city is Manhattan. It is the site of the headquarters of some of the largest industrial and commercial firms in the world. Their offices are located in majestic skyscrapers. Mid-town skyscrapers are "must". They are include the Empire State Building, Chrysler Building and the 415-meter, 110-storey World Trade Center. The most noted areas of Manhattan are Fifth Avenue, the city's luxurious shopping center; Wall Street, with its great Stock Exchange, Broadway, the focal point of musical and theatrical entertainment.

① borough = ニューヨーク市の行政区。5区に分かれている。
② skyscraper = 超高層建築物。摩天楼とも呼ばれます。
③ must = 名詞として用い、絶対必要なもの(こと)の意味。
④ Empire State Building = エンパイア・ステート・ビル。展望台は86階と102階とにある。地下1階の切符売場で入場券を買い、エスカレーターで1階へ。専用の急行エレベーターで一気に83階まで昇り展望を楽しんだのち、そこから乗り換えて、102階の展望台まで昇ります。晴天ならば120km以上の遠方まで見渡せます。
⑤ World Trade Center = 世界貿易センター。日系米人建築家ミノル・ヤマサキ氏の設計。屋上にヘリポートがあります。
⑥ Fifth Avenue =  ニューヨークいちばんの繁華街。世界屈指の貴金属商、婦人服店などが並び、日本人おなじみのティファニー(Tiffany)もあります。

【訳】
T:ニューヨーク観光では、どんなものが見られますか?
G:はい。ニューヨークはブルックリン、ブロンクス、クイーンズ、リッチモンド、マンハッタン区から成っています。市の心臓部はマンハッタンで、世界最大の商工業の会社の本部がこの地域に集まり、そのオフィスが壮大な超高層ビルの中に置かれています。市の中間地区にある超高層ビルは、ぜひ見るべきです。それらのなかに、エンパイア・ステート・ビル、クライスラー・ビル、415メートル、110階建ての世界貿易センターがあります。マンハッタンで最もよく知られているのは、豪華なショッピング・センターの5番街、大きな証券取引所のあるウォール街、音楽や演劇の中心であるブロードウェーなどです。

ニューヨークの主要な観光地についての説明です。
市内観光の時は、ガイドブックなどで自身の現在地を把握しておきましょう。
道を覚えるのに役立ちます。

G:In making a tour of New York, one can't afford to miss seeing the Statue of Liberty on Liberty Island, Central Park, Rockefeller Center, Madison Square Garden, the Metropolitan Museum of Art, and the United Nations Headquarters on the bank of the East River.
T:Will you take us to Liberty Island to see the Statue of Liberty?
G:Of Course. We'll visit it in on our tour. There's a ferry service to the Island from Battery Park at the southern tip of Manhattan.

① Statue of Liberty = 自由の女神。1886年、米国独立100年を記念してフランスから寄贈されたもの。像の高さは46m、エレベーターで頭部近くまで昇れます。頭部の展望台からニューヨーク市の眺望がすばらしい。最近、大規模な化粧直しが行われました。
② Central Park = セントラル・パーク。マンハッタンの中心地に広がる大公園。巨大なビルを背景に森林や湖があり、市民の憩いの地となっている。またニューヨークならではの風俗や催物にもお目にかかれます。
③ Rockefeller Center = ロックフェラー・センター。日本企業の一部買収によって一躍有名になりました。都市計画に基づいて建築された米国で最も近代的な地区。70階建てのRCAビルをはじめ17のビルがあり、建物は全て商店の並んだ地下街によって結ばれています。世界最大の劇場ラジオ・シティ・ミュージック・ホールや野外レストラン、冬はスケート場となるPlaza(広場)があります。
④ Metropolitan Museum of Art = メトロポリタン美術館。世界三大美術館のひとつ。エジプト古代美術、ギリシャ・ローマ古代美術の収集は特に有名。
⑤ United Nations Headquarters = 国際連合本部。大建築。夜間いっせいに灯がともった眺めは壮観。会議傍聴では許可が必要ですが、ガイド付きで内部参観ができます。売店で売っている国連切手など、おみやげとして喜ばれます。

【訳】
G:ニューヨークを観光するうえで、リバティー島の自由の女神像、セントラル・パーク、ロックフェラー・センター、マジソン・スクウェア・ガーデン、メトロポリタン美術館、それからイースト・リバーのほとりにある国連ビルは見のがすことができません。
T:自由の女神像を見物しにリバティー島へ連れて行ってくれますか?
G:もちろんです。見物予定に入っています。島まではマンハッタンの南端にあるバッテリー公園からフェリーボートの便があります。

市内観光のコースは特別な一般的なコースであれば、ほとんどがガイドブックに載っています。
初めて行く場合は、事前に知識を叩き込んでおきましょう。
ニューヨークは流通視察ツアーでも、よく行く場所です。

【添乗員の英会話】市内観光のまとめ

添乗員の英会話

本記事は、添乗員の英会話として市内観光のシーンを解説しました。

市内観光は事前に知識を習得しておけば、特に問題ありません。
問題は日本語ガイドがつかず、英語ガイドになった時です。
添乗員が英語ガイドの通訳をして、解説しなくてはなりません。

日頃からわずかな時間でも、英語力に磨きをかけておくことは大事です。

以上、『【添乗員の英会話】市内観光について解説【備忘録】』の記事でした。

こーいちより

P.S. シーンごとの英語を理解しよう。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新/月2.7万PV)、午後は本を1冊読み(本4,377冊/漫画1,332冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで50m×60本を泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード7)で遊び、ときどき旅をしています。

-添乗をする, 添乗員の英語

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.