仕事をする

仕事の生産性を上げる方法【3つのポイントを解説】

投稿日:2019年7月10日 更新日:

仕事

親愛なる君へ

  • 「仕事の生産性を上げる方法を知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事を書いている私は、旅行会社の正社員として18年間、仕事をしてきました。
仕事をしているときに携帯の音が鳴ったり、声をかけられたり、ツイッターを見てしまったりすることがあります。
仕事の生産性を上げるために様々なビジネス書を読んで試行錯誤を繰り返してきました。

過去に下記ツイートをしました。

【文章を書くときはツイッターを消す】
ついつい見てしまうツイッター
ブログなど文章を書くときは全てオフにして集中
今もまたツイッターしてる

本記事では、仕事の生産性向上について悩んでいる人に、仕事の生産性を上げるための方法を解説します。

この記事を読むことで、周りの環境を整えて仕事に集中し、生産性の向上をはかることができます。

仕事の生産性を上げる方法【3つのポイントを解説】

仕事

仕事の生産性を上げる3つの方法を紹介します。

生産性を上げる3つの方法

1.携帯の通知音は全てオフにする。
2.パソコンでSNSのリンクをタブに表示させない。
3.中断させられたことに気づく。

順番に解説します。

1.携帯の通知音は全てオフにする

メールやツイッターなどの通知音、メールのポップアップ機能、バイブレーション機能、すべてオフにします。
仕事を中断する元凶だからです。

機内モードで一発でオフになります。

集中力が高まっているときに一度中断してしまうと、再度、集中力を高めるまでに時間を要します。
燃え上がった炎に水をかけられるイメージです。
再度、火をつけるのに時間がかかるのです。

集中したいときは中断させられる環境から脱出することが大事

ブログ記事の執筆や重要な仕事など集中を要する仕事をしているときに、中断させられることほどもったいないことはありません。
集中力と時間の大きな損失です。

会社員の人でも一人になり集中するために工夫できることはあります。

環境を機内モードになるために

・会議室にこもって仕事をする。
・外出してカフェで仕事をする。
・同僚に「◯時までは電話は取り次がないで。声をかけないで」と事前にお願いしておく。
・早朝出社して、仕事に集中する。
・会社携帯の電源を切る。
・プライベートの携帯の電源を切る。

自宅で作業するときも同じことが言えます。
特に家人は悪気はなく声をかけますので要注意です。

それくらいどこにいても、中断の横槍は入るものなのです。

会社員時代は中断ばかりで仕事にならず苦しみました。
仕事に集中するたびに電話や声かけ、メールなどで中断させられるのです。
高速道路に乗るたびに、一般道におろされるイメージです。

声をかける人は1日のうちで数回の声かけかもしれません。
本人にしてみればトータルするといろいろな人から声をかけられて、大きな集中力、時間の損失になっているのです。

集中したいときは自分から工夫をして、環境自体を機内モードに変えていきましょう。

環境の力は大きいのです。

2.パソコンでSNSのリンクをタブに表示させない

ついつい見てしまうのが、ツイッターやLINE、facebook、インスタグラムなどのSNSです。
携帯を触っていて気づいたら、多くの時間を費やしてしまうことも多いです。

最近はSNSの通知音はもちろん、パソコンのSNSのリンクタブ自体、表示させないようにしています。
リンクタブがあるとちょっとした隙間時間に、クリックして見てしまい仕事に集中できません。

リンクのタブを消すことは、ブログや仕事に集中することができる簡単で有効な方法です。
気になるリンクのタブは、全て消すことです。

リンクタブがなければ見ることはできません。

リンクのタブは広告と同じ

リンクタブが表示されていることは、常に広告の誘惑を見ているのと一緒です。
広告が掲載されていれば、いつかクリックしてしまうのです。

重いタスクを抱えている場合は、SNSやメールのチェックから仕事を始めることが多いです。
「軽いタスクでウォーミングアップしよう」と考えがちだからです。

ツイッターやメールチェックが本当に大事な仕事かどうか、今一度考えても損はしません。
朝一番にツイッターやメールに時間を費やすことが、本当に重要なのか考えてみるのです。

朝一番のSNSやメールチェックは絶対にしてはいけません。
ツイッターの通知も見ないようにしています。
緊急にツイッターをしなくてはならない状況はないからです。

SNSやメールは休憩の隙間時間や、生産性の落ちる昼食後にすることで、仕事の生産性は高まります。

3.中断させられたことに気づく

仕事を中断させられて集中力がいったん白紙になることはよくあります。
自分自身で集中力が途切れたことについては、なかなか気づけません。
集中力は曖昧で目に見えないものだからです。

ついつい流しがちですが実際の集中力の損失は大きいです。
貴重な時間を失っているのです。

中断させられたことを自覚をしないと、いつまでたっても次の改善につながりません。

仕事が中断させられる→中断させられたことを自覚する→改善を考える

このサイクルが大事です。

集中を中断させられた場合は、改善を考える

改善しないと同じことの繰り返しです。
損するの自分です。
時間を盗まれていることに気づきましょう。

上機嫌で声をかけやすい職場の雰囲気を作りをすることも大事ですが、一人で集中できる環境を作り上げることも大事です。
声をかけられ、中断が続けば仕事はできません。
職場の雰囲気をギスギスさせたくない気持ちも理解できますが、お客様あっての仕事の方が大事なのです。

・職場の雰囲気を優先するか
・お客様の仕事を優先するか

集中する環境を作り出すために、周りに「仕事を中断しないでください」と言えない人は今一度、何を優先すべきか考えましょう。

優先順位を間違えないようにして、生産性を高めていきましょう。

自分自身が周りの生産性を上げる邪魔をしていないか考える

仕事

自分の生産性を上げることばかりではなく、周りも見てみましょう。

周りの人に生産性向上の邪魔していないか振り返るのも大事

人は鏡だからです。
自分自身を振り返ってみましょう。

・自分も人の時間を奪っていないか
・自分も人が集中しているときに中断していないか

私自身もついついやってしまうことがあります。
自分が気づかずに周りの人の仕事を中断していると、周りの人たちも自分に対して「同じことをしてもいい」と認識します。
「声をかけて仕事を中断してもいい人だ」と判断するのです。

結果として、自分のしていることが自分に返ってくるのです。

仕事を生産することよりも、仕事の生産性を高めることが大事

生産性を高めれば、より多く生産できるようになるからです。

例えるなら、ブログを書くことも大事ですが、タイピングスピードを上げることも大事なのです。
斧で木を切るスピードを上げることも大事ですが、チェーンソーに切り替えることも大事なのです。

再度、要点をまとめます。

生産性を上げるための3つの方法

1.携帯の通知音は全てオフにする。
2.パソコンでツイッターのリンクをタブに表示させない。
3.中断させられたことに気づく。

生産性を向上させるために、いろいろな工夫を試して改善していきましょう。

毎日が試行錯誤のチャンスなのです。

▼生産性を高める本を紹介します▼


以上、『仕事の生産性を上げる方法【3つのポイントを解説】』についての記事でした。

こーいちより

P.S. 集中する環境を自分で作り出そう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新)、午後は本を1冊読み(本4,361冊/漫画1,320冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで3,000mを泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード4)で遊び、ときどき旅をしています。

-仕事をする
-

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.