名言

ビートたけしの名言から努力の残酷さを学ぶ【結論:最後まで淡々と生きればOK】

投稿日:2019年6月22日 更新日:

努力

親愛なる君へ

  • 「努力に意味はあるのかな」
  • 「努力しても結果に結びつかない」
  • 「ビートたけしの名言を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。
今まで努力をしても結果に結びつかないことはたくさんありました。
ビートたけしさんの名言は心に刺さるものが多いです。

先日、下記ツイートをしました。

【共感】

夢をもて、目的をもて、やれば出来る
こんな言葉に騙されるな、何も無くていいんだ
人は生まれて、生きて、死ぬ
これだけでたいしたもんだ

ビートたけし

淡々と生きる

本記事では、ビートたけしの名言から努力の残酷さを解説しています。

この記事を読むことで、努力は報われず正義は滅びることがわかります。

ビートたけしの名言から努力の残酷さを学ぶ【結論:最後まで淡々と生きればOK】

努力

結論は下記の通りです。

努力して、最後まで淡々と生きればOKです。

ビートたけしさんの名言を深掘りしていきます。

1.努力しても才能がなければ成功できない

テレビでマンガでも「やればできる」とよく言います。
言い換えれば「努力すればできる」と聞こえますが、この言葉は嘘です。

努力しても才能がなければ成功はできない

エジソン名言
天才とは1%のひらめきと99%の努力である

エジソンは「99%努力しても、1%のひらめきがなければダメだ」と言っています。

努力はやって当たり前のことです。
そこから先は1%のひらめきにかかっているのです。
1%の才能が必要です。

ビートたけし名言
努力すれば、きっとなんとかなるって、そんなわけないだろう。
一所懸命やればなんとかなるほど世の中甘くないってことは、親とか周囲の大人が一番知ってんじゃねえか。
必死にやってもうまくいくとは限らなくて、どうにもならないこともある、それが普通で当たり前だってことの方を教えるのが教育だろう。

