名言

ビートたけし名言から努力の残酷さを学ぶ【結論:最後まで淡々と生きればOK】

投稿日:2019年6月22日 更新日:

努力

親愛なる君へ

  • 「努力に意味はあるのかな」
  • 「努力しても結果に結びつかない」

この記事はそんな方へ向けて書いています。
今まで努力をしても結果に結びつかないことはたくさんありました。
ビートたけしさんの名言は心に刺さるものが多いです。

先日、下記ツイートをしました。

【共感】

夢をもて、目的をもて、やれば出来る
こんな言葉に騙されるな、何も無くていいんだ
人は生まれて、生きて、死ぬ
これだけでたいしたもんだ

ビートたけし

淡々と生きる

本記事では、ビートたけしの名言から努力の残酷さを解説しています。

この記事を読むことで、努力は報われず正義は滅びることがわかります。

ビートたけし名言から努力の残酷さを学ぶ【結論:最後まで淡々と生きればOK】

努力

結論は下記の通りです。

努力して、最後まで淡々と生きればOKです。

ビートたけしさんの名言を深掘りしていきます。

1.努力しても才能がなければ成功できない

テレビでマンガでも「やればできる」とよく言います。
言い換えれば「努力すればできる」と聞こえますが、この言葉は嘘です。

努力しても才能がなければ成功はできない

エジソン名言
天才とは1%のひらめきと99%の努力である

エジソンは「99%努力しても、1%のひらめきがなければダメだ」と言っています。

努力はやって当たり前のことです。
そこから先は1%のひらめきにかかっているのです。
1%の才能が必要です。

ビートたけし名言
努力すれば、きっとなんとかなるって、そんなわけないだろう。
一所懸命やればなんとかなるほど世の中甘くないってことは、親とか周囲の大人が一番知ってんじゃねえか。
必死にやってもうまくいくとは限らなくて、どうにもならないこともある、それが普通で当たり前だってことの方を教えるのが教育だろう。

努力は残酷です。
平気で裏切ります。

努力してもうまくいかないことは散々ありました。
失敗ばかりです。

努力してもうまくいかないこともある。
努力してうまくいくこともある。

うまくいったらラッキーです。
手放しで喜びましょう。

まずは努力しなければ始まりません。

2.信じることが努力する力をくれる

努力しても成功しないことに気づいて、自分には何の才能もないと気づきました。

「自分になんか成功できるわけがない」
ほとんどの人はこう思っています。

「絶対成功できる。自分には才能がある。自分は天才だ」と思っている人間は少数派

こういった人間が成功しています。
何もなくても、努力しなきゃいけない時は自分を信じましょう。

自分を信じるのは、努力を継続するためです。

人間は希望の光が見えないと、心が折れます。
努力している時だけでも、自分を信じましょう。

『信は力なり』とは、信じることが努力を続ける力をくれるからです。

3.最後まで淡々と生きればOK

人生にはいろいろなことが起こります。

人生、苦あれば苦あり

「人生、楽あれば苦あり」という言葉があります。
この言葉は嘘です。

人生、苦あれば苦あり

人生は辛いことの方が多いです。
「人生、楽あれば苦あり」だと、楽が5割、苦が5割と半々にとらえがちです。

実際は楽が1割、苦が9割くらいです。
1割の楽が、9割の苦を吹き飛ばす時もありますが、辛いことの方が多いです。

努力しても報われず、正義は滅びるのです。

9割の苦がある人生を最後まで淡々と生きればOK

生き延びればそれだけで凄いことです。
夢や目的に向かって、ひた走ることはそれはそれで素敵なことです。

一方で夢や目的がなければダメかというと、そんなわけはありません。
夢や目的がない人間は生きちゃいけないことになります。

夢や目的がなく努力せずとも、淡々と生きればOKです。

幸せじゃなければダメというルールもないです。
幸せじゃなくてもいいのです。

ただ、生まれたからには最後まで生き延びましょう。

ビートたけしのその他の名言

努力

他の名言を8つ引用します。

名言その1

人生で楽しいことばかりじゃない。苦しいと思うことも生きている証だと思えば楽しめる。

名言その2

努力ってのは宝くじみたいなものだよ。買っても当たるかどうかはわからないけど、買わなきゃ当たらない。

名言その3

昔から「運も実力のうち」なんて言葉があるとおり、おいらも所詮人間の成功なんて運があるかどうかに尽きると思ってる。

名言その4

(天才とは)運と才能と、あと努力…。ごく普通のことを人一倍やった人だよ。そして運は必要だよ。

名言その5

芸人をやって、映画監督をして。ビートたけしをして、北野武でもいるといういまの人生は、本当に疲れる。弱音を吐くわけじゃないけれど、なにもこんなことをしなくても、人生の快感を得ることは、できたんじゃないかと思う。コツコツと真面目に働いて、家族を守り、子供を育てる。それだけでも、十分に人生を生きたいという満足感は得られる。有名になろうが、いい映画をつくろうが、その満足感には大差がないだろうということは、この歳になってみればよくわかる。とはいえ、もう一回、人生をやり直せたとしても、苦しくても何でも、熱い人生を選ぶ。

名言その6

未来というのは結局この一瞬一瞬の積み重ねなんだ。
この今の延長に未来がある。

遠い未来もこの瞬間の積み重ねなんだよな。
だから、今、この瞬間から別の行動を起こせば、未来は変わっていく。

この瞬間から違うことすれば、未来なんて変わるんだ、そう思う。

名言その7

自分の子供が、何の武器も持っていないことを教えておくのは、ちっとも残酷じゃない。それじゃ辛いというなら、なんとか世の中を渡っていけるだけの武器を、子供が見つける手助けをしてやることだ。それが見つからないのなら、せめて子供が世の中に出たときに、現実に打ちのめされて傷ついても、生き抜いていけるだけのタフな心に育ててやるしかない。

名言その8

いまのたった今の時点で努力していない奴らは死ぬときに必ずオロオロするんじゃないのかって思う。それまで何もやってきていないんだから。なにひとつ自分に満足していないんだよね。駄目な奴は。じゃあお前はどうだって言われると、いったい何をしてきたんだろうかって考えると、もう愕然としてくる。強烈なんだ。その問いかけは。どんなに素晴らしい人でも、それは誰にでも当てはめて言えるわけだし、これをしてきたって言える人間はいない。やればやるほど、人間は抜けた部分に気づく。だからやっぱり、人間自分の目の前にあることを一生懸命やるしかない。

以上、『ビートたけし名言から努力の残酷さを学ぶ【 結論:最後まで淡々と生きればOK 】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 最後まで淡々と生きよう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2018年12月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,354冊/漫画1,312冊)、10kmを走り(月150km/サブ4達成 )、子どもとドラクエ11、バイオハザード4で遊び、ときどき旅をしています。

-名言,
-,

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.