添乗をする 添乗員の英語

【海外添乗員の英語】お客様の病気と医療用の英語表現【6つの例文を解説】

添乗員の英会話

親愛なる君へ

  • 「海外添乗員として、お客さまが病気になったときの医療用英語表現について知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 この記事でわかること

・お客さまが病気のときの英会話の例文6つ、和訳

 本記事の信頼性

✔︎ 経歴:新卒で旅行会社に入社し18年間、法人営業を担当。
✔︎ 保有資格:総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、旅行地理検定2級、英検2級、TOEIC540点、損害保険初級。
✔︎ 添乗経験:国内・海外合わせて100本で、一般団体・教育旅行・視察旅行を経験。

英文は下記書籍より引用しています。

『ツアーコンダクターの英会話』
・旅程管理業務教本『添乗員のための英語』

お客さまが病気になってしまうと、責任を感じてしまう気持ちよくわかります。

いくら添乗員の責任ではない場合でも、不安になります。
さらに病気の英会話はふだん使わない単語が多いため、知らないと焦ります。

そこで本記事では、海外添乗員のための英会話として、お客さまが病気になったシーンを解説します。

この記事を読むことで、病気の英会話がわかり、実際の添乗に役立てることができます。

こーいち
下記書籍の英文を20回音読して勉強しました。

【海外添乗員の英語】お客様の病気と医療用の英語表現【6つの例文を解説】

添乗員の英会話

お客様が病気になるのは、旅行の疲れがたまってくるツアー後半あたり。
緊張感もなくなり、体力も落ちてくるので、病人やケガ人が出ます。

本記事では例文を6つ掲載します。

1.ホテルフロントへ病気の症状を伝えるシーン

R=Reception

R:Reception. May I help you.
T:This is Mr. Ohta, the tour conductor of ABC Travel Agency. A lady in Room 2456 is sick in bed. Can you send for a doctor immediately ?
R:Yes. What's the matter with her ? I'd like to know her symptoms.
T:She says she has a high fever and she can't sleep because she has a severe cough.
R:When did the symptoms start ?
T:She says they started about 3 days
R:All right, I'll get in touch with the hotel doctor at once.

① sick in bed=具合が悪くて寝込む。
② send for a doctor =医者を呼ぶ。
③ Why don't you try 〜 on? = 〜を試着してみたらどうですか。勧誘、提案などに用いる形。
④ What's the matter with her ? = どこが具合が悪いのですか?
What's wrong with her ? も同じ意味。
⑤ symptoms = 病気の症状。医者を呼ぶ場合、必出の重要単語。

【訳】
R:フロントです。ご用をうけたまわります。
T:こちらABCトラベル・エイジェンシーのツアコンの太田です。2456号室の婦人が寝込んでしまいました。急いで医者を読んでください。
R:どうしたんですか?その方の症状を知らせてください。
T:高熱が出ています。咳がひどく出て眠れないと言っています。
R:その症状は、いつから出ましたか?
T:3日前から始まったそうです。
R:わかりました。すぐにホテルと契約して医者と連絡します。