努力は残酷です。
平気で裏切ります。

努力してもうまくいかないことは散々ありました。
失敗ばかりです。

努力してもうまくいかないこともある。
努力してうまくいくこともある。

うまくいったらラッキーです。
手放しで喜びましょう。

まずは努力しなければ始まりません。

2.信じることが努力する力をくれる

努力しても成功しないことに気づいて、自分には何の才能もないと気づきました。

「自分になんか成功できるわけがない」
ほとんどの人はこう思っています。

「絶対成功できる。自分には才能がある。自分は天才だ」と思っている人間は少数派

こういった人間が成功しています。
何もなくても、努力しなきゃいけない時は自分を信じましょう。

自分を信じるのは、努力を継続するためです。

人間は希望の光が見えないと、心が折れます。
努力している時だけでも、自分を信じましょう。

『信は力なり』とは、信じることが努力を続ける力をくれるからです。

3.最後まで淡々と生きればOK

人生にはいろいろなことが起こります。

人生、苦あれば苦あり

「人生、楽あれば苦あり」という言葉があります。
この言葉は嘘です。

人生、苦あれば苦あり

人生は辛いことの方が多いです。
「人生、楽あれば苦あり」だと、楽が5割、苦が5割と半々にとらえがちです。

実際は楽が1割、苦が9割くらいです。
1割の楽が、9割の苦を吹き飛ばす時もありますが、辛いことの方が多いです。

努力しても報われず、正義は滅びるのです。

9割の苦がある人生を最後まで淡々と生きればOK

生き延びればそれだけで凄いことです。
夢や目的に向かって、ひた走ることはそれはそれで素敵なことです。

一方で夢や目的がなければダメかというと、そんなわけはありません。
夢や目的がない人間は生きちゃいけないことになります。

夢や目的がなく努力せずとも、淡々と生きればOKです。

幸せじゃなければダメというルールもないです。
幸せじゃなくてもいいのです。

ただ、生まれたからには最後まで生き延びましょう。

ビートたけしの名言を人生、努力、成功、教育、人間性で計25個を引用

努力

ビートたけしさんの他の名言を人生、努力、成功、教育、人間性で、合計25個を引用します。
一言コメントで解説していきます。

ビートたけし名言【人生】

人生で楽しいことばかりじゃない。苦しいと思うことも生きている証だと思えば楽しめる。

楽しいだけの人生じゃつまらないです。
楽しいこと、苦しいこの振れ幅が大きいほど刺激に満ちた人生になります。
どちらを選ぶかは自分次第です。

芸人をやって、映画監督をして。ビートたけしをして、北野武でもいるといういまの人生は、本当に疲れる。弱音を吐くわけじゃないけれど、なにもこんなことをしなくても、人生の快感を得ることは、できたんじゃないかと思う。コツコツと真面目に働いて、家族を守り、子供を育てる。それだけでも、十分に人生を生きたいという満足感は得られる。有名になろうが、いい映画をつくろうが、その満足感には大差がないだろうということは、この歳になってみればよくわかる。とはいえ、もう一回、人生をやり直せたとしても、苦しくても何でも、熱い人生を選ぶ。

休職は穏やかで静かな人生です。
たまに会社員時代のストレスまみれの熱い人生が懐かしくなります。
ストレスさえなければと思いますが、熱さにストレスはつきものです。

ささやかな幸せを確保するにも、めちゃくちゃ努力しなきゃだめだよ。生半可なことじゃないよ、道には罠がいっぱい仕掛けられてるんだからさ。

普通の人生を送るのがどれだけ大変か。
普通の人生がどれだけ幸せか。
体を壊してみて実感しました。

ビートたけし名言【努力】

努力ってのは宝くじみたいなものだよ。買っても当たるかどうかはわからないけど、買わなきゃ当たらない。

やってみなければわかりません。
ブログも稼げませんが、まだわかりません。
ブログは書かなければ絶対に稼げないのです。

未来というのは結局この一瞬一瞬の積み重ねなんだ。
この今の延長に未来がある。
遠い未来もこの瞬間の積み重ねなんだよな。
だから、今、この瞬間から別の行動を起こせば、未来は変わっていく。
この瞬間から違うことすれば、未来なんて変わるんだ、そう思う。

未来は今の一歩一歩の積み重ねです。
今の延長に未来があります

今から別の行動を起こせば、別の未来になります。
今から新しいことをすれば、新しい未来になります。

今は過去の集大成です。
不満があるなら自分に言いましょう。

今から変えていくのです。

いまのたった今の時点で努力していない奴らは死ぬときに必ずオロオロするんじゃないのかって思う。それまで何もやってきていないんだから。なにひとつ自分に満足していないんだよね。駄目な奴は。じゃあお前はどうだって言われると、いったい何をしてきたんだろうかって考えると、もう愕然としてくる。強烈なんだ。その問いかけは。どんなに素晴らしい人でも、それは誰にでも当てはめて言えるわけだし、これをしてきたって言える人間はいない。やればやるほど、人間は抜けた部分に気づく。だからやっぱり、人間自分の目の前にあることを一生懸命やるしかない。

努力はして当たり前です。
今までやってこなかった分を埋め合わせるかのように必死に頑張ることを努力とは言いません。
今までやってきていないのですから、頑張るのは当たり前です。
今やるべきことを淡々とやるだけです。

場所を変えることは自分を変えることにはならないんだよ。どこにいても自分だけの問題で、周りの景色なんかどうでもいい。

自分についてまわるものは、自分に原因があります。
会う人、住む場所、環境を変えれば、自分は変わりますが、根本的な資質は変わっていません。

おそらく脳には、節電モードみたいなものがついていて、ちょっと慣れてくると、すぐに楽をしようとする。絵でいうなら、描き慣れるということがある。たとえば、ゴリラの絵を描くとする。初めてだから上手く描けないんだけど、絵としては悪くない。ところが、調子に乗って同じゴリラの絵を何枚も描いていると、だんだん手が慣れてきて、すらすら描けるようになる。そうなると、絵としてはつまらない。描き慣れた絵は、見てもあんまり感動しない。

