本を読む 読書日記

【読書日記は簡単】感想を1行でも書こう【14冊の具体例】

2020年7月2日

2020年6月読書日記

親愛なる君へ

  • 「読書日記を始めようと思っているけれど、できるかな?」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

・2020年6月の読書日記
・14冊読んだ本の中のベスト3

 本記事の信頼性

✔︎ 読書量:一般書籍4,477冊+漫画1,364冊

読書日記は簡単です。
なぜなら、タイトルを書くだけでいいから。

感想を1行でも追加すれば立派な読書日記です。

本記事では、具体例として2020年6月の読書日記を公開します。

この記事を読むことで、読書日記が簡単なことがわかります。

こーいち
長文もありますが「1行でもいい」という気持ちで書いています。

【読書日記は簡単】感想を1行でも書こう【14冊の具体例】

2020年6月読書日記

 2020年6月に読んだ本ベスト3は、以下のとおり。

1.アンダーグラウンド【村上 春樹】※第1位

読書日記

村上春樹さんが地下鉄サリン事件の被害者にインタビューした内容をまとめた本。

今回で本書を読んだのは3回目くらい。
何度読み返しても、引き込まれます。

 今回の心に残った3つの話

・営業のコツ
・金縛りの話
・りんごの描写

簡単に解説します。

① 営業のコツ

本書は被害者の日常にも焦点が当てられています。

・仕事
・趣味
・家族構成や出身地

他の人の仕事内容を本書から読むのは興味深い行為でした。
読んでいると実にいろいろな人が、いろいろな仕事についていることがわかります。

こちらの被害者は「車の営業マン」とのことで、営業のコツがさらりと書いてありました。

おおむね以下のとおり。

・売りこまない
・車の話はしない
・世間話で顔を覚えてもらう

シンプルです。
特に「売りこまない」は共感できます。

私も営業マンでしたが、売らなくてもお客さまは何をしにきたかわかります。
「売りこみ」はみんな嫌いな行為です。
自分もされては嫌なものです。

自分がされて嫌なことは人にもしない。

シンプルなルールです。

② 金縛りの話

霊は見たことはありませんが、存在は信じています。
本書のエピソードを読むと、「本当に霊はいるのだな」と素直に思えました。

こちらの被害者が朝、目を覚ますといきなり金縛りです。
亡くなったはずのおじいさんが、金縛りで動けない被害者の周りを飛び跳ねているのです。

「会社に行ってはいけない」と言わんばかりの飛び跳ねようだったそうです。

そのおかげで支度が遅れ、いつもの電車に乗ることができず、結果としてサリンの直撃を免れたそうです。
いつも通りの列車に乗っていたら、モロにサリンの車両に乗っていたようです。

おじいさんが守ってくれたのです。

こーいち
こんなことがあるのですね。

③ りんごの描写

村上春樹さんの文章は何を読んでも好きです。

本書に掲載された「インタビューの文章」の前に、村上春樹さんの「被害者紹介の文章」があります。
そこではたとえば、出身地や家族構成など概要が紹介されるわけです。

ある信州地方の紹介文では、「重くどっしりと実ったりんご」という表現があり、心に刺さりました。

 引用します。

山は赤く黄色く染まり、沿道に広がるリンゴ畑では真っ赤な果実が重くしっかりと実っていた。
いかにも信州らしい、美しい秋の風景である。

実際に引用してみると私の言葉と少し異なります。
ただ、なぜか印象に残った文章だったのです。

以上の3つが今回、印象に残った言葉です。

こーいち
地下鉄サリン事件とはまったく関係のない物語に魅力を感じます。

» 『アンダーグラウンド』をチェックする

2.Sleeping Beauty

英語多読おすすめ本

中学1年生の教科書レベルの非常にやさしい英語のペーパーバックです。

眠れる森の美女

女王さまが悪い魔法にかけられ、眠ってしまう。
王子さまが触れると魔法が解ける。

こーいち
おとぎ話です。

 Amazonの口コミ1個

日本でも「眠れる森の美女」や「眠り姫」として知られる、ヨーロッパの古い童話を、非常に易しい英語で書いた本です。

ようやく女の子を授かった国王のもとに、数名の魔法使いが訪れます。そしてその中の1人の魔法使いが呪いをかけ、姫はずっと眠り続けることになります。そこにやって来た近くの国の王子でしたが…。

