本を読む 読書感想文・書評

【読書感想・要約】考える力のない人が読む本『思考中毒になる!』【問いを持とう】

2021年4月13日

思考中毒になる

親愛なる君に

  • 「暗記数学ばかりで考える力を鍛えてこなかった」
  • 「今さらだけれど、考える力をつけて仕事に活かしたい」
  • 「思考力を鍛えることで、ロジックで常に同じ答えを出せるように成長したい」

この記事は考える力のない自分へ向けて書いています。

下記ツイートをしました。

『思考中毒』齋藤孝【著】読了
・常に考え続ける
・今、何を考えているのが意識する
・思考の記録をメモする
・思考にメリハリをつける
齋藤先生は帰宅してからは一切仕事はしないそうです。
メリハリをつけるため。
スティーブンキングも同様であると例を出されていたのはなんだか嬉しかった。

 この記事でわかること

・『思考中毒になる!』を読んだ感想【グッときたところベスト3】
・口コミ4つ、紹介動画2本

 本記事の信頼性

・齋藤 孝 先生の本は200冊ほど読んできました。

本記事を書いている私は、大学受験のとき暗記数学で失敗しました。
高校数学で必要な思考力がすっぽり抜けています。

「少しでも思考力をつけたい」という思いが、本書を読んだ理由です。

本記事は、『思考中毒になる!』を読んだ感想・要約を書いています。

この記事を読むことで、本書のグッときたところベスト3、思考力の高め方がわかります。

ググればなんでも検索できるので、記憶力より思考力が優先です。

ちなみに、本書はAmazon Audibleの無料体験で無料で読めます。

» 30日間無料のAmazon Audibleを見てみる
✔︎ 無料体験中(30日間)に解約すれば、お金はかかりません。

こーいち
すぐできる思考力を高める方法は「問いを持ち、考え続けること」と学びました。

【読書感想・要約】考える力のない人が読む本『思考中毒になる!』のグッときたところベスト3

思考中毒になる

 グッときたところベスト3

【第1位】思考中毒になる環境を整える
【第2位】思考の究極の行為が「書くこと」
【第3位】考えている人は常に「気づき」を得ている

順番に解説します。

【第1位】思考中毒になる環境を整える

サウナから上がったあと、帰宅してから午前3時くらいまでは趣味の時間にあてています。もちろん、生きている限り思考は止まらないものの、仕事はまったくせず、難しいことは考えないようにしています。
基本的にパソコン、ボールペンなどの仕事道具にはさわりません。本を読んだり、YouTubeを見たり、テレビで映画やスポーツを見たりして、ひたすら楽しみます。
かつては夜遅くまで根を詰めて、仕事をしていた時期もありました。ただ遅くまで仕事をすると、どうしてもメリハリがなくなり、日中の思考がだらけるように思い、思い切ってやめることにしました。
夜に頭をリラックスさせることで、1日にリズムが生まれ、翌日の午前中からのクリエイティブな仕事に勢いがつくという仕組みです。
アメリカのベストセラー作家であるスティーヴン・キングも、午前中を執筆時間にあて、午後は一切執筆を行わないと自著の中で明かしています。あれほど質と量を兼ね備えた天才的な作品を発表している作家でも、メリハリをつけて思考しているのです。

「どうすれば仕事や思考の生産性が上がるのか?」が疑問でした。
ときどき、何もやる気が出ないことがあるからです。

例えば、ブログです。
毎日書くほうがいいのか、メリハリで書くほうがいいのか。

1年52週でシミュレーションすると、以下のとおり。

1.365日、毎日6時間を書く(2,190時間/年)例:村上春樹、スティーヴンキング、梅原大吾、マナブ、
2.平日8時間、週末5時間を書く(2,340時間/年)
3.平日だけ10時間書き、週末は書かない(2,600時間/年)例:残業のある会社員
4.平日11時間を書き、週末は3時間を書く(3,016時間/年)例:
5.平日12時間を書き、週末は書かない(3,120時間/年)例:漫画家・十日草輔

