添乗員になるには 添乗をする

【体験談】添乗員派遣会社の説明会に参加するデメリット、メリットとは?

添乗員の説明会

親愛なる君へ

  • 「添乗員の説明会はどんな感じかわからないので、実態を知りたい」
  • 「添乗員の説明会に参加するデメリット、メリットを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

添乗員派遣会社の説明会に初めて参加する場合、どんな感じかわからず不安ですよね。

本記事では、実際に添乗員派遣会社の説明会に参加した体験談を解説していきます。

 この記事でわかること

・添乗員派遣会社の説明会に参加するデメリット、メリット
・どの添乗員派遣会社の説明会に参加すればいいのかがわかる

 本記事の信頼性

✔︎ 実際に旅行綜研フォーラムジャパンの説明会に参加。
✔︎ 経歴:新卒で旅行会社に入社し18年間、法人営業を担当。
✔︎ 保有資格:総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、旅行地理検定2級、英検2級、TOEIC540点、損害保険初級。
✔︎ 添乗経験:国内・海外合わせて100本で、一般団体・教育旅行・視察旅行を経験。

旅行会社の立場から、添乗員派遣会社に添乗をお願いしたこともあります。

こーいち
本記事は3分で読めます。

 【結論】おすすめの添乗員派遣会社3社とランキング

総合1位株式会社旅行綜研 | 業界大手
※福利厚生で1位、給与・安定感ともに2位

総合2位株式会社フォーラムジャパン | 優良派遣事業者認定
※給与で1位、福利厚生は2位、安定感は3位

総合3位株式会社J&Jヒューマンソリューションズ | JTBブランド
※安定感で1位、給与・福利厚生ともに3位
 

【体験談】添乗員派遣会社の説明会に参加するデメリット、メリットとは?

添乗員派遣会社の説明会

旅行綜研の説明会資料

実際に添乗員派遣会社の説明会に参加してわかったデメリット、メリットは、以下のとおり。

デメリット

① 時間が必要
② 正確な給与がわからない

メリット

① 無料で添乗員の仕事のイメージがつかめる
② 疑問点や口コミで気になる点を質問できる
③ 社員に接触でき、社風や職場環境が感じられる

順番に解説します。

説明会のデメリット2つ【時間と給与】

① 時間が必要

説明会参加には時間が必要です。

・説明会会場への往復
・説明会の時間
・面接の時間

実際に参加した説明会の所要時間は、以下のとおり。

・旅行綜研………………50分
・フォーラジャパン……30分

どちらも1時間以内で終わります。

他の添乗員派遣会社の説明会も1時間以上かかるところはありません(16社を調査済)

「面接」は言葉は重いですが、要は「面談」です。
働き方の希望や今までの経験などのヒアリングで、大それたものではありません。

ちなみに説明会の雰囲気は2社とも和やかでした。
参加人数は2社とも8名ほどで、男女比率は女性7割、男性3割です。

② 正確な給与がわからない

給与は一番気になるところですが、結局は添乗員のキャリアや稼働日数、添乗する旅行会社にもよるので、はっきりしたことは確認できませんでした。

ご参考までに説明会でわかった平均賃金(1日8時間あたり)は、以下のとおり。

・旅行綜研…11,640円〜25,000円
・フォーラムジャパン…東京11,704円、名古屋10,926円、大阪10,098円

一応の目安にはなります。

なおフォーラムジャパンには旅行綜研と比較して、下記デメリットがあります。

・国内旅行傷害保険がつかない
・登録型添乗員B型以外は組合費を賃金の1%徴収される

ゆえにデメリットまで考えると、給与は同等レベルです。

説明会のメリット3つ【仕事イメージ、疑問解消、社風がわかる】

① 添乗員の仕事のイメージがつかめる

説明会では下記がわかります。

・添乗員の仕事内容
・添乗員の仕事の魅力
・派遣添乗員の大まかな給与、福利厚生

公式サイトの情報と重複する部分もありますが、実際に説明を受けると気づきがあります。

たとえば「旅行綜研の説明会」では、以下の気づきがありました。

・仕事単位が短いため、面倒な人間関係に引きずられない
・自分のライフスタイルに合わせて仕事ができる
・世界を舞台に仕事ができ、多くの人や文化に出会える
・添乗以外にも単発の仕事ができる
・仕事がないとお金が入らない
・仕事をした分だけお金になる
・閑散期でもスキー研修などの仕事がある
・添乗以外の仕事を隙間時間に入れることができる