 ホテル内で病人が出た場合

・フロントに連絡して、ホテル・ドクターに診療をお願いする

日本人団体客の泊まるホテルには、たいてい英語のわかる医師がリストアップされています。

 乗り物で移動中の場合

・ガイドやドライバーに申し出て、病院に行くなり、適切な処置をとる

場合によっては、添乗員と病人だけ離団して、タクシーで病院に行くなどのケースも出てきます。
臨機応変な対応が求められます。

添乗員は処方箋の薬を買いに、薬局に行くこともあります。
各都市には深夜営業の薬局があります。

薬は持参してもらうのが安心

出発前の打ち合わせや連絡の際に、薬は日本から持ってくるように言っておくと安心です。

現地の薬は、副作用などの心配があります。
責任も取れませんので、ご自身の薬を持ってきてもらうのが最善策です。

こーいち
緊急事態でパニックにならないよう例文で慣れておきましょう。

2.ホテルフロントへ内戦をして医者を呼んでもらうシーン

R=Reception

R:Front desk, May I help you.
T:This is the tour conductor for the JATA Around the World Tour. One of our members is sick. It's Mr.Kimura in room 308. He's feeling pretty bad and can't get up. Could you call a doctor?
R:What's wrong with him?
T:He has a terrible stomachache and apparently has a fever as well.
R:I see. Should I call an ambulance?
T:I don't think that will be necessary. Could we just have a doctor look at him here?
R:Of course. I'll call our house doctor.
T:All right. About how long will that take, do you think?
R:I'm calling him right now. Please just wait on the line. (Pause) It'll take about 30 minutes, he said. Is that all right?
T:Fine, but the sooner, the better.
R:What was the room number of the sick person again?
T:Room 308. We'd like to take his temperature while we wait for the doctor. Could we have a thermometer brought up right away.
R:Certainly. I'll have one brought up right away.
T:Thank you very much for your help.

和訳しました。

和訳

R:フロントです。ご用をうけたまわります。
T:JATAアラウンド・ザ・ワールド・ツアーの添乗員です。私たちのメンバーの一人は病気です。 308号室の木村さんです。気分が悪くて起き上がれません。医者に電話してもらえますか?
R:彼はどこが悪いのですか?
T:腹痛がひどく、どうやら熱もあるようです。
R:なるほど。救急車を呼ぶべきですか?
T:必要ないと思います。ここで医者に見てもらえませんか?
R:もちろんです。ハウスドクターを呼びます。
T:了解です。どれくらいの時間がかかると思いますか?
R:今電話しています。お待ちください。 (一時停止)約30分かかると言われました。よろしいですか?
T:もちろんです。できるだけ早くお願いします。
R:病人の部屋番号をもう一度教えてください。
T:308号室です。医者を待つ間、彼の体温を測りたいです。すぐに体温計を持ってきてもらえませんか?
R:もちろんです。すぐに持っていきます。
T:ありがとうございます。

言い換えの英語表現6つ

メモ

1.May I help you?(なにかご用でしょうか)
→What can I do for you?
→How can I help you?

2.He's feeling pretty bad and can't get up.(彼はかなり具合が悪く起きられません)
→He's feeling ill and can't get out of bed.
→He's very sick and can't get up.

3.Could you call a doctor?(医者を呼んでいただけますか)
→Is there a doctor you could call?
→Would you know of a doctor to call?

4.What's wrong with him?(彼はどこが悪いのですか?)
→What are his symptoms?
→Could you describe how he feels?

5.Please just wait on the line.(電話を切らずにそのままお待ちください)
→One moment, please.
→Hang on a minute, please.

6.The sooner, the better(できるだけ早くお願いします)
→As soon as possible.
→The faster, the better.

3.医者と話をするシーン①

D=Doctor

D:Well. What's wrong with her ? Please tell me all of symptoms
T:She says she has a temperature of 38 degrees. Also she has been coughing all day and she has a sore throat when she eats and drinks.
D:I'll give her some medicine to relieve her cough and she'll feel better soon. I'll give her a prescription, too. Take it to the pharmacy downtown and buy some medicine.
T:Do you think she can continue her tour.
D:As far as I can tell, she may continue her tour.
T:Docter. She is insured and she needs your receipt to have the expense claimed by insurance.
D:All right. I'll make out the receipt of the expense to her insurance company.

① What's wrong with her ? =どこが具合悪いのですか?What's the matter with her ?と同じ。
② tell me all of〜= 〜のすべてについて、言ってください。
③ sore throat =喉が痛いこと。
④ medicine =薬(特に内服薬)。粉薬はpowder、錠剤はtablet、丸薬はpill、水薬はliquid medicineといいます。
⑤ relieve her cough =咳を和らげる。
⑥ pharmacy = 薬屋。drug store(米国)、chemist's(英国)ともいいます。
⑦ She is insured = 保険に入っている。She has an insurance ともいえます。
⑧ receipt[risi:t] = 領収書。発音に注意。
⑨ make out =(書類などを)作る、書く。

【訳】
D:この方のどこが具合悪いのですか?どんな症状があるか全て教えてください。
T:38度の熱があり、一日中咳が出て、食べたり飲んだりする時、喉が痛いそうです。
D:咳を和らげる薬をあげます。すぐに良くなるでしょう。また処方箋を書きますから、市中の薬局へ行って薬を買ってきてください。
T:旅は続けられると思いますか?
D:私が診断する限りでは、旅を続けてもよいと思います。
T:先生、この方は、保険に入っております。かかった費用を保険で請求するため、領収書が必要なのです。
D:わかりました。保険会社への医療費領収書を作りましょう。

