旅をする 旅行会社

【法人営業】旅行会社に入社5年後の仕事内容とは?【読むべきおすすめ本も紹介】

2020年4月26日

旅行会社の新入社員の仕事内容

親愛なる君へ

  • 「旅行会社に入社5年後の法人営業の仕事内容を知りたい」
  • 「当時、読んで良かった本や、おすすめの本があれば教えて欲しい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

私は新卒で旅行会社に入社し、18年間、法人営業を担当しました。
本記事では、入社して5年後、法人営業で具体的にどんな仕事をしていたのか、解説していきます。

 この記事でわかること

・中規模・旅行会社に入社して、5年後の法人営業の仕事内容がわかる
・当時読んで良かった本や、おすすめの本がわかる

 本記事の信頼性

✔︎ 経歴:新卒で旅行会社に入社し18年間、法人営業を担当。
✔︎ 保有資格:総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、旅行地理検定2級、英検2級、TOEIC540点、損害保険初級。
✔︎ 添乗経験:国内・海外合わせて100本で、一般団体・教育旅行・視察旅行を経験。

こーいち
当時の日記に基づいて書いていますので、正確な情報です。

なお、入社1年目と、入社10年後、15年後の仕事内容は、下記記事で解説しています。


10年後の仕事内容
旅行会社の仕事内容
【法人営業】旅行会社に入社10年後の仕事内容とは?【おすすめ本も紹介】

続きを見る


15年後の仕事内容
旅行会社の新入社員の仕事内容
【法人営業】旅行会社に入社15年後の仕事内容とは?【おすすめ本も紹介】

続きを見る

【法人営業】旅行会社に入社5年後の仕事内容とは?

入社して5年もすれば、仕事がわかってきます。
どんな仕事をしていたのか、解説していきます。

国内出張手配、デリバリー、国内・海外添乗

基本は、国内出張手配&デリバリーです。
加えて、ときどき添乗にも行くようになりました。

手配〜デリバリー〜営業〜添乗などのひと通りの仕事を経験したことになります。
一貫した流れが見えてきます。

入社当時、先輩から「5年は仕事をしないと覚えないよ」と言われましたが、そのとおりだと思います。

入社5年になると正式に担当企業を持たされるようになります。
お客さまにも頼られるようになります。

入社5年後に身につけていたスキルは、以下のとおり。

・国内出張手配(JR、航空券、ホテル、パッケージなど)
・国内添乗
・資格:国内旅行業務取扱管理者、総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、英検2級

国内旅行については「ひと通り覚えた」という自信がつきました。
資格についても3年目に「総合旅行業務取扱管理者」を取得した流れで、旅程管理、英検、地理検定なども挑戦しました。