無料説明会でこれだけの気づきが得られるのです。

こーいち
実際に自分の足で情報を集めてみることが大事ですね。

② 疑問点や口コミで気になる点を質問できる

説明会の後に「質疑応答」の時間があります。
疑問点があれば解消できます。

説明会に参加してわかったことは、「社会保険」です。

ほとんどの添乗員派遣会社は「年間〇〇日以上の添乗日数」という各社の規定をクリアしなければ、健康保険、厚生年金などの社会保険に加入できません。

気になる人は多いはずです。

解決策は2つです。

・添乗日数を増やす
・自分で社会保険に入る

ご参考までにフォーラムジャパンでは、年間96日以上の稼働日数で社会保険に入れます。

副業レベルで少ない稼働日数で添乗をする人は、自分で社会保険に入ります。

③ 社員に接触でき、社風や職場環境が感じられる

説明会では、実際に添乗している方が説明するのがほとんどです。

旅行綜研、フォーラムジャパンでは添乗員の方が説明していました。
説明会に参加すれば、少しでも雰囲気や社風を感じることができます。

こーいち
実際に説明会に参加すると、思い込みや勘違いに気づくこともあります。

どの添乗員派遣会社の説明会に参加すればいいのか?【話だけ聞きたい人もOK】

添乗員派遣会社の説明会

フォーラムジャパンの説明会資料

おすすめの添乗員派遣会社3社

どの添乗員派遣会社がいいのか、結論は以下のとおり。

 【結論】おすすめの添乗員派遣会社3社とランキング

総合1位株式会社旅行綜研 | 業界大手
※福利厚生で1位、給与・安定感ともに2位

総合2位株式会社フォーラムジャパン | 優良派遣事業者認定
※給与で1位、福利厚生は2位、安定感は3位

総合3位株式会社J&Jヒューマンソリューションズ | JTBブランド
※安定感で1位、給与・福利厚生ともに3位

 上記3社は、添乗員派遣会社の主要16社から厳選しています。

3社の比較は下記記事で解説しています。

説明会を受けたら、そのまま面接を受けなくてはいけない?【説明会のみだけでもOKな会社あり】

旅行綜研とフォーラムジャパンの2社は、説明会後の面接を辞退できます。

 2社はこんな人におすすめ

・説明会の話だけ聞いてみたい
・面接を受けるかどうかは、当日決めたい

気軽に説明会に参加することができるのです。
最初から面談を受けるつもりがなければ、履歴書も不要です(筆記用具は必須)

なお、ツーリストエキスパーツも説明会だけの参加が可能です。

ツーリストエキスパーツ
添乗員派遣会社ツーリストエキスパーツ
添乗員派遣会社『ツーリストエキスパーツ』の3つの特徴と評判・口コミ26個

続きを見る

こーいち
旅行綜研は面談を保留にして、添乗員になりたくなったら後日改めて「面談」から再スタートできます。

コロナで旅行関係は仕事がないのでは?【添乗以外の仕事あり】

添乗員付きツアーは軒並み中止なので、派遣添乗員は仕事がありません。

しかし、旅行綜研やフォーラムジャパンでは添乗以外の仕事も紹介しています。

コロナの状況は以下のとおり。

海外ツアーはほぼ全て中止。
>> 旅行大手各社、全方面の海外ツアーを一時催行中止、全世界への危険情報「レベル2」受けて(トラベルボイス)

国内旅行も観光地、レストランなど自粛しています。
>> 新型コロナウイルスで海外旅行は中止?国内旅行は大丈夫?(LINEトラベル)

派遣添乗員・梅村達さんの声はこちらです。
>> 新型コロナの影響で、派遣添乗員はどうなっているのか

派遣添乗員・梅村達さんが書いた本は、今まで一番面白かった添乗員の本です。

現在は添乗員の仕事はほぼありませんが、今のうちに登録だけ済ませておくのもありです。
実際に添乗員として稼働するまでは、旅行綜研やフォーラムジャパンの事務派遣でつなぐのも方法です。

コロナでも説明会はやっているの?【やっている地区あり】

旅行綜研

4月は東京、名古屋、大阪、福岡地区での説明会は中止です。

札幌、仙台、広島、鹿児島、沖縄では開催しています。

現在は添乗員の仕事はなさそうですが、「旅行業の事務派遣」などはありますので、仕事で困っている人は参加してみてください。

» 旅行綜研の説明会に参加してみる

フォーラムジャパン

東京、大阪では説明会は中止しています。

名古屋地区では開催しています。

在宅(テレワーク)の仕事も募集していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

>> フォーラムジャパンの求人をチェックする

【まとめ】添乗員派遣会社のデメリット、メリットを知り、説明会に参加してみよう

添乗員派遣会社の説明会

本記事は、添乗員派遣会社の説明会のデメリット、メリットを書きました。

どの添乗員派遣会社が自分に合っているかは、説明会に参加してみればさらに比較できます。
「無料」で説明会に参加できると言っても1社だけ受けるのはもったいないです。

自分に合った添乗員派遣会社を見つけるには、できれば2社の説明会に参加してみることをおすすめします。

1社だけでは比較できないため、入っても後悔する可能性があるからです。

2社くらい参加して比較しつつ、自分に1番最適な添乗員派遣会社を選んでみてください。

 【結論】おすすめの添乗員派遣会社3社とランキング

総合1位株式会社旅行綜研 | 業界大手
※福利厚生で1位、給与・安定感ともに2位

総合2位株式会社フォーラムジャパン | 優良派遣事業者認定
※給与で1位、福利厚生は2位、安定感は3位

総合3位株式会社J&Jヒューマンソリューションズ | JTBブランド
※安定感で1位、給与・福利厚生ともに3位

こーいち
添乗員以外の仕事もありますので、まずは説明会参加からスタートです。

コロナで悩んでいるだけでは、貴重な時間がムダになります。
そんな失敗をしないためにも、まずは行動です。

コロナなので自粛している方も多いと思いますが、行動しなくては始まりません。
コロナのせいにせず、こんなときだからこそ飛躍、成長のチャンスに変えていきましょう。

こーいち
まずは無料説明会に参加してみて、できる仕事を探してみるのも方法です。

こーいちより

P.S. まずは説明会に参加してみよう。

 添乗で一番役立った本


日本一の添乗員
日本一の添乗員
日本一の添乗員が書いた接客の作法がわかる本【読書感想文・書評】添乗は究極のサービス業

続きを見る

 海外添乗の体験談がつまった本


海外添乗員
感動を想像する海外添乗員
株式会社マンデラのオーナーが書いた海外添乗員の働き方がわかる本【読書感想文・書評】失敗から気づきを得る

続きを見る

関連記事添乗員に必要な資格試験を解説【旅程管理主任者が必要】
関連記事添乗員になるには2つの方法がある【簡単な方法は添乗員派遣会社に入ること】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.