病院ではふだん使わないような単語が出てきます。
事前に準備しておきましょう。

お客様は海外旅行傷害保険に加入しているケースが多いので、領収書は忘れずに受け取ります。

4.医者と話をするシーン②

D=Doctor

D:Where does it hurt?
T:He says his stomach hurts. He's got chills and is nauseous.
D:Does he have a fever?
T:Yes, it was 38℃ when we took his temperature half an hour ago.
D:When did he start to feel ill?
T:He's had diarrhea since yesterday, but he started feeling really bad this morning.
D:What about his stomachache? Is it a dull pain or a sharp pain?
T:His stomach started to hurt after dinner. He had to go to the bathroom numerous times and he also threw up.
D:And how is he now?
T:Since vomiting, he's felt a little bit better.
D:Did he eat anything out of the ordinary for him?
T:He had the same dinner as everyone else: steak. He says he ate nothing unusual.
(After a simple examination)
T:What do you think?
D:It's probably some sort of flu virus brought on by fatigue.
T:He can continue with the trip, can't he?
D:Yes, there's nothing to worry about, he'll be fine. He needs to rest today. I'll write out a prescription that you can take to the hotel pharmacy.
T:Thank you, doctor. How should we pay you for this visit?
D:It'll be put on your bill. You can pay at check-out time.
T:I see. For insurance purposes, we'd like a report of the examination and a receipt, if possible.
D:Of course.(After writing)Here's the report. You can get the receipt from the front desk.
T:Thank you very much.

和訳しました。

和訳

D:どこが痛いの?
T:胃が痛いそうです。悪寒で吐き気がします。
D:熱はありますか?
T:はい、30分前の彼の体温は38℃でした。
D:いつから気分が悪くなったの?
T:昨日から下痢になりましたが、今朝は気分が悪くなりました。
D:彼の腹痛はどうですか?それは鈍い痛みですか、それとも鋭い痛みですか?
T:夕食後、お腹が痛くなりました。彼は何度もトイレに行かなければならず、吐きました。
D:今どうですか? T:嘔吐してから少し気分が良くなりました。
D:普段と違うものを食べましたか?
T:みんなと同じ夕食を食べました:ステーキ。彼は珍しいものは何も食べなかったと言います。
(簡単な審査後)
T:どう思いますか?
D:恐らく、疲労によって引き起こされたある種のインフルエンザウイルスでしょう。
T:旅を続けてもいいですか?
D:はい、心配する必要はありません。元気です。彼は今日休む必要があります。ホテルの薬局に持って行くことができる処方箋を書きます。
T:ありがとうございます。この訪問の費用をどのように支払う必要がありますか?
D:あなたの請求書に入れられます。チェックアウト時にお支払いいただけます。
T:わかりました。保険の目的で、できれば試験のレポートと領収書をお願いします。
D:もちろん。(執筆後)こちらがレポートです。レシートはフロントでお受け取りいただけます。
T:どうもありがとうございました。

言い換えの英語表現3つ

メモ

1.Where does it hurt?(どこが痛みますか)
→Tel me how you feel?
→How does your stomach feel?

2.There's nothing to worry about.(心配することは何もありません)
→He'll be okay.
→He'll be just fine.

3.How should we pay you for this visit?(今回の往診のお支払いはどうしたらいいですか)
→What type of payment do you?
→How does your stomach feel?

5.役立つ医療用の英語表現

I catch cold, have a headache and feel chilly.
かぜをひいて、頭痛がして寒気がする。

The difference of water makes me feel stomachache.
水が変わったせいで、お腹の調子が悪い。

I have a sharp pain in the left(right)side of the lower abdomen.
下腹部の左(右)側に鋭い痛みがある。

I feel a pain around the cecum.
盲腸のあたりが痛い。

I want to see have my eyes examined.
眼を診察してもらいたい。

I feel too sick to eat anything.
吐き気がして食欲がない。

Can I use the travel insurance ?
旅行保険は使えますか?

