『読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』を楽しみ成長するブログ

ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle

添乗をする 添乗員のあるある話

添乗員のあるある話を公開【国内編22個、海外編12個】

2019年6月28日

添乗員あるある話

親愛なる君へ

  • 「添乗員のあるある話について知りたい」
  • 「添乗の仕事しているが、あるある話を読んで共感したい」
  • 「添乗員の仕事に興味がある」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事を書いている私は新卒で旅行会社に入社し、法人営業歴18年です。
国内・海外問わず100回ほどの添乗経験(一般団体、視察旅行、教育旅行)があります。
添乗員のあるある話は、今までの経験を振り返ればたくさん出てきます。

本記事では、添乗員のあるある話の国内編、海外編を解説していきます。

この記事を読むことで、添乗員のあるある話を知ることができます。

目次

添乗員のあるある話を公開【国内編22個、海外編12個】

添乗員のあるある話【国内編】は下記です。

添乗員のあるある話【国内編】

1.お客様が集合場所に遅れてくる
2.社員バッジを忘れた
3.集合場所にバスがなかなか来ない
4.ドライバーさん、ガイドさんに寸志を渡すタイミングがわからない
5.ドライバーさんと仲良くなりたくて話しかけたら、話好きで話が長かった
6.バス車内で挨拶する勇気が出ない
7.バス車内の挨拶で言葉を噛みまくる
8.バス車内の挨拶で、カーブの際に倒れそうになる
9.高速道路の渋滞で焦る
10.他のお客様がバスを間違えて乗り込んでくる
11.バス車内の人数が足りなくて少し焦る
12.バス移動中はバス冷蔵庫の中の飲み物整理で時間をつぶす
13.バス車内で睡魔と必死に戦う
14.観光地でお客様からソフトクリームをもらったのは嬉しいが、バス出発間際である
15.高速道路のサービスエリアでタバコを吸いたい
16.空港での受け入れ時、お客様が到着ロビーになかなか出てこなくて焦る
17.ホテルの従業員と間違えられる
18.宴会時のコンパニオンさんのノリが良くて、つい飲みすぎる
19.飲み過ぎた翌日の朝食バイキングは食べる気になれず、放棄する
20.バスガイドが同乗しないツアーで、バス車内のDVD操作がわからずパニックになる
21.領収証がぐちゃぐちゃになっている
22.添乗中に他のお客様から電話がかかってくる

添乗員のあるある話【海外編】は下記です。

添乗員のあるある話【海外編】

1.バスが遅れてくる
2.入国審査が長蛇の列
3.入国審査でお客様が捕まっている
4.空港のターンテーブルで、自分のスーツケースが出てくるのがお客様より遅い
5.ツアー初日の現地空港到着の際に、ガイドさんが到着ロビーで待っているかどうか不安に襲われる
6.ツアー初日に現地空港に着き、すぐにでもタバコを吸いたい
7.バスがボロボロでテンションが下がる
8.バス車内のマイクの調子が悪い
9.ガイドさんの日本語が聞き取りにくい
10.ガイドさんがとにかくのんびりしている
11.睡眠不足でやっぱりしんどい
12.タイのホテルで、朝食が意外と美味しい

順番に解説していきます。

添乗員の国内添乗、22のあるある話

添乗員あるある話

1.お客様が集合場所に遅れてくる

遅刻はよくあります。

理由は下記の通りさまざまです。

・見学地の時間配分がうまくいかなかった。
・見学地で買い物のレジの時間がかかった。
・迷子になった。
・集合時間の勘違いをしていた。

幹事様が一番最後に登場してくることもよくあります。

「集合時間なんて気にしていない」というような雰囲気のお客様が稀にいらっしゃいます。
要注意です。
集合時間を何回も質問されることも多いですが、質問をしてくれるだけ良いほうです。

2.社員バッジを忘れた

添乗員の社員証や名札を忘れることがたまにあります。
気を取り直すのに、少し時間がかかります。

3.集合場所にバスがなかなか来ない

添乗員の心配事のひとつです。

焦ってバス会社に連絡するのは当然です。
配車時間の15分前にバスが到着していると安心です。

バスが来ていない理由は下記が多いです。

・渋滞で配車時間ギリギリになる。
・ドライバーさんが配車場所を勘違いしている。
・配車地図の印刷がズレていて、配車場所が違っている。
・配車場所が混み合っていて、バスが停められない。

