『読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』を楽しみ成長するブログ

ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle

添乗をする 添乗員の英語

【添乗員の英会話】機内アナウンスメントについて【基本から解説】

投稿日:2019年10月17日 更新日:

添乗員の英会話

親愛なる君へ

  • 「添乗員として英語を使うシーンを知りたい」
  • 「機内アナウンスメントの英語は何を喋っているのだろう」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事では、添乗員のための英会話として、機内アナウンスメントのシーンを解説していきます。
英文は書籍『ツアーコンダクターの英会話』を引用します。

この記事を読むことで、機内アナウンスメントの英語が理解できるようになります。

なお、本記事を書いている私は新卒で旅行会社に入社し、18年間、法人営業を担当しました。
添乗回数は国内・海外問わず100回ほどです。
ちなみに私の英語力は英検2級、TOEIC540点ですが、このくらいの英語力でも、なんとかなります。
上記書籍の英文を20回くらい音読して勉強したものです。

【添乗員の英会話】機内アナウンスメント

添乗員の英会話

機内に乗り込みましたら、客室乗務員に自分がどこの団体の添乗員であるかを告げましょう。
機内では原則的に添乗員も、機長の管理下におかれます。
機内アナウンスメント(Inflight Announcement)を理解することは大事です。
到着時間の変更など重要なことが述べられることがあるからです。

1.離陸前のアナウンスメント

Good evening, ladies and gentlemen.
Welcome aboard Japan Air Lines, my name is Taro Yamada and I'm the Chief purser on your flight today. On behalf of Captain Tanaka and his crew.
I welcome you on board Japan Airlines flight JA421 bound for London via Anchorage.
Our flight time to Anchorage is estimated at 6 hours and 35 minutes.

① chief purser=全客室乗務員の責任者
② on behalf of=〜の代わりに、〜の代表として
③ crew=乗務員。客室乗務員はflight(cabin)attendant, cabin(flight service)crewといいます。
④ 5行目は飛行予定時間を言っています。他の表現として、The flight time to Anchorage will be about 6 hours and 35 minutes.

(注)アンカレジ経由は現在中断されています。

【訳】みなさま、こんばんは。日本航空にご搭乗ありがとうございます。当機チーフ・パーサーの山田太郎です。機長田中と乗務員一同になり代わりまして、ご挨拶を申しあげます。日本航空アンカレッジ経由ロンドン行き421便をご利用いただきまして、ありがとうございます。アンカレッジまでの飛行時間は、6時間35分を予定しております。

目的地までの所要時間は、備え付けのモニターがあれば確認できることが多いです。

2.安全設備の説明のアナウンスメント

Good evening, ladies and gentlemen, we will now demonstrate the safety equipment.
It is not likely that you'll have to use a life preserver or an oxygen mask during flight.
However, in case they should become necessary, we'd like to demonstrate how to use them.

① safety equipment=安全設備。emergency evacuation system 緊急脱出装置やlife raft 救命筏などのこと。
② It is not likely that〜=〜ありそうなこととは思えない
③ life preserver=救命胴着。life vestともいいます。
④ oxygen mask=酸素マスク。室内の圧力が0.7気圧以下に下がると自動的に乗客の前にたれ下がる仕組みになっています。
⑤ in case〜=〜の場合の用心のため

【訳】みなさま、これから安全設備の扱い方をご説明いたします。今回の飛行中、救命胴着や酸素マスクを使う必要はないと思いますが、万一の場合のため、使用法を説明いたします。

国際線でも国内線でも、同じようなアナウンスが流れますので耳にする機会は多いはずです。

In the seat pocket in front of you, you'll find the safety leaflet.
Please take it out and follow along as we cover some very important points.
Under your seat there is a life vest like this one for each of you.
This is an oxygen mask.
There are masks like this one in the overhead compartment.

① safety leaflet=安全のしおり
② follow along=説明のあとから目で追って確認する
③ overhead compartment=頭上にある酸素マスクが入っている仕切り棚

【訳】目の前の座席のポケットの中に、安全のしおりが入っております。それを取り出して重要なポイントの説明に従って、あとから目で追うようにお確かめください。各座席の下に、このような救命胴着があります。これが酸素マスクです。みなさまの頭上の仕切り棚に、同じマスクがあります。

こちらも国際線、国内線でよく使われるフレーズです。

This compartment will open automatically when necessary.
When the door opens, take the nearest one and pull it toward you firmly to start the oxygen flowing.
Place the mask over your nose and mouth as the flight attendants are you demonstrating.