このあらすじの骨子の部分だけを掻い摘んで、非常に平易な英語でまとめた本です。
PYRのLevel 1の中でも特に簡単な本です。

» 『SLEEPING BEAUTY』をチェックする

3.Hannah and the Hurricane

英語多読おすすめ本

挿絵だけでも内容はよく理解できました。

主人公のHannahの性格がしっかりしていて、勇気と優しさを兼ね備えています。
悪者が悪者で終わらない物語が、さわやかな読後感につながります。

 Amazonの口コミ

あるHPで「やさしくたくさん」という勉強法に出会い、子ども向けの簡単な本を読むことにしました。
私は英検2級と準1級の間くらいのレベルなので、それくらいの方の参考になれば幸いです。

Penguin Readersの中でも1番下、Easystarts(200 Wordsの制限つき)というレベルの本です。
たった15ページ程ですし、ページの3分の2がイラストなので10分あれば余裕で読めます。
英検3級くらいの方の、洋書の読み始めにはちょうど良いのではないでしょうか。
このレベル、確かに簡単なのですが、わからない単語が1つ、2つ出てきました。推測できる範囲ですが。

(あらすじ)
Hannahはボートで働いています。仕事を邪魔する奴が現れるのですが、ある時ハリケーンが来て…。

» 『Hannah and the Hurricane』をチェックする

4.The Leopard and The Lighthouse

英語多読まとめ

ある島にお腹をすかせた豹がやってきます。
人々に追われた豹は灯台に追い詰められます。

しかし、誰も豹をしとめる勇気を持っていません。
領主が意外にも自分の娘を利用する行動に出るのですが…

こーいち
ホッとするハッピーエンドです。

 Amazonの口コミ

お腹をすかせた豹がシンディの街に泳ぎ着き、灯台の中に立てこもってしまいます。
なんとかしないと、村人や子供たちが危ない。
そこで、男達が立ち上がったのですが…とてもイラストが綺麗で、表情が豊かです。
お話そのものが短いので、展開が少し唐突のような気がしますが起承転結がしっかりしていて、最後は「めでたし、めでたし」そんな感じです。
全体的にやさしい英語で書かれていて、挿絵を通してみるだけでもストーリーの大筋はつかめますので、英語初心者でも大丈夫です。
ただ、このレベルの他の作品に比べると、若干読みづらい印象を受けました。
ですので、同レベルの別の作品を何冊か読んでみた後にこの作品を読むと、より楽しめると思います。

» 『The Leopard and The Lighthouse』をチェックする

5.約束された場所で【村上 春樹】※第2位

読書日記

河合隼雄氏との対談は、難しい言葉が多かったです。
しかし、それぞれの領域でのトップ同士の対談は、「難しい言葉」も共通言語のようでした。

なんとなく意味はわかりましたが、わからないところもありました。

本書はオウム信者(あるいは元信者)に村上春樹さんがインタビューするというもの。
前著『アンダーグラウンド』より著者が質問しているのが目立ちました。

場合によっては議論になるところもあり、興味深く読めました。

気になった文章、印象に残った言葉、グッときたところを引用していきます。
不思議だったのは村上春樹さんの言葉ではなかったところです。

気になった文章を引用

普通に生活することがいちばん大事なんだよ。
(インタビュイーより)

現在休職中で普通に仕事をしていないので、共感しました。

子どもの頃、母親に「普通に生きることが一番難しいことなんだよ」と言われたのを思い出しました。

 印象に残った言葉

このあいだ宮崎勤事件について小学生にインタビューしているのをある本の中で読んだんですが、中で「宮崎という人は頭がよくて、人間の行きつく先がわかっているから何をやってもいいと思ったんだ」というようなことを言っている子供がいるんです。これにはびっくりしました。子供でもそんなふうに思っているんだと。「こんな世の中、いつまでもつづかないよ」と心の中で感じている人は多いと思いますよ。とくに若い人たち、子供たちは。

「なるほど」という気持ちです。

宮崎勤の気持ちを考えたことはなかったですが、向こう側の正義があるはずです。

 グッときたところ

河合:それでね、インタビューの中にオウムに入ってちょっとやっているうちに身体の調子がぱっと良くなったという人がいたでしょう。あれ、僕はようわかるんです。僕らのとこにもそういう人が訪ねてこられます。で、会って話していてこう思うんです。こういう人はたとえばオウムみたいなところに行ったらいっぺんでぱっととれるやろなと。それは村上さん流に言うたらひとつの箱の中にぽこっと入ることなんです。だからいっぺん入ったら、ぱっと治ってしまいます。

