ゲームをする

小学生低学年の子供とゲームをするなら、ドラクエ11をおすすめする5つの理由

投稿日:2019年3月11日 更新日:

ドラクエ11

親愛なる君へ

子どもと一緒にゲームをすることは無駄な時間だ思っていました。

本記事では「小学生低学年の子供と一緒にゲームをすることが無駄じゃないか」と悩んでいる人へ、ドラクエ11をおすすめする5つの理由を解説します。
この記事を読むことで「子供と一緒にドラクエ11をプレイするのも悪くないな」と感じることができます。

休職中の2019年2月23日にPlayStation 4 Proドラクエ11を購入してから、子供と一緒にプレイするようになりました。

▼おすすめセットです▼


小学生低学年の子供とゲームをするなら、ドラクエ11をおすすめする5つの理由

ドラクエ11

小学生低学年の子供とゲームをするなら、ドラクエ11をおすすめする5つの理由

1.漢字の読み聞かせができる。
2.ゲーム中に出てくる会話を要約するトレーニングになる。
3.子どもと一緒の時間が過ごせる。
4.制限時間のルールを設けることで、けじめをつける練習ができる。
5.一緒にプレイすることで共通の話題が持てる。

小学校低学年の子ども(女の子)と幼稚園の子ども(男の子)がいます。
小学校低学年の子どもと変わりばんこにプレイすることが多いです。

メモ

・フィールドのキャラクター操作=私が担当
・戦闘の操作=子どもが担当

その時々で役割を変えています。

幼稚園の子どもはプレイすることはできませんが、コントローラーを持たせて、ボタンだけ押させたりすることがあります。

1.漢字の読み聞かせができる

ドラクエ11には、ひらがなが多いですが、漢字も出てきます。
小学生1年生の子どもには読めない漢字ばかりです。

一緒にプレイすると「なんて書いてあるの?」と聞かれます。
絵本を読むようなつもりで、漢字の読み聞かせをしてあげています。
子どもの漢字の勉強になりますので、ゲームは無駄ばかりではありません。
漢字の読み聞かせはロールプレイングゲームならではの醍醐味です。

慣れてくると何も聞いてきません。
子どもは勘で読んでいきます。

2.ゲーム中に出てくる会話を要約するトレーニングになる

全ての漢字を読み聞かせしていると、時間がいくらあっても足りません。
物語が前に進まないのです。
村人の会話などは全て読み上げるのではなく、要約して伝えるようにしています。

要約するトレーニングになるのです。

3.子どもと一緒の時間が過ごせる

仕事が忙しいと、なかなか子どもとの時間を持つことができません。
会社員時代の私はそうでした。
一緒にご飯を食べたりお風呂に入ったりする時間もなく、子どもが寝ている時間に帰り、子どもが起きる前に家を出る生活をしていたこともありました。
休日は疲れ果て、一緒に遊ぶこともままならなかったので、なかなか時間が取れないのは理解できます。

横で体を休めながら、プレイを見ているだけでも一緒の時間を過ごせます。

ドラクエは自分も好きですし、子どもも好きです。
一緒に楽しいことができる貴重な機会なのです。

4.制限時間のルールを設けることで、けじめをつける練習ができる

子どもはゲームに熱中すると止まりません。
自分でブレーキがかけられないのです。

事前にいつまでと決めて、一緒に守りましょう。

うちでは「宿題もせずにゲームをするのか、宿題をした後でゲームをするのか」をきちんと説明して子どもに選択させています。
他にも夕食をとったり、風呂に入ったり、長い睡眠をとったりと、子どもにもやることはたくさんあります。

その中できちんと時間をコントロールする、けじめをつけることを覚えてもらいます。

ルールをつくり、けじめをつけるのです。

うちでは奥さんにプレイしてもいいかどうか聞くようにさせています。
1日おきにプレイすることが多いです。

タイマーを使うのも工夫の一つです。

5.一緒にプレイすることで共通の話題が持てる

ドラクエは小説と同じ物語です。

物語を一緒に味わい、物語という共通テキストを通して、子どもと会話をする。

楽しい時間のひとつです。

子どもと一緒に楽しい時間を過ごし、思い出を作りましょう。

小学生低学年の子供とゲームをするなら、ドラクエ11をおすすめする理由のまとめ

ドラクエ11

小学生低学年の子供とゲームをするなら、ドラクエ11をおすすめする5つの理由

1.漢字の読み聞かせができる。
2.ゲーム中に出てくる会話を要約するトレーニングになる。
3.子どもと一緒の時間が過ごせる。
4.制限時間のルールを設けることで、けじめをつける練習ができる。
5.一緒にプレイすることで共通の話題が持てる。

ドラクエ11は以前のシリーズよりもやさしくなっています。
ゲームを進めるにあたり「次に何をすればいいのか」を常に画面上で教えてくれます。
ゲーム中に迷ったり、困ったりすることがほとんどありません。
街中やダンジョン、フィールドをさまよって「どこに行って、何をすればいいのかわからない」といった無益な時間がありません。
モンスターもかわいいのが多く、グロテスクなキャラクターがあまりいないところも良い点です。

睡眠時間がなくなる、宿題をやらなくなる、食事をそっちのけで没頭する、などの悪影響が出ないように、けじめを持ってプレイしましょう。

こーいちより

P.S. 子どもとゲームをすることに悩んだら、ドラクエ11を試してみよう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2018年12月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,333冊/漫画1,311冊)、10kmを走り(月150km/サブ4達成 )、子どもとドラクエ11で遊び、ときどき旅をしています。

-ゲームをする,
-

Copyright© クロニクル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.