広告 Travel

エス・ピー・アイ(あ・える倶楽部)の特徴5つ【バリアフリーの旅】

2020年3月27日

エス・ピー・アイ(あ・える倶楽部)の特徴5つ【バリアフリーの旅】
  • 添乗員派遣会社「エス・ピー・アイ(あ・える倶楽部)」の特徴を知りたい

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 本記事の信頼性

  • 経歴:新卒で旅行社に入社し19年8ヶ月、手配×営業×添乗
  • 資格:総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者
  • 添乗:国内・海外計100本で、一般団体・教育旅行・視察旅行

「エス・ピー・アイ(あ・える倶楽部)」は、介護旅行の手配やトラベルヘルパーの派遣をしている会社です。

本記事では、添乗員派遣会社「エス・ピー・アイ(あ・える倶楽部)」の特徴を解説します。
この記事を読むことで、エス・ピー・アイ(あ・える倶楽部)の5つの特徴がわかります。

添乗員派遣会社「エス・ピー・アイ(あ・える倶楽部)」の5つの特徴【会社概要】

あ・える倶楽部

株式会社エス・ピー・アイ(あ・える倶楽部)」は、1991年に設立された添乗員派遣会社です。

ツアーコンダクター派遣では20年の実績があります。
国内ツアーコンダクターの実績を積んだあとは、能力に応じて海外ツアーコンダクターとして活躍できます。

「あ・える倶楽部」は、1995年から介護旅行、トラベルヘルパーの育成・派遣を開始しました。
ご高齢や障害で身体の不自由な方、日々介護を頑張っているご家族の親孝行のお手伝いをしています。

高齢者社会で安心で快適な旅行をしていただけるために、医療・介護専門知識を持つ旅行人材トラベルヘルパーサービスに努めているのです。

添乗員派遣より、介護旅行・派遣に比重を置いています。

トラベルヘルパーとは、介護福祉士やホームペルパー2級などの介護資格を持ち、通常の介護を問題なく行える人たちです。
そのうえで、旅行知識および外出時の介護知識を習得し、2日以上の実地外出研修を経て、検定試験に合格しています。

» 日本トラベルヘルパー協会

会社概要

会社名株式会社エス・ピー・アイ代表者名篠塚 恭一
本社東京都渋谷区南平台町6-11 ジョイヒルズ4F電話03-6415-6480
資本系列独立系FAX03-6415-6488
HP» 公式サイト設立年月日1991年1月17日
求人» 求人社員数9名(2011年)
支店トラベルヘルパーセンター(青森/千葉/神奈川/東京/静岡/愛知/京都/大阪)登録添乗員数50名(2011年)
主な取引先JTB関連会社、近畿日本ツーリスト、阪急交通社、日系カルチャー他。

5つの特徴

 エス・ピー・アイ(あ・える倶楽部)の5つの特徴

  • 高めの日給
  • 各種保険
  • 研修
  • 専任ツアーコンダクターとして採用あり
  • トラベルヘルパーとの兼業も可能

1.高めの日給

  • 国内:日給9,500〜24,000円(30日まで研修期間として9,000円)
  • 海外:日給9,500〜30,000円(30日まで研修期間として9,000円)

2.各種保険

労災保険、傷害保険、賠償責任保険、TCSA共済会などがあります。

3.研修

未経験でも安心の研修プログラムがあります。

4.専任ツアーコンダクターとしての採用あり

実績に応じて専任ツアーコンダクターとしての採用枠があります。
固定給および各種保険があります。

5.トラベルヘルパーとの兼業も可能

トラベルヘルパーは介護の知識・スキルを持った添乗員です
要介護者の本人や家族に、心身の負担なく安全で快適な旅行を提供します。

トラベルヘルパーの主な仕事内容は以下です。

  • 送迎車の手配
  • 旅行への同行
  • 利用者との打ち合わせ
  • 旅行後の業務報告書作成
  • 旅行中の移動、食事、入浴、排せつなどの介助
  • 利用者の身体の状態、希望に応じた旅行プランの作成