今までバスが来なかったことはないので、落ち着いて対応しましょう。

4.ドライバーさん、ガイドさんに寸志を渡すタイミングがわからない

添乗員になったばかりの頃は、わかりませんでした。

・寸志をいつ渡していいかわからない。
・寸志を渡すのを忘れてしまう。

最初の打ち合わせの時に渡すのがベストです。
迷っている場合ではありません。
早めにスッと渡しましょう。

5.ドライバーさんと仲良くなりたくて話しかけたら、話好きで話が長かった

ドライバーさんはあまり喋らない人もいますが、話好きな人もいます。
タクシーの運転手さんと同様、体験談が豊富です。

積極的に話かけて、ドライバーさんを味方につけましょう。

6.バス車内で朝の挨拶をする勇気が出ない

緊張で勇気が出ません。
バスが出発して、お客さんが落ち着いてくる10分後くらいには挨拶したいところです。

ガイドさんからいきなりマイクを振られると、心の準備ができていなくてオドオドします。

こーいち
顔の準備もできていません。

7.バス車内の挨拶で言葉を噛みまくる

自己紹介の「自分の名前」さえ噛んでしまいます。

挨拶のポイントは下記です。

・ハッキリと
・ゆっくりと
・元気よく
・分かりやすく
・短く簡潔に
・感じよく

焦らずにハッキリと、ゆっくりと話しましょう。

マイクの音量が大きすぎたり、小さすぎることもありますね。

8.バス車内の挨拶で、カーブの際に倒れそうになる

直線道路になったら挨拶するように心がけていますが、挨拶中に急カーブに差し掛かることもあります。
マイクを持ちながら、一緒に揺られて倒れそうになります。

挨拶もすべります。

笑いに変えましょう。

9.高速道路の渋滞で焦る

自分のせいのようで焦ります。
添乗員のせいではありません。

お客さんに一言でも案内するようにしましょう。

・渋滞の理由
・おおよその所要時間

大体で構いません。
いったん情報を提示して、安心してもらいましょう。

10.他のお客様がバスを間違えて乗り込んでくる

あるあるです。
高速道路のサービスエリアや観光地で、似た色のバスが並ぶとお客様は間違えてしまいます。
添乗員も間違えることがあります。
微笑ましい瞬間です。

こちらのお客様が他のバスへ乗ってしまうこともあります。

必ず気づきますので大丈夫です。

11.バス車内の人数が足りなくて少し焦る

焦ります。
人数確認は添乗員の基本動作ですが、一番大事な仕事です。
お客様の積み残しは許されません。

失うものが大きいです。

・信頼を失います。
・時間を失います。

人数確認は納得するまで何回でもやりましょう。
何回数えても恥ずかしくありません。

12.バス移動中はバス冷蔵庫の中の飲み物整理で時間をつぶす

長距離移動で落ち着いてくると、暇になるものです。
添乗員は最前列の冷蔵庫の前に座ることがあります。
バスに揺られて冷蔵庫の中身(缶ビールや缶コーヒーなど)も揺られて、カラカラと音を立てます。
気になるので、冷蔵庫を整理します。
意外と仕事をしているように見えるものです。

