ブログを書く ブログ運営報告

『Blog Chronicle』とキャッチフレーズ『 読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』について解説

ブログ

親愛なる君へ

本記事では『Blog Chronicle』とキャッチフレーズ『読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』について解説します。

『Blog Chronicle』について

ゼロ日記ブログ

『毎日、自分のための年代記を書きつつ、人のための記事も書いていく』ブログです。

1.ブログ名『Blog Chronicle』の由来は、村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』

ブログ名『Blog Chronicle』の意味は「年代記」です。
村上春樹さんの小説『ねじまき鳥クロニクル』から拝借しました。

今まで読んできた小説でベスト1に輝きます。

何回も繰り返し読みました。
学生時代、青春18切符で5日間の国内旅行をするときは、本書を持っていきました。
休職してから3泊5日でバリ島へ行く時にも持っていき、現地で読みふけりました。
それくらい好きです。

小説の主人公『岡田亨』は無職で妻や猫を失いますが、取り戻そうしていく物語に感情移入します。
私は休職しているだけなので正確には無職ではないし、妻も失ったわけではありません。

しかし、「仕事をしていない状況と、失ったものを取り戻す姿勢」は同じです。
猫は好きですが飼ったことはありません。

「自分のための年代記を書いていき、それが結果として人のためにもなれば」という気持ちです。

一生ブログを書いていきます。
それが年代記なのです。

2.ブログ名『Blog Chronicle』に込めた意味は、ゼロからやり直し失ったものを取り戻す

『ゼロからやり直し、失ったものを取り戻す』という意味を込めています。

ねじまき鳥クロニクルの主人公と同じです。

私は『慢性蕁麻疹』を理由に、2018年12月から2ヶ月間、有給休暇を消化しました。
2019年2月より『適応障害』のため、会社を休職しています。
仕事、身体、家族、会社の上司・先輩・同僚・後輩、親、家族、自分、ブログ、あらゆる関係が八方塞がりになり、結果として今の状況になったと理解しています。
失ったと感じるものも多くあります。

今までいろいろな知識、経験、考え、価値観、仕事など蓄積してきました。
しかし、いったん抱えているものすべてをひっくり返して、ゼロからやり直したいのです。

もちろんすべてリセットするには相応の時間がかかることは覚悟しています。
ブログが解決の鍵を握っていることは確かなのです。

『ゼロ』に関連して他にも込めた意味があります。

・ゼロの自分を許す
・ゼロから楽しむ
・ゼロの円を描くように循環させる
・ゼロにはプラス1億でもマイナス1億にもふれる無限の可能性がある
・シンプルな数字で好き
・何をかけてもゼロになるという変わらない強さがある
・ゼロは無の境地

当初のブログ名は『ゼロ』を入れた『ゼロ日記ブログ』でしたが、2019年5月に『Blog Chronicle』に変更しました。
理由は下記のとおり。

メモ

・ブログ名に『日記』を使うと読まれない。
・ブログ名がカタカナ・漢字の混合のため、ひらがなかカタカナどちらかの短くて覚えやすいブログ名が良い。
・『ゼロ日記』というブログがすでに存在するため重複する。

このような理由から変更し、ブログ名には『ゼロ』は無くなりましたが、込めた意味は変わりません。

「ゼロからやり直し、失ったものを取り戻す」です。

なお、2017年10月9日から2019年1月27日まで書いていた初代ブログは捨てました。
2019年1月4日(金)の誕生日に、自分へブログテーマ(Affinger5 WING)、エックスサーバー、ドメインを渡し、『Blog Chronicle』として再スタートです。

3.ブログの運営方針は2つで『自分のため』と『人のため」に書く

書きたいときに書きたいものを書きたいように『自分のため』に書く

いろいろなブログ論を読んでいると、多くには「日記ブログは有名人でもない限り読まれないし、興味をもたれない」と書かれています。
その通りです。
読まれない休職日記を書くか、書かないかで迷いましたが、書くことにしました。

