広告 Read

『まだ東京で消耗してるの?』地方移住よりも小さく環境を変えること

2019年11月23日

『まだ東京で消耗してるの?』地方移住よりも小さく環境を変えること
  • 「会社を辞めたい」
  • 「地方移住に興味がある」
  • 「イケハヤの本が読んでみたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

  • 『まだ東京で消耗してるの?』のグッときたところベスト3
  • おすすめの人、おすすめしない人、目次、口コミ5つ
  • レビュー動画3本

 本記事の信頼性

  • ブログ歴:2019年1月にブログ開設
  • ブログ実績:過去最高は月62,000PV、月54,000円(確定)

ブロガー・YouTuberのイケダハヤトさんの著書で、地方移住の方法をまとめています。
高知県の限界集落に移住してからのメリットが、東京生活と比較しながら書かれています。

感想は「地方移住しなくても、環境を変えると人生は変わる」です。
この記事を読むことで「まだ東京で消耗してるの」の書評、地方移住のメリットがわかります。

仕事の進め方など、自分の生活と照らし合わせました。

『まだ東京で消耗してるの?』のグッときたところベスト3

【書評】『まだ東京で消耗してるの?』のグッときたところベスト3

 グッときたところベスト3

  • 1位:環境を変えれば、アウトプットは変わる
  • 2位:地方では静かな環境で集中して仕事ができる
  • 3位:東京は移動時間の無駄遣いから逃れられない

1位:環境を変えれば、アウトプットは変わる

環境を変えれば、アウトプットが変わります。

環境の影響力は大きいからです。

会社を休職して、新しくブログを立ち上げました。
会社員時代と比べて、タイトルや書く内容も変わりました。

 ブログに新しく書いている内容は2つ

  • 休職
  • 添乗員

会社員時代に「添乗員の記事」は書けるのに、あまり書かなかったのは不思議です。
「添乗員の記事」は当ブログのメインとなり、読まれるカテゴリに育ってくれています。

環境が変わるとアウトプットが変わるのです。

地方移住は大きな決断ですが、都心に比べて固定費が低い地方での活動は「選択肢」として持っておきたいです。

固定費が下がることで、「気持ちの余裕」も手に入るからです。
さらなる成長手段としての移住もありです。

2位:地方では静かな環境で集中して仕事ができる

会社で仕事をしていると、集中できません。

  • 大量のメール
  • ひっきりなしに電話が鳴る
  • 上司、同僚、後輩から話しかけられる

会社員時代、1日に何十回と仕事を中断されていました。
「途切れた集中力が元に戻るまで平均15分かかる」という統計もあります。

圧倒的な時間損失です。

どうでもいいことで話しかけられると殺意を覚えます。
逆に、人に話しかけたときは殺意の目で睨まれました。

「よほどの急ぎの用事でない限りは、よく相手の状況を見てから声をかけよう」と思ったものです。
作業の合間や、席に戻って来たときなど、話しかけられるタイミングはあります。