13.バス車内で睡魔と必死に戦う

復路のバス車中は眠くなります。
バス車内で前方を見ているふりをして、そっと目を閉じます。

気づいたら、頭をゆらゆらと揺らしてウトウトしてしまいます。
30秒でも目を閉じると疲労回復になります。

14.観光地でお客様からソフトクリームをもらったのは嬉しいが、バス出発間際である

急いで食べないとマイクが持てません。
イカ焼きや串系の食べ物をいただくことも、あるあるです。

15.高速道路のサービスエリアでタバコを吸いたい

吸いたいですが、お客様に隠れて吸える場所がバスの裏しかありません。
ドライバーさんもバスの裏で吸っていることが多いです。
吸っているときは便乗します。

16.空港での受け入れ時、お客様が到着ロビーになかなか出てこなくて焦る

絶対にお客様は出てきますが、焦ります。
いつお客様が出てきてもいいように、ツアーボードをしっかりと持ち、笑顔で待ちましょう。

17.ホテルの従業員と間違えられる

あるあるです。
少し嬉しい気持ちになりますので、ホテルの従業員になりきり案内をしてしまいます。

食事会場でもスタッフと間違えられ、他のお客様から注文をされることもあります。
それは受けられないので、お店のスタッフにバトンタッチします。

18.宴会時のコンパニオンさんのノリが良くて、つい飲みすぎる

コンパニオン同席の宴会は注意です。
お酒を注がれるとつい飲んでしまいます。

飲ませるプロに巻き込まれないようにしましょう。

こーいち
お客様が楽しそうにしていると嬉しくて、つい飲んでしまうんですよね。

19.飲み過ぎた翌日は、ホテルの朝食を食べない

完全に二日酔いです。
食べる気になりません。
部屋に何かつまむものがないか探して、旅館の饅頭を朝食がわりにつまんだこともあります。

飲みすぎた2日目の添乗はキツいですね。
睡眠不足のしんどさもあり、ボロボロです。

踏ん張りましょう。

20.バスガイドが同乗しないツアーで、バス車内のDVD操作がわからずパニックになる

ガイドさんのありがたみがわかる瞬間です。

・気づいたら早送りになっている。
・音量の調整がうまくできない。
・ドライバーさんもイラついている。

初めて触るDVDは慣れないと難しいです。

21.領収証がぐちゃぐちゃになっている

あるあるです。
見学地や食事場所、ホテルの領収証が整理できていません。
支払いをしている最中もバタバタすることが多いからです。

22.添乗中に他のお客様から電話がかかってくる

萎えます。

法人営業を担当している人であれば、別の仕事も抱えています。

添乗中だろうが関係なく、他のお客様から携帯に電話がかかってくるのです。
辛いことの一つですね。

事前にうまく引き継ぎをしておくことが大事です。

添乗員の海外添乗、12のあるある話

添乗員あるある話

1.バスが遅れてくる

海外では、たまにあります。
アジアで経験したことがあります。
泣きたくなります。

2.入国審査が長蛇の列

到着の飛行機が重なる時間帯だと長くて1時間くらい並びます。
ちょっとしたディズニーランドのアトラクション並みです。
並んでいる間にレンタルしておいたWi-Fiの設定や、携帯の設定をしましょう。
ガイドにも到着の連絡を入れておきます。

3.入国審査でお客様が捕まっている

アメリカで実際にあったことです。

到着ロビーで人数確認をすると一人足りません。
フロアのいたるところを探してもお客様がいないのです。
現地ガイドさんもお客様も見ていないと言っています。
焦りました。

30分ほどしてお客様が到着ロビーに現れました。
「今まで入国審査で取り調べを受けていた」とのことです。
こんなことが実際にあるのです。

こーいち
そのお客様の服装は上下スーツです。
怪しそうには見えないのに残念でした。

4.空港のターンテーブルで、自分のスーツケースが出てくるのがお客様より遅い

お客様のスーツケースは全て出てきているのに、自分のだけ出てきてないのです。
申し訳ない気持ちになります。

ターンテーブルではお客様のスーツケースは取ってあげましょう。
小さなことですが、意外と大事なことです。

5.ツアー初日の現地空港到着の際に、ガイドさんが到着ロビーで待っているかどうか不安に襲われる

ガイドさんが日にちを間違えていたら、トラブルです。
最初から旅程がすべて狂います。
そう考えると不安に襲われます。

事前に入念なチェックをしておき、余計な心配を消しましょう。

6.ツアー初日に現地空港に着き、すぐにでもタバコが吸いたい

長時間のフライトの後は、タバコが吸いたくてしょうがないです。
お客様の前だから我慢するか、思い切って一緒に吸うかですが、我慢しましょう。

お客様の中にはタバコを吸うことをよく思わない人もいらっしゃいます。
「一緒に吸おうよ」の言葉に流されないようにしましょう。

7.バスがボロボロでテンションが下がる

海外のバスはボロいものと理解しましょう。
リクエストができるならダメ元で「できるだけ良いバス」をリクエストしておきましょう。
時々、革張りのシートを持った良いバスがあります。
長い時間座るバスなので、良いバスに越したことはありません。