営業については、まだまだデリバリーの範疇を抜けていませんでした。

こーいち
ちなみに帰社時間の記録はありませんが、だいたい20時前後には帰れていたと思います。

国内添乗へ一人で、海外添乗はサブで行く

入社4年目に初めて一人で国内添乗に出ました。

「一人で添乗に行ける」というのは、何とも言えない喜びです。
今まで先輩に同行しながら、「あーだ、こーだ」と口うるさく言われながら頑張った甲斐がありました。

責任は重いですが自分の裁量でツアーを仕切れるのは、やりがいがあり、楽しいです。

海外添乗もサブとして、アメリカ、サイパンなどにガンガン連れて行ってもられるようになりました。

海外添乗は国内よりもワクワク、ドキドキします。

「非日常が仕事になる」というのは、何ともいえない不思議な気持ちです。

こーいち
お客さまの思い出の一つに自分も含まれていると考えると、変な感じです。

添乗で行った場所

日々の出張手配、営業がメインなので、添乗回数は多くありません。

サブとはいえ海外添乗の機会を与えてくれたのは、今後の成長につながる出来事でした。
色々やらせてくれるのは中規模・旅行会社のメリットです。

実際に添乗した場所は、以下のとおり。

・2002年9月 都内日帰り(シンフォニークルーズのランチとお台場散策)
・2002年10月 伊豆畑毛温泉1泊2日(宴会とゴルフ)
・2003年1月 鴨川温泉1泊2日(東京ディズニーシー、市場で買い物、お台場で昼食・散策)
・2003年10月 山梨県・日帰り(BBQ昼食、ぶどう狩り、ワイナリー散策)
・2004年6月 アメリカ西海岸7泊9日(LAX、SFO、SEA)
・2004年7月 山梨県・日帰り(そば打ち、昇仙峡、桃狩り、ワイナリー)
・2004年9月 サイパン修学旅行3泊4日(PIC)
・2004年9月 アメリカ西海岸6泊8日(LAX、SFO)
・2004年10月 山梨県・日帰り(富士サファリパーク、御殿場アウトレット)
・2005年1月 福島県・東山温泉1泊2日(鶴ヶ城、武家屋敷、飯盛山、猪苗代、※アルツ磐梯スキー)
・2005年6月 アメリカ西海岸7泊9日(LAX、SFO、SEA)
・2005年7月 福島県・磐梯熱海温泉1泊2日(吾妻小富士、五色沼、猪苗代、鶴ヶ城、喜多方)
・2005年9月 サイパン修学旅行4日間(PIC)

伊豆畑毛温泉やアメリカ西海岸の添乗で、大失敗(お客さま積み残し)をやらかしました。

教育旅行について

サイパンの添乗は教育旅行です。

教育旅行の添乗は生徒の就寝後に反省会があり、朝も早く、体力あっての添乗を実感しました。
私が営業して受注した仕事ではないですが、教育旅行の営業は大変です。

1年以上先の修学旅行の獲得に向けて学校に通い、先生方にセールスをする。
多くの先生の信頼を得るために、どんなに細かい要望でも聞き入れ、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始のチケットなども希望どおり確保するために全力を尽くす。
夏休み・春休みの先生方の個人旅行も大事です。
添乗中も悪い印象を残すと次の年のセールスに響くので必死です。

教育旅行は地道なセールスの積み重ねが要求され、しかも、獲るか獲られるかの精神的プレッシャーがかなり大きい大変な仕事なのです。

やらなくてよかった3つのこと

やらなくてよかったことは3つあります。

やらなくてよかったこと

① 小説を書くこと
② ビジネス雑誌の購読
③ 旅行地理検定の勉強(国内1級、海外2級)

順番に解説します。

① 小説を書くこと

2004年から小説を書き始めました。
村上春樹さんのような小説家に憧れていたからです。

小説の才能なんてあるはずもなく、10枚書いたところで断念。
ただの現実逃避でした。

小説は書かなくてよかったです。

こーいち
ただ、書いたことでわかったことがあったので収穫です。

② ビジネス雑誌の購読

トラベルジャーナル、週刊ダイヤモンド、日経エンターテイメントなどのビジネス雑誌を定期購読していました。
流動的な情報も必要と思っていたからです。

今のようにネットでサクサクと情報収集はできなかったので、雑誌は貴重な情報源でした。

ただ、仕事で役に立ちませんでした。

トラベルジャーナルに書かれている情報は、業界内での情報が多いのでお客さまに役立つような情報は少なかったからです。

週刊ダイヤモンドは難しすぎて、日経エンターテイメントは意味なしでした。

こーいち
日経新聞だけ読んでおけば十分です。

③ 旅行地理検定の勉強(国内1級、海外2級)

入社5年目に『国内旅行地理検定2級』を取得

入社4年目に『国内旅行地理検定2級』を取得

「総合旅行業務取扱管理者」の次に目指した資格です。

入社4年目に国内旅行地理検定2級を取得しました。

国内1級、海外2級を目指して勉強しましたが、不合格。
当時の合格率は、国内1級が合格率10%、海外2級が合格率20%です。

こーいち
私には難しすぎました。

地理検定は国家資格ではないため、合格してもコスパが良くありません。
今では受験者数もだいぶ減っていますので、だいぶマイナーな資格です。

地理検定の勉強は不要です。

ただ、勉強したことは残りますので完全にムダではありませんが。

やっておいてよかった3つのこと

やっておいてよかったことは3つあります。

やっておいてよかったこと

① 旅行業務取扱管理者、旅程管理主任者の資格取得
② 英語の勉強
③ 読書

① 旅行業務取扱管理者、旅程管理主任者の資格取得

旅行会社の新入社員の仕事内容

3年目に取得した『総合旅行業務取扱管理者』

旅行会社の仕事内容

入社4年目に『総合旅程管理主任者』を取得

旅程管理主任者のテスト結果

「総合旅行業務取扱管理者」は、旅行業に必要な国家資格です。

入社1年目に「国内旅行業務取扱管理者」、入社3年目に「総合旅行業務取扱管理者」を独学で取得しました。
テキストを7回繰り返せば受かりますので、学校に行く必要はないです。

