日記 ライフスタイルを書く

「行動と感情」を記録する日記のメリット【日記歴19年7ヶ月の私が解説】人生をレコーディングしよう

日記のメリット

親愛なる君へ

  • 「日記のメリットを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

日記を19年7ヶ月、書いています。
日々の感想を書く日記ではなく、「行動と感情」を記録する日記です。

 行動記録は、下記など。

・読み終わった本の名前
・ブログを書いた時間、本数
・ランニングの距離
・遊びの内容
・旅をした場所

 感情記録は、下記など。

・ネガティブな感情
・ポジティブな感情

他にも起床時刻、体重、食べたものを記録しています。
メリットがあるので、19年7ヶ月続いています。

本記事では、行動と感情を記録する日記のメリットについて解説します。

 この記事でわかること

・行動記録の日記のメリット
・感情記録の日記のメリット

 本記事の信頼性

✔︎ 日記歴:19年7ヶ月(2000年11月7日より開始)

日記とは「人生のレコーディング」です。

 結論としてメリットを書いておきます。

✔︎ 行動記録のメリット
1.未来の行動をつくる
2.想い出を記録できる
3.バランスよく成長できる

✔︎ 感情記録のメリット
1.自分がわかる
2.ネガティブな感情が減る
3.ポジティブな人間になれる

本文で解説していきます。

こーいち
レコーディングダイエットの人生版です

「行動と感情」を記録する日記のメリット【日記歴19年7ヶ月の私が解説】

日記のメリット

行動記録のメリット、感情記録のメリットを見ていきましょう。

行動記録の3つのメリット

 行動を記録する3つのメリット

1.未来の行動をつくる
2.想い出を記録できる
3.バランスよく成長できる

順番に解説します。

1.未来の行動をつくる

行動を記録することで、過去を振り返ることができます。
過去を振り返ると、気づきから行動のきっかけが得られます。

たとえば下記のように。

・「あれ、今週は読書量が少ないな。明日からもう少し本を読もう」
・「ブログがちょっとオーバーワーク気味だな。平均したペースを目指そう」
・「ランニングの目標距離が足りていないけれど、今月はあと○○日あるからノルマは達成できそう」

過去の自分が、未来の自分の行動をつくるのです。

2.想い出を記録できる

読んだ本、遊んだ内容、旅行した場所などを記録することで、想い出を振り返ることができます。

人間の記憶は危ういもの。
自分で完璧に覚えていたつもりでも、案外、都合のいい記憶にすり替わっていることもあります。

記録しておくだけで、想い出は正確に保存されます。

人生は想い出です。
何が起きようともすべて、例外なく想い出に変わっていきます。

忘れてしまうのはちょっと寂しいこと。

想い出は人生を豊かにします。

こーいち
ただ記録しておくだけでいいのです。

3.バランスよく成長できる

私は「心技体」をバランス良く成長させたいと考えています。

「心技体」に加えて大事なのが「遊」「旅」です。
これら5つについて、下記に没頭することで成長させたいのです。

心…本を読む
技…ブログを書く
体…ランニングをする
遊…ゲームをする
旅…旅をする(添乗をする)

これらをノートに毎日、記録していきます。

心…読んだ本の内容(月間累計)
技…ブログを書いた本数、時間
体…ランニングした距離(月間累計)
遊…ゲームをする(ゲームの回数など)
旅…旅をする(旅をした行き先)