8.バス車内のマイクの調子が悪い

音が出ない時があります。
その場合は、声を貼り上げるしかないです。
マイクは後で修理してもらいます。
臨機応変に対応しましょう。

9.ガイドさんの日本語が聞き取りにくい

現地の言葉の訛りが混じると、よく聞き取れません。
聞き間違いはトラブルの元です。
わからない言葉は何度でも聞き返し、確認しましょう。

10.ガイドさんがとにかくのんびりしている

タイのガイドさんで、のんびりした女性ガイドさんがいました。
何があっても焦らないのです。
急ぐところでもゆっくりと歩きます。
ちょっとイライラしました。

11.睡眠不足でやっぱりしんどい

海外添乗でもお客様に付き合いすぎると、睡眠不足になります。

上手に休むこともスキルのうちです。

付き合い過ぎず、時には断りましょう。
他のお客様に迷惑をかけるわけにはいかないのです。

慣れないうちは力の抜きどころが分からず、消耗しました。
メリハリのある添乗を心がけましょう。
常に全力だと途中で燃え尽きます。

12.タイのホテルで、朝食が意外と美味しい

タイは朝食が美味しいホテルが多い印象です。
泊まったホテルがクラウンプラザ・バンコクやヒルトン・パタヤだったせいもあります。
この2つのホテルの朝食はオススメです。
毎日食べたいくらいでした。

添乗員のあるある話のまとめ

添乗員あるある話

本記事では、添乗員のあるある話について解説してきました。

まとめると下記の通りです。

添乗員のあるある話【国内編】

1.お客様が集合場所に遅れてくる
2.社員バッジを忘れた
3.集合場所にバスがなかなか来ない
4.ドライバーさん、ガイドさんに寸志を渡すタイミングがわからない
5.ドライバーさんと仲良くなりたくて話しかけたら、話好きで話が長かった
6.バス車内で挨拶する勇気が出ない
7.バス車内の挨拶で言葉を噛みまくる
8.バス車内の挨拶で、カーブの際に倒れそうになる
9.高速道路の渋滞で焦る
10.他のお客様がバスを間違えて乗り込んでくる
11.バス車内の人数が足りなくて少し焦る
12.バス移動中はバス冷蔵庫の中の飲み物整理で時間をつぶす
13.バス車内で睡魔と必死に戦う
14.観光地でお客様からソフトクリームをもらったのは嬉しいが、バス出発間際である
15.高速道路のサービスエリアでタバコを吸いたい
16.空港での受け入れ時、お客様が到着ロビーになかなか出てこなくて焦る
17.ホテルの従業員と間違えられる
18.宴会時のコンパニオンさんのノリが良くて、つい飲みすぎる
19.飲み過ぎた翌日の朝食バイキングは食べる気になれず、放棄する
20.バスガイドが同乗しないツアーで、バス車内のDVD操作がわからずパニックになる
21.領収証がぐちゃぐちゃになっている
22.添乗中に他のお客様から電話がかかってくる

添乗員のあるある話【海外編】

1.バスが遅れてくる
2.入国審査が長蛇の列
3.入国審査でお客様が捕まっている
4.空港のターンテーブルで、自分のスーツケースが出てくるのがお客様より遅い
5.ツアー初日の現地空港到着の際に、ガイドさんが到着ロビーで待っているかどうか不安に襲われる
6.ツアー初日に現地空港に着き、すぐにでもタバコを吸いたい
7.バスがボロボロでテンションが下がる
8.バス車内のマイクの調子が悪い
9.ガイドさんの日本語が聞き取りにくい
10.ガイドさんがとにかくのんびりしている
11.睡眠不足でやっぱりしんどい
12.タイのホテルで、朝食が意外と美味しい

国内のほうが安心感のせいで、集合時間に遅れてくるお客様が多いです。
トラブルがあっても日本国内なので何とかなります。

海外は緊張感から集合時間に遅れてくるお客様は少ないですが、逆に国柄のせいかバスが遅れてきたりすることがあります。
海外のほうがトラブルがあり、添乗員が不安になる場面もば多いため、大変です。

思い出せば色々と出てくるものです。
失敗も成功も、すべて良い思い出に変わります。

以上、『添乗員のあるある話を公開【国内編、海外編】』の記事でした。

こーいちより

P.S. 面白いあるある体験を思い出そう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新/月2.7万PV)、午後は本を1冊読み(本4,378冊/漫画1,333冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで50m×60本を泳ぎ・5kgのダンベルで筋トレ(いずれかを週に計3回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード7)で遊び、ときどき旅をしています。

-添乗をする, 添乗員のあるある話
-

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.