添乗員になるには 添乗をする

【メリット、デメリットを比較】添乗員派遣会社の添乗員と、旅行会社の添乗員

2020年2月5日

添乗員派遣会社、旅行会社の添乗員

親愛なる君へ

  • 「旅行会社の添乗員と、添乗員派遣会社の添乗員のメリット、デメリットを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

添乗員は「無料で海外に行ける」「いろんな場所に行ける」「いろんな人に会える」という夢のある仕事に見えますが、デメリットは「体力的にハード」「クレームがあるとキツい」「給与に魅力がない」などがあります。

 添乗員には2種類あります

・旅行会社の添乗員
・添乗員派遣会社の添乗員

本記事では、2種類の添乗員のメリットとデメリットを比較して、解説していきます。

この記事を読むことで、旅行会社の添乗員、添乗員派遣会社の添乗員、それぞれのメリット、デメリットを知ることができます。

 本記事の信頼性

✔︎ 経歴:新卒で旅行会社に入社し18年間、法人営業を担当。
✔︎ 保有資格:総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、旅行地理検定2級、英検2級、TOEIC540点、損害保険初級。
✔︎ 添乗経験:国内・海外合わせて100本で、一般団体・教育旅行・視察旅行を経験。

記事後半では、「添乗員にこだわったキャリアパス」についても解説しています。

こーいち
本記事は3分で読めます。

【メリット、デメリットを比較】添乗員派遣会社の添乗員と、旅行会社の添乗員

添乗員派遣会社、旅行会社の添乗員

メリットとデメリットは表裏一体ですので、下記のように対になっています。

メリット、デメリットの比較表

 「旅行会社の添乗員」のメリット、デメリット

メリットデメリット
1たまに添乗に出るので、体力的に楽たまに添乗に出るだけなので、添乗スキルが身につかない
2添乗が気分転換になる添乗中も担当している企業から、携帯に仕事の連絡がくる
3自分で企画した旅行に、自分で添乗に行ける(営業のやり方次第では、自分の行きたい国に誘導できる)自分で仕事を取ってこなくては添乗に出れない(取ってきても、会社方針で派遣会社に添乗をお願いするケースもある)
4担当のお客さまと一緒に行くので、付き合いが深くなるクレーマーを担当すると、担当変更がない限り数年は逃げられない
5旅行会社によっては自分で手配するので理解が深まる手配も自分でやると忙しい
6給与、福利厚生面で安定している企業に拘束され、残業もある(土日にお客さまから連絡がくる場合もあり)
7法人営業であれば土日休みの旅行会社が多い都内勤務であれば通勤時、満員電車に乗らなくてはならない

旅行会社の添乗員は、「狭く深い」スタイルです。

理由は、日ごろから営業で接しているお客さまと添乗に行くからです。

営業で信頼関係をつくり、添乗でさらに仲良くなり、次の団体旅行の受注につなげていきます。
ふだんは営業なので添乗に行く機会は少ないため、最大のセールス機会である添乗の1回1回を大切にする必要があります。

クレーマーを担当してしまうと悲惨です。
企業担当の変更や、クレーマーの異動がない限り、ずっと苦しむことになります。

私はクレーマーにだいぶ苦しめられました。
早めに上司に相談して、クレーマーは切りましょう。

「クレーマーでも我慢しろ」と上司に言われたら、反論しましょう。
そんな仕事はしなくていいです。

こーいち
私のようにガマンして体を壊すことだけは避けてください。

「添乗員派遣会社の添乗員」のメリット、デメリット

メリットデメリット
1添乗だけに集中でき、添乗スキルが身につく行きたい場所や国を選べない
2マイレージ加算、各地でのサービス、免税店の割引などがある添乗が重なると体力的にハードな面もある
3自分で仕事を取ってこなくても添乗に行ける旅行の企画や手配はできない
4いろんな人に会える(クレームはツアー中のみで済む)お客さまと深い関係が築けない
5旅行手配をしなくていい手配内容を担当者と細かく打ち合わせする必要がある
6自分の好きなときに働ける(副業でもOK。添乗中は食費かからず)給与が不安定
7満員電車に乗らなくていい土日に添乗が入るケースが多い

