添乗をする 添乗員派遣会社

添乗員派遣会社『株式会社マンデラ』の5つの強み

株式会社マンデラ

親愛なる君へ

  • 「添乗員派遣会社『株式会社マンデラ』の強みを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事では、添乗員派遣会社『株式会社マンデラ』に強みについて解説します。

この記事を読むことで、添乗員派遣会社『株式会社マンデラ』の5つの強みを知ることができます。

 本記事の信頼性

✔︎ 経歴:新卒で旅行会社に入社し18年間、法人営業を担当。
✔︎ 保有資格:総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、旅行地理検定2級、英検2級、TOEIC540点、損害保険初級。
✔︎ 添乗経験:国内・海外合わせて100本で、一般団体・教育旅行・視察旅行を経験。

こーいち
株式会社マンデラは、海外添乗専門のツアーコンダクター派遣会社です。

添乗員派遣会社『株式会社マンデラ』の5つの強み【会社概要】

マンデラ添乗員派遣会社

『株式会社マンデラ』は、2006年に設立された海外専門のツアーコンダクター派遣会社です。

経営理念の「感動を創造する添乗」はマンデラの登録商標(特許庁登録番号第5276688号)です。

オーナー・社長以下、従業員全員が現役の海外添乗員という添乗業界でも風変わりな会社として知られています。
ツアーのご参加のお客様と旅行会社様に喜んでいただける、感動していただける添乗を社内で指導しています。

添乗を「感動創造業」としているのが株式会社マンデラなのです。

なお、株式会社マンデラのオーナーが書いた海外添乗本は下記記事で詳しく解説しています。

会社概要

会社名株式会社マンデラ代表者名金山 典裕
本社東京都千代田区神田須田町2-8 堀内ビル 4階電話03-3525-8428
資本系列
独立系
FAX
HP>> 公式サイト設立年月日
2006年2月9日
募集予定>> 求人をチェックする社員数
支店東京登録添乗員数約60名(2014年)
主な取引先

株式会社阪急交通社、株式会社日本橋トラベラーズクラブ、株式会社朝日旅行(JTBグループ)、株式会社JTBガイアレック、株式会社ツムラーレコーポレーション(JTBグループ)株式会社エイチ・アイ・エス、株式会社クルーズプラネット、株式会社アイエスエイ、郵船トラベル株式会社、パラダイスリゾート株式会社、株式会社三越伊勢丹旅行、有限会社ビーツーリスト、株式会社エヌオーイー、株式会社グローバル ユース ビューロー、株式会社西遊旅行、株式会社旅のデザインルーム、郵船クルーズ株式会社、クルーズのゆたか倶楽部株式会社、その他多数の旅行社。

5つの強み

 株式会社マンデラの5つの強み

① 100%海外添乗員になれる
② マンデラで働く人はすべてがチームという考え方
③ 社内研修制度
④ ユニークなマンデラの文化
⑤ 給与・福利厚生について

順番に解説します。

① 100%海外添乗員になれる

マンデラの海外研修を終了後1年以内に海外添乗デビューできない場合は、研修費を全額返金致します。

絶対に海外添乗員になれる教育システム、フォロー体制ができているのです。

オーナー・社長以下の全員が現役の海外添乗員です。
海外添乗の最前線を最重要視しています。

現場一番の会社です。

こーいち
2014年の情報ですが、年間120名ほどの応募があります。

② マンデラで働く人はすべてがチームという考え方

会社内では日給・月給などの雇用体系は問わず、また、内勤で働く人と同じスタンスで海外添乗員を見ています。

・海外添乗準備に関るコピー代無料
・オフィスの鍵やセキュリティーシステムの管理は全員で共有(いつでも自由に使用可)
・会計年度期に更新される「経営計画書」があり、方針・方向性を明確化して全員に配布。

公式サイトの「添乗員の声」から、アットホームな雰囲気が伝わってきます。

こーいち
グループLINEで添乗中もサポートもしています。

③ 社内研修制度

研修添乗研修8日間

後述します。

ハートフルミーティング

毎年の夏と冬に「ハートフルミーティング」という社内の添乗勉強会があり、意思統一、意見交換をしています。
全員が受けられるように複数日の設定があります(研修の後は飲み会)

添乗員は『自分だけのやり方』に固執しがちですが、マンデラでは個々の成功事例、失敗事例ともに共有しています。

 フォロー体制

・海外添乗の現場にいる仲間の添乗員をフォロー(グループLINEなど)
・添乗前には必要に応じて個別レクチャーでバックアップ

④ ユニークなマンデラの文化

 ユニークなマンデラの3つの文化

1. 少しでも落差を防ぎ、分かりやすい、予測のつき易い給料となるように、マンデラでは海外添乗員に優しい、前月の稼働日数・日給をベースとした月給制度を採用。
2. ハートフルミーティングでの「添乗失敗賞」
3. オフィス内での飲酒は19:00以降OK。