「旅程管理主任者」は添乗に必要な資格です。

国家資格ではありません。
合格率90%なので簡単です。

入社5年目に取得しました。
もちろん勉強は必要ですが、費用対効果が良いので早めに取得しておくべしです。

こーいち
両方とも一生使える資格です。

② 英語の勉強

旅行会社の仕事内容

入社5年目に取得した『英検2級』の合格証

「海外添乗に出たい」と思っている人であれば、勉強しておくと良いです。

ただし、順番としては以下の順番が良いと思います。

・総合旅行業務取扱管理者

・総合旅程管理主任者

英語の勉強

英語の勉強はダラダラと勉強すると終わりがありません。

集中してまとまった時間を確保し、一気に「踊り場」に出るくらいの決意が必要です。

英語の挫折体験は、添乗員の英語習得にいちばん大事なのは決意【挫折の体験談あり】 で解説しています。

③ 読書

読書は一生したほうが良いです。

これほどコスパの良い勉強を知りません。
毎日少しずつ、通勤中や隙間時間に読むようにすれば、1ヶ月で結構な量を読めます。

社会人は本を読むのが勉強です。
できるだけ早い時期に大量に読めるようになると心強い味方になります。

こーいち
生まれ変わってもガンガン読書します。

私は月額980円のkindle unlimitdに加入しています。
月に本1冊の料金で、本、マンガ、雑誌、写真集が合計17万冊以上が読み放題なのでコスパ最強です。

 初回30日間の無料体験でビジネス書、雑誌、マンガなどが読み放題(30日以内に解約すれば料金はかかりません)

>> kindle unlimited | 月額980円が30日間無料

\30日間無料トライアル/

30日無料体験を試してみる

※30日間の無料期間中に解約すれば、一切お金はかかりません

【厳選】旅行会社に入社して5年間で、読んでよかったおすすめ本15冊【『質問力』がベスト】

旅行会社の仕事内容

旅行会社に入社して2年目〜5年目の読書量は、合計1,008冊。

・入社2年目(2002年)212冊
・入社3年目(2003年)274冊
・入社4年目(2004年)271冊
・入社5年目(2005年)251冊

1,008冊の中で、読んでよかった本をカテゴリー別に紹介します。

なお、ベスト1は『質問力』齋藤孝【著】です。

言葉を操る力がつく3冊

言葉を使う仕事をしている人は、読んで損のない3冊です。

1.質問力【齋藤 孝】

こーいち
入社2年目〜5年目に読んだ1,008冊の中でベスト1に輝く本です。

ふだんの何気ないコミュニケーションがガラリと変わります。

・会話が盛り上がるのは質問力
・どうすれば良い質問ができるのか
・具体的かつ本質的な質問とは?
・谷川俊太郎、河合隼雄、村上龍、黒柳徹子、ダニエル・キイス、宇多田ヒカルから学ぶ質問力