日記を振り返ることで比較できます。

たとえば下記など。

「最近、読書よりブログに時間を使い過ぎている」
「まったく遊んでいないから、少し遊びを増やそう」
「最近、旅行していない」

書かないと気づけません。

書けば一目瞭然です。
書くことで客観的になれるのです。

感情記録の3つのメリット

 感情を記録する3つのメリット

1.自分がわかる
2.ネガティブな感情が減る
3.ポジティブな人間になれる

ちなみに記録する感情は2つです。

・ネガティブな感情
・ポジティブな感情

順番に解説します。

1.自分がわかる

2つの感情を記録していくことで、自分がわかります。

感情記録はまだ始めたばかりですが、とにかくネガティブな感情が多いです。
後述するノートに公開していますが、見せられたものではありません。

自分がいかにネガティブな人間なのか、思い知らされました。

まずは知ることからです。

知らなければ改善のしようがありません。
感情を記録して、自分を知ること。

こーいち
これだけで大きな気づきが得られます。

2.ネガティブな感情が減る

感情を記録していくと、ネガティブな感情でノートが埋め尽くされます。
自然と「ネガティブな感情を減らしたい」と思うようになるのが不思議です。

たとえば、日記を読み返すと「ゲームのやり過ぎで5,000円と3時間を失って、ストレスになった」と書いてあったとします。

私の例です。

おそらく1週間以内にまたゲーセンに行くでしょう。
そして同じ失敗を繰り返すのです。
同じネガティブな感情を味わい、ノートに書くことになるのです。

感情記録をしていると「同じネガティブな感情を書かないためにはどうすればいいか」を考えるようになるのです。

下記などの解決策を考えるようになるのです。

・ゲームで勝つ方法を考える
・ゲーセンには300円しか持っていかない
・そもそもゲーセンには行かない

どれかを実践すれば、以前よりネガティブな感情を味わうことは減るでしょう。

こーいち
人生が変わり始めます。

3.ポジティブな人間になれる

ネガティブな記録が減っていくと、今度は「ポジティブな感情を増やしたい」と思えるようになります。

ポジティブな感情を味わったことを記録します。
そうすると「また同じ感情を味わうためにはどうすればいいか」を考えるようになるのです。

・こんな言い方をしたら喜ばれた。
・長いクラシック音楽を聴きながらだと仕事に集中できた。
・朝早く起きて仕事を進めたらポジティブな気持ちになれた。

同じことを繰り返せば、ポジティブな感情を味わえ、またノートに記録できます。

いつの間にか、ポジティブだらけの行動をするようになるのです。

完全に人生が変わります。

こーいち
感情記録は人生を幸福にします。

体重、起床時刻、食べたものを記録

その他として、3つを記録しています。

・体重
・起床時刻
・食べたもの

体重と食べたものの記録は、体重管理に役立ちます。
体重は家人が見るカレンダーに記録していくと効果的。
みんなが見るのでカッコつけたくなるから。

こーいち
起床時刻は朝型の生活をしたいので記録しています。

日記で人生をレコーディングする

「行動と感情」を記録することは、人生のレコーディングです。

人生を記録していくことで、無自覚だった成長の偏りやアンバランスな感情がわかり、人生をさらにより良くするための改善を促していけるからです。

だいぶ前に「レコーディングダイエット」が流行りました(以下の書籍)。

いつまでもデブと思うなよ・電子版プラス』岡田斗司夫【著】
>> kindle unlimitedの30日間の無料体験で読んでみる

レコーディングダイエットとは簡単に言えば、毎日の食事を記録して「見える化」することで食べ過ぎを防止するダイエットです。

日記はレコーディングダイエットの「人生版」です。

成長に辛い努力は不要です。

こーいち
記録するだけで自然と改善したくなるのです。

「行動と感情」を記録する日記の書き方

日記のメリット

日記の一例は、以下のとおり。

日記のメリット

左ページに行動記録、右ページに感情記録

左側のページに行動記録を書く

ノートは『コクヨ Campus B 6mm×35行 100枚』を使用しています。

左側のページに以下を記録していきます。

・タテ軸=日付、起床時刻、体重、ブログ投下時間
・ヨコ軸=成長させたいカテゴリー(心技体遊旅)

これだけです。

この週で得られる気づきは、以下のとおり。

・6月24日はブログ2時間、6月25日はブログ4時間だけなので、「週末に取り返そう」と思っています。
・6月25日にエクバ2で5,000円をつぎ込んでしまったので、当分やらないことを決めました。
・足の痛みからランニングしていなかったので、そろそろ再開しようと思っています。