添乗員派遣会社の添乗員は、「広く浅い」スタイルです。

理由は、ツアーのほとんどが初めて会うお客さまだからです。

グループの中にクレーマーがいても、数日間ガマンすれば、もう会うこともありません。
旅行会社の添乗員のように、添乗後のお客さまとの関係を気にする必要がないのです。

仕事は添乗のみなので、ひたすら添乗に特化したい人向けです。

ただし、給与や福利厚生の魅力は低いです。
家族を養うには、長く続けるのは難しい職種です。

添乗員のキャリアプランは下記記事で解説しています。

添乗員派遣会社の主要16社は、下記記事で解説しています。

下記ではデメリットをさらに深掘りしていきます。

旅行会社の添乗員のデメリット

デメリットは、添乗スキルが身につかず、中途半端になりがちです。

旅行会社の営業マンには、下記すべてできるオールラウンドプレイヤーがいます。

・国内、海外の添乗
・国内、海外の団体手配
・国内、海外の業務出張手配

すべてをやることで旅行をより深く理解でき、さまざまな仕事を受注できるようになります。
管理職に昇進しても、経験してきた仕事の範囲が広いため部下の仕事の理解やサポートができます。

ただし、添乗員派遣会社の添乗員のように常に添乗に出ているわけではないので、添乗スキルが高いわけでありません。
さらに言えば、旅行会社では添乗は「添乗員派遣会社」に依頼する会社も多いため、添乗に出れない可能性もあります。

添乗に行くと営業や他の仕事ができなくなるので、添乗を外注するのは当然なのです。

こーいち
ただ、お客さまによっては外注を嫌がる人もいます。

旅行会社の添乗員に向いているのは、下記のような人です。

・いろんな仕事を幅広くやりたい
・添乗はたまに出るくらいでいい
・家族がいるので給与は安定したい

上記のとおり。

なんでもできるオールラウンドプレイヤーを目指しつつ、管理職として人財育成の道に進むキャリアもありです。

添乗員派遣会社の添乗員のデメリット

デメリットは給与です。

理由は、旅行会社の添乗員のように月給制ではなく日当制だからです。

日本添乗サービス協会によると、一般的な添乗賃金は下記のとおり。

一般的な添乗賃金
国内添乗…概ね 7,000円~12,000円(1日あたり)
海外添乗…概ね 8,000円~25,000円(1日あたり)
(備考)経験、能力、年齢のほか、旅行会社の評価などを参考に派遣会社が決めます。
また、昇給の時期も1年に一回とは限りません。

添乗付加手当
賃金と同様に、金額は派遣会社と旅行会社との契約により決められ、その中から添乗員に支払われますが、それぞれ1,000円~3,000円程度が多いようです。

海外添乗に年間200日×20,000円=400万円です。
海外添乗が多くなければ家族を養うのは厳しいです。

ただ、現実には添乗員を専門職として活躍している男性もたくさんいらっしゃいます。

自分一人であれば、添乗中は食費もかからず、色々な国に行け、世界各国の料理が食べられます。
やりがいもピカイチです。

添乗員派遣会社の添乗員に向いているのは、下記のような人です。

・添乗にたくさん出たい
・非日常をたくさん経験したい
・色んな人、自然、文化、歴史を味わって感動したい

上記のとおり。

添乗員のプロフェッショナルを目指していくキャリアです。

こーいち
もちろん途中で旅行会社に転職する方向転換も可能です。

添乗員にこだわったキャリアパスについて【性別で比較】

添乗員メリット、デメリット

男性と女性ではキャリアパスが変わります。
ここでは添乗員にこだわったキャリアを考えてみます。

添乗を軸にした男性、女性のキャリアパス

 男性の場合

パターンA:旅行会社で幅広く経験を積み続ける
パターンB:旅行会社で添乗経験を積む → 添乗員派遣会社で添乗員に特化
パターンC:添乗員派遣会社で添乗員に特化 → 旅行会社の営業マンに転職し、ときどき添乗する

パターンAは、旅行会社の正社員でゴリゴリ働き続け、ときどき添乗をしていくキャリアです。

パターンBは、旅行会社を途中で辞めて、添乗員専門に特化もありです(給与はキツい)。
「広く浅く」から、「狭く深く」へシフトです。

パターンCのように添乗員専門に特化してから、添乗経験を武器に旅行会社で営業マンとして、ときどき添乗するのは大いにアリです。

女性の場合(結婚、出産があるとき)