どれがいいかは人それぞれ。

・毎日やりたい人は1番(ハードルを下げつつ)
北野武さんの振り子理論を効かせるなら5番

実験してみないとわかりません。

「10年続けられる努力はどれ?」という質問に答えるなら、3番です。

なぜなら、実際に会社員として19年8ヶ月仕事をしてきたから。
モチベーションや体への負担を考えると、長続きしそうだから。

「平日8時間労働、週末は休日」の労働スタイルは理にかなったものです。

こーいち
ただ、「魅力全開で行くなら5番が最強かな」と思います。

思考にもメリハリをつける

齋藤先生、村上春樹、スティーヴン・キングに共通していることがあります。

夜は仕事をしない。

翌日の早朝のクリエイティビティを発揮するために、夜は一切仕事はしないのです。

村上春樹も「吸血鬼じゃないので夜は仕事はしません」と何かの著作で述べていました。
エッセイ『意味がなければスイングはない』では、以下のとおり。

実を言うと、僕も朝にしか仕事をしない。
だいたい午前四時から五時のあいだに起きて、
十時頃まで机に向かって集中して文章を書く。
日が落ちたら、よほどのことがない限り一切仕事をしない。

出典:意味がなければスイングはない

どうやってメリハリをつけるのか。

1日単位でメリハリをつけるのか。
1週間単位でメリハリをつけるのか。
1ヶ月単位でメリハリをつけるのか。

休むときは休む。
遊ぶときは遊ぶ。
考えるときは考える。

メリハリのある思考をするために、メリハリのある生活環境を整えることが大事です。

 参考書籍

『小説作法』
スティーヴン・キングの生活スタイルが明かされた本です。

『意味がなければスイングはない』
「日が落ちたら、よほどのことがない限り一切仕事をしない」と言ってみたいもの。

脱サラ41歳のマンガ家再挑戦
朝3時に起床、17時までマンガを書き、週末は一切書かない。
41歳から1年半、書き続けてマンガ家デビューした努力の軌跡。

こーいち
1日単位でメリハリをつける1番が最強説に思えてきました。

【第2位】思考の究極の行為が「書くこと」

感想文を書くときには自分の頭で思考しなければなりません。書くことと思考することは直結しているのです。
「読む」と「書く」をそれぞれ行うと、後者のほうが圧倒的に疲れるのがその証拠です。

齋藤先生は思考力を高める訓練として、以下の例をあげています。

・本のレビューをSNSに投稿してみる
・映画の感想を1,000字くらいで月10本アップしてみる

アウトプット前提のインプットです。

アウトプットを意識することで、インプットの質が上がるのですね。

・インプット → 読む、観る
・アウトプット → 書く、話す

日常のすべてがインプット、アウトプットのチャンスです。

思考力を高めるには「数学の勉強」が最善と思っていました。
本書を読んでも、「数学が最善」は変わりません。

ただ、数学以外にも日常に思考力を高める手段があるのです。

こーいち
インプット、アウトプットの両輪を回し続けることが、考え続けることなのですね。

»【まとめ】高校数学のおすすめ参考書【数学アンテナが立つ厳選7冊】

【第3位】考えている人は常に「気づき」を得ている

考える時間が延びていくと、生活の中で気づきが起きる回数が増えていきます。気づきを会話や文章にしてアウトプットしていけば、確実に思考力がつき、クリエイティブなアイデアも出やすくなります。

〜 中略 〜

思考力がある人は、日常の中で、常に気づきを得ています。ですから、思考力がある人の文章には、気づきがふんだんにちりばめられています。
何も起きていない日常を面白おかしく書けるようになったら、思考のレベルは確実に向上していると言えるのです。そして、思考レベルを上げる一番の近道は、思考中毒になることなのです。