くだらない質問をすることがなくなりました。

こーいち
1回1回の会話が試行錯誤の機会です。

2.コメント力【齋藤 孝】

気の利いたコメントを自分の武器にできる本。

齋藤先生の本は「長く使える技」を身につけさせる本が多いです。

3.成功する人の話し方【中谷 彰宏】

・今日の話をする
・初めて話すように話す
・自分の体験しか話さない
・大事なことは小声で早口で
・話が整理されると説得力がなくなる

体験談が一番強く、説得力があります。

こーいち
人と話すのが楽しくなる1冊。

仕事力をアップさせる4冊

ビジネスの基礎力を固める4冊を紹介します。

1.なぜあの人は仕事が速いのか【中谷 彰宏】

仕事をひと通り覚えたころに読みたい本です。
仕事ができるようになったら「スピード」が求められます。

質より量、丁寧よりもスピード。

こーいち
仕事が速くなれば、勉強の時間も作り出せます。

2.20代で差がつく50の方法【中谷 彰宏】

一生勉強です。

貴重な20代に勉強の大切さに気づける本。

3.なぜあの人はリーダーシップがあるのか【中谷 彰宏】

管理職になりたい人も、そうでない人も、読んでおいて損はしません。

中谷 彰宏さんはリーダーを作る仕事、講演もしています。
リーダーシップは学ばなければ身につきません。

本書を読むと「リーダーはカッコいい」ことに気づけます。

・リーダーはカッコいい
・リーダーは一緒にいて楽しい
・リーダーは誰よりも勉強している

こーいち
今、読んでも有益です。

4.自分を活かす極意【齋藤 孝】

明治大学教授の齋藤 孝 先生の本です。

齋藤先生の本もいつまでも読める本です。

こーいち
ビジネスの基礎力が身につく教科書的な本です。

読書法が身につく2冊

仕事と読書は切り離せません。
「読み方」を覚えて、周りと差をつける本を紹介します。

1.超高速右脳読書法【中谷 彰宏】

「20代のうちにガンガンに本を読もう」と思った1冊。
「本は新聞のように読んでいい」と思えるようになりました。

速読より効読です。

2.三色ボールペンで読む日本語【齋藤 孝】

「本は手で読む」ことを教えてくれた本。

三色ボールペンなしでは本は読めなくなりました。

こーいち
大事な情報を手ですくう感覚がわかります。

朝型になれる3冊

「朝を制するものは人生を制する」と本気で思っています。

1.朝10時までに仕事は片づける【高井 伸夫】

早起きのメリットが「これでもか」と書かれています。

朝型になりたくなる本。

2.朝の時間に78の資格を取った私の勉強法【黒沢 真次】

イカリ消毒の黒沢社長が書かれた本。

早朝勉強の効果がよくわかる本。

3.朝4時起きの錬金術【中島 孝志】

早起きできないときに読み返すと、早起きしたくなります。

早起きで人生を変える本。

経済、勉強、小説でおすすめの4冊

その他、おすすめ3冊を紹介します。

1.世界一わかりやすい株の本【細野 真宏】

学校で教えてくれない株の話を、本当に世界一わかりやすく教えてくれる本。

2.世界一わかりやすい株の本ー実践編【細野 真宏】

必読書です。

私は入社4年目に200万くらい溶かした経験があります。

今となっては良い授業料ですが、200万の授業料を払うくらいなら本に投資してお金の勉強をしておけば良かったと後悔しています。

上記の本ではなくても良いですが、お金の勉強をしておくと人生で失敗することが少なくなります。

3.勉強のチカラ【齋藤 孝】

「勉強はしたい人だけがすればいいですが、それでも勉強は楽しいですよ、したほうが得ですよ」というのが本書のメッセージ。

一生勉強。

こーいち
「数学を勉強し直そう」と思い、高校数学をやり直しています。

4.サヨナラアメリカ【樋口 直哉】

第48回群像新人文学賞受賞の小説です。

袋をかぶった男の物語。
日常が非日常になる話。

こーいち
グッと惹きつけられた本。

なお今月(2020年4月)の読書日記は、【2020年4月読書日記】コロナのときこそ自己投資で解説しています。

【まとめ】旅行会社に入社して、同じ失敗はしないようにしよう

旅行会社の仕事内容

本記事は、旅行会社に入社して5年後の仕事内容などを解説しました。

・5年後の仕事内容
・やらなくてよかったこと
・やっておいてよかったこと
・おすすめ本

5年間の経験や失敗談を参考にしていただけると嬉しいです。

本については大量に読んできた中で、今でもおすすめできる本を紹介しています。

こーいち
少しでも参考になれば幸いです。

以上、『【法人営業】旅行会社に入社5年後の仕事内容とは?【読むべきおすすめ本も紹介】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 同じ失敗はしないようにしよう。

 初回30日間の無料体験でビジネス書、雑誌、マンガなどが読み放題(30日以内に解約すれば料金はかかりません)

>> kindle unlimited | 月額980円が30日間無料

\30日間無料トライアル/

30日無料体験を試してみる

※30日間の無料期間中に解約すれば、一切お金はかかりません

関連記事旅行業界の職種5選【業務内容・必要なスキルも解説】
関連記事【暴露】旅行会社での手配ミスの実例【夜も眠れない私の体験談を解説】
関連記事【体験談】新卒で中規模の旅行会社に就職した私が考えるメリット、デメリットとは?

-旅をする, 旅行会社

© 2019 Blog Chronicle