広告 Read

子どもを伸ばす言葉 実は否定している言葉

2024年4月1日

子どもを伸ばす言葉 実は否定している言葉

子どもを伸ばす言葉 実は否定している言葉」を読みました。

 

子どもを伸ばす言葉 実は否定している言葉

子どもを伸ばす言葉 実は否定している言葉

 

✔︎ 新しいところ

繰り返し→まず認める

■目的

・自己肯定感とは「大丈夫、必要とされている、愛されている、好き」の丈夫な心→ありのままの自分を認められる

→自己肯定感が育つと

・新しいことに挑戦し学ぶ力

・努力して壁を乗り越える力

・相手の気持ちを思いやれる力

■手段

・毎日の言葉掛け

■ポイント

・認めること→認めるとは何か?

子どもの判断をそのまま認めること(いい、悪いではなく)→認められて初めて、親の言うことを認められる。やる側から作る側

・物を投げる楽しさと、投げてはいけないルール→代案を投げる【ポイントは認める】

・やりたくないにもいろんな気持ちがある→気持ちを言葉に置き換える

・例ゲーム→キリのいいところまで、集中力、やり遂げる力、

・子どもが親に求めていること→見て欲しい、叱られても無反応よりうれしい、無反応に傷ついている

・子どもを説得するのはNG→認めるのはお菓子ではなく、子どもの思い(気持ち)→工夫、先に健康的な物を出してみる、共感してみる、果物ヨーグルトやゼリー【子どもが何を望んでいるのか見極め、認める】

・自分でできたことで自己肯定感が育つ、もっと1人でできるようになる

・挨拶は親が見本を

・気持ちを代弁してあげる

※子どもが暴力的になったときのNG対処法

1.痛みを教えるために親も叩くこと(暴力の正当化)

2.子どもの暴力を受け止め続ける(容認につながる)

3.叱って、もうしないことを約束させる(一方的な約束は意味がない)

良い対処法→気持ちを聞くチャンス、吐き出させる

※会話について→無理に話す必要なし

会話は目的ではなく手段

会話をして「何を知りたいのか、子どもと何をしたいのか」

ポイント:目的を整理すること

やりたがらないことは「子どもがいつ始めるのか自分で決めること」

まずは順番を考えるくらいから。交換条件はNG→イヤイヤやっても意味がない

親が叱る→叱られないためにはどうすべきか考える

1.ピアノの練習をするかしないかの親視点から

2.子どもが今、何を楽しんでいるのかの視点に変える

※子どもが悪口を言い出したら

①気持ちを受け止める→鸚鵡返しでOK

②親が答えを考えない

③信じてもらえると、自分で解決法にたどり着く

親が人の悪口を言わない

ポイント→子どもに正論は意味がない、まず認めること

※NGな褒め方

①子どもに無言の圧力をかけている

②言うとおりに従う子どもをほめる

③天才だね、とほめる(NG)

→解決策→子どもの邪魔をしないこと、認める言葉をかけること(工夫など)

※子どもを認めるとは→遊んでもいいよと許すことではない→工夫やがんばりを見逃さずに声をかけること

【自分から〜したい思える子どもに育つ会話】

怒って寝かせるのではなく、自分からお布団に入りたい

※子どもを注意する順番

①子どもを認める言葉をかける

②親がお手本をみせる

③ルールを説明する

★★★〜しなさいとやらせても意味がない

「手伝って」を他の言葉に置き換える

★★★子どもの判断をそのまま認める。大袈裟に褒めるのではなく

・「貸してあげたんだね」

・「貸さないんだね」

※行きたくないの対処法

①行きたくない感情を受け止める

「どうして、なぜ?」を使わずに

②がんばりを認める言葉をかける

説得されたくない

※片付け

①一緒に片付ける

②片付いた部屋を一緒に見回す

③約束を守る

※習い事

①スキルを身につけるための考えをやめる

②努力の方法を習うためと考える

③「誰に習うか」を考える

選択肢から子どもが自分で選ぶことが大切

子どもが習いたいと思える先生を選ぶこと

※子どもよりも親を意識する先生は避ける

※ドリル練習、やってはいけないこと

・親がドリルを選び、やる時間を決め、分量を決めてやらせること

→子どもが興味をもったものを選ばせる→自分で決めて自分でやる

※買い物

自分が関心を持ったものに、親が肯定的に反応する「これが欲しいんだね、こっちとは何が違うの」

※我慢について

自分の気持ちをコントロールできる自発的な我慢

→NG「無理しなくていいよ、泣いてもいいよ、我慢しなくていいよ」親の判断言葉。認めてない→怖いね、登ったね

✔︎ 我慢力を育てる2つのポイント

①自発的な我慢の力は4才以降に発揮される

②親がお手本を見せる

走らない→走るの早いね

このおもちゃどうしようか

※兄弟喧嘩を解決する方法→対話のコツを学ぶ

★★★親は通訳に徹する

以下の育つ機会を奪わない

・主張する力

・交渉する力

・妥協点を見つける力

親は上手く言えない気持ちを言葉に置き換える。裁判官にならない。不公平感を通訳になり、埋めてあげる。

ケンカは親が解決するものではない、どちらが良い悪いを決めない。

考えや気持ちをどう説明すればわかってもらえるのか考える練習になる→自分で解決できるようになること

※子供はいつも親の会話を聞いている→影響大。間接的に叱るのはNG

何もできない自分でも愛されている

①怒らずにしっかり向き合う

②甘えてきたら出来る限り応えて良い

③子どもと2人きりの時間を作る

★★★兄弟育ては上の子優先→大切にしていることを言葉と感情で伝える

・成長を伝える

・抱きしめる時間

比較

・好きなことを見つける

・一年後を目標

・過去と比較

褒める叱るはどちらも同じ(どっちが褒められるかを考えてしまう

親の望むこと、したいことで揺れる

※判断を認めてあげること

前向きな言葉を楽しむ(新生活を楽しもう)

子ども目線で声をかける

なんで言い返さなかったの、やり返さなかったの→できないから悲しいし、悩む。勇気を出して相談したのに、、、ダメな子だと思われたくない。相談しなくなる。

・サインを見逃さない

・目線に合わせる

・ジャッジをしない、指示しない、言葉を繰り返す

・言葉を足して広げる

・体験談を話す

・パパだったら、こうするかな

あなたがいてくれてどんなに愛らしいか,うれしいか

丁寧に認めていく

認めることの真意、みんなで子育て

【問題提起:読んだ理由、知りたい、解決したい】

子育てに悩んだから

どう言えばいいのか

このままでいいのか

有効な育て方、または声のかけ方を学べればすくすく育つ

自分の育て方が合っているのかわからない、不安

子どもを傷つけたくない

【結果明示:考え+気づき+グッときたところベスト3、理由、体験談、良い・悪い、関係ない話

✔︎ こうすべき→そのまま認める

言うことを聞かせる→子どもの判断を認める

・早く起きなさい→おはよう、いい天気だよ

・こう書いたほうがいいよ→楽しそう、綺麗

・どうしてやらないの→8時になったら何何しようか

本記事の信頼性

・5万人以上の悩み

【行動設計:To Do→結果】※おすすめの人、しない人、口コミ

・子育てに悩んでいる人

・具体的な声かけ方法を知りたい人

・子どもを認めて、子どもの自己肯定感を育てたい人

» Amazonで「他の口コミ」を見る

まとめ:子どもを伸ばす言葉 実は否定している言葉

まとめ:子どもを伸ばす言葉 実は否定している言葉

 

 

関連記事子どもを呪う言葉・救う言葉【子育ての最重要:子どもを見ること】

-Read