Eat Drink

ブロッコリーの栄養・効能、デメリット【筋トレ、ダイエットに効果的】

2019年5月5日

ブロッコリー
  • 「ブロッコリーの栄養効能、デメリットを知りたい」
  • 「ビタミンCが豊富で良いことばかりに見えるけれど、悪い点はあるの?」
  • 「筋トレやダイエットにも効果的なのかな?」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

ブロッコリーの栄養9つ【効能】
ブロッコリーのデメリット2つ
筋トレ、ダイエットの効果
おすすめの調理方法、口コミ

 本記事の信頼性

本記事を書いている私はブロッコリーの栄養と効能に気づいてから、ブロッコリーにハマりました。
多いときは週3回、食べています。

ブロッコリーはカロリーが少ない割にはビタミンCが豊富。
野菜の中でも栄養価が高く、食卓の彩りになります。

本記事は、ブロッコリーの栄養効能、デメリットを知らない人へ向けて解説していきます。

この記事を読むことで、ブロッコリーの魅力がわかり、ブロッコリーを積極的に食べたくなることができます。

こーいち
ブロッコリーをベジタブルファーストで食べることで、夕食の食べ過ぎにも貢献しています。

ブロッコリーの栄養・効能、デメリット【筋トレ、ダイエットに効果的】

ブロッコリー

記事の結論をまとめます。

 ブロッコリーの栄養効能、デメリット

ブロッコリーの栄養効能9つ

1.ビタミンC
2.ビタミンA
3.ビタミンE
4.ミネラル
5.葉酸
6.たんぱく質
7.ポリフェノール
8.食物繊維
9.スルフォラファン

ブロッコリーのデメリット2つ

1.体臭がきつくなる
2.食べ過ぎると胃腸に負担がかかる

ブロッコリーの2つの効果

1.筋トレに効果がある
2.ダイエットに効果がある

順番に解説していきます。

ブロッコリーの9つの栄養【効能あり】

ブロッコリー

1.ビタミンC

生のブロッコリーはビタミンCが豊富。
レモンの2倍、みかんの4倍、キャベツの3~5倍ものビタミンCが含まれています。

レモンよりも多いのは意外です。

約100g食べれば1日分のビタミンCが摂れます。

ビタミンCは強い抗酸化作用があり、動脈硬化を防いだり美容に欠かせないコラーゲンを作る際に重要な栄養素。

色々な病気を予防したり、美容に高い効果効能が期待できます。

栄養価の高いブロッコリーですが、出荷後は茎内の栄養が放出されてしまいます。
3日間でビタミンCの量は半分になります。

2.ビタミンA

ビタミンAの成分の1つ「レチノール」には抵抗力をアップさせてくれたり、目や肌にも良いとされています。

ビタミンAは喉などの粘膜を健康な状態に保ちます。

こーいち
健康な粘膜は風邪や口内炎などの予防に期待できますね。

3.ビタミンE

血行を促進して肌代謝を上げ、肌の再生を促す効能があります。

 肌のトラブル改善に効果的

シミ
くま
しわ
たるみ
ニキビ
ニキビ跡
そばかす

「肌の新陳代謝」が上がることで、美白効果も期待できます。
もちろん、新陳代謝はブロッコリーだけではありません。

ジョギングなどのハアハアいう有酸素運動
勉強をして頭を使う、ウンウンうなってを考え続ける
本を読んで心を揺さぶられるようなと体験や感動をする

細胞が入れ替わるような気持ちの変化をしたり、涙を流したり、笑ったり、音楽を聞いたり映画を見たり。
新しいことをやってみる、いつもとちがう変化をしてみる、というのも重要ですよね。
» 参考:『なぜあの人は10歳若く見えるのか』

4.ミネラル

ミネラル分も多く含まれています。

5.葉酸

葉酸は細胞の新生に欠かせない成分です。

妊娠初期の女性が十分な量を摂取すると、胎児において神経管閉鎖障害という神経管の発育不全になるリスクを減らすことがわかっています。

妊娠中の女性には必須の栄養素。

こーいち
赤血球の細胞を作るのに大きな役割を担っています。

6.たんぱく質

たんぱく質は生きていくうえで欠かせない重要な栄養素。
三大栄養素と呼ばれています。

炭水化物
脂質
たんぱく質

体を作る効果に加えてエネルギー源としても重要。

7.ポリフェノール

脂肪の消費効果や美白などの美容効果効能が期待できます。

8.食物繊維

便通をよくします。

9.スルフォラファン

スルフォラファンは、以下などの効能を期待できます。

強い抗酸化作用
肝臓機能改善機能
胃がん大腸がん発症を防ぐ効能

スルフォラファン活性にはコツがある

スルフォラファンを活性するのに必要なミロシナーゼという酵素は、加熱に弱く、調理すると死んでしまいます。
生で食べても、体内でミロシナーゼが消化され、やはりスルフォラファンが生まれません。