思考力が上がれば「気づき」が増えます。
なぜなら、日常が変わって見えるから。

たとえば、以下のとおり。

・ヒット商品が売れている理由が見える
・評判の良いサービスの仕組みが見える
・日常のすべての作り手の思考が見える

思考力で得た新しい視点で日常が変わって見えれば、新しい世界を手に入れたようなもの。

こーいち
思考力は人生に新しい喜びをもたらします。

「そんな簡単に思考力は手に入らない」という意見もあるかもしれません。

私もそう思います。
思考力は一朝一夕に身につくものではありません。

思考力はつねに考え続けることでしか鍛えられないもの。

ただ、考えれば考えた分だけ思考力は変わります。
考えた量に比例して、得られる未来は変わっていくのです。

こーいち
思考中毒はコスパの良い行為ですね。

『思考中毒になる!』は、考える力が欲しい人におすすめ

思考中毒になる

おすすめの人

こんな方におすすめ

  • 考え続ける習慣を身につけたい人
  • 「読む書く話す」で思考力を上げたい人
  • アイデアの生み出し方を知りたい人

齋藤先生の本は、引用や体験談が豊富なのでわかりやすいです。
他の人と違う言葉が多いので、文章にも惹かれます。

また、本書に書かれているのは「思考力を高める方法」だけではありません。

・思考を持続させる秘密兵器
・ヤフーコメント欄のコメント力
・極限までシンプルに考える方法
・バガボンドに学ぶ思考の制約
・比較することで考えやすくする

思考が変わるきっかけが、わかりやすく書かれています。

こーいち
考えるのが楽しくなる本です。

 逆に、下記のような人にはおすすめできません。

・思考力がある人
・問題発見のやり方を知りたい人
・簡単に思考力を手に入れたい人

「問いの見つけ方」は書かれていません。

著者のプロフィール

齋藤 孝
1960年、静岡県生まれ。
明治大学文学部教授。
東京大学法学部卒業。
東京大学大学院教育学研究科博士課程等を経て現職。
専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。
『身体感覚を取り戻す』で新潮学芸賞受賞。
『声に出して読みたい日本語』(毎日出版文化賞特別賞)がシリーズ260万部のベストセラーになり日本語ブームをつくった。
NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。
『15分あれば喫茶店に入りなさい。』『イライラしない本』など著書多数。
累計発行部数は1000万部超。

出典:Amazon

6つの章の目次【書籍情報】

目次

第1章 なぜ考え続けることが最強なのか
第2章 考え続ける習慣をつける
第3章 思考のクオリティを上げる
第4章「読む・書く・話す」で考え続ける
第5章 アイデアを生む思考力

書名『思考中毒になる!』
著者齋藤 孝
単行本208ページ
出版社幻冬舎
発売日2020/7/29
こーいち
齋藤先生の授業で変わった生徒も多いはずです。

»『思考中毒になる!』をAmazonで読んでみる

口コミ4つ

学生の成長していく様子がわかる本

思考術・アイデア術のヒントを、自身や教え子が実践した結果も交えて紹介してて分かりやすい。
出されている手法や考え方自体は類著で読んだ内容だったりはするのだけど、この本のキモは「最初はめんどくさがってた学生が、次第に楽しく取り組めるようになった」様子を紹介してるところにあると思う。
(学生時代たいがい不真面目だった身としては「ほんとかよ?」って思ってしまったりはするんだけどね)

と、後半の内容は楽しめたのだけど、そこにたどり着くまでの前半の論点がちょっと掴みにくかった……。
言いたいことは伝わるからこそ、全体の論旨と矛盾する部分とか関係ない部分がノイズになるというか。
そのノイズを授業の合間の余談のように楽しむのが齋藤孝らしさ、なのかなぁ。
他の著作読んだことないから分からないけど。

出典:ブクログ

こーいち
私は逆で、前半に書かれている「思考のコツ」がおもしろかったです。

好きなことから考え続ける

日常が変わった

就職関係で集団討論などをした際、議論についていけなかったことをきっかけに本書を手に取りました。
冒頭で思考力をつけることで日常が変わると言っており、半信半疑で読み進めました。
読んでいるうちに、自分が普段いかに自分の頭で“思考”することができていなかったかがわかりました。
読了後、物事を疑い、疑問を持つことを心がけるため、メモを取るようにしました。
継続して数日ですが、以前より広く物事を見れるようになり、会話の引き出しも増えました。
また、あまり読んでいなかった本を読むのが楽しくなりました。
この本に出会えたことに感謝です。