村上:わかります。

河合:ところがいったん入ってしまったら、今度は箱をどうするかというものすごい大きい問題を抱えることになります。だから僕らはそういう人を箱に入れずに治ってもらおうとします。そうするとすごい長い時間がかかるわけです。そやけど、僕はこのごろ思うんですよ。長い時間がかかるって、そんなん当たり前やないかと。
でもちゃんと言うことはありますよ、「あんた、もし早く治りたいんやったら、よそへ行ってください。僕のところへ来たら早くは治りませんよ」と。向こうは「へえ」ってびっくりします。「僕は治すということに熱心なんかどうか、わからないんですよ」と言います。「僕は治すということに熱心なんじゃなくて、あんたが生きることに熱心なんやから、それはほんまに長い時間がかかります。もしどうしても早く治りたいんやったら、ほかにこういうところもあります」と。
時間がかかるのはかなわんと思う人は、そっちにかわってくださいと言うんです。でもそういう人たちはちゃんとわかるんです。「治らなくても結構です」と言う人もいます。もっと極端な人は「治してもらうためにここに来ているんではありません」と言います。すごいです。

この文章を読んで、「私も治るのに長い時間がかかって当然なんだ」と思えるようになりました。
正確に言えば、思うだけの余地を作るようになれました。

「今までは苦しんだ分の時間だけ、休職できる」と思っていました。

苦しんだ時間は大体3年くらいです。
休職してもう1年半。
やっと半分です。

ひょっとしたら3年以上の時間がかかるかもしれません。

今まで42年生きてきたわけです。
それはオセロをひっくり返すみたいに、正反対のことをやっているわけですから。
正反対のことをやって生まれ変わりたいわけですから。

どれくらいの時間が必要か、わかりません。

言えるのは「ゆっくり行こ」です。
成果を急りすぎていました。

休職中に生まれ変わらなくてはならない。

「休職中」というタイミリミット付きです。
休職中に良くなるかどうかなんて誰にもわかりません。
同じ時間をかければ治るなんて誰が決めたのでしょう。
自分です。
自分の思い込みです。

いい言葉を聞きました。
焦らずゆっくりと歩いて行きます。

こーいち
村上春樹さんのインタビューだったからこそ、引き出された言葉だったかもしれません。

»『約束された場所で』をチェックする

6.The Long Road

英語多読

主人公テリーフォックス。
1958年7月28日に生まれたカナダの英雄です。

自分が主人公であれば、ここまで走ることはできません。
義足じゃなくても、毎日フルマラソンと同じ距離(42.195km)を走るのは無理です。

こんな人間がいることを本書で初めて知りました。

内容は1回で理解できなかったので、2回読みました。

こーいち
コツコツと努力する人に背中を押してくれます。

詳しくは下記記事が参考になります。
» 義足の英雄テリー・フォックス「希望のマラソン」カナダで9月、日本(札幌)で10月に開催!

 Amazonの口コミ

病気で足を失いながらも、同じようにがんで苦しむ子どもたちのために
残された片方の足で走る主人公。
その心の強さに感動。
短くても、一生懸命生きた彼のような人がいたことを知ることができてよかった。

 テリーフォックスの動画

 

»『The Long Road』をチェックする

7.Lucky Break

英語多読

 読み終えた感想

確かに幸運です。
骨折は痛いですが、2つの幸運が舞い降りました。

松葉杖の単語「crutch」は、私が添乗員のときに骨折したお客さまに必要な単語で懐かしさを感じました。

こーいち
英文は面白く読めます。

 Amazonの口コミ

英語多読用に購入。
すごく読みやすいです。
主人公のめげなさが好きです。

»『Lucky Break』をチェックする

8.Newspaper Chase

英語多読

最後までハテナマークです。
なぜなら、主人公の奥さん・ジェニーは「本当に奥さんなの?」と思ったから。

主人公に協力するどころか、泥棒の主人公を警察に突き出す結果になります。
「なぜそんなことをするのだろう?」という疑問が最後まで拭えませんでした。

2回目に読んで、オチはなんとなくつかめましたが確信が持てません。

 Amazonの口コミ

 語彙レベルが低いので、詰まったりせずにどんどん読み進められます。洋書講読の入門に良いと思います。
内容は、洋書だけあり、日本の習慣には無い、「ある事」によりストーリーが面白くなります。タイトルのNewspaper が物語のカギです。
星3つとしたように、特にお薦めはしませんが、読みやすいので、洋書の入門をされる方には星5つで勧めたいですね。

