広告 Read

男性が失恋した時に読む本【2年間、ボロ雑巾になった時に救われた】

2019年11月5日

男性が失恋した時に読む本【2年間、ボロ雑巾になった時に救われた】
  • 男が失恋した時に読む本があれば教えて欲しい
  • 失恋して、付き合った相手が忘れられず苦しい

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

  • 『愛のスピリチュアル・バイブル』江原 啓之【著】の内容
  • グッときたところベスト3
  • おすすめな人、口コミ

本記事を書いている私は失恋で「2年引きずった経験 × 2回」あります。
ひどい別れ方をして、2年間も忘れられないのです。

しかし、だいぶ気持ちが変わりました。
すぐにはラクになれませんが、少しずつ気持ちが変化していったのです。

本記事では、江原さんの恋愛本「愛のスピリチュアルバイブル」の内容を解説します。
この記事を読むことで「失恋に役立つヒント」が得られます。

失恋は「この機会にものの見方を変えるのもあり」というメッセージです。

調子のいいときは、ものの見方は変えられず、同じやり方を続けるだけです。
調子の悪いときだからこそ、ものの見方を変えるチャンスです。

本記事は、失敗談が多めです。

男性が失恋した時に読む本【2年間、ボロ雑巾になった時に救われた】

男性が失恋した時に読む本【2年間、ボロ雑巾になった時に救われた】

 グッときたところベスト3

  • 1位:別れた彼への憎しみに苦しむとき、この方法を知っていれば心が静まります
  • 2位:愛した人を忘れる必要はありません。思い出に変えればいいだけ
  • 3位:失恋は何度してもいいのです。幸せになるために必要なレッスン