ただでさえハードな添乗に介護が加わります。
日当が高めなのも納得です。

お客さまとして「あ・える倶楽部」を利用した場合の費用は下記です。
» ご利用の流れ・料金を見る

添乗員派遣会社「エス・ピー・アイ(あ・える倶楽部)」で、トラベルヘルパーになるには

あ・える倶楽部

「あ・える倶楽部」のトラベルヘルパーとして働く場合は「NPO日本トラベルヘルパー協会」のトラベルヘルパー準2級以上の資格が必要です。

トラベルヘルパー協会とは、2006年に設立されたNPO法人です。

 事業内容
(1)トラベルヘルパー養成講座、実技研修(演習)、各種勉強会、資格検定の実施
(2)介護予防、認知力向上セミナー、健康長寿のまちづくり活動に関するシニア向け教室の実施
(3)外出支援に関する調査研究、活動の普及啓発のための講演会、セミナー、シンポジウムの実施
(4)トラベルヘルパーの起業、就労支援、保険補償など就労環境等の整備に関する活動
(5)災害時等における、トラベルヘルパー活動の支援 他

[/st-mybox]

随時、説明会も開催しています。
資料請求もできます
» トラベルヘルパーの詳細を見る

step
1
トラベルヘルパーを取得

NPO法人日本トラベルヘルパー協会が、トラベルヘルパーを育成しています。
まずは同法人が認定する資格「トラベルヘルパー」を取得します。

 資格取得料金(税別)

  • 2級:179,000円
  • 準2級:79,900円
  • 3級:15,000円

 受講内容

  • 2級、準2級は「自宅学習」「実地研修」「検定試験」
  • 3級は「自宅学習」「検定試験」

2級の「実地研修」は日帰り、宿泊があり、準2級の「実地研修」は日帰りのみです。

step
2
登録

資格取得後「あ・える倶楽部」に登録・仕事をスタートします。
» あ・える倶楽部の詳細を見る

トラベルヘルパーのやりがいとは

トラベルヘルパー

やりがいは「お客さまの感謝」を直接受け取れることです。

トラベルヘルパーは「旅行」×「介護」の二刀流です。
お客さまには、下記要素から喜ばれます。

  • 周囲に気を遣い、何もできない
  • 介護を要するため旅を諦めていた
  • 行きたいところがあるが、夢で終わらせていた

トラベルヘルパーのおかげで、夢を叶えられます。
お客さまから感謝され、感動の姿を目の当たりにできます。

自分が企画・同行した旅行への反応を受け取れる喜びがあるのです。

厳しさもあり

出発前からサポートが始まるからです。

  • 目的地までの道のりは?
  • 入り口はどこにあるか?
  • エレベーターはどこにあるか?
  • 雨の場合のタクシー乗車場はどこか?
  • 車椅子からの景色はどこから見たら綺麗か?

事前にすべてチェックするのです。

プランにより全国各地または海外まで同行します。
介護技術、細やかな気配りとコミュニケーション能力が必要です。

添乗員としての行程管理、安全確保、トラブルに臨機応変に対処できる判断力や柔軟性も欠かせません。

まとめ:トラベルヘルパーとバリアフリーの旅

まとめ:トラベルヘルパーとバリアフリーの旅

ニッチ領域:トラベルヘルパー

「エス・ピー・アイ(あ・える倶楽部)」はトラベルヘルパーに専門特化していて、ニッチなのが印象的です。
「介護」と「旅行」の2本柱を備えた稀有な人材にトライしてみるのもありです。

資料請求もできます。

「バリアフリーの旅を創る」

バリアフリーの旅を創る

最後にトラベルヘルパーについて参考になる本「バリアフリーの旅を創る」を1冊紹介します。
本書で印象的なのは「車椅子を使う旅行手配で気をつけるべきこと」です。
時間が経過しても汎用できる事項がまとめられています。
著者の添乗員としてのケーススタディも引き出しを増やすには絶好の教材です。

本書内で紹介されているバリアフリーの旅をサポートするおすすめ書籍は以下です。

著者は「サービスの達人」としてYouTube動画を更新している高萩徳宗さんです。
いつも動画で勉強させていただいております(クレーム対応動画は必見です)。
作家の中谷彰宏さんとも親交があります。

なお「サービスの教科書」は色褪せない書籍です。
サービスのレベルを上げたい方におすすめです。
繰り返し熟読したい一冊で、手元に置いています。

以上です。

P.S. エスピーアイは添乗員派遣よりは、トラベルヘルパー専門の会社ですね。

関連記事おすすめの添乗員派遣会社3社をランキングで比較【口コミ・評判】
関連記事添乗員になるには2つの方法【添乗員派遣会社に登録/旅行会社に入社】

-Travel