Can I have a medical certificate ?
診断書を書いてください。

I felt down and got sprained.
転んで捻挫(ねんざ)した。

I couldn't sleep well with my toothache.
歯が痛んで眠れない。

Please give me an injection of pain killer.
痛み止めの注射をしてください。

体験談

サンフランシスコへ流通視察の添乗に行ったとき、お客様が転んで骨折しました。
焦りました。
ホテルから病院へ行き、現地ガイドさんの通訳もあり、事なきを得ました。

そのときの初めて、下記の英語表現を知りました。

・He seems to have a broken leg.
彼は骨折しているようです。

・He needs crutches.
彼には松葉杖が必要です。

医療表現はお客様の安全に関わるものです。

こーいち
覚えておいて損はありません。

6.病気・症状と怪我を表す英語

sore throat のどが痛い
food poisoning 食中毒
bad appetite 食欲不振
anemia 貧血
heat burn 胸やけ
allergy reaction アレルギー反応
asthma ぜんそく
cerebral anemia 脳貧血
fracture 骨折
pneumonia 肺炎
cerebral hemorrhage 脳溢血
cramp 筋肉がけいれんする
suffocating 息苦しい
bloated むくむ
swollen 腫れる
dull pain 鈍痛
diarrhea 下痢
constipation 便秘
diabetes 糖尿病
gynecologist 婦人科医
physician 内科医
surgeon 外科医
bandage 包帯
adhesive 絆創膏
absorbent cotton 脱脂綿
salve 軟膏
paralysis 麻痺
gauze ガーゼ
sleeplessness 眠れない
diagnosis 病気の診断

知っていると心強い単語です。

他にも必要な英単語を、シーン別に下記に記載します。

 At the pharmacy:薬局で

・antibiotic:抗生物質
・aspirin:アスピリン
・cold medicine:風邪薬
・cough medicine:咳止め薬
・painkiller:鎮痛剤、痛み止め

 At the hospital:病院で

・emergency room:緊急処置室
・diagnosis:診断(結果)
・health insurance:健康保険
・intensive care unit(ICU):集中治療室

 Serious ailments needing immediate attention:緊急の処置が必要な症状

・chest pains:胸部の痛み
・difficulty in breathing:呼吸困難
・heart attack:心臓発作
・shortness of breath:息切れ
・stroke:発作(特に脳卒中)

 Accidents and injuries:事故と怪我

・abrasion:すり傷
・broken arm(leg, finger, etc.):骨折した腕(脚、指など)
・bruise:打撲
・cut:切り傷
・fracture:骨折
・scratch:かすり傷
・sprain:ねんざ
・wound:外傷、傷

 Disease:病気

・appendicitis:盲腸炎
・constipation:便秘
・diabetes:糖尿病
・hepatitis:肝炎
・neuralgia:神経痛

 haveを使った症状の表現

・allergy:アレルギー
・anemia:貧血症
・a bloody nose:鼻血
・car sickness:車酔い
・congestion/a stuffy nose:鼻づまり
・dizziness:めまい
・an earache:耳の痛み
・hay fever:花粉症
・a headache:頭痛
・a heat rash/prickly heat:あせも
・heatstroke/sunstroke:熱射病/日射病
・hives:じんましん
・indigestion:消化不良
・motion sickness:乗り物酔い
・nausea/queasiness:吐き気、むかつき
・loss of appetite:食欲がない
・pain in her leg(arm, foot, neck, back, etc.):脚(腕、足、首、背中など)が痛む
・a rash:はしかなどの発疹
・a runny nose:鼻水
・seasickness:船酔い
・a sore throat:喉の痛み
・a strained back:ぎっくり腰
・sunburn:ひどい日焼け
・a toothache:歯痛

【海外添乗員の英語まとめ】お客様の病気と医療用の英語例文を理解して、冷静に対応しよう

添乗員の英会話

慌てずに落ち着いて、最善の行動をとりましょう。

英語に自信がなければ、ガイドに通訳してもらうほうが確実です。
ガイドがいなければ、通訳アプリなどを使って対応してみましょう。

こーいち
命にかかわることなので、慎重すぎることはありません。

こーいちより

P.S. 医療用の英語を理解しよう。


関連記事【添乗に役立つ英語例文】盗難事故にあったときを解説
関連記事添乗員に必要な英語力とは【おすすめアプリ・教材を解説】

Copyright© Blog Chronicle , 2020 All Rights Reserved.