日々の記録を『自分のため』にブログに書いておきたい」という気持ちが消えなかったからです。

たとえ読まれなかったとしても休職日記を書きたいのです。
ライフスタイルを書くことで自分を回復させ、自分を取り戻したいのです。

休職日記は基本的には『毎日更新』ですが、『毎日更新』に縛られないようにします。
初代ブログでは『毎日更新』を義務づけた結果、「毎日更新しなければならない」ルールが自分の首をしめる結果となりました。
書くことが苦しくなるなんて本末転倒です。

「〜しなければならない」ルールは排除し、「〜したい」気持ちを大切にしていきます。

「〜したい」を大切にすることが、自分を大切にすることにつながるのです。

② 読んだ人が、誰かに話したくなり、行動したくなり、ハッピーになるように『人のため』に書く

ブログは誰かに読んでもらいたいから書くものです。
読んでもらいたいという気持ちがなければ、WEB上で書いて公開しません。
読んでもらうには価値ある記事を書くことが必須です。

価値ある記事とは、読んだ人が行動したくなり、誰かに話したくなり、ハッピーになる記事です。

これは中谷彰宏さんの『1秒で刺さる書き方』の受け売りです。

1.読んだ人が、人に話したくなるか。
2.読んだ人が、行動したくなるか。
3.読んだ人が、ハッピーになるか。

書いた記事が、このどれかを満たしていることを目指します。
人のために価値ある記事を書くか、書かないかで迷いましたが、書くことにしました。

「人の心を動かす価値ある記事を『人のため』にブログに書いておきたい」という気持ちが消えなかったからです。

ブログを書くことで、人の心を動かしたいのです。

4.ブログの投稿内容は『心技体遊旅』の5つ

カテゴリーは『 心 技 体 遊 旅 』の5つで、これしかありません。

投稿内容については、読んだ本の感想や、日々の休職日記、走ったことや、ゲームの感想、旅行記などです。

『心』===本を読む、音楽を聴く、映画を観る、絵を描く、恋愛をする…など。
『技』===日記を書く、仕事をする、自己紹介をする…など。
『体』===走る、泳ぐ、筋トレをする、食べる・飲む、着る、マッサージをする…など。
『遊』===ゲームをする…など。
『旅』===旅をする、添乗をする…など。

21歳からの手書きの日記(読んだ本、走った距離、旅行した場所などの行動記録)が残っていますので、ブログに書き移していきます。

そのため、ブログには現在の記事と、過去へさかのぼる記事が出てきます。

初代ブログのカテゴリーに『遊』が入っていなかったのですが、『遊び』の大切さに気づいてから『Blog Chronicle』のカテゴリーに『遊』を入れました。

キャッチフレーズ『 読む×書く×走る   ∞   遊ぶ×旅をする 』について

『読む』『書く』『走る』を毎日続け、ときどき『遊ぶ』や『旅をする』をしたいです。

『読む×書く×走る』でワンセットになり、自分をつくってきたベースです。

「心技体」「3すくみ」という言葉が好きです。
ずっと心技体を成長させたいと思い、生きてきました。
心技体を成長させるために、「心で読み、頭で書き、体で走る」イメージです。
心と頭と体はつながっているので、かけ算の数式で結んでいます。

『遊ぶ×旅をする』はどちらも似ているので、かけ算で結んでいます。

『読む×書く×走る』と『遊ぶ×旅をする』を、∞(無限大)で結んだ理由は下記です。

・カッコいい
・循環するイメージ

『読む×書く×走る』をベースにしつつ、ときどき『遊ぶ×旅をする』へ循環していくのです。

今までキャッチフレーズを通して「自分を成長させる」を目指してきましたが、結局は「成長しなくてはならない」になり自分を苦しめていました。

休職してからは「楽しむ」「何もしない」「成長しなくてもいい」とも思っています。

何もしなくても、人間は勝手に成長していくのです。

以上、『ブログ『Blog Chlonicle』とキャッチフレーズ『 読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』の解説』の記事でした。

こーいちより

P.S. ゼロから楽しんで成長しよう

関連記事文章がうまくなるには2つの方法が有効【村上春樹さんに学ぶ】
関連記事ブログは自分のために書けば書くほど、人のためになる【jMatsuzakiさんのブロフェス2019講演の感想】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.