広告 Eat

アコレで見つけた赤城乳業「クッキークリーム」【&がつかない理由】

2024年2月5日

クッキークリーム:希望小売価格173円、カロリー287kcal、脂質18.0g

 想定読者

  • 赤城乳業のアイス「クッキークリーム」はおいしい?
  • 料金、カロリー、糖質はどれくらい?
  • どこで買えるのか知りたい

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事の内容

  • 赤城乳業「クッキークリーム」のカロリー、脂質、料金
  • 感想:悪くない、普通においしい。107円でリーズナブル
  • &がつかない理由は違和感【購入にいたるストーリー】

自宅で手軽に食べられる市販の「クッキーアンドクリーム」を探していました。
アコレ」で見つけたのは赤城乳業「クッキークリーム」です。

本記事では、赤城乳業の「クッキークリームの詳細+感想」をまとめています。
この記事を読むことで、子どもの定番を塗り替えたクッキークリームがわかります。

食べてみた感想は、悪くないです。
普通においしくて、リーズナブルです。

アコレで見つけた赤城乳業クッキークリーム【&がつかない理由】

アコレで見つけた赤城乳業「クッキークリーム」【&がつかない理由】

変わったアイスです。
食べる前にカップを揉んで、チョコをバキバキにするからです。

173円、287kcal、脂質18.0g

クッキークリーム:希望小売価格173円、カロリー287kcal、脂質18.0g

クッキークリーム:希望小売価格173円、カロリー287kcal、脂質18.0g

正式名称クッキークリーム
価格(税込)173円(希望小売価格)
カロリー287kcal
脂質18.0g(糖質はわかりませんでした)
アレルギー(28品目)卵, 乳成分, 小麦, 大豆