1位:別れた彼への憎しみに苦しむとき、この方法を知っていれば心が静まります

ひどい別れ方をして、2年間忘れられずにひきずりました。

 色々な感情が入り乱れました。

  • 悔しい
  • 憎い
  • 感謝

無理やり忘れようとしましたが、忘れられずに苦しみました。
まだ気持ちがあったから、忘れたくても忘れられないのです。

どうでもいい相手なら、気になりません。
どうでもよくないから、忘れられないのです。

女性は怖いです。
「たった一言」で2年間、引きずらせる力を持っているのです。
1歩間違えば再起不能です。
回復できたのが不思議です。

2年という時間が解決してくれました。
ほろ苦い想い出です。

人と人の関係はフィフティ・フィフティ

すべては自分の責任です。

相手を選び、別れたのは自分です。
自分を棚に上げて、人を責められません。

できることは失恋から何かを学び、成長することです。
いつか感謝できる日がやってきます。

「良い経験をさせてくれた」と思える日が来るまで、成長し続けるしかないのです。

2位:愛した人を忘れる必要はありません。思い出に変えればいいだけ

思い出は大事です。

自分に起こることはすべて思い出に変わるからです。

思い出を作るために人は生きている。
死ぬまでにどれだけ豊かな思い出のアルバムが作れるか、です。

失恋を思い出に変える

忘れられない人がいることは、それだけ貴重な経験をしたのです。

「悲しみや憎しみ、後悔」という感情はすぐには捨てられません。

何か他のことに打ち込むことが、失恋には有効です。

「他の選択肢を持っている」とも言えます。
他の物事に熱中して、時間をかけて失恋を思い出に変えていきます。

恋愛は、たとえ失恋でも人を成長させます。
忘れるために他の物事に打ち込むのですから。

失恋を通して自分を成長させていきます。
辛いのは皆、同じです。

熱中できることを見つけ、磨いていくことです。

成長すれば、もっといい人とめぐり逢えます。
「失恋したことで出会えた」と言えるように、バージョンアップさせていきます。

最後は感謝できます。

3位:失恋は何度してもいいのです。幸せになるために必要なレッスン

「ふられるのが怖い」という気持ちはわかります。
私は怖いです。

告白する勇気を持つ

怖がってばかりでは前に進めません。

「相手に告白させ、その中から選ぶ」は、自分で選んでいません。
自分で選んだ中から、自分から告白するのです。

振られれば傷つくこともあるが、リターンもある

リスクを取らないとリターンはありません。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」です。

ただ恋愛は何をしても思い出に変わります。
失恋を怖がり、うずくまっているだけでは、アルバムは豊かになりません。

脚本も書かず、出演者もパッとしない。
そんな映画は面白くありません。

ボロボロになっても、ぐちゃぐちゃになっても「人生はナイス脚本」と呼べるように行動したほうがおもしろい映画です。

そうは言っても勇気が出ないのが告白ですよね。
» 行動する勇気が出る7つの名言【死ぬわけじゃないから大丈夫】

『愛のスピリチュアルバイブル』は、失恋を引きずっている男性におすすめ

『愛のスピリチュアルバイブル』は、失恋を引きずっている男性におすすめ

スピリチュアル系ではなく、まっとうな恋愛指南書

こんな方におすすめ

  • 恋愛が苦手な人
  • 人生が苦しくて辛い人
  • 失恋を引きずっている人

スピリチュアル系の本かと思いきや、まっとうな「恋愛指南書」です。

恋愛だけでなく、人生で悩んでいる人にも役立つ考え方が書かれています。
人生に応用できる芯の通った「恋愛の考え」がわかります。

 下記3人にはおすすめしません。

  • 悩みがない人
  • 人生ハッピーな人
  • 恋愛に興味がない人

知りたかった3つのこと

  • 恋愛と結婚の違い
  • 別れた女性の忘れ方
  • 不幸にする恋愛癖の治し方

「満足できる答え」が書いてあります。

恋愛の考えは、生き方にも通じます。
恋愛下手な人は得るものがあります。

私は恋愛下手で、様々なことを学べました。

本書の色々な恋愛体験談を通して「著者の考え方」がわかります。
スピリチュアル系の要素は少ないのが意外でした。

恋愛は人を成長させます。

傷つくことは怖いですが、どんどん恋愛をしたほうが成長でき、輝けます。
288ページと分厚いですが「悩みを解決できるヒント」があります。

9つの章の目次、書籍情報

目次

第1章.知っていると幸せになれる恋と愛についてのスピリチュアルな定義
第2章.「恋ができない」あなたへの処方箋
第3章.「片思い」を卒業するにはコツがあります。絶対に後悔しない「告白」の方法
第4章.「別れの傷」を癒す魔法の言葉
第5章.「運命の出会い」のつくり方。さまざまな出会いを生かしていますか?
第6章.つきあっているのに、うまくいかない。そんな恋の悩みに効くクスリ
第7章.2人の愛を守りぬくスピリチュアル・テクニック
第8章.あなたを不幸にする「恋愛グセ」の直し方
第9章.セックスにもスピリチュアルな意味があります

書名愛のスピリチュアル・バイブル
著者江原 啓之
単行本288ページ
出版社集英社
発売日2002/11/26

『愛のスピリチュアル・バイブル』の口コミ

『愛のスピリチュアル・バイブル』の口コミ

Amazonの口コミ

  • 恋愛時代を支えてくれた本
  • スピリチュアル信じてない方も読んでほしい
  • 振られても本人の幸せを願って見送るのがイイ女
  • 江原さんの本は何冊か読んでいるのですが、この本はヒット

» Amazonで「他の口コミ」を見る

Twitterの口コミ

  • 救われた本。恋愛だけでなく、生き方がわかって楽になれた。江原さんファンじゃない人にもオススメ
  • 勉強になった。不幸な恋愛を繰り返してる人にオススメ。意外と原因は自分にある

» Twitterで「他の口コミ」を見る

まとめ:恋愛も人生も捨てたもんじゃない

まとめ:恋愛も人生も捨てたもんじゃない

「人間は恋愛をするために生まれてきたのではないか」と思うことがあります。
恋愛は多くのことを教えてくれるからです。

不思議なもので「今の自分に必要な人」が現れます。

足りない部分を、勉強をさせてくれる人が現れるのです。

相手を引き寄せるのです。

結果として振られたとしても、その時に必要な「学びや気づき」を得ています。
今となっては「失恋はその時の自分に必要なこと」です。

本書は「どんなに辛いことがあっても恋愛も人生も捨てたもんじゃない」と思わせてくれます。
失恋でつまづいた時に開きたくなる、元気の出る1冊です。

中谷彰宏さんの言葉「人はダイヤモンド、傷つきながら輝いていく」を思い出しました。
傷つけば傷つくほど、カットされて、面が増えて、乱反射で輝きを増す。
いろんな面を持っている人が魅力的。
いろんな面を持っている人と付き合える人も魅力的。

奥深いです。

以上です。

P.S. 身悶える失恋はつらいですが、経験になり、想い出に昇華します。

関連記事【爽やか】褒め言葉「しつこい女性」がわかる本『しつこい女になろう』
関連記事【本物】スピリチュアルカウンセリングを受けたみた体験談が読める本

-Read