慣れてきたら変化です。

ビートたけし名言【成功】

昔から「運も実力のうち」なんて言葉があるとおり、おいらも所詮人間の成功なんて運があるかどうかに尽きると思ってる。

運も実力のうちです。

(天才とは)運と才能と、あと努力…。ごく普通のことを人一倍やった人だよ。そして運は必要だよ。

運×才能×努力です。
努力しか変えられません。
せめて努力しましょう。

ワールドカップを観ていて、相変わらず「感動をありがとう」なんて言ってる奴は、もうてんで駄目なんだよ。本当の感動は、やった奴しか分からない。

自分で努力して勝ち取るものが一番感動できます。

「君には無限の可能性がある」って、嘘つけ。人間はなれるものにしかなれやしない。

なるようにしかなれません。
努力が最低条件です。

ビートたけし名言【教育】

自分の子供が、何の武器も持っていないことを教えておくのは、ちっとも残酷じゃない。それじゃ辛いというなら、なんとか世の中を渡っていけるだけの武器を、子供が見つける手助けをしてやることだ。それが見つからないのなら、せめて子供が世の中に出たときに、現実に打ちのめされて傷ついても、生き抜いていけるだけのタフな心に育ててやるしかない。

みんなカボチャです。
努力を教えましょう。
努力を教える方法は、自分の努力を見せることです。

俺は怒ったり、命令したりはしない。まずスタッフに聞く。「こういうふうに撮りたいんだけど駄目かな?」「このシーンはどうやって撮ればいい?」最終的には自分のやりたいようにやっているのだが、もしかしたらもっといい意見が出るかもしれないから、まず聞くのだ。みんな映画が好きでこの仕事をしているわけだから、意見を求められれば、一所懸命考えて働いてくれる。だから手抜きなんか絶対にしない。スタッフの能力を最大限に引き出すには、これが一番だと思っている。

聞きましょう。

子供の教育で大切なのは、タガのはめ方と、外し方なのだ。タガを外しすぎれば、桶はバラバラになってしまう。タガをきつくはめすぎても長持ちしない。自由に何でも好きなことをしなさいと言われたって、何をしていいかわからないという子供が多いんじゃないか。自由というのはある程度の枠があって初めて成立する。なんでもやっていいよという枠のない世界にあるのは、自由ではなくて混沌だ。子供に自由の尊さや、喜びを教えたいのなら、きちんとした枠を与えてやるべきなのだ。

バランス感覚が大事です。
メリハリです。
振り子理論です。

ビートたけし名言【人間性】

最後まで押し通せなかったらやさしさではない。途中でくじけるなら悪人になればいい。やさしさは根性です。

優しさは強さです。

友情というのはこっちから向こうへ一方的に与えられるもので、向こうから得られる何かではない。友情とは自分の相手に対する気持ちだ。

見返りを求めないのが友情です。

他人への気遣いで大切なのは話を聞いてやることだ。人間は歳を取るとどういうわけかこれが苦手になるらしい。むしろ、自分の自慢話ばかりしたがるようになる。だけど、自慢話は一文の得にもならないしその場の雰囲気を悪くする。それよりも相手の話を聞く方がずっといい。

聞きましょう。

変な言い方だけど自分のために死んでくれる人間が何人いるよりも、そいつのためなら命をかけられるって友達が1人でもいる方が人間としては幸せだと思う。

命をかけられるくらい深い付き合いをしていきましょう。

お金がないことを、そのまま「下流社会」といってしまう下品さに、なぜ世の中の人は気づかないのだろう。「武士は食わねど高楊枝」という気概はどこへ消えたのか。うちは貧乏だったけれど、母親は商店街で投げ売りをしているような店には、絶対に並ばなかった。どんなに遠い店でも、1円のお客を大切に扱う店に通っていた。

