『読む×書く×走る ∞ 遊ぶ×旅をする』を楽しみ成長するブログ

ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle

添乗をする 添乗員の英語

【添乗員の英会話】盗難事故について解説【備忘録】

投稿日:

添乗員の英会話

親愛なる君へ

  • 「添乗員のお客様が盗難事故にあった時の英会話について知りたい」
  • 「添乗員として英語を使うシーンを知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事では、添乗員のための英会話として、お客様が盗難事故にあわれたシーンを解説します。
英文は書籍『ツアーコンダクターの英会話』を引用です。

この記事を読むことで、盗難事故の英会話の例文を知ることができます。

なお、本記事を書いている私は新卒で旅行会社に入社し、18年間、法人営業を担当しました。
添乗回数は国内・海外問わず100回ほどです。
私の英語力は英検2級、TOEIC540点ですが、このくらいの英語力でもなんとかなります。
下記書籍の英文を20回くらい音読して勉強したものです。

【添乗員の英会話】盗難事故について解説

添乗員の英会話

海外旅行では盗難事故が頻発します。
ホテルやレストランの中での事故は、その施設の責任者に届けます。
被害の責任を拒否された場合や路上でん事故は、直接警察に届けます。

1.盗難事故

S=Security officer

T:Mr.Honda in Room 285 had his money and camera stolen in his room.
S:That's too bad. I want to ask him some questions. How much money was it ?
T:He says 800 dollars. 200 dollars in cash  and 600 dollars in travelers' checks.
S:I see. What type of camera was it ?
T:It's Minolta α-7700. It's a regular 35 millimeter camera.
S:All right. Please tell me how he found out about the burglary ?
T:It was about 6:40 before dinner when he was taking a bath.
S:Please ask him whether the door was locked or not ?
T:While he was taking a bath, Mr.Okada his partner went shopping. But it seems he didn't lock the door.
S:Oh! He should have kept the door locked. I'll make out a robbery report at any rate.
T:He says the camera was insured against burglary and the traveler's checks can be reissued.

① had his money and camera stolen = お金とカメラを盗まれた。Mr.Honda was robbed of his money and camera ともいえます。
② how he found out about the burglary = 盗難にあったことを、どのように気づいたか。つまり盗まれたときの状況を聞いているのです。
③ He should have kept the door locked. = 仮定法の用法で、当然ドアを閉めておくべきであった(のにしなかった)の意味。
④ robbery report = 盗難届。theft report ともいいます。警察署所定の被害届に記入します。後日の交渉や保険会社への届出のため、そのコピーを必ず入手しておくこと。
⑤ was inured against burglary = 盗難保険に入っていた。burglaryの代わりにrobbery、theft も使えます。
⑥ can be reissued = 再発行される。トラベラーズ・チェックの盗難は、さほど心配ありません。小切手の発行銀行の最寄りのRegional Refund Center(24時間受け付けている)に連絡すると再発行の請求窓口を教えてくれます。

【訳】
T:285号室の本田さんが部屋でお金とカメラを盗まれました。
S:それは困りました。その方におうかがいしたいことがあります。金額はどれくらいですか?
T:800ドルだそうです。現金で200ドルとトラベラーズ・チェックで600ドルです。
S:わかりました。カメラはどんなタイプですか?
T:ミノルタのαー7700です。普通の35ミリ判です。
S:そうですか。盗まれたときの状況を話してください。
T:お風呂に入っていた夕食前6時40分ごろでした。
S:部屋の鍵はかけたか、かけなかったか、聞いてください。
T:お風呂に入っていると、同室の岡田さんが買い物に出かけました。岡田さんは鍵をかけなかったらしいのです。
S:鍵をかけていただかないと。ともかく被害届を出しましょう。
T:カメラには保険がかかっているし、トラベラーズ・チェックは再発行してもらえるといっています。

盗難時の細かい状況を聞かれますので、受け答えできるようお客様に確認しておきましょう。
ホテルの部屋は厳重にロックしておくよう注意喚起が必要です。

【添乗員の英会話】盗難事故についてのまとめ

添乗員の英会話

本記事は、添乗員の英会話としてお客様が盗難事故にあわれたシーンを解説しました。

旅行の後半になるとお客様も疲れ、お店やレストランに置き忘れも多くなります。
盗難事故が起こってから警察に届けても、ほとんど効果がないのが実状です。
この点を事前にお客様にしっかりと説明し、トラブルを未然に防ぎましょう。

以上、『【添乗員の英会話】盗難事故ついて解説【備忘録】』の記事でした。

こーいちより

P.S. シーンごとの英語を理解しよう。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

◆読書人 × ブロガー × ランナー ∞ 遊び人 × 添乗員 ◆新卒で旅行社に就職→営業職17年目に慢性蕁麻疹を発症→ガマンしながら1年6ヶ月働く→2019年2月より適応障害で休職中 ◆ふだんは朝4時からブログを書き(毎日更新/月2.7万PV)、午後は本を1冊読み(本4,377冊/漫画1,332冊)、10kmを走り(月100km/サブ4達成 )・プールで50m×60本を泳ぎ(週に2回)・5kgのダンベルで筋トレ(週2回)、子どもとPS4(ドラクエ11、バイオハザード7)で遊び、ときどき旅をしています。

-添乗をする, 添乗員の英語

Copyright© ブログ『クロニクル』 Blog Chronicle , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.