① automatically=自動的に
② the nearest one=最も近くにある酸素マスク
③ place the mask over〜=マスクを〜につける

【訳】この仕切り棚は必要の際に、自動的に開きます。扉が開いたら、いちばん手近にあるマスクを取って、ご自分のほうへ、ぐいっと引っぱってください。すると酸素が流れてきます。いま乗務員が、実際に利用法を説明していますように、マスクに鼻と口をあてがってください。

よく聞くフレーズです。

There are Emergency exits on each side of the aircraft. They are clearly marked with signs.
Escape routes to the exits are shown on the safety leaflets.
To open the Emergency exit, route the handle counter-clockwise and push the exit outwards.
The escape slide comes out automatically.

① emergency exits=非常口
② escape route=非常口への非難通路
③ route the handle counter-clockwise=ハンドルを時計の針と逆方向へ回す
④ escape slide=緊急脱出用スライド。90秒以内の全員脱出を可能にするため、扉を開くと同時に高圧ガスにより約10秒で膨張し、滑り台の形となります。

【訳】当機の両側に非常口がついております。非常口は、はっきりと表示されております。非難通路は安全のしおりに載っております。非常口を開くには、ハンドルを時計の針と逆の方向に回し、外へ押し出してください。脱出用のスライドが自動的に出てきます。

どこの航空会社でも同じようなアナウンスです。

3.離陸直前のアナウンスメント

Please now make certain that your seat belt is securely fastened, return your seats to an upright position and kindly refrain from smoking during take-off and landing.
Please place your hand baggage under the seat in front of you or in the overhead locker.
Hand baggage must not obstruct the aisles or emergency exits.

① make certain=しっかり確かめる。make sure, ensureともいいます。
② return your seats to an upright position=座席をまっすぐにもとに戻すこと。
他にYour setbacks are upright and locked position. 背もたれをまっすぐにロックされる位置に戻す。
Your setbacks are upright with the armrest down. 背もたれをまっすぐにして、肘かけを下ろす…の表現もあります。
③ refrain from〜ing=〜は遠慮してください
④ obstruct=通路などに障害物を置く。
⑤ aisles[ail]=発音に注意。乗り物の通路。aisle seat 通路側の席。<参考>Window seat 窓側の席

【訳】安全ベルトが、しっかり締まっているかお確かめください。座席の背はまっすぐもとの位置に戻してください。また離陸、着陸の際は、タバコはご遠慮ください。手荷物は、目の前の座席の下か、頭上のロッカーに入れてください。手荷物で通路や非常口をふさがないようお願いします。

現在、飛行機は全席禁煙です。

4.離陸後のアナウンスメント

Please now relax and enjoy your flight.
If there is anything you need, please let us know and we will be happy to help.
As we will soon be serving drinks, it would be a help to us if you stayed in your seats.
Our aircraft is divided into smoking and no smoking sections.
No smoking sections are located from the seatrows 3 through 5 in the First class, from rows 10 to 18 in the Executive class and from 48 to 54 in the Economy class.
Please smoke only in these areas.

① If there is anything you need=何かご用がありましたら
② divided into〜=〜に分けられている
③ Executive class=FとYとの中間クラス。エアラインによって名称はさまざまです。

【訳】どうぞ、おくつろぎください。ご用がありましたら、どうぞ、お知らせください。まもなくお飲物のサービスを致しますので座席についていただければ幸いと思います。当機は禁煙席と喫煙席に分けられています。禁煙席はFクラスでは3列から5列、エグゼグティブ・クラスは10列から18列、エコノミー・クラスは48列から54列までです。どうかおタバコは、喫煙席のみでお願いいたします。

現在は座席列についての案内はほとんどありませんが、まれに聞きます。

For your entertainment on this flight, we have some movies and video programs.
So that you can enjoy them we are now offering headphones with the compliment of Japan Air Lines.
We invite you to read our inflight magazine, Wing, which contains route maps and a price list for duty-free goods and gifts items.

① with the compliment of〜=敬意を表すの意味で、〜からの厚意により無料で。<参考>complimentary 無料の
② invite you to 〜=人に〜するように勧める
③ Wing=日本航空の機内誌。オランダ航空の『Windmill』、英国航空の『Highlife』、ユナイテッド航空の『Friendly Sky』などが知られています。
④ duty-free goods=機内で免税で売られている酒、タバコ、香水など。機内でしか手に入らない「エアライン・オリジナル・グッズ」を搭載しているエアラインもあります。

【訳】みなさまの機内娯楽番組として、映画とビデオ番組を用意しております。みなさまにお楽しみいただけるように、日本航空では無料でヘッドホンをお貸ししております。JLの機内誌『ウイング』をお読みになることをお勧めいたします。航路地図、免税品、贈り物の値段表が載っております。

旅行業界用語で「コンプ=無料サービス」があります。
上記のコンプリメンタリーのことです。

This is your Captain Yamada speaking.
We are now flying at an altitude of 26,000 feet, 8,000 meters.
We are soon coming in sight of Mt.McKinley.