以上のような気づきが得られるのです。

さらに読書日記、ランニング日記は下記記事にまとめています。


ランニング日記
2020年6月ランニング日記
【2020年6月ランニング日記】目標は月間200km、週に50kmを積み上げる

続きを見る

右側のページに感情記録を書く

右側のページに以下を記録していきます。

・ネガティブな感情
・ポジティブな感情

一番右側に食べたものも記録しています。

この週で得られる気づきは、以下のとおり。

・6月22日は昼寝のしすぎで「時間をムダにした」と思い、イライラ。
・6月23日は子どもに仕事を中断され、「ポケモンのID、PASSがわからない」と言われ、調査に1時間くらい使ってしまいイライラ。
・6月25日はゲーセンでお金と時間を使い過ぎてイライラ。

ポジティブな感情は6月23日に数学を勉強したことくらい。

いかにネガティブな感情まみれなのかがわかります。
同じ失敗を繰り返さないためにも「改善をしよう」と考えるようになるのです。

週末、月末に読み返して気づきを得る

週末や月末に振り返ります。
記録して終わりではもったいないです。

振り返ることで気づきがあります。

月末の振り返りは下記記事にまとめています。

日記のメリットの口コミ5個

 Twitter口コミを5個引用

https://twitter.com/kazu1121jun1018/status/1275255006757679104?s=20

こーいち
ほめ日記も面白そうです。

https://twitter.com/yuuukun18/status/1268421977401778176?s=20

こーいち
こちらは文章を書く日記ですね。

https://twitter.com/EmochiLIVE/status/1249450378199875584?s=20

こーいち
メリットは①思い出、②感情の折り合い、③成長がわかる、と書かれています。

https://twitter.com/papapiman/status/1240759955902382081?s=20

https://twitter.com/menoko10/status/1198635921089818625?s=20

こーいち
メリットは、①思考の整理ができる、②読み返した時に自分の進歩(時には後退)に気づける、③精神的に安定す、④字がきれいになる、⑤文章能力が上がる、と書かれています。

日記のメリットがわかる動画3本

 後で必ずためになる日記の書き方

動画で解説されているネガポジ比率変換ノートが有益です。
ノートに書くことは下記のとおり。

・ノートの左側にネガティブな感情
・ノートの右側にポジティブな感情

書き始めるとネガティブな感情ばかりに気づけます。
ポジティブな感情を探そうと、日常にアンテナが立つようになります。

感情を記録するだけでポジティブな人間になれるのです。

こーいち
早速、実践しています。

 日記のメリットは、自分自身を観察する能力を高められること。

 日記をつける効果が神がかってる理由

1.字が上手になる
2.語彙力アップ
3.表現力アップ
4.記憶力アップ
5.メンタルケア

【まとめ】日記のメリットを知り、人生をレコーディングしよう

19年7ヶ月分の日記

本記事は、「行動と感情」を記録する日記のメリットについて書きました。

日記で人生が変わります。

記録することで、無自覚だった行動、感情を意識できるようになり、毎日の過ごし方が変わっていきます。

以前の自分と比較すれば、成長や収穫に気づけます。
日々の小さな改善の積み重ねが、より良い人生につながります。

こーいち
毎日が楽しくなるのもメリットです。

以上、『「行動と感情」を記録する日記のメリット【日記歴19年7ヶ月の私が解説】人生をレコーディングしよう』の記事でした。

こーいちより

P.S. 人生をレコーディングしよう。



いつまでもデブと思うなよ・電子版プラス』岡田斗司夫【著】
>> kindle unlimitedの30日間の無料体験で読んでみる

関連記事日記の7つの効果【過去に意味を与え、未来の行動をつくろう】人生が変わる
関連記事日記の書き方、読み方、続け方がわかる本【読書感想文・書評】行動記録をつけよう
関連記事『Blog Chronicle』とキャッチフレーズ『 読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』について解説

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.