お金は人間の品性が出ます。

世代が違うと話が合わないなんて言うのは間違い。話が合わないんじゃなくて、話を引き出せない自分がバカなのだ。年寄りとお茶を飲んでいて、「おじいちゃん、この茶碗は何?」って聞けば、何かしら答えが返ってくる。きっかけさえ作ることができれば、思いもよらない話が聞けることもある。相手はいい気持ちになれるし、こっちは知らなかったことを知る。相手が小学生だって同じだ。

対等な関係で聞きましょう。
聞くことは対等です。

どんなにワインに詳しくても、ソムリエにワインのことを語ってはいけない。そんなことをしたら、ソムリエは何も大切なことを教えてくれなくなる。「このワインはどうして美味しいの?」と、聞くべきなのだ。

聞くことの大切さを説いています。
聞くことは奥が深いです。

臭いものには蓋をする文化とでもいうか、最近は世間がとにかくきれいごとの、その場しのぎばっかりするようになった。そんなものは、差別用語の問題と同じ話で、ものごとの本質には何も手を触れずに、表面に覆いをかけて誤魔化しているだけのことだ。

本質を見抜きましょう。

作法というのは、突き詰めて考えれば、他人への気遣いだ。具体的な細かい作法をいくら知っていても、本当の意味で、他人を気遣う気持ちがなければ、何の意味もない。その反対に、作法なんかよく知らなくても、ちゃんと人を気遣うことができれば、大きく作法を外すことはない。駄目な奴は、この気遣いがまったくできていない。人の気持ちを考えて行動するという発想を、最初から持っていないのだ。

人の気持ちを考えれば自然と作法は身につきます。

金のことでつべこべ言うと、母親にこっぴどく叱られたものだ。誰だって、金は欲しいに決まっている。だけど、そんなものに振り回されたら、人間はどこまでも下品になるというのが俺の母親の考えだった。貧乏人のやせ我慢と言ったらそれまでだが、そういうプライドが、俺は嫌いじゃない。

お金は人間の品性が出ますので、気をつけましょう。

ビートたけしの名言のまとめ

ビートたけし名言

本記事は、ビートたけしさんから努力の残酷さについて解説してきました。

たけしさんの名言は、心が動く名言が多いです。
あらゆるパートでの名言を言うことができるたけしさんを尊敬します。
まさに歴史上の人物にふさわしい名言の数々でした。

未来を変えるために名言に心を動かされ、今から行動していきましょう。

以上、『ビートたけしの名言から努力の残酷さを学ぶ【結論:最後まで淡々と生きればOK】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 最後まで淡々と生きよう。

関連記事努力が報われないが、裏切らない理由を解説【結論:努力して損はない】


関連記事北野武さんの名言に心が動く。『締めの言葉』『努力論』『人生論』『自責化』
名言
北野武
北野武さんの名言に心が動く『締めの言葉』『努力論』『人生論』『自責化』

親愛なる君へ 北野武さんの言葉に心が動きましたので、4つ紹介します。 目次北野武さんの名言に心が動く1.締めの言葉2.「努力しているって、自分で感じているうちはダメだと思うよ」3.「生きていくことは苦 ...

続きを見る


関連記事母親と決別することで、何かを始められる。【読書感想文】『ビートたけしのオンナ論』ビートたけし【著】
読書感想文
ビートたけしのオンナ論
過干渉のしんどい母親とは決別することで、何かを始められる本【読書感想文・書評】

親愛なる君へ 「ビートたけしのオンナ論がどんな本か知りたい」 「母親の過干渉に苦しんでいる」 「母親の呪縛から離れて新しいことを始めたい」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 『ビートたけしのオ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新/月1万PV)、午後は本を1冊読み(本4,365冊/漫画1,322冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで3,000mを泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード4)で遊び、ときどき旅をしています。

-名言,
-

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.