① altitude of 26,000 feet=高度26,000フィート(8,000メートル)
② come in sight of=〜が見えるところにくる

【訳】こちらは機長の山田です。当機はただいま高度26,000フィート、8,000メートルで飛行中です。まもなくマッキンレイ山が見えてきます。

見える景色について、ときどきアナウンスがあります。
近くにお客様が座っていれば、教えてあげましょう。

5.着陸時のアナウンスメント

ladies and gentlemen, We will soon be landing at London Heathrow Airport.
you are kindly requested togather all your personal effects.
If you would like to set your watches, the local time in London is now 8:30.
The weather is clear and temperature here is 20 degrees Centigrade and 68 degrees Fahrenheit.

① kindly requested togather〜=〜を集めるようお願いします
② personal effects=身の回り品
③ set your watches=時計を合わせる
④ Fahrenheit=華氏。ドイツの物理学者の名から。℉と℃とはF=9/5C+32、あるいはC=5/9(Fー32)

【訳】みなさま、当機はまもなくロンドン・ヒースロー空港に着陸いたします。どうぞ身の回り品をご用意ください。時計をお合わせになりたいお客様は、ただ今、ロンドン時間で、午前8時30分です。天候は晴れで、気温は摂氏20度、華氏68度です。

到着時のアナウンスもどこの航空会社も同様です。
現地の天気、気温の情報を教えてくれますので、しっかりと聞きましょう。
日本発着便は、日本語での案内もある場合がほとんどです。

For your own safety and for the safety of those around you, Please remain seated until the aircraft has come to a complete stop.
Thank you very much for choosing Japan Air Lines.
We have all enjoyed looking after you and hope that we will have another opportunity to serve you again in the near future.

① remain seated=席にとどまる、席を立たない。stay in your seat ともいいます。
② come to a complete stop=完全に停止する。completely stop ともいいます。
③ have all enjoyed looking after=〜を楽しく世話する
④ opportunity=機会、好機

【訳】みなさまご自身の安全と、周囲のみなさま方の安全のため、どうぞ、当機が完全に止まるまで、お座席をお立ちになりませんようお願いいたします。日本航空をご利用いただきましてありがとうございます。乗務員一同、楽しくみなさま方のお世話ができました。近いうちに再び機上でお目にかかれますよう、一同お待ちいたしております。

定番の挨拶です。

6.不時着時のアナウンスメント

このようなことは、まずありません。
ご参考までに記載します。

This is your Captain Yamada speaking.
Please listen carefully.
We have a little trouble with our jet engines and we are having an emergency landing in a few minutes.
Please be sure that there is nothing to worry about.
Please take an emergency position; remove high-heeled shoes, eyeglasses and sharp objects from your pockets.
Please take a protective position and follow the instructions of our cabin attendants.

① emergency landing=緊急着陸、不時着陸
② nothing to worry about=何も心配いらない
③ take an emergency position=緊急時の姿勢をとる、不時着のための姿勢をとる
④ please take a protective position=防御的な姿勢をとる

【訳】こちらは機長の山田です。みなさま、よくお聞きください。当機はエンジン不調のため、まもなく緊急着陸することになりますが、ご心配ありません。不時着姿勢をおとりください。ハイヒールうの靴はぬぎ、眼鏡をはずし、とがった物はポケットから出し、防御的な姿勢をとり、乗務員の指示に従ってください。

落ち着きましょう。
いつでも慌てないのが添乗員です。

【添乗員の英会話】機内アナウンスメントのまとめ

添乗員の英会話

本記事は、添乗員のための英会話として機内アナウンスメントのシーンを解説しました。

どれも基本的なことが多いので、戸惑うことも少ないかと思います。
海外の国内線では日本語による案内はないので、英語が聞けると強いです。

ふだんから英語を耳に慣らしておきましょう。

以上、『【添乗員の英会話】機内アナウンスメントについて【基本から解説】』の記事でした。

こーいちより

P.S. シーンごとの英語を理解しよう。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新/月2.7万PV)、午後は本を1冊読み(本4,377冊/漫画1,332冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで50m×60本を泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード7)で遊び、ときどき旅をしています。

-添乗をする, 添乗員の英語
-

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.