マンデラでは半期に一度の研修会「ハートフルミーティング」で、最も大きなミスをした添乗員を「添乗失敗賞」として表彰しています。

失敗は笑い飛ばして、次に進もうというマンデラならではのユニークな取り組みです。
同時に、添乗現場で起きたミスやトラブルも必ず全員で共有し、再発を防ぐようにしているのです。

⑤ 給与・福利厚生について

 給与

日給 10,000~25,000円
旅行会社や業務内容により別途手当あり。
試用期間あり。

 福利厚生

・雇用保険
・労働災害保険と追加でつけた保険
・女性添乗員に特に優しい医療保険
・ゴールドカードによる海外旅行傷害保険
・健康診断、またはインフルエンザの予防接種
・医療入院保険
・24時間電話健康相談サービス
・メンタルケアカウンセリングサービス

雇用形態などで上記が付与されないこともあります。

詳しくは公式サイトをご参照ください。

添乗員派遣会社『株式会社マンデラ』で、説明会参加〜添乗員デビューまでの流れ

添乗員派遣会社マンデラ

大まかな流れを解説します。

step
1
電話または公式サイトより採用説明会へ申し込み

・電話03ー3525ー8428でお申し込み
または
・公式サイトのエントリーフォームから申し込み

step
2
採用説明会・面接に参加

・履歴書持参
・服装は自由
・所要1時間30分

説明会の後の流れは、以下のとおり。

① 筆記試験(簡単な適正アンケート)
② 給料基準や福利厚生などをまとめた「人事評価基準書」と「経営計画書」を読む
③ 質疑応答
④ 採用

マンデラは海外添乗の説明だけ聞きたい方も歓迎しています。
「海外添乗員」という仕事のイメージが具体的になります。

step
3
研修

面接に合格された方は研修に進みます。

① 旅程管理資格(添乗員の免許)を無料で取得。

25,000円は全額、マンデラで負担。
トラベル&コンダクターカレッジで3日間の座学研修で取得。
合格率は95%以上。
再試もありますので、実質は100%合格です。

② マンデラでの海外添乗研修8日間

29,800円(税込)です。
料金に含まれるもの:海外への航空券代・海外での宿泊費用・海外でのバスのチャーター費用・テキスト代
料金に含まれないもの:食事代・日本での交通費

 8日間の内訳

■4日間 基礎研修 マンデラにて10:00~17:00
注)いずれか1日は成田空港での研修予定。
■2日間 内勤インターシップ
各人の都合に合わせ、日にちは調整(基本的には平日)
■1泊2日 海外添乗実務研修 韓国にてバス研修予定

step
4
添乗スタート

 マンデラの様々な働き方

1. 添乗社員=通年で海外添乗を中心に働く方です。
2. 添乗スタッフ=他の仕事や育児などを優先。空いた時間で海外添乗をする方です。
3. 内勤=中の事務作業や営業などもやりながら海外添乗をする方です。

個々のライフスタイルに合わせた海外添乗員としての働き方を選べます。

>> マンデラをチェックする

【まとめ】『株式会社マンデラ』は小さくても光る海外専門特化の添乗員派遣会社

添乗員派遣会社マンデラ

本記事は、添乗員派遣会社『株式会社マンデラ』の強みを解説ました。

 株式会社マンデラの5つの強み

① 100%海外添乗員になれる
② マンデラで働く人はすべてがチームという考え方
③ 社内研修制度
④ ユニークなマンデラの文化
⑤ 給与・福利厚生について

株式会社マンデラに興味のある方は、まずは公式サイトから採用説明会に参加してみてください。

他の添乗員派遣会社の説明会に参加してみれば、さらに比較できます。

社員全員が海外添乗の『現実と現場』を知っているのは強みです。
様々な現場ノウハウの共有、添乗の共感をしてくれるからです。

『小さくても光る海外添乗の名門会社』を目指している株式会社マンデラ。

社名の由来であるネルソン・マンデラのような不屈の精神を胸に、今後も海外添乗専門として光り続けるはずです。

 ネルソン・マンデラの名言

“The brave man is not he who does not feel afraid, but he who conquers that fear”
「勇者とは怖れを知らない人間ではなく、怖れを克服する人間のことなのだ。」

こーいち
株式会社マンデラの印象は「狭く深く熱い」でした。

以上、『添乗員派遣会社『株式会社マンデラ』の5つの強み』の記事でした。

こーいちより

P.S. 株式会社マンデラの強みを知ろう。

関連記事添乗員に必要な資格試験を解説【旅程管理主任者が必要】
人気記事おすすめの添乗員派遣会社3社をランキングで比較【最新版の口コミ・評判も紹介】
関連記事添乗員になるには2つの方法がある【簡単な方法は添乗員派遣会社に入ること】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.