開けてビックリです。

クッキーよりも周りの外壁を覆っているチョコが気になるからです。

「どうやって食べるのか」と考えなくてはなりません。
買うときは食べ方なんて、気にしていなかったです(名前と写真しか注意しなかった)。

「手で揉む?掴む?握る?」よくわかりません。
とにかくチョコをつぶすのがタスクらしいです。

以下、パッケージに食べ方が書いてありました。

クッキークリームの食べ方

クッキークリームの食べ方

クッキークリームの食べ方

クッキークリームの食べ方

アイスとカップにできた溝

チョコを潰して、粉々にして(適当に、好みで)、混ぜて食べる。

パッケージをよく見ると「セルフ」と書いてあります。
「自分で」の意味ですが「お好みで」と言い換えています。

チョコを割るのが、めんどうです。
ただ、新しいアイデアです(くら寿司の皿を片付けるセルフシステムを思い出しました)。

「世界初」かわかりませんが、チョコを割るアイスは初めての体験です。
気持ちは以下でした。

  • 市販のアイスでここまで作業させるのか
  • 握って絞り出すアイスは「パピカやクーリッシュ」がある

子どもに買ってきたアイスでしたが、ゲームに夢中だったので、結局、私が握って粉々にすることに。

新しいことはおもしろいです。
ワクワクするからです。

アイスとカップの溝が、不自然で奇妙です。
見慣れてないせいです。

以上が「セルフチョコレートクラッシュ」です。

&がつかない理由2つ:他とかぶる、チョコが強い

「クッキークリーム」にアンドがつかない理由は違和感

子どもから「おいしい」という声も聞けました。
一口、味見させてもらいました。

おいしいですが、サーティワンの「クッキーアンドクリーム」とは違います。

自分がチョコをバキバキにしたせいか、どうしてもチョコの味を探してしまうからです。
手間をかけたものを正当化したいのです。

ハーゲンダッツの「クッキー&クリーム」が好きな人に「どうぞ」とおすすめするシーンも浮かびません。
チョコ好きな人になら、おすすめできます。

正式名称が「クッキークリーム」なのは正解なのです。

買える場所:全国

  • イオン系列のスーパー
  • コンビニ(セブン、ローソン、ファミマ)
  • 通販:Amazon楽天市場

赤城乳業「クッキークリーム」購入にいたる理由

赤城乳業「クッキークリーム」購入にいたる理由

千葉県の野呂パーキングが始まりです。

野呂PAで食べたソフトクリームが原因

千葉東金道路「野呂PA(下り)」に立ち寄りました。

娘(12歳)が売店(外)の「クッキーアンドクリーム味のソフトクリーム」を見つけ「食べたい」と言い出しました。

450円で高かったですが、奥さんが息子(7歳)の分と合わせて2つ買いました。

味を聞くと「おいしい」とは言いましたが、それだけです。
車内で黙々と食べていました。

いつものジャイアントコーンでは不満気

数日後、仕事帰りに「アコレ」に立ち寄りました。
「たまには子どもにアイスでも買って帰ろう」と思ったからです。

  • 娘:雪見だいふく
  • 息子:ジャイアントコーン(青)

サプライズ感から「喜ぶだろう」と思いながら帰宅しました。
息子の第一声は「こないだのクッキーアンドクリームはなかったの?」でした。

こみ上げてきたのは「残念」よりも「悔しさ」です。

子どものために買ってきたアイスが受け入れられなかったせいか。
勝手に買ってきて、期待した反応が得られなかったことに腹立だしいのか。
子どもの好きなものが変わった瞬間を見逃していたからか。

わかりません。

アコレにクッキーアンドクリームがあったかどうかも、わからないのです。

自分に言い聞かせた気持ちは「まあ、しょうがない。クッキーアンドクリームなんてよく見てないからアコレにあるかどうかわからない。思い出せない。少なくとも見たことはないはず。とりあえず、買ってきたジャイアントコーン青はお気に入りなはず。これよりもおいしかった野呂PAのソフトクリームは気になるが、クッキーアンドクリームはサーティワン?ハーゲンダッツ?くらいでしか買えないのでは。ゆえに、アコレになくてもしょうがない」です。

「どこかでクッキーアンドクリーム味のアイスを買ってこよう」なんて1ミリも思わなかったです。

アコレで見つけた「クッキークリーム」

仕事帰りにウォーキングのために一駅手前で降りることがあります。
途中にあるアコレに、また立ち寄りました。

クッキーアンドクリームの市販のアイスがあるか、確かめたかったからです。
リベンジしたかったからです。

思いつくのはハーゲンダッツですが、見ると300円くらいしました。
近くの列を見ると「クッキークリーム」と書かれた商品があります。

名称に「アンド」がついていないのが気になりました。
「重複しないため?」と思いながらも「クッキーとクリームがあれば似ているからいいか。7歳だからそこまでこだわりはないかも、こないだが初見だし」と購入理由を作りました。

娘には「雪見だいふく白い恋人」を買いました。
「2日連続アイスなんて贅沢」と思いながらも。

買って帰ると息子の顔が、ほころびました。
笑顔を見たいがためです。
営業マンだったころの気持ちに戻った感じです。

ここまでのきっかけを作ってくれた、手間をかけさせてくれた野呂パーキング(下り)のソフトクリーム・クッキーアンドクリーム味を食べてみたくなりました。
あとで「本当においしいときは黙って夢中で食べるのだな」と気づけました。

クッキークリームにはストーリーがあったのです。

まとめ:子どもの定番を塗り替える赤城乳業クッキークリーム

「クッキークリーム」購入にいたるストーリー

後日、息子に「ジャイアントコーン青とクッキークリーム、どっちが好き」と聞いたら「クッキー」と即答しました。

声が出ました。
息子の定番「ジャイアントコーン青」が上書きされたからです。

クッキークリームを子どものために買って帰ったら喜びます。
うれしそうな顔が目に浮かびます
アコレは希望小売価格173円よりも安かったからうれしいです。
「ちょっと味見もしたいかも」の気持ちになります。

クッキーアンドクリーム味は人気なせいか、他にも市販の商品がたくさんあります。

以上です。

P.S. 他のクッキーアンドクリームも少しずつ試してみます。

関連記事セブンプレミアムのアイスクリームの実食まとめ【値段、カロリー】
関連記事雪見だいふくのカロリー、糖質、脂質【1番低いのはコクのショコラ】

-Eat