ポイントはブロッコリーを切ってから4〜5分放置すること。

切ることでミロシナーゼがスルフォラファンを生み出してくれます。
あとは普通に調理してOKです。

若芽のブロッコリースプラウトのスルフォラファンは約20倍

「スプラウト」とは英語で「新芽」の意味。

ブロッコリースプラウトは、ブロッコリーに微量に含まれる「スルフォラファン」というファイトケミカルを豊富に含む野菜です。
ブロッコリースプラウトのスルフォラファンの量は、完熟ブロッコリーの約20倍なのです。
» 参考:ブロッコリースプラウトのすべて

こーいち
ブロッコリースプラウトは生でも食べられますので、サラダやサンドイッチに入れてもOKです。

ブロッコリーのデメリット2つ【体臭と負担】

ブロッコリー

 ブロッコリーのデメリット2つ

1.体臭がきつくなる
2.食べ過ぎると胃腸に負担がかかる

1.体臭がきつくなる

ブロッコリーに含まれている成分「コリン」が原因で、体臭がきつくなります。

2.食べ過ぎると胃腸に負担がかかる

ブロッコリーを食べ過ぎてしまうと胃腸に負担がかかります。

胃腸に負担がかかると胃腸の働きが落ち、栄養が体に吸収されにくくなります。

ブロッコリーは筋トレ、ダイエットにも効果的

ブロッコリー

茹でたブロッコリー

ブロッコリーは筋トレとダイエットに効果的です。

1.筋トレに効果がある

筋肉を強くするにはタンパク質だけではなく、ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素をバランスよく取る必要があります。

ブロッコリーはこれらの栄養素を十分に満たしています。

こーいち
カロリーや脂質、糖質も低いため、筋肉にとっては理想的なバランスなのです。

2.ダイエットに効果がある

ブロッコリーに多く含まれるミネラルの一種であるクロムは、脂肪を燃焼させる効果があります
ビタミンB1が脂肪の燃焼をサポートしてくれるため、脂肪を溜め込まないようにしてくれます。

ビタミンEやスルフォラファンには新陳代謝を上げる効果が期待されています。

こーいち
体内のデトックスをうながしてくれるのです。

 参考:10キロやせて永久キープするダイエット
» Amazonの口コミ(430件)

ブロッコリーのおすすめの調理方法

ブロッコリーの栄養と効能、デメリット

 おすすめの調理方法

75℃以下のお湯で茹でる
低温で最大5分間まで蒸す

理由は、ミロシナーゼの消失を18%以下に抑えることができるからです。

温度をキープしながら蒸すのは難しいです。

蒸し器でフタを開けながら蒸す「低温蒸し」がおすすめ。
ゆっくりと加熱することで甘みも増えます。
» 参考:ブロッコリーおすすめ調理法(クックパッド)

こーいち
ブロッコリーは下ごしらえが簡単で、彩りもパッと華やかに、ボリュームも出せる優秀食材です。

補足

ブロッコリーの旬は、11月~3月です。

ビタミンC、ビタミンB1、葉酸において野菜の中で含有量No1はブロッコリーです。
秘密は花蕾で、1株に4万個以上の花を咲かせる力を持っています。

ブロッコリーの茎にはビタミンC、βーカロテン、食物繊維が含まれています。

こーいち
調理はビタミン類の流出を防ぐために、蒸すかレンジでチンがおすすめです。

ブロッコリーの口コミ5つ

ブロッコリーの栄養と効能、デメリット

 五臓に働きかける食材

 アンチエイジングの効果

 ブロッコリーが苦手な人もいる

 免疫力アップ

 ビタミンCで風邪予防

まとめ:ブロッコリーの栄養効能、デメリットを知り、楽しいブロッコリーライフを

ブロッコリー

ブロッコリーは栄養価が高く、様々なメリットがあります。

風邪などの病気やがんを予防したい
美肌美容効果、便秘解消をしたい
ダイエットや筋トレに、役立てたい

そんな方におすすめです。

お腹もふくれるので、ベジタブルファーストで食べれば食事制限にも効果的。
ただ、調理の仕方によってはビタミンCが減少したり、失われるので注意です。

栄養効能、デメリットを知り、ブロッコリーライフを楽しんでみるのもありです。

他の食品について解説している記事はこちら

梅干しの栄養素、健康効果効能デメリット
【梅干しの4つのデメリット】選び方のポイント3つ、栄養素、健康効果
フリーズドライ食品
【まとめ】フリーズドライの栄養価、メリット、デメリット【歴史、商品、非常食、口コミ、動画】
こーいち
ブロッコリーは、人生に彩りを添えます。

こーいちより

P.S. ブロッコリーを食べて、様々な栄養、効果効能を得よう。


※ 本書はKindle Unlimitedの会員の方は無料で読めます。

関連記事最強の食事術がわかる本【読書感想・書評】血糖値がカギを握る
関連記事【裏技】福梅本舗お試しセットを最安値で買う方法【ご飯が神になる】

-Eat Drink

Copyright © Blog Chronicle , All Rights Reserved.