パターンA:旅行会社で幅広く経験を積む → 育休 → 旅行会社に復職し、ときどき添乗をする
パターンB:旅行会社で広く経験を積む → 育休 → 添乗員派遣会社でときどき添乗をする
パターンC:添乗員派遣会社で添乗員に特化 → 育休 → 旅行会社に転職し、ときどき添乗をする

子どもがいなければ、男性と同じキャリアも可能です。
しかし、女性の場合は結婚や出産でのキャリアブランク、子育てを考えると添乗専門でやるのは現実的に難しいです。

添乗員派遣会社で、朝早い添乗や、宿泊を伴う添乗、海外添乗などは旦那さんの協力がなければムリです。
旦那さんの協力があれば、添乗回数を減らして、行けるときにだけ添乗をすることも可能です。

子どもが大きくなってから、添乗員派遣会社に入り、バリバリと添乗している方もいらっしゃいます。

添乗員派遣会社のメリットは、自分で働けるスケジュールを選べること。
添乗回数を減らして、うまく工夫することが必要です。

もちろん女性でも旅行会社の正社員でゴリゴリ働いて、キャリアアップを目指すのもありです。

こーいち
今後、時短勤務など柔軟に働ける旅行会社が増えていく可能性もあります。

添乗員は何歳からでもチャレンジできる

添乗員は未経験でも何歳からでもチャレンジできます。

添乗員の主流は20〜30代が中心で、それ以上の年代になると体力的に耐えられないかと思われがちです。
しかし、実際は40〜50代のベテラン添乗員も活躍しています。

添乗員派遣会社で年齢制限を設けているところは、ほとんどありません。

視察旅行ではベテラン添乗員の持ち味が発揮されるケースが多いです。

・某添乗員派遣会社では58歳のベテラン添乗員が年間に100日近く添乗しています。
・某旅行会社では70歳でも現役で流通視察の添乗をこなす神のような人もいます。

たしかに添乗員の仕事は肉体的にも精神的にもキツいです。

しかし、男女問わず定年まで働くことが不可能な仕事ではありません。
仕事は毎回変化があり、夢があり、人を感動させる職業です。

添乗員としての知識やスキルは年齢を重ねるごとに磨きがかかり、お客さまにさらに旅の感動を与えることができます。

50歳を過ぎてから、添乗員派遣会社に入った梅村さんが書いた添乗員体験談はこちらです。

【まとめ】添乗員派遣会社、旅行会社それぞれの添乗員のメリット、デメリットを知り、自分の道を選ぼう

添乗員のメリット、デメリット

本記事は、添乗員派遣会社、旅行会社、それぞれの添乗員のメリット、デメリットを書きました。

正解は誰にもわかりません。
もちろん、私も自分の選んだ道が正解かどうかわかりません。

誰にもわからないのです。

ハッキリしているのは後で振り返ってみて、「これで良かったんじゃないの?」と自分に言えるように、後悔しないように行動していくだけです。

以上、『【比較】「添乗員派遣会社の添乗員」と「旅行会社の添乗員」のメリット、デメリット』の記事でした。

こーいちより

P.S. 添乗員のメリット、デメリットを知り、自分で選ぼう

 参考文献

 添乗で一番役立った本


日本一の添乗員
日本一の添乗員
日本一の添乗員が書いた接客の作法がわかる本【読書感想文・書評】添乗は究極のサービス業

続きを見る

 海外添乗の体験談がつまった本


海外添乗員
感動を想像する海外添乗員
マンデラのオーナーが書いた海外添乗員の働き方がわかる本【読書感想文・書評】失敗から気づきを得る

続きを見る

 一番面白かった派遣添乗員の本


ヘトヘト日記
【感想】派遣添乗員ヘトヘト日記は添乗員の日常がわかる本【添乗員の辛さ、面白さを知る】

続きを見る

関連記事添乗員に必要な資格試験を解説【旅程管理主任者が必要】
人気記事おすすめの添乗員派遣会社3社をランキングで比較【最新版の口コミ・評判も紹介】
関連記事添乗員になるには2つの方法がある【簡単な方法は添乗員派遣会社に入ること】

-添乗員になるには, 添乗をする

© 2019 Blog Chronicle