出典:Amazon

こーいち
考える習慣で日常が変わります。

気楽に読めます

例えば、美味しいものを食べて「おいしかった」、テレビ番組を観て「面白かった」「つまらなかった」などと簡単なコメントしかできない私は、おそらく思考していないということなのだろう。
所用で5回も佐渡へ行ったことがあるが、知人に「佐渡ってどんなところ?」と訊かれると、いつも「何もないところ」と答えている。
しかし、太宰治は「佐渡」という短編の中でいくつもの気付きを提示している。
思考力、文章力あればこそできることだ。
思考力のある人は日常の中で常に気付きを得ていて、何も起きていない日常を面白おかしく書けるのかもしれない。
そういうことができれば普通の生活がいっそう豊かになるのだろう。
毎日日記を書くのが楽しくなるかもしれない。

思考中毒とはほど遠くにいるかと思える私だが、自分の興味のあることは常に思考しているし、コメントを求められればいくらでも話すことも書けることもある。
たぶん多くの人も同様ではないだろうか。
改めて思考中毒にならなくても結構豊かな精神生活を送れるし、それによって利益を生み出しているケースもあるだろう。
著者はどういう読者を想定しているのかわからないが、何も興味もてないで生きている人(もし、こういう人がいるなら)はこういう本を読んだ方がよいかと思った。

出典:Amazon

こーいち
本書で「考えることと考えごと」の違いがわかります。

悪い口コミが少なくて、残念でした。
» Amazonの口コミを見てみる

『思考中毒になる!』の紹介動画2本

書評「思考中毒になる!』by 齋藤孝

こーいち
購入した理由、齋藤先生がどんな人か、何が書かれているか、が解説されています。

【紹介】思考中毒になる! 幻冬舎新書 (齋藤 孝)

こーいち
本の内容を網羅的に紹介していますが、機械音声のため聞きにくいです。

【感想まとめ】問いを見つけて、思考中毒になろう

思考中毒になる

 【まとめ】グッときたところベスト3

【第1位】思考中毒になる環境を整える
【第2位】思考の究極の行為が「書くこと」
【第3位】考えている人は常に「気づき」を得ている

本書を読むメリットは以下のとおり。

・「考え続けてみよう」と思える
・考え続けるメリットがわかる
・考えたことを記録しようとする

デメリットは「問いを見つける方法」は書かれていないこと。
本書を読んでいて疑問でした。

たしかに書かれていることで思考力は上がるかもしれない。
ただ、何について考えるか?
まずは考えるべき問題を発見しなくては始まらない。

思考中毒で考え続けたからこそ、気づいたことです。

問いを見つけて、考え続ける。

思考力にコンプレックスを感じている方は、下記リンクをチェックしてみてください。
»『思考中毒になる!』で考える力を手に入れる

こーいち
「問いさえ見つかれば、あとは思考力で解決に向かう」と思えました。

こーいちより

P.S.  問いを見つけて、考え続けよう。


✔︎ 本書はAmazon Audibleの無料体験で無料で読めます。
✔︎ 無料体験中(30日)に解約すれば、お金はかかりません。

» 30日間無料でAmazon Audibleを体験してみる

関連本



 初回30日間の無料体験でビジネス書、雑誌、マンガなどが読み放題

U-NEXT | 31日間無料で本が読み放題 
本だけでなく映画・ドラマ・アニメが見放題。

Kindle Unlimited | 月額980円が30日間無料
本、マンガ、雑誌、写真集など合計200万冊以上が読み放題。

Amazon Audible | 2か月無料キャンペーンは2021年5月6日まで
通勤や車の移動中に本が聴けます。

関連記事【まとめ】高校数学のおすすめ参考書【数学アンテナが立つ厳選7冊】
関連記事【書評・要約】ブログで4000文字が書ける本『原稿用紙10枚を書く力』【齋藤孝】

-本を読む, 読書感想文・書評

© 2019 Blog Chronicle