地方移住が仕事に集中できる唯一の手段ではないです。
しかし会社では仕事に集中できないのは同意です。

いかに集中できる環境を作り出せるかが大事です。

トリンプインターナショナルの「がんばるタイム」

トリンプインターナショナル」では、午後2時間の「がんばるタイム」は私語禁止です。

納得できる制度です。
中断されなければ集中できるからです。

 中断されない環境を作ることが大事です。

  • メールや電話と無縁
  • 人に話しかけられない

環境が一役を担っています。

仕事に集中するコツは、集中できる環境を作ること。
メールを見るタイミングを決めたり、携帯電話に出ないのも集中には必要です。

工夫次第で「がんばるタイム」のまとまった時間を生み出せます。

環境の影響力は大きいですね。

3位:東京は移動時間の無駄遣いから逃れられない

地方移住し「在宅ワーク」になることで、通勤時間の分だけ時間が増えます。

休職して通勤がなくなったので、2時間増えました。
増えた時間を読書やブログ、ランニングに当てています。

他の時間は「家族」に捧げています。

 会社員の場合、不毛な時間帯もありました。

  • 通勤時間
  • 無駄な会議
  • ダラダラした打ち合わせ

「今している作業は、何のための時間なんだろう」というのが、会社ではよくあること。

「仕事だから」と自分に言い聞かせたこともありましたが、それでも納得できない時間です。

不毛な会議では別の仕事のことを考えるなど、活きた時間に変える工夫をしたこともありました。
しかしどうしても人の目が気になり、完全な集中は難しいです。

授業中の内職みたいに集中できないのです。
»【適応障害で休職中】在宅ワークのメリットとデメリット

地方移住の2つのメリット

「わざわざ地方移住せずに都内の在宅ワークをすればいい」という意見もあります。

ただ都内の在宅ワークでは通勤時間の分の時間は増やせますが、固定費は下げられません。

 地方移住の2つの良いところ

  • 時間が増える
  • 固定費が減らせる

固定費を減らすことは、海外移住や実家暮らしでも可能です
何が1番合っているか、考えるきっかけになる本です。

『まだ東京で消耗してるの?』は地方移住に興味がある人におすすめ

『まだ東京で消耗してるの?』は、地方移住に興味がある人におすすめ

おすすめの人、おすすめしない人

こんな方におすすめ

  • 会社を辞めたい人
  • 東京で消耗している人
  • 地方移住に興味がある人

会社を辞めたい人にもおすすめです。
地方移住の選択肢が増え、心に余裕ができるからです。

ただもし消耗しているなら、すぐに会社を辞めるのは避けるべきです。
正常な判断や決断ができないからです。

いったん有給や休職で、考える時間をつくるほうが賢明です。
著者のライフスタイルに興味のある人は、面白く読めるはず。

下記の3人にはおすすめしません。

  • 都会が好きな人
  • イケハヤが大嫌いな人
  • 地方移住に興味がない人

5つの章

目次

第1部.東京はもう終わっている
第2部.田舎のほうが圧倒的に稼ぎやすい
第3部.限界集落に移住して、こんな幸せになりました
第4部.「ないものだらけ」だからこそ地方はチャンス
第5部.移住で失敗しないための5つのステップと知っておくべき制度

書籍情報

書名まだ東京で消耗してるの?
著者イケダハヤト
単行本234ページ
出版社幻冬舎
発売日2016/1/29

口コミ、解説動画

口コミと動画をまとめました。

 Amazonの口コミ5つ

  • 思ったより良かった
  • 自分の勝てる場所を探している人におすすめ
  • 「何もない」のはビジネスチャンスの証拠
  • 雇われるより自立したい人には良い内容
  • 意識高い系にはウケる

» Amazonで「他の口コミ」を見てみる

 Twitterの口コミ4つ

  • イケダハヤトと呼ばれるモノが嫌い
  • 地方移住を考えている人へおすすめ
  • 地方移住の醍醐味がわかる
  • 環境を変えて人生を変える

» Twitterで「他の口コミ」を見てみる

 解説動画3本

まとめ:地方移住をする前に、小さく環境を変えてみる

感想まとめ:地方移住をする前に、小さく環境を変えてみよう

まとめ:グッときたところベスト3

  • 1位:環境を変えれば、アウトプットは変わる
  • 2位:地方では静かな環境で集中して仕事ができる
  • 3位:東京は移動時間の無駄遣いから逃れられない

 他に書いてあること

  • 高知の良いところ
  • 田舎での生活の良さ
  • 環境を変えることのメリット
  • 移住に関するよくある質問、回答
  • イケハヤさんのこれからやりたいこと
  • 移住で失敗しないための5つのステップ

以上です。

P.S. いきなり地方移住できなくても、小さく環境は変えられます。

関連記事『年収150万円で僕らは自由に生きていく』社畜脱出のために情報発信

-Read