»『Newspaper Chase』をチェックする

9.Tinkers Farm

英語多読

ストーリーはやさしいです。
ハッピーエンドなので、読後感も悪くありません。

使われている単語も簡単なものです。
物語の内容が単純だったため、理解できているか疑問が残りました。

ゆえに、2回読みました。
間違ってなさそうです。

 Amazonの口コミ

1800年、イギリスからアメリカに渡ってきた親子の物語。
ある農家で使われる身分となりますが、インディアンの子供を助けたことで・・。
平易で読み易い。
開拓時代に想いをはせる一冊。

» Tinkers Farm』をチェックする

10.未来をつくるキャリアの授業【渡辺 秀和】※第3位

未来をつくるキャリアの授業

 書かれていること

・キャリア設計の考え方
・相談者からのキャリアの疑問
・キャリア設計の陥りがちなワナ
・キャリア強化法
・キャリア設計のマジック(大技)
・キャリア設計の具体的な手順

キャリア設計は人生を豊かにするうえで、すべてのビジネスパーソンに重要なテーマ。

 グッときたところ

✔︎ 転職は「いい時に動き、悪い時に動かない」が鉄則
✔︎ 小さく試して検証する
✔︎ 魅力満載のインターネット系キャリアを活用する

こーいち
読み終えたあと、「やはりWEB業界がいいかも」と率直に思いました。

» 『未来をつくるキャリアの授業』をチェックする

11.Girl on a Motorcycle

英語多読

読み終えた感想は「まんまと作者のワナに引っかかった」という感じ。
起承転結そのままにのせられました。

ただ、その分楽しめたのは事実。
わからない単語はほとんどなく、スラスラ読めます。

物語がよくできているので、終始、素直な気持ちでページをめくれました。

こーいち
1,500語が短く感じます。

 Amazonの口コミ

「多読・多聴最強ガイド」という本に、「途中まで」載っていました。これがとても面白くて、続きが読みたくなってしまいペーパーバックを購入しました。
いやぁ、意外な展開でビックリ。最後までグイグイ惹き付ける面白さがあります。
ちょっと高いのが玉に瑕ですが、とても読み易い文章なので多くの人にお薦めできます。

»『Girl on a Motorcycle』をチェックする

12.迷った時、「答え」は歴史の中にある【中谷 彰宏】

迷った時「答え」は歴史の中にある

 グッときたところベスト3

・第1位 問題の解決策は、歴史の中にある
・第2位 雪舟はドロップアウトでチャンスをつかんだ
・第3位 テストでなくなってから、歴史は面白くなる

こんな方におすすめ

  • 学校時代、歴史が苦手だった人。
  • 歴史に興味はあるけど、どうやって勉強すればいいかわからない人。
  • 悩み事を抱えていて、解決策を探している人。
こーいち
悩み迷ったら、自分の歴史を振り返ってみるのも気づきがあります。

»『迷った時、「答え」は歴史の中にある』をチェックする

詳しくは下記記事で解説しています。

13.洗濯王子の楽々アイロン術【中村祐一】

洗濯王子の楽々アイロン術

詳しくは下記記事で解説しています。

»『洗濯王子の楽々アイロン術』をチェックする

14.バイオパンク

»『バイオパンク』をチェックする 

» 本書はKindle Unlimitedの30日間の無料体験で読めます。
※無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

【まとめ】読書日記は簡単なので、1行書くことから始めよう

2020年6月読書日記

 【まとめ】月に読んだ本ベスト3

読書日記は簡単です。

たった1行だけでも感想を書くことを意識して読むと、読み方が変わります。
なぜなら、書くために読むからです。

アウトプットのために読むと、探すように読むようになります。

・重要なところ
・グッときたところ
・わからないところ
・印象に残ったところ
・おもしろかったところ

キーワードをすくうように読めるのです。
すくったものが得たものです。

漠然と読むと得るものは少ないです。

こーいち
アウトプットが上質な読書を可能にします。

こーいちより

P.S. 読書感想文を意識して、読書日記を始めよう。

 無料体験でビジネス書、雑誌、マンガなどが読み放題

Kindle Unlimited | 月額980円が30日間無料
✔︎ 本、マンガ、雑誌など合計200万冊以上が読み放題。
✔︎ 無料期間中(30日間)に解約すれば、お金はかかりません。

» Kindle Unlimitedの読み放題の対象本を見てみる

関連記事読書で人生を変える方法がわかる本【読書感想文・書評】読んで生まれ変わろう
関連記事【読書の始め方】年間300冊の本を読む私がおすすめする忘れない読書方法【読書のメリットも3つ解説】

-本を読む, 読書日記